mutahiroksc01

青空から陽射し煌めく街に満開を迎えたサクラが咲き乱れて、見上げれば青い表層はグレーシャーブルーに色めくばかりの三月弥生二十八日の水曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、サクラの香りさえ運んで来そうなほどに、春爛漫の夜風が漂うそんな午後七時過ぎだった。

mutahiroksc02

国分寺に本店を置きその周辺に多くの系列店を持ち、大阪に2店舗と韓国ソウルにも系列店が営業している、そんなムタヒロさんが通勤途中駅の錦糸町に2018年3月26日新たな店舗を開業させたとして気になっていた。

これまでもそんな系列店に休日を利用して出掛けており昨秋もラーメンブタヒロを訪ねたものだ。それならばそこは仕事帰りに、さりげなく立ち寄りたいもの。

mutahiroksc03

そんなわけで今夜こそと、通勤帰り訪れることにした。通勤電車を錦糸町で降りて、南口側へ出て前方京葉道路の横断歩道を渡り右手に進み、一つ目の左路地を曲がる。

二つ目の十字路を右折して30mほど歩いた頃だろうか、右側に開業まもないこともあって開店祝いの花が賑やかに飾られた店頭のこちらが佇んでいた。

mutahiroksc04

さっそく入店して行くと右手に券売機が据えられていて、予定通りワハハ煮干特製そばを選び振り返り、厨房前カウンター席やや左寄りの椅子に腰を降ろした。

チケットを手渡す際に、いけ麺さんが食した煮干そばの背脂が多めに感じたので、背脂を少なめでお願いすることにした。

mutahiroksc05

mutahiroksc06

mutahiroksc07

券売機に立った時に、厨房に以前お会いしたスタッフの方と目が合い、思わず腰掛けた後で世間話しに花が咲くフロアーとなった。

業務委託営業店舗となるこちらだそうで、様々な運営スタイルがあるラーメン店だが、直営店舗とほぼ同じような対応力がある営業店舗と言えそう。

凪出身店主の多摩エリア人気店だけにかなり盛況でないか懸念したが、後続客が続くものの外列が出来るほどでなく、しばらくはこんな感じだろうか。程なく到着。

mutahiroksc08

mutahiroksc09

mutahiroksc10

mutahiroksc11

mutahiroksc12

mutahiroksc13

mutahiroksc14

mutahiroksc15

mutahiroksc16

それではと行かせて貰えば、極上可憐・絶妙煮干・怒涛風味・絶賛太麺の風情風合いが、まるで満開の桜吹雪が店内を駆け巡る錯覚に陥りそうなほど艶やかと言えるもの。

本店よりも煮干しを多めに使用している煮干醤油清湯スープだそう。本店同様の凪製麺こと新宿だるま製麺謹製の太ちぢれ麺にいったんもめんがこれまた良かった。亀戸某店を意識して岩海苔を入れたのかと思えば、2年前から海苔をそれに変えているそうだ。

低温調理鶏ササミチャーシューと、トロトロになるまで煮込まれた豚バラロールチャーシューに、味玉なども実に素敵で、それだけに気がつけば完食。背脂量は少なめで、丁度良い感じだった。落ち着いた頃に2号店の鶏そばを、提供して行く予定だそう。


いや、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、劇的滋味・絶妙淡麗・猛然嗜好・敢然果断、美味共鳴・芳醇風情・卓越妙味・絶妙風雅、絶品美味・格別風味・天下逸品・極上品質の感動風情。

そして、格調高雅・絶巧寛雅・百花繚乱・光彩陸離、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、天上無二・超越猛攻・最上無二・英明果敢の無尽歓喜。

となれば、感謝感激・感涙号泣・感激称美・非凡優美、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、敬服桂味・驚嘆風趣・典麗風雅・静淑優椀、壮麗美麗・美味桂肴・群抜美味・怒涛風味の余韻嫋々。

とすれば、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、美妙巧緻・鮮美透涼・敢為邁往・聡明剛毅、空前絶後・激泣喝采・猛攻沁々・絶妙均整、絶妙激旨・決然感銘・意気軒昴・感慨多端の猛烈怒涛。

と来れば、絶妙至純・極上清楚・威風旋風・絶品妙味、崇高清純・切磋琢磨・恍恍惚惚・光彩奪目、気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、旭日昇天・無我夢中・完全無欠・猛烈号泣の圧巻極致と言うしかなかった。

mutahiroksc17

mutahiroksc18

★ 中華そば ムタヒロ 錦糸町店

※公式サイト~http://mutahiro.com/
※公式ツィッター~https://twitter.com/mutahiro
住所/東京都墨田区江東橋2-6-14 池田ビル1階 TEL03-3632-8557 定休日/火曜日 営業時間/11:30~15:00中休18:00~21:00 ※2018年5月より23:00閉店予定
※アクセス
JR総武線錦糸町駅下車。南口側に出て前方京葉道路の横断歩道を渡り、右手に進み一つ目の左路地を曲がる。二つ目の十字路を右折して、30mほど歩いた右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。