kichijojidon201

やや霞む青空からそよめくように陽射しが注いで、見上げれば青い表層はペールマットダルブルーに色づく、サクラの街広がる時季の三月弥生二十五日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風は春先らしい面持ちの、そんな爽やかな午後七時過ぎだった。

kichijojidon202

肉チャージ気分となって、それならば今月半ばに訪れたこちらへまた立ち寄って見るかと言う感じになり、そんなわけで仕事帰り通勤電車に乗り込む前にその店頭へやって来た。

kichijojidon203

kichijojidon204

kichijojidon205

kichijojidon206

kichijojidon207

扉を開ける前に、豚バラテキ丼・牛タンねぎ塩withガーリック炒飯・チーズ入り豚カルビ丼・生姜焼き定食のどれにするかと悩みつつ入店。

kichijojidon208

kichijojidon209

すると限定メニューらしきものが。天下無敵の丼めし!売り切れ御免の緊急企画!と言うことらしい。国産牛カルビ丼980円のその案内に、もはや今夜はこれで行くかとなった。

そして破壊王のボタンが気になりながらも、こちらの爆盛の良さは既に良く身に染みているので、そこは自重して肉増し(2倍)のボタン連打で留めることに。

kichijojidon210

kichijojidon211

kichijojidon212

数段の階段を上がると先客が数名待っていて、しばし待っていると先客が帰っていき、そうしない内にカウンター席に座れてチケットを差し出した。

こうした提供メニューはある程度先に連絡が来てその提供メニューが始まるようだが、今回の国産牛カルビ丼は急遽決まった事項だそう。

なるほど案内にあった緊急企画は、伊達ではなかったようだ。期間限定メニューのようだが、しばらくは提供しているそうだ。程なく到着。

kichijojidon213

kichijojidon214

kichijojidon215

kichijojidon216

kichijojidon217

kichijojidon218

肉の中央に生卵を置く場所を作りそこへ生卵を入れ、卵黄を潰して肉に絡めれば食欲はピークに達した。それではと行かせて貰えば、唸る国産牛カルビ肉の量に、もはやその虜になって箸の往復速度が次第に高まって行くしかなかった。

濃い味付けながら、国産牛らしい味わいが、実にたまらないもの。途中でキュウリのキューちゃんを投下しつつ、さらに食べ進めて愉しんだ。それだけに、気がつけば完食。

いや、今回もまた、怒涛燦燦・涙腺崩壊・劇的滋味・激闘好物、猛然嗜好・敢然果断・一網打尽・悩殺昇天、鶏肉激旨・唐揚怒涛・美味怒涛・激旨秀麗、運営企業・首尾一貫・聡明叡知・治覧深識の感動風情。

そして、天下逸品・極上品質・感謝感激・感涙号泣、感激称美・非凡優美・誠心誠意・群雄割拠、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、完全絶後・永遠偉大・優美高妙・大慶至極の無尽歓喜。

とすれば、純情可憐・無垢一途・美味共鳴・芳醇風情、百花繚乱・光彩陸離・卓越妙味・絶妙風雅、感動品質・感服妙味・一意専心・堅忍不抜、驚愕感動・賛嘆情趣・風味絶桂・百様玲瓏の猛烈怒涛。

と来れば、崇高清純・切磋琢磨・当代無双・至大至高、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、空前絶後・激泣喝采・完全無欠・猛烈号泣、絶妙激旨・決然感銘・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

kichijojidon219

★ 吉祥寺どんぶり

住所/東京都武蔵野市吉祥寺南町1-1-3 三河屋ビル1階 TEL0422-79-1213 定休日/無休 営業時間/10:30~翌2:00
※アクセス
JR中央線吉祥寺駅下車。公園口側に出て前方道路を右手に50mほど歩いた右側建物の1階にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。