roastbeefohno01

陽射しを閉ざす暗い灰色の雲が広がり北東寄りの風が予報通りの微雨を降らせていた、見上げれば蒼灰色の表層はブライトストラトスフェリックブルーに染まるばかりの三月弥生八日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば午後から南寄りの風となり本降りの雨がアスファルトを漆黒にさせて、そして涙の数だけ心の灯が増すように春が間近い街の夜風の気温を幾分上げていた午後七時過ぎだった。

roastbeefohno02

先日は勤務先周辺のビジュアル系の肉丼が愉しめる店舗へ訪れたものだが、そんな折り周辺にそうした提供メニューが愉しめる店舗がまだ多く存在することに気づいた。

そんな中からこちらが気になるところとなって、雨によりぬかるむ足どりもあって、それならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

roastbeefohno03

roastbeefohno04

roastbeefohno17

そんなわけでローストビーフ人気店らしい、株式会社B級グルメ研究所が運営するこちらへ向かうことに。アーケード街の吉祥寺ダイヤ街通りに入り、イーストゾーン奥の右側建物の地下1階で営業しているその入口へやって来た。

roastbeefohno05

roastbeefohno06

さっそく階段を降りて扉を開けて入店して行くと、それは盛況なフロアが広がっていた。奥寄りのカウンター席に案内を受けて、そこへさりげなく腰を降ろした。

そのつもりで来たローストビーフ丼はオーストラリア産と黒毛和牛の2タイプがあり、ご飯大盛無料だそうで肉2倍仕様等もあり、定食スタイルになっていてテールスープ・漬け物・薬味が付くと言う。

また吉祥寺店限定らしきローストビーフ重は和牛とオーストラリア産のハーフ&ハーフ仕様で、小松菜のおひたし・ポテトサラダ・テールスープ・薬味が付くようだ。

店頭にはランチ限定メニューと案内されていた、USサーロインローストビーフのグリルランチは、店内では終日メニューとなっていた。さらにはテイクアウト可能メニューらしき、謹製ローストポークカツサンドもあり、店内で愉しむ場合のみドリンクサービスと表記されていた。

なるほどと一通りメニューを確認してから、それならばと肉2倍のオーストラリア産ローストビーフ丼を大盛でお願いすることに。

roastbeefohno07

2015年10月15日にオープンした秋葉原店に端を発する店舗ブランドのようで、その後に2016年2月15日にこの吉祥寺店が開業。

さらに2016年4月29日に原宿店と2017年3月18日に池袋店がオープンして来たそうだ。なお渋谷店も2016年4月1日開業させたものの、諸般の事情で2016年7月31日閉店させている。

界隈で営業している2005年4月開業の吉祥寺どんぶりは姉妹店らしく、厨房スタッフの方はたまにそちらの厨房に立つこともあるそうだ。

roastbeefohno08

roastbeefohno09

先客へ提供している丼ものを見ていると並盛は女子を意識したような小盛仕様で、大盛はまさしく丼サイズながら男子ならば充分胃に収まる飯量であることが判った。

オーストラリア産牛肉と言えばオージービーフとして慣れ親しんだ牛肉であり、世界最大級の牛肉輸出国オーストラリアは、日本が最大の輸出相手国と言う。

オーストラリアもその規模は違うものの日本と同じ島国であり、固有の生態系を守るため何処よりも厳格な検疫体制を敷いておりその安全性は非常に高いと言われている。

ちなみに店名の大野は運営企業代表取締役でなく、店舗ブランド運営責任者の方のお名前だそう。また厨房には大きなオーブンが2機据えられていて、じっくり時間をかけて調理しているそうだ。程なく到着。

roastbeefohno10

roastbeefohno11

ローストビーフ丼元祖店のレッドロックを思わせる、その特有とも言えるビジュアル。なんとも見事に美しくも麗しい、ローストビーフに覆われた、そんな山が目の前にやって来た。頂上には卵黄がローストビーフに半分隠れてまるで目のようにさえ見えた。

漬け物は丼の中へ多めに添えられた、そんなキャベツの酢漬けだった。薬味は濃厚クリームチーズと山わさびが用意されて、肉2倍と言うことでその付け合わせも2倍になっていた。

roastbeefohno12

roastbeefohno13

roastbeefohno14

roastbeefohno15

roastbeefohno16

それではと麓の肉から行かせて貰えば、高級ホテルで切り分けられるローストビーフとそう変わらない、超越絶賛したくなるその風情でもう存分にたまらないもの。なんたる脳髄破壊力を持つローストビーフなことか。

その肉量も怒涛燦燦・涙腺崩壊の多さで価格破壊の美味しさと言うしかないもの。感動MAXのともえ投げを喰らうような絶妙な素晴らしさに思わず世間話しもそこそこに一心不乱にもくもくと口にして行くしかなかった。

途中で付け合わせや卓上に用意されていた岩塩のピンクソルトと粗挽き胡椒を投入してさらにその世界感に酔いしれるばかり。ライスやスープに酢漬けもこれまたとても素敵で、それだけに気がつけば完食だった。

いや、こちらもまた、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、格調高雅・絶巧寛雅・典麗風雅・静淑優丼、最上無二・英明果敢・群抜美味・怒涛風味、天下逸品・極上品質・感謝感激・感涙号泣の感動風情。

そして、純情可憐・無垢一途・天上無二・超越猛攻、感激称美・非凡優美・百花繚乱・光彩陸離、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、卓越妙味・絶妙風雅・壮麗美麗・美味桂肴の無尽歓喜。

となれば、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、美味共鳴・芳醇風情・誠心誠意・群雄割拠、絶品美味・格別風味・敬服桂味・驚嘆風趣、劇的滋味・激烈好物・猛然嗜好・敢然果断の美味怒涛。

と来れば、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、感動品質・感服妙味・一意専心・堅忍不抜、猛烈感動・華麗創美・美味怒涛・激旨秀麗、熟達品格・壮麗威風・威風凛々・十日一水の猛烈怒涛。

とすれば、絶妙至純・極上清楚・円熟無礙・威風凛然、崇高清純・切磋琢磨・旭日昇天・無我夢中、完全無欠・猛烈号泣・意気軒昴・感慨多端、絶妙激旨・決然感銘・恐懼感激・感恩徳載の激旨秀麗。

であれば、美妙巧緻・鮮美透涼・敢為邁往・聡明剛毅、威風旋風・絶品妙味・一心不乱・終始一貫、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、空前絶後・激泣喝采・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

roastbeefohno18

roastbeefohno19

★ ローストビーフ大野 吉祥寺店

※公式サイト~http://roastbeef-ohno.com/
住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町1-8-2 FC吉祥寺ビルB1階 TEL0422-22-3650
 定休日/無休 営業時間/11:00~23:00(22:00LO)
※アクセス
JR中央線吉祥寺駅下車。北口側出てロータリー左手奥から延伸する、アーケード街ダイヤ街通りに入り、イーストゾーン奥の右側建物の地下1階にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。