nakamotokj301

爽やかな青空からそそぐ陽射しさえも凍りつきそうな北西寄りの寒風が吹き荒んで、そんな青い表層はルクソールライトブルーに色めくばかりの二月如月十八日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば穏やかに冷え込む、やはり今夜もやたら寒い午後七時過ぎだった。

nakamotokj302

その冷え込みに思わず体が暖かくなるラーメンを求め、そう言えばこんな時にかなり打ってつけなのが激辛ラーメンではないかとなった。なんたって、その名は蒙古タンメンだ。

nakamotokj303

そんなわけで2006年4月22日に開業した一昨年夏以来となる勤務先の周辺で営業している吉祥寺店のこちらへ立ち寄ることにした。

吉祥寺店は他の系列店に較べて、店舗限定メニューが極めて多く提供しており、遠方から吉祥寺店に訪れるファンも少なくないらしい。

なお蒙古タンメン中本の変遷については、前回のレポートで触れているので今回は割愛させて頂く。

nakamotokj304

nakamotokj305

さっそく入店して行くと日曜日の夜もあってか今夜も盛況なフロアが広がっていた。入口左手の券売機の前に立って悩んだ末にやはりそこそこに辛いラーメンにするかとなって、五目蒙古タンメンを選ぶことに。

そして追加トッピングでチャーシュー1枚を選んで、サイドメニューも行くかとなって吉祥飯のボタンも連打。振り返ると満員御礼の店内で、見ると先客の一人が一番奥の所定の位置で、その順番待ちをされていたのでその後ろに就くことに。

nakamotokj306

程なく中ほどのカウンター席に案内を受けて、そこへチケットを手渡しつつ腰掛けた。ふと背中の壁面を見るとNEWトッピング中本特製AB醤と記されてり、本店限定のIT AB ASHIから生まれた甘エビの頭を醤にしたものらしい。

以前から触れているように、エビ好きなだけに思わずそのオプションに飛びついて、そのAB醤を追加でお願いすることにした。

nakamotokj307

nakamotokj309

基本の蒙古タンメンが辛さ5に対して初心者向け仕様で辛さ3の味噌タンメンや、辛さ0で塩タンメンや冷し醤油タンメン(つけ麺)に、各種限定にも見受けられたが辛さ6の五目蒙古タンメンで行くことにした次第だった。

ちなみにその他のラーメンメニューは、辛さ8で味噌卵麺・五目味噌タンメン・北極やさい・冷し五目蒙古タンメン(つけ麺)。辛さ9で北極ラーメン、辛さ10で冷やし味噌ラーメンに、北極JAPANや北極海に北極の果実などの吉祥寺店限定北極シリーズ。

限定商品として、辛さ0のスタミナラーメン、辛さ5の中本風タンタン麺、辛さ0らしきTOKIO醤油、辛さ9のMUSASHI、辛さ8の冷醤麺、辛さ11の吉祥寺麻醤麺が。また期日限定もあり、2月19日~23日限定で北極の華、2月26日~28日限定で五目ヒヤミなると言う案内が見受けられた。


nakamotokj310

nakamotokj311

nakamotokj312

nakamotokj308

またライスサイドメニューだが、いつもは辛さ5の半蒙古丼だが実際はそれよりも辛く感じる傾向だけに、今回は店舗限定サイドメニューの吉祥飯に。

それは千切りキャベツに味付けされた挽き肉と細切れ茹で筍に生姜等が乗るものだそう。辛さ3倍の7となるRED仕様もあるらしく、その辛さレベルを確認すると北極と同じ仕様らしかった。なお辛さ2の野菜丼に、辛さ4の麻婆丼にプチ麻婆丼やセット定食もあるようだった。

ここ最近のオープンは、2017年11月1日に横浜店、2017年9月20日に川越店、2016年12月8日に橋本店、2016年11月1日に船橋店、2016年9月28日に立川店がそれぞれ開業したようだ。

壁面にはそれらの案内の他にこちらのカップ麺で、北極ラーメン等の蒙古タンメン3兄弟が、日清食品より絶賛発売中と記述されたポスターもあった。程なく到着。

nakamotokj313

nakamotokj314

nakamotokj315

nakamotokj316

それではと行かせて貰えば激辛で劇的に素敵で、その絶妙可憐な辛さが実にたまらないもの。多くの野菜がしっかり煮込まれている所為だろう、その野菜から来る風情が持ち味を高めていた。

中盤戦からAB醤を投入すれば、その海老らしい風合いに只々大号泣するばかりで、その頃には汗が若干だが出て来た。

蒙古とは極寒地帯のモンゴルを指すもので、そうした方々が寒さを忘れるこうした激辛料理を好むことから命名されたものだそうで、思わずなるほどと理解して喰らうばかりだった。

nakamotokj317

nakamotokj318

吉祥飯もこれまた実に美味しく、途中からラーメンの具やスープでそこそこに辛くして愉しみ、それだけに気がつけば完食だった。

いや、怒涛燦燦・涙腺崩壊・猛然激辛・敢然果断、劇的滋味・激闘好物・一網打尽・悩殺昇天、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、豚肉激旨・野菜怒涛・太麺餅々・超絶激辛の猛攻沁々。

そして、純情可憐・無垢一途・天下逸品・極上品質、誠心誠意・群雄割拠・天上無二・超越猛攻、感激称美・非凡優美・群抜美味・怒涛風味、卓越妙味・絶妙風雅・感謝感激・感涙号泣の絶妙均整。

と来れば、完全絶後・永遠偉大・優美高妙・大慶至極、絶品美味・格別風味・百花繚乱・光彩陸離、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、壮麗美麗・美味桂肴・格調高雅・絶巧寛雅の感動風情。

とすれば、敬服桂味・驚嘆風趣・典麗風雅・静淑優椀、最上無二・英明果敢・美味共鳴・芳醇風情、一意専心・堅忍不抜・威風堂々・公明桂味、風味絶桂・百様玲瓏・英姿颯爽・軽妙洒脱の無尽歓喜。

となれば、高潔無比・清廉格勤・往古来今・一意奮闘、虚心坦懐・一所懸命・感動品質・感服妙味、激震桂肴・絶妙風韻・驚愕感動・賛嘆情趣、祖先伝来・祖先崇拝・一意専心・堅忍不抜の猛烈怒涛。

であるならば、完全無欠・猛烈号泣・旭日昇天・無我夢中、絶妙激旨・決然感銘・絶妙至純・極上清楚、意気軒昴・感慨多端・空前絶後・激泣喝采、円熟無礙・威風凛然・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

nakamotokj319

★ 蒙古タンメン中本 吉祥寺店

※公式サイト~http://www.moukotanmen-nakamoto.com/
住所/東京都武蔵野市吉祥寺南町2-9-10 吉祥寺ファーストビル1階 TEL0422-49-1233 定休日/無休 営業時間/11:00~0:00 ※金土のみ~1:00
※アクセス
JR中央線吉祥寺駅公園口下車。前方道路を左手に進んで行き大通りの横断歩道を渡り、末広協栄商店会通りをさらに200mほど進んだ左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。