nangokushukaok03

都心は連続して夏日が続いてくすんだ空は微かに陽射しを感じさせる程度で、また南寄りの風が気温を上げていた、空を見上げれば、蒼白色の表層はスモーキーダルラベンダーブルーに染まる五月皐月十七日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、穏やかな夜風が都会のショーウインドーへ影を映すようにそよぐそんな午後七時過ぎだった。

nangokushukaok02

創業1号店となる渋谷桜丘店が渋谷区桜丘の高級マンション渋谷コープに、1961年開業したことに端を発するこちらで、その四年後の1965年に原宿本店本館が開業を果たした。

自分にとって南国酒家と言えば麺覇王@本郷三丁目の店主が料理長を務めた有名人気中国料理店で、中国料理の定番メニューの酢豚にパイナップルを初めて入れた元祖店として知られている。

そんな南国酒家が新たなる系列店を昨日の2018年5月16日より、ルミネ荻窪5階のレストランフロア内にオープンさせたとして気になっていた。

しかも店名の南国酒家に続いて「&natural」の文字が入っており、それが何を意味するのか?他企業とのコラボ店なのか大いに気になるしかなかった。

nangokushukaok01

nangokushukaok07

そんなわけで開業翌日ながら、さっそく仕事帰り立ち寄ることにした。勤務先から数駅だけ通勤電車に乗車して、荻窪で途中下車してその店舗入口へやって来た。

nangokushukaok04

nangokushukaok05

入口のノートに記帳して順番を待っていると、そうしない内に名前が呼ばれて店内へ。フロアやや奥寄りのテーブル席に案内を受けてそこへ腰を降ろした。

nangokushukaok08

nangokushukaok09

nangokushukaok10

nangokushukaok11

「&naturalへの想い」がメニューやパンフレットに案内されていて、natural(ナチュラル)は「自然」「天然」の他に「気取らない」「ありのまま」とする意味も持つと言う。

中国料理にこのナチュラルを加え、食材本来の美味しさとありのままの自然を一皿一皿に表現し、お客様に新しい感動をお伝えてして行きたいと文章を締めていた。

こちらではそうした荻窪店だけのそんなnaturalメニューが、冷菜料理・温菜料理・麺飯料理それぞれに幾つかが用意されていて、それで店名に&naturalが付加されていたのだ。

麺メニューでは海老たっぷり宗田節香る白湯麺と酸味まろやか玄米黒酢入りスーラータン麺がそれに該当するそう。それならばと玄米黒酢入りスーラータン麺を選んで、焼売と杏仁豆腐の点心・デザートセットがプラス200円で愉しめるならばとそれもお願いすることに。

低糖質・低カロリー・グルテンフリーの低糖質蒟蒻麺に変更出来る案内も見受けられたが、そこは通常の中華麺で行こうとなった。

nangokushukaok06

1965年開業の原宿本店本館がオープンし、東京オリンピック開催をきっかけにして、その頃から酢豚にパイナップルを入れるようになったそうだ。ちなみにレタス入りのチャーハンも、こちらが最初と言われているようだ。

原宿本店本館、原宿本店迎賓館の他に営業している店舗をこの際なので列挙すると、飯田橋店、羽田空港店、東京駅店、新宿店、浦和店、相模原店、横浜店。港南台店、港北TOKYU S.C.店、LAZONA川崎店、武蔵小杉東急スクエア店、目白店、京王新宿店、東京ソラマチ店、ららぽーと横浜店。

地方都市にも系列店があり、名古屋店、札幌店、新潟店、富山店、金沢香林坊店、JR博多シティ店、小倉店、JRおおいたシティ店。さらに高速道路サービスエリアに、パサール守谷下り店と肉まん等を販売する南包子守谷下り店があり、こちらで現在28店舗目となるようだ。

50年営業していた渋谷桜丘店は、2011年6月30日を以って閉店して行ったらしい。ちなみに最近では30年以上営業していた、町田店が2017年1月31日に閉店している。

昨日オープンしたばかりもあって大盛況なフロアで、少し遅れて来たらかなり待つところだった。ともあれしばしの後に、オーダーしたものが到着。

nangokushukaok12

nangokushukaok13

nangokushukaok14

それではと行かせて貰えば、穏やかな酸味感と瀞み豊かなスープのスーラータンメンで、もう実にたまらない味わい。

そこはさすが南国酒家らしい大満足感高い美味しさで、黒キクラゲ以外に白キクラゲも入っていてとても良かった。

nangokushukaok15

nangokushukaok16

nangokushukaok17

nangokushukaok18

点心の焼売とデザートの杏仁豆腐も素敵で、それだけに気がつけば完食。もう一つのナチュラルメニューの、海老たっぷり宗田節香る白湯麺も気になるところだった。

いや、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、格調高雅・絶巧寛雅・百花繚乱・光彩陸離、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、円熟無礙・威風凛然・仁者無敵・至純至高の無尽歓喜。

そして、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、劇的滋味・絶妙淡麗・猛然嗜好・敢然果断、美味共鳴・芳醇風情・卓越妙味・絶妙風雅、絶品美味・格別風味・天下逸品・極上品質の感動風情。

となれば、感謝感激・感涙号泣・感激称美・非凡優美、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、敬服桂味・驚嘆風趣・典麗風雅・静淑優椀、壮麗美麗・美味桂肴・群抜美味・怒涛風味の余韻嫋々。

とすれば、絶妙至純・極上清楚・威風旋風・気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、絶品妙味、崇高清純・切磋琢磨・恍恍惚惚・光彩奪目、旭日昇天・無我夢中・完全無欠・猛烈号泣の心満意足。

と来れば、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、空前絶後・激泣喝采・絶妙激旨・決然感銘、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、意気軒昴・感慨多端・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。

nangokushukaok19

★ 南国酒家&natural 荻窪店

※公式サイト~https://nangokusyuka.co.jp/
住所/東京都杉並区上荻1-7-1 ルミネ荻窪5階 TEL03-6915-1951 定休日/不定休 ※ルミネ荻窪店に準ずる 営業時間/11:00~22:00 ※日祝~21:30
※アクセス
JR荻窪駅下車。北口側のルミネ荻窪5階のレストランフロア内にあり。