katsugyu01

霞み雲が青空を隠すものの陽射しが煌めいて快晴の空が広がり、見上げれば青白色の表層はスモークアルパインブルーに色めく五月皐月二十七日の日曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、今夜も穏やかな夜風がそよぐ、そんな午後七時過ぎだった。

katsugyu02

ミディアムレアのサクサク牛カツをわさび醤油など多彩なタレで愉しむ、そんな牛カツ専門店が昨秋の2017年10月29日にこの吉祥寺にもオープンしたようだ。

そんなわけで今夜は、そんなこちらへと立ち寄ることにした。サムギョプサル専門店や熟成牛ステーキ専門店を展開して来た、メディアで話題の飲食ベンチャーの株式会社ゴリップが運営するこちらだそう。

2014年12月1日に1号店の京都駅前店を開業させて、2015年3月27日先斗町本店がオープン。以来国内に多くの系列店が営業しているようだ。都内にも既に多くの系列店が営業していて、更に多くのオープン予定があるらしい。

katsugyu03

katsugyu05

katsugyu04

そんなわけで北口側ロータリー左手奥から東急百貨店方面に延伸する、ダイヤ街の中で営業するその入口へやって来た。

katsugyu06

katsugyu07

katsugyu17

katsugyu18

katsugyu08

建物の2階に階段で上がって行き入店。盛況なフロアが広がっていた。カウンター席の一番奥寄りの椅子に腰掛けさせて貰い、予定通り厚切り牛カツ京玉膳をオーダーすることに。

牛一頭から600gしか取れない希少部位のうわみすじを使用した提供メニューらしい。公式サイトに寄れば牛肉は、黒毛和牛ロースと、US産ロースを使用していると言う。程なく到着。

katsugyu09

katsugyu10

katsugyu11

基本のわさび醤油、香り高い山椒塩、牛カツ特製ソース、和風カレーつけ汁、そしてだし醤油の効いた半熟玉子の京玉。

これらのタレにミディアムレアのサクサク牛カツを漬けて、おかわり出来るご飯・赤だし・キャベツで愉しむもの。

katsugyu12

katsugyu13

katsugyu14

katsugyu15

katsugyu16

それではと行かせて貰えばタレの工夫が光る牛カツで、ビジュアルの良さもあってこれがなかなかの美味しさ。

京玉を中心に様々なタレを交互に漬けて口にすると、美味しい牛カツが飽きることなくモタれることなく愉しめた。ご飯と赤だしのおかわりしつつも、気がつけば完食だった。

いや、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、格調高雅・絶巧寛雅・典麗風雅・静淑優丼、絶妙至純・極上清楚・円熟無礙・威風凛然、天下逸品・極上品質・感謝感激・感涙号泣の感動風情。

そして、純情可憐・無垢一途・天上無二・超越猛攻、感激称美・非凡優美・百花繚乱・光彩陸離、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、卓越妙味・絶妙風雅・壮麗美麗・美味桂肴の無尽歓喜。

となれば、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、美味共鳴・芳醇風情・誠心誠意・群雄割拠、絶品美味・格別風味・敬服桂味・驚嘆風趣、劇的滋味・激烈好物・猛然嗜好・敢然果断の美味怒涛。

とすれば、格調高雅・絶巧寛雅・百花繚乱・光彩陸離、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、円熟無礙・威風凛然・仁者無敵・至純至高の絶妙美味。

と来れば、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、感動品質・感服妙味・一意専心・堅忍不抜、猛烈感動・華麗創美・美味怒涛・激旨秀麗、熟達品格・壮麗威風・威風凛々・十日一水の圧巻極致と言うしかなかった。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。

katsugyu19

★ 牛カツ専門店 京都勝牛 吉祥寺北口店

※公式サイト~http://kyoto-katsugyu.com/
住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町1-1-9 虎屋金子ビル2階 TEL0422-27-2159 定休日/無休 営業時間/11:00~22:00(21:30LO)
※アクセス
JR中央線吉祥寺駅下車。北口側に出てロータリー左手奥から東急百貨店方面に延伸する、吉祥寺ダイヤ街を50mほど歩いた左側にあり。