iemeshi01

寒気の迫り出しが低気圧を急速に発達させ朝方から既に雪が降り出し、見上げれば蒼灰色の表層はブルーヘイズグレイに染まるばかりの一月睦月二十二日の月曜日だった。

予報通り降雪は止むことなく都内はその影響で交通網は時間を追う毎に乱れて行き、首都圏の道路もいたる所で路面凍結により接触事故などが発生したニュースが頻繁に伝えられていた。

このままだと通勤電車の運休が考えられる状況となり、それだけに早上がりの判断に至ることとなって午後四時過ぎ勤務先から帰宅することに。

まだ夕方でいつ運休になっても不思議でない状況に、最寄り駅で夕飯の食材を購入してから路線バスを利用して自宅へ。

夕飯用に調理するため購入した食材は、和豚もちぶたバラ薄切り100g程度に、あじたま販売のごまたま下仁田納豆の一人前の葵。

そしてイメージしたのは立川マシマシさんのマシライスで、その家めしバージョンを作ろうと決断。

iemeshi02

iemeshi03

iemeshi04

iemeshi05

iemeshi06

iemeshi07

iemeshi08

かくて玉ねぎを細切れ状にカットして、それをしっかり炒め上げて豚バラ肉も同じように炒めた。それらを合わせ絡めるように更に炒め、仕上げに市販の生姜焼きのタレで味付け。と言うわけでいわゆる豚肉の生姜焼きが完成。

下仁田納豆の一人前の葵に、白ネギとごまたまを合わせ掻き混ぜて納豆も完成。サトウのごはんを二人分レンジでチンして、それを裏返してテーブルに1分間放置してから開けて皿へ盛る。

こうするとご飯が蒸らされて美味しく愉しめることが、昨日テレビで紹介されていて思わずなるほどだった。そこに豚肉の生姜焼きと納豆を、ご飯の傾斜に半分ずつ乗せて肉の上へ更に生卵を置いて出来上がり。

それではと行かせて貰えば、自分のイメージ通り作り上げることが出来ただけにとても良かった。自分の理想系と言える、マシライスゼータ風あいがけナットーだけに気がつけば完食。美味し!


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。