anzawashokudo01

青空から煌めく陽射しが早咲きのツツジの花を目立たせて、南寄りの風が春の装いをあらわにさせていた、見上げれば青い表層はヒンメルブルーに色づくばかりの休日火曜日だった。

池袋人気店の塩そば専門店桑ばらで長年店長を務められて来た安澤店長さんが、このほど独立して上板橋駅周辺に2018年4月7日新店をオープンさせたとして気になっていた。

anzawashokudo02

新潟県長岡市小国町ご出身で、19歳の時に上京して桑ばらで10年間修業されて来た店主だそう。10年と言う節目もあって、独立を決意。

そこでその独立店のために命名したその店名は、実家の両親が新潟で苦労を重ねて営業して来た、そのラーメン屋の屋号を掲げたものと言う。

提供するラーメンは実家周辺の地に根ざした、修業先でも裏メニューで提供していた、長岡生姜醤油にアレンジを加えたものだそう。

anzawashokudo03

anzawashokudo04

そんなわけで長岡生姜醤油だけに、そこはやはり気になるところとなって、休日を利用して本日こそと出掛けることにした。

山手線電車などで池袋へ出て、そこから東武東上線電車の各駅停車に揺られ上板橋駅で下車。南口側左手の階段を下りて線路沿いを歩いて行き、200mほど先の踏切道路を右折。

程ない十字路を左折して行き、そのときわ通りを更に200m程歩いた頃あるイオンストアが営業している十字路を右折。30m進んだ頃だろうか右側に風情もよく佇んでいた。

anzawashokudo05

anzawashokudo06

anzawashokudo07

さっそく入店して行くと、右手に券売機が待ち受けていた。その前に立って、予定通りチャーシューめんを選択することに。

味玉も行くかとスタッフの方へ、チケットを手渡す際に100円を支払いお願いすることに。一番奥にあるカウンター席の左端に案内を受けてそこへ腰掛けた。

券売機の上には高齢の店主が映るフォトが掲げられていて、こだわりラーメン龍麺家さん古正寺店の文字が。少し前まで長岡で営業していたラーメン店のようで、お父さんと何かしら関係があるのだろうか。

塩らぁめんに越後味噌らぁめんなる提供メニューも見受けられた。つけめんに油そばや燕三条系煮干背脂らぁめんは、今後対応して行くものらしい。

anzawashokudo08

anzawashokudo09

anzawashokudo10

店内には長岡花火の色鮮やかなフォトが幾つか飾られており、その艶やかで綺麗な花火には思わず目を見張るばかりだった。

店主にさりげなくご挨拶しながらも、幾つかのことを確認。ちなみに修業先の店主は、かなり洒落好きな方だそう。程なく到着。

anzawashokudo11

anzawashokudo12

軽く生姜が香り懐かしささえも感じさせて百戦錬磨の店主が仕上げたことが理解出来て、それでいて田舎町の路地裏で営業して町に馴染んだような郷愁誘う昭和懐古系のラーメンが目の前にやって来た。

anzawashokudo13

anzawashokudo14

anzawashokudo16

それではと行かせて貰えば、猛攻怒涛で涙腺崩壊の絶妙可憐・絶賛風情の嵐吹き荒れる、実に素晴らしい持ち味でたまらないもの。

豚骨・鶏ガラのスープに生姜と鯖節を適度に効かせた風合いで、池袋松本製麺所謹製の中細ストレート麺がこれまた素敵な相性を示していた。豚チャーシューがこれまたとんでもなく素晴らしく、別皿で頂いた味玉もコク味豊かな美味しさ。

かつて秋葉原駅前に営業していた、ラーメンいすずの中華そばもまた生姜風味だったように、都内各所にもこの軽い生姜風味は存在していたものだ。

それゆえに新潟長岡生姜醤油的でありながらも、何処かその昔の東京ラーメンの風情さえも踏襲しているように感じられて、これにより多くの方々により愛される味わいと言えそう。それだけに、気がつけば完食。

いや、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、大衆中華・東京踏襲・百花繚乱・光彩陸離、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、空前絶後・激泣喝采・猛攻沁々・絶妙均整、の無尽歓喜。

そして、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、劇的滋味・絶妙淡麗・猛然嗜好・敢然果断、美味共鳴・芳醇風情・卓越妙味・絶妙風雅、絶品美味・格別風味・天下逸品・極上品質の感動風情。

となれば、感謝感激・感涙号泣・感激称美・非凡優美、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、敬服桂味・驚嘆風趣・典麗風雅・静淑優椀、壮麗美麗・美味桂肴・群抜美味・怒涛風味の余韻嫋々。

とすれば、絶妙至純・極上清楚・威風旋風・絶品妙味、崇高清純・切磋琢磨・恍恍惚惚・光彩奪目、気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、旭日昇天・無我夢中・完全無欠・猛烈号泣の心満意足。

と来れば、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、美味怒涛・激旨秀麗・威風凛々・十日一水、円熟無礙・威風凛然・仁者無敵・至純至高、当代無双・至大至高・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

anzawashokudo17

anzawashokudo18

anzawashokudo19

ちなみにこの後に帰りがけ池袋西武本館に立ち寄り、7階で営業しているオートクチュールデザートとして定評ある旧店名ベリーパーラーのカフェコムサへ。

そちらでは4月15日までの期間限定メニューらしい、愛媛県宇和島産ブラッドオレンジのパフェを愉しむことに。希少なブラッドオレンジを爽やかなブラッドオレンジシャーベットと合わせて華やかに飾られたもので、まさしく国産らしいコクのある甘味と豊かな風味だった。

anzawashokudo20

★ 新潟長岡らぁめん 安ざわ食堂 (あんざわしょくどう)

公式ツィッター~https://twitter.com/anzawasoysauce
住所/東京都板橋区上板橋3-20-8 MODEビル1階 TEL03-6906-4733 定休日/木曜日 ※祝日は営業して翌日休業 営業時間/平日11:30~14:00中休17:00~22:00/土日祝11:30~16:00中休17:00~20:00
※アクセス
東武東上線上板橋駅下車。南口側左手の階段を下りて線路沿いを歩いて行き、200mほど先の踏切道路を右折。程ない十字路を左折して行き、そのときわ通りを更に200mほど歩いたイオンストアがある十字路を右折。30m進んだ右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです。