arakikamado01

北寄りの風が気温を下げて暗い雲が青空と陽射しを隠し一日中曇天の空模様の予報が出ていた、そんな上空を見上げれば蒼灰色の表層はブライトアスターブルーに染まるばかりの四月卯月二十三日月曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、今夜も穏やかな夜風が漂う、そんな午後七時過ぎだった。

arakikamado02

2017年9月5日一時閉店した麺屋あらき竈の番人の移転リニューアル改称店として、2017年10月3日に鶏そばどりどりがオープンした際にはその開業当日訪ねたものだ

ところが今回そちらを突如として閉店させ、2018年4月19日本ブランド店のこちらがオープンしたと知り、それならばと仕事帰り立ち寄ることにした。

arakikamado03

arakikamado04

arakikamado05

そんなわけで船橋までまた乗り過ごし、戯拉戯拉の奥寄りで営業しているその店頭へやって来た。

arakikamado06

arakikamado07

arakikamado08

さっそく入店して行くと、やや奥寄りの左手に券売機が据えられていて、その前に立ちメガ豚チャーシュー麺が気になりながらも特製ら~麺を選んで、サイドメニューするかとチャーシュー乗せご飯も追加注文することに。

ラーメンは香味油がエビ・鰹油・辛油・なしから選べるのがウリのようで、それならばとチケットをスタッフに手渡す際にエビでお願いすることに。

こちらオープン前日の2018年4月18日まで営業していた鶏そばどりどりだそうで、比内地鶏などが思うように仕入れ出来ないようになったため本ブランドへリニューアルさせたそうだ。

また麺屋武蔵出身の荒木店主はご不在で、昼頃はおられたようだ。こちらについては鶏そばどりどりのレポートで、詳しく触れているのでここでは割愛させて頂く。程なく到着。

arakikamado09

arakikamado10

arakikamado11

arakikamado12

arakikamado13

arakikamado14

arakikamado15

arakikamado16

arakikamado17

arakikamado18

それではと行かせて貰えば、竈の番人らしい豚骨魚介醤油スープで、エビ風味と謳う香味油は案内通りマイルドで引立て役に徹したもの。

その分だけ高知土佐と鹿児島薩摩の鰹節に千葉九十九里の煮干しが奏でる、鶏ガラのコクも足した絶妙魚介濃厚豚骨のハーモニーがたまらない味わい。

自家製麺らしい中太ストレート麺がこれまた素敵で、チャーシューや味玉も美味しく、チャーシュー乗せご飯も愉しめ、それだけに気がつけば完食だった。

いや、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、格調高雅・絶巧寛雅・百花繚乱・光彩陸離、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、円熟無礙・威風凛然・仁者無敵・至純至高、の無尽歓喜。

そして、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、劇的滋味・絶妙淡麗・猛然嗜好・敢然果断、美味共鳴・芳醇風情・卓越妙味・絶妙風雅、絶品美味・格別風味・天下逸品・極上品質の感動風情。

となれば、感謝感激・感涙号泣・感激称美・非凡優美、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、敬服桂味・驚嘆風趣・典麗風雅・静淑優椀、壮麗美麗・美味桂肴・群抜美味・怒涛風味の余韻嫋々。

とすれば、絶妙至純・極上清楚・威風旋風・気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、絶品妙味、崇高清純・切磋琢磨・恍恍惚惚・光彩奪目、旭日昇天・無我夢中・完全無欠・猛烈号泣の心満意足。

と来れば、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、空前絶後・激泣喝采・絶妙激旨・決然感銘、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、意気軒昴・感慨多端・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。

arakikamado19

★ 麺屋あらき 竈の番人

住所/千葉県船橋市本町4-41-29 ライオンビル1・2階 定休日/月曜日 ※2018年5月より 営業時間/11:00~23:30
※アクセス
JR船橋駅または京成本線京成船橋駅下車。国道14号へ向かう道路から、マツキヨ先左路地の仲通り商店会通りを、10mほど入った右側にあり。


☝1クリック頂けると大変嬉しいです