kaijinsusuki01

青空も見えて陽射しが街角に注ぐもののくすむ雲が広がりやや強い南寄りの風がそよいで、見上げれば灰白色の表層はスモーキーエタインブルーに染まる五月皐月二十五日の休日金曜日だった。

今週も船橋所用がありそれもあって、ふと久しぶり五年前に一度訪ねているこちらへ訪れて見たくなり、それならばと所用の帰り道立ち寄ることにした。

kaijinsusuki02

kaijinsusuki03

海神駅から東京湾方面へ向かった場所で営業しているこちらだが、周辺地名である海神に由来する神社の一つの龍神社が界隈にあると知りそちらへまず訪ねて見ることに。

日本武尊の東国遠征のおり周辺で賊との戦いがあり、征伐に難攻していたところ海上の無人船に三種の八咫鏡と同じ神鏡があった。

kaijinsusuki04

そのお陰で勝つことが出来たことから当地を海神としたものだそうで、界隈にある入日神社と共にそうした伝説が残る龍神社らしい。

そこで賽銭を投げて一礼し拝み、そしてその周辺に位置するこちらへやって来た。近くにはJR総武線の線路があり、時たま電車を駆け抜けて行く音が遠くから聴こえて来た。

kaijinsusuki05

kaijinsusuki06

kaijinsusuki07

さっそく入店して行くとランチタイムの遅い時間もあってか、スタッフの方が遅い食事を済ませているところだった。

その周囲のテーブル席に腰掛けさせて貰い、メニューリストを広げてラーメン類メニューを確認。すると前回と同様のラインナップだった。

ラーメン、チャーシューメン、餅が入る力(ちから)ラーメン、山菜ラーメン、夏季限定になる冷やし中華と言う布陣だ。そこでここへ来るまでに決めていた、チャーシューメンをお願いすることにした。すると半ライスがサービスだそうで、それならばとそれを希望。

kaijinsusuki08

kaijinsusuki09

kaijinsusuki10

前回はほとんど聞けず終いだったが、後続客が続くこともなかったので、今回は色々お聞きすることが出来た。

昭和15年(1940年)創業の蕎麦店でラーメンも提供しているこちらだが、創業時は蕎麦のみしかやっていなかったそうだ。

以前に初代店主と紹介した方は二代目だそうで、昭和34年(1959年)に両親から店を継承したそうだ。創業年からよく考えれば気がつくもので、普段厨房には三代目と若い四代目になる方もやはりおられるようだった。

二代目店主が店を継いだその頃には、すでにラーメンはメニューにあったそう。当時のラーメンは、一杯35円だったと言う。おそらくは戦後の食材不足だった、時代辺りから始めたようだ。

なお創業地はここで無く国道に出て右手に進み、船橋市街へ向かう本所通り沿い海神一丁目の地蔵院周辺だそうで、昭和55年(1980年)に現在地に移転したそうだ。

余談だが線路の向こうのその創業地の周辺には、伝説が残るもう一つの神社である入日神社が鎮座している。程なく到着。

kaijinsusuki11

黒い盆の上には、また白粉胡椒が入る缶が、チャーシューメンと共にやって来た。オーダーしたチャーシューメンに目を移せば、厚みある豚肩ロース肉らしきチャーシュー四枚に、メンマ・ナルト・小松菜に刻みネギが散らされていた。

kaijinsusuki12

kaijinsusuki13

kaijinsusuki14

kaijinsusuki15

kaijinsusuki16

それではと行かせて貰えば、ふくよかな香り際立つそれは絶妙可憐な味わいが実にたまらないもの。

蕎麦つゆは鴨川太海産の鰹節を毎日その日の分だけ削って、ダシを取り新鮮な生醤油と合わせて提供しているこちらだけに、やはりその蕎麦同様にこだわり高いことが感じ取れた。

豚骨・鶏ガラ・香味野菜で取った清湯醤油スープは、化学調味料不使用と言う面から、やはり無化調の中華そばと言えそう。

適度なコシもある自家製中太ストレート麺は毎朝打ち立てのものだそうで、チャーシューにメンマ等も自家製らしい。

kaijinsusuki17

kaijinsusuki18

ラストに無料半ライスに残したチャーシュー等の具材を敷き詰めて、レンゲを利用して清湯醤油スープを流し入れそれを堪能すればこれまた美味しかった。

それだけに、気がつけば完食。帰りがけ国道14号へ出た際に以前営業していた方向を何気なく見ると、船橋市街へ向かう通りの手前に案内板が見えて、あそこを入ったところかと判った。

いや、祖先伝来・祖先崇拝・不惜身命・烈士徇名、往古来今・一意奮闘・威風堂々・公明桂味、桜梅桃李・刮目堪能・全力投球・丁寧懇切、心身一如・真実一路・美味怒涛・激旨秀麗の感動風情。

そして、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、格調高雅・絶巧寛雅・百花繚乱・光彩陸離、恍恍惚惚・光彩奪目・一心不乱・終始一貫、一意専心・堅忍不抜・虚心坦懐・一所懸命の無尽歓喜。

とすれば、絶妙至純・極上清楚・崇高清純・切磋琢磨、円熟無礙・威風凛然・意気軒昴・感慨多端、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、劇的滋味・絶賛好物・猛然嗜好・敢然果断の余韻嫋々。

となれば、感謝感激・感涙号泣・壮麗美麗・美味桂肴、当代無双・至大至高・仁者無敵・至純至高、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、絶品美味・格別風味・感激称美・非凡優美の心満意足。

と来れば、群抜美味・怒涛風味・卓越妙味・絶妙風雅、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、敢為邁往・聡明剛毅・旭日昇天・無我夢中、気韻生動・英華発外・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。

kaijinsusuki19

★ そば処 寿々喜 (すずき)

※公式サイト~https://funabashi.mypl.net/shop/00000348591/
住所/千葉県船橋市海神町東1-1382-11 TEL047-431-4329 定休日/日曜日 営業時間/11:00~15:00中休17:00~20:00LO
※アクセス
京成本線海神駅下車。改札を出たら右手に進んで行き、国道14号に出たら横断歩道を渡って目の前の路地をさらに直進。突き当たりを左折して道なりに進む。左手に総武線が見えたらその先にある高架下の道路に入り、向こう側に出たら左手へ進んで行き150mほど歩いた右手にあり。徒歩およそ10分。