musaabukjj301

爽やかな青空から陽射しが煌めいて日中は南西の風が気温を上げる予報が出ていた、見上げれば春めく青い表層はオリエントブルーに色めくばかりの二月如月二十四日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば日暮れてもそれほどの冷え込みもなく、ただ穏やかな夜風が漂うそんな午後七時過ぎだった。

musaabukjj302

土曜日だけに二郎系モードにスイッチが入ったもののどちらにするか決め切れずにいたが、そう言えばそろそろこれまで二度訪れたこちらのアレが始まっているだろうかと立ち寄ることにした。

musaabukjj303

musaabukjj304

musaabukjj305

そんなわけで昨年の暮れ近い2017年11月23日に、オープンしたこちらの店頭へやって来た。しばらく前から店頭の左寄りに、縦長のショーケースが据えられている。

提供している油そばのサンプルが並べられていて、その一番上に銀河系破壊型と添え書きされたダブダブダブ特濃なるインパクトある提供メニューが飾られていてアレとはこのことだ。

もう既に始まっているかと思いきや、以前と同様に近日登場乞うご期待!と案内されていた。そこには油そばに使われるタレが、2011年のモンドセレクションで金賞を受賞していることも表記されていた。

少し前から2階のテーブル席も利用出来るようになったようだが、どうやらつい先日の2018年1月31日から、1階の立ち食いフロアがにカウンター席を導入されたらしく椅子があるのが見えた。

メニューも色々と増えているようだし、こうなれば今夜はやはりこちらにするかとなって、そこはさりげなく入店することにした。

musaabukjj318

musaabukjj306

musaabukjj307

musaabukjj308

musaabukjj317

と言うわけでドアを開けて入り、1階の設けられたばかりのカウンター席に腰掛けても良かったが、上がっても良さそうだったのでまだ見ぬ2階へ行くことに。

するとそこはやたら荒んだ風情の、そんなフロアが広がっていた。よほどリアルなレトロ感を出させたかったのだろう。

ともあれ階段寄りのテーブル席に腰掛けてメニューリストを広げると、乞うご期待!とあった特濃ダブダブダブ油そばがなんと提供されていた。

麺量480gの文字にそれならやめるかとなったが、麺ダブル超え野菜ダブル超え肉ダブル超え、超ド級のボリューム感一度は挑戦!の案内に、そこはチャレンジするかとオーダーすることに。

2階はテーブル席ばかりで既に半分以上の席が埋まっており、続くグループ客に単身客は下に降りるかとなって、冷水のコップと精算札を手にして1階へ降りカウンター席の左端へ身を寄せた。

先客が2階に多くおられ時間が掛かることは覚悟していたが、厨房の対応力と席数を考えれば2階を解放する事は厳しいだろうと以前から理解していた。

ともあれ完食出来るか不安を覚えながらも待っていると、お待たせしたので肉を更に増しておきましたと一言が添えられ、オーダーした特濃ダブダブダブが到着。

思わず嬉しいやら不安になるやらで、完食出来るだろうかと気掛かりになりながらも、そこは箸を手に臨戦態勢を整えた。

musaabukjj309

musaabukjj310

musaabukjj311

musaabukjj312

それではと行かせて貰えば、それはもう猛攻燦々怒涛燦々の嵐が吹き荒れるばかり。ともあれ絶妙可憐のそれは美味しい持ち味に大号泣しつつも、その類い稀なる盛りの良さに滝のような涙で出るばかりだった。

musaabukjj313

musaabukjj314

musaabukjj315

卓上調味料で風合いを変えながらも食べ進めて行ったが、後半を過ぎた頃半分諦め気分となって、麺量が残り100gを切った時に完食を断念して箸を置いた。最初は正直行けるだろうと思ったが、武蔵野アブラ學会おそるべしと言うしかなかった。いや、凄かった。

ともあれ、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、猛然嗜好・敢然果断・劇的滋味・激闘好物、太麺超絶・鳴門大量・豚肉激旨・野菜怒涛、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫の空前絶後。

そして、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、美味共鳴・芳醇風情・感激称美・非凡優美、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、典麗風雅・静淑優椀・百花繚乱・光彩陸離の感動風情。

と来れば、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、群抜美味・怒涛風味・天下逸品・極上品質、卓越妙味・絶妙風雅・格調高雅・絶巧寛雅、絶品美味・格別風味・感謝感激・感涙号泣の無尽歓喜。

となれば、虚心坦懐・一所懸命・一意専心・堅忍不抜、驚愕感動・賛嘆情趣・往古来今・一意奮闘、美味怒涛・激旨秀麗・威風凛々・十日一水、千古不磨・名実一体・威風旋風・絶品美味の猛烈怒涛。

とすれば、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、当代無双・至大至高・絶妙至純・極上清楚、恍恍惚惚・光彩奪目・一心不乱・終始一貫、円熟無礙・威風凛然・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

musaabukjj316

★ 武蔵野アブラ學会 吉祥寺店

※公式ツィッター~https://twitter.com/masaotin
住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町1-13-2 白石ビル1F・2F TEL0422-27-1596 定休日/年中無休 ※但し年末年始休業 営業時間/11:00~23:00
※アクセス
JR中央線吉祥寺駅下車。北口側に出てロータリー右手の吉祥寺大通りを歩いて行き、ヨドバシカメラ吉祥寺前交差点を左折し本町新道を10mほど歩いた左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。