kanaya01

白雲が青空を幾分隠すものの咲いたサクラが注ぐ陽射しを拡散させて、見上げれば青い表層はパステルエアウェイブルーに色めく、街々はすでに春爛漫の香り漂う三月弥生二十四日の週末土曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、見上げれば月が上空の高い位置に浮いて、春らしい夜風そよぐそんな午後七時過ぎだった。

kanaya02

先日は方南町某店を訪れたものだが、そう言えばとなってもう一軒の気になっていた新店の方にも訪ねることにした。

ネットに寄れば、2017年10月8日に残念ながら閉店して行った家系ラーメン桂家の跡地店舗に開業した新店で、そこには社会人となったラーメン高校生として知られる山内直人さんが厨房におられると言う。

少し前は仕事帰りに丸ノ内線支線終点を往復するのはどうなんだろうと思っていたが、いざやって見ると西武新宿線経由帰宅よりは遥かに楽と気がついた。

kanaya03

kanaya04

そんなわけでまたしても方南町に降り立ち、ただし出口は反対側のレールエンドの先にある出口1から出る。

外に出るとそこには目の前に環状七号線の側道があり、その左手へ進んで行き100mほど歩いた頃だろうか左側にこちらが営業していた。

kanaya05

kanaya06

kanaya07

さっそく入店して行くと、数人の先客が居る、フロアが広がっていた。右手に券売機があったので、その前にさりげなく立つ。

麺メニューは、濃厚ラーメン・濃厚黒ラーメン・濃厚辛ラーメンと、新たに台湾まぜそばがラインナップ。そしてサイドメニューには、肉ごはん・キムマヨ肉ごはん・九条ネギごはんと言う布陣が用意されていた。

また麺についての案内があり、太麺は並盛150g・無料大盛225gで、細麺は並盛110gの無料大盛なしで有料替玉ありと言うもの。それならばと、特製仕様らしい丸得の濃厚ラーメンに、キムマヨ肉ごはんのボタンを連打することに。

振り返りカウンター席の入口寄りの椅子に腰掛けながら、チケットを手渡すと麺の太さの案内があり、それならばと太麺の無料大盛を希望。

kanaya08

kanaya19

2018年2月10日からプレオープンとして始めたそうだが、すでに味も落ち着いたのかグランドオープンしているそうだ。

なお店名は山内さんと共に共同運営する、町田有名人気店主と都内古着屋店主、それぞれのお名前の頭文字から命名したものらしい。

また、カミングスーンとして隠しているボタンは、味噌ラーメンとつけ麺だそうで、今後順次それらを提供して行く予定だそう。

ちなみに細麺を大盛無料にしないのは、すぐに延びてしまう仕様のためだそう。程なく到着。マー油をサービスで頂けることに。

kanaya09

kanaya11

kanaya10

kanaya12

kanaya13

kanaya14

kanaya15

kanaya16

kanaya17

それではと行かせて貰えば、博多の繁華街の路地裏で営業している店で出てきそうな、臭みは感じられないもの圧巻のド豚骨スープで、久しぶりの怒涛の風合いに懐かしさを感じつつその持ち味を愉しんだ。

豊華食品謹製らしいやや太めの中太ストレート麺も素敵で、味玉にチャーシューもなかなかだった。なお、豚骨スープの製法は、呼び戻しでは無いそうだ。別皿で頂いたマー油の風情に、キムマヨ肉ごはんも素晴らしく、それだけに気がつけば完食だった。

いや、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、恍恍惚惚・光彩奪目・円熟無礙・威風凛然、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、謹厳実直・質実剛健・軽車熟路・確固不抜の無尽歓喜。

そして、完全無欠・猛烈号泣・空前絶後・激泣喝采、敢為邁往・聡明剛毅・当代無双・至大至高、一心不乱・終始一貫・旭日昇天・無我夢中、恐懼感激・感恩徳載・意気軒昴・感慨多端の感動風情。

となれば、絶妙激旨・決然感銘・威風旋風・絶品妙味、欣喜雀躍・手舞足踏・有頂天外・歓天喜地、仁者無敵・至純至高・美妙巧緻・鮮美透涼、大悟徹底・気宇壮大・崇高清純・切磋琢磨の老巧精妙。

とすれば、気韻生動・英華発外・心満意足・余韻嫋々、猛攻沁々・絶妙均整・上下一心・品行方正、絶品美味・格別風味・百花繚乱・光彩陸離、完全絶後・永遠偉大・優美高妙・大慶至極の猛烈怒涛。

と来れば、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、美味共鳴・芳醇風情・感激称美・非凡優美、卓越妙味・絶妙風雅・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

kanaya18

★ 濃厚ラーメンかなや

住所/東京都杉並区堀ノ内1-3-13 ライオンズプラザ方南町1階 TEL非公開 定休日/無休 営業時間/18:00~翌1:00頃 ※日祝~23:00頃
※アクセス
東京メトロ地下鉄丸ノ内線方南町駅下車。出口1から外に出て、前方の環状七号線の側道を左手に進み、100mほど歩いた左側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです