hageten01

北寄りの風がひらめくものの青空が広がり陽射しが煌めき街はにわかに春めいて、見上げれば青い表層はペルヴァンシュブルーに色めくばかりの三月弥生十二日の月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、日中はずいぶん気温が上がったものの、日暮れるとそこは穏やかな夜風が漂うそんな午後七時過ぎだった。

hageten02

博多一風堂プロデュースの豚骨らぁ麺を江戸前天丼と共に愉しめると言う、そんな天ぷら銀座ハゲ天の運営する新店が銀座四丁目交差点傍に2018年3月2日オープンしたらしい。

以前は品達どんぶり五人衆で営業していた銀座ハゲ天の流れを汲む、リーズナブルな金額で愉しめるカジュアル系天丼店の銀座小ハゲ天が営業していた場所のようだ。

天ぷらとラーメンと言うと昔から見られたものだが、天丼となるとここ最近会津春待堂@小岩で見られた手法だ。多くの著名人からも愛されたこちらで、1928年東京九段にて「たから」と言う屋号にて創業した老舗天ぷら専門店だそう。

創業の翌年に銀座進出店を開業させる際、初代店主がハゲ頭であったことから、当時の常連客に現在の店名を推奨されて命名されたものだそう。

hageten03

hageten04

そんなわけで気になるところとなって、仕事帰り銀ぶらならぬ銀ラーで洒落込むかと立ち寄ることにした。通勤電車の中央線快速を四ツ谷で降りて、地下鉄丸ノ内線電車に乗り換え、久しぶりとなる夜の銀座へやって来た。

A1出口傍の銀座すずらん通りを入り、20mほど歩いた頃だろうか、右側に風情も良くこちらが佇んでいた。店頭の店名マークが、「笑」と言う漢字に見えるのは、意図的なものだろうか。

hageten05

ともあれさっそく入店して行くと、直ぐ右手に券売機が据えられていた。店内は白木を多用して、その雰囲気を高めていた。

らぁ麺は胡麻豚骨らぁ麺と胡麻担々麺のみで、天丼類は天丼・天丼(上)・かき揚げ天丼・野菜天丼がラインナップしていた。そこに小らぁ麺とそれらの各天丼が付く、そんなセットメニューが上段部の方に用意されていた。

やはりセットメニューで行くかとなって、そんな中から天丼とらぁ麺のボタンを選ぶことに。らぁ麺の小サイズであることが、さりげなく案内されていた。

hageten06

hageten07

hageten08

hageten09

当初は九段に本店を置く天ぷら専門店だったが太平洋戦争の東京大空襲で焼け出され、戦後まもない頃に銀座の地で復活営業を遂げ、以来銀座の天ぷら専門店としてこれまで愛されて来たこちらだそう。

ラーメン店から天かすの要望を受けたことがきっかけで、こうした店舗を開業することを思いついたのだそう。

海外旅行客が多く集うそんな銀座に今回出店をして、今後海外に同様の系列店を展開して行く展望があるそうだ。程なく到着。

hageten10

hageten11

hageten12

hageten13

それではと、らぁ麺から行かせて貰えば、なるほど和風出汁は隠し味程度にとどめていてなかなかの素敵な風合いで、天丼との相性を充分に考慮したものであることが伺えた。

天丼に合う豚骨らぁ麺にするため、豚骨スープには昆布や特製魚粉を利用した和風出汁を、あっさりと効かせたものだそう。

煎り白胡麻が多めに振られていた。麺は博多一風堂で一番細い、そんな麺を泳がせたそうだ。

hageten14

hageten15

hageten16

hageten17

天丼にも手を付ければ、やはりカジュアル性の高いもの。卓上に用意された、ひね生姜らしき甘酢漬けと共に美味しく頂いた。

海老天二本にキス天ぷらと半熟玉子の天ぷら等が入り、胡麻油で揚げたものらしくそれにしても良かった。それだけに、気がつけば完食。

いや、格調高雅・絶巧寛雅・美味共鳴・芳醇風情、純情可憐・無垢一途・百花繚乱・光彩陸離、卓越妙味・絶妙風雅・典麗風雅・静淑優椀、誠心誠意・群雄割拠・感激称美・非凡優美の感動風情。

そして、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、一意専心・堅忍不抜・遠慮会釈・恩沢洪大、堅守速攻・百拳百凄・威風凛々・十日一水、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫の無尽歓喜。

と来れば、絶妙至純・極上清楚・意気軒昴・感慨多端、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、絶妙激旨・決然感銘・美妙巧緻・鮮美透涼、気韻生動・英華発外・拍手喝采・恐悦至極の猛烈怒涛と言うしかなかった。

hageten18

hageten19

★ 天丼・らぁ麺 ハゲ天

※公式サイト~https://www.hageten.com/
住所/東京都中央区銀座5-6-7 銀座七宝ビル1階 TEL03-3289-8910 定休日/年中無休 営業時間/11:00~22:00
※アクセス
東京メトロ地下鉄銀座線ほか銀座駅下車。A1出口傍の銀座すずらん通りを入り20mほど歩いた右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。