nishino01

冬の彩りを照らす回転木馬が映る景色のように、晴れ渡る青空から目映い陽射しが春へめざして注いでいた、見上げれば青い表層はロシアンブルーに煌めくそんな二月如月二十日の休日火曜日だった。

上北沢で営業しているらぁめん小池の2号店が本郷三丁目駅の周辺で、つい先日の2018年2月17日から開業したようだ。

nishino02

しかも坂本01@王子を離れたばかりの坂本氏が、なんとその厨房でヘルプとして腕を振るっていると言う。それは気にならないわけがなかった。

nishino03

nishino04

nishino07

そんなわけで冷え込みもそれほどでない、そんな好天のなか出掛けることにした。最寄り駅の本八幡から、総武緩行線で御茶ノ水まで出て、そこから東京メトロ丸の内電車線に乗り換え。

一駅だけ乗車して、本郷三丁目駅で下車。改札口を右手に出て前方道路を左折。春日通りと本郷通りが交叉する本郷三丁目交差点を横断してから、戻るように御茶ノ水寄りへ。

少し歩いてまもない一つ目の左路地を入り、50mほど先の右路地を曲がり少し歩くとビストロ桃の実の手前に開業間もないこちらが営業していた。

オープン早々から確固たる定評が出来ていたこともあってか、入口のドアから長い行列が出来ていて路地の入口に人影が見えたが、やはりこちらの入店を待つ外列であった。

そうしない内に後続客が続いて何気なく振り返ると、先日お会いしたばかりの一期一会ブログ管理人さんが。思わずそこは、世間話しに花が咲いた。

nishino08

nishino09

nishino10

nishino11

15~16人ほどの行列だったが、想定よりも早く店内へ入れた。券売機でそれしか選べない、中華そばと味付き替え玉を購入。

今後はそれ以外に山椒そばと醤油そばや、肉ワンタンに炊き込みご飯のサイドメニューも提供するらしく、そんなボタンが券売機に見られた。

一期一会さんに教えて貰い知ったが、厨房にはやはりらぁめん小池の水原店主がおられ、その横に坂本氏の姿も見受けられた。さらには以前訪れた中華そばSで、見掛けたスタッフの方もおられた。

利用する麺は村上朝日製麺所さんらしく、そんな樹脂製の麺箱がフロアの目の上の場所に置いてあった。その傍で数人がカウンター席が空くのを待つ、そんなスタイルのこちらだった。

少し待っていると先客が帰って行かれ、その空いた席に案内を受けて後に続いた一期一会さんが少しだけ離れた席に腰掛けた。

水原店主は当面本店はスタッフに任せて、2号店のこちらにおられるそうだ。程なく到着。

nishino12

低温調理された肩ロース肉の豚チャーシューは、まるで一足早く咲いた八重桜を見るように、艶やかで華麗で厳かな姿のビジュアルだった。

nishino13

そして穏やかに湛えるスープの水面は、なんとも言えない黄金色に輝き貫くもの。そして細ストレートの村上朝日製麺所謹製の特製麺は、ビーナスの柔肌の如くその白さに満ちていた。

nishino14

そこに青菜、鳴門巻き、白髪ねぎが適度に配されたもので、その完璧な美学さえも感じる中華そばに、もはや手を付けるのをためらうほどだった。

nishino15

nishino16

ともあれその美味しそうな中華そばだけに、それではと行かせて貰えば誠心誠意な縦横無尽の群雄割拠に、心奪われ只々その華麗な作品にのめり込むばかり。

煮干し2に対して動物系1のWスープだそうで、そこに鯖節とアサリも効かせているものだそう。

一期一会さんが店主に確認しており、鯖節はやはりそうかと気づいたが、アサリはそうだったのかとなった。氏が一際大きく見えて、後光さえ見えた一瞬だった。

イワシ煮干と鯖節に、動物出汁とラードもあって、その中でアサリとは正直に言って判らなかった。

そんな煮干鯖貝豚鶏清湯中華で、低温調理のレアチャーシューに大号泣しつつ、喉越しも豊かでスープの寄り添いも適度な麺にも感動を覚えるばかりと言えた。

nishino17

nishino18

nishino19

味付き替え玉もお願いして、あえそば~卓上調味料入りまぜそば~つけそば、そして中華そばと多彩に愉しみ、それだけに気がつけば完食だった。

nishino20

厨房の方々にご挨拶しつつ店を後にして、その後に周辺で営業しているみじんこの別ブランドらしい、2014年12月21日オープンの自家焙煎カフェAmmonite Coffee Market(アンモナイトコーヒーマーケット)へ。

フルーティーな面持ちが素敵なエチオピア豆のコーヒーと共に、そこで提供されていた半蔵門の洋菓子店TiMiさん謹製のシャルロットストロベリーと、オレンジケーキを堪能すればこれまた素晴らしかった。


いや、怒涛燦燦・涙腺崩壊・猛攻沁々・極涙層々、劇的滋味・絶賛視覚・俄然嗜好・敢然果断、絶品美味・格別風味・百花繚乱・光彩陸離、出汁怒涛・豚肉激旨・一網打尽・悩殺昇天の感動風情。

そして、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、格調高雅・絶巧寛雅・最上感銘・英明果敢、完全絶後・永遠偉大・深謀遠慮・理路整然、典麗風雅・静淑優椀・敬服桂味・驚嘆風趣の無尽歓喜。

となれば、純情可憐・無垢一途・群抜美味・怒涛風味、感激称美・非凡優美・壮麗美麗・美味桂肴、高論卓越・和而不同・優美高妙・大慶至極、美味共鳴・芳醇風情・天下逸品・極上品質の猛烈怒涛。

とすれば、卓越妙味・絶妙風雅・感謝感激・感涙号泣、秀色神采・風光明媚・英姿颯爽・軽妙洒脱、一意専心・堅忍不抜・風味絶桂・百様玲瓏、驚愕感動・賛嘆情趣・激震桂肴・絶妙風韻の美味怒涛。

と来れば、絶妙至純・極上清楚・絶妙激旨・決然感銘、千古不磨・名実一体・威風凛々・十日一水、円熟無礙・威風凛然・完全無欠・猛烈号泣、空前絶後・激泣喝采・旭日昇天・無我夢中の激旨秀麗。

であれば、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、意気軒昴・感慨多端・一心不乱・終始一貫、気韻生動・英華発外・謹厳実直・質実剛健、当代無双・至大至高・拍手喝采・恐悦至極、優椀閑雅・外柔内剛・崇高清純・切磋琢磨の圧巻極致と言うしかなかった。

nishino05

★ 中華蕎麦 にし乃

※公式ツィッター~https://twitter.com/nishino_hongo3
住所/東京都文京区本郷3-30-7 熊野ビルB棟101 TEL非公開 定休日/未定(開業月は無休) 営業時間/11:30~14:30中休18:00~22:00 ※土日祝~21:00
※アクセス
東京メトロ丸の内線本郷三丁目駅下車。改札口を右手に出て前方道路を左折。春日通りと本郷通りが交叉する本郷三丁目交差点を横断してから戻るように御茶ノ水寄りに少し歩き、まもない一つ目の左路地を入り50mほど先の右路地を曲がり少し歩いた左側にあり。都営大江戸線側出口5傍にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。