hototogisu01

薄い灰色の雲が青空を隠し南寄りの風が木々の葉を揺らす程そよいでいた、見上げれば蒼灰色の表層はライトコロニアルブルーに染まる五月皐月二十九日の休日火曜日だった。

ビブグルマン選出店で幡ヶ谷の無化調人気店で知られるこちらが、新宿御苑周辺に移転を果たしたとしてそこはやはり気になっていた。

hototogisu02

永福町大勝軒と中田兄弟での修業を経て来られた山本敦之氏が、2006年1月11日に「そばはうす不如帰」としてオープンさせたこちらだ。

2007年5月10日から木曜限定営業店として、「一汁三にぼし裏不如帰」なるブランドをスタートさせ、煮干し系メニューを提供していた。2014年10月1日には店名を、金色不如帰へ改称させた。

2015年3月20日から2017年10月20日まで、金曜限定営業の「中華そば金色不如帰 覇」なるブランドで牛出汁味噌中華などを提供したこともあったようだ。

そして幡ヶ谷店を2018年5月17日に閉店させ、満を持してこちらを2018年5月25日移転リニューアルオープンさせた。

hototogisu03

hototogisu04

そんなわけで四ツ谷に出て、そこから地下鉄丸ノ内線電車に乗り換え。新宿御苑前駅で下車して出口1より外へ出て前方道路を左手へ。

アパホテル奥の左路地を入り、程ない右路地をさらに曲がり、10mほど歩いた頃だろうか左側に開業してまだそう経たないこちらが営業していた。

hototogisu05

店内は満員らしく店頭には6人が並んでいて、見るとフロア内には待ち席が8席用意され順番を待つ方で塞がっていた。

チケット購入はその待ち椅子に座る直前のようで、しばし待った後に店内入店出来る状況になり、ドアを開けて券売機の前へ。

hototogisu06

hototogisu07

hototogisu08

移転してから自家製麺となり、塩スープが蛤に真鯛も利用したものになったようだ。なお撮影出来るのは、ラーメンとメニューブックのみだそう。

撮影出来ない券売機の主なボタンは、ネット情報を参考にして以下の通り。麺メニューの一段目は、真鯛と蛤の塩そば、味玉塩そば、煮豚塩そば、南高梅そば、そば(大盛)。

ニ段目は、そば(醤油)、味玉そば(醤油)、焼のり味玉そば(醤油)、煮豚そば(醤油)、夜限定・鴨油と蛤の醤油そば(大盛不可)。

三段目は、つけそば(塩・醤油)、味玉つけそば(塩・醤油)、煮豚つけそば(塩・醤油)、夜限定・鴨油と蛤のつけそば(醤油)。

下段の方にご飯メニューがありそれも記述しておくと、ごはん(小)、ごはん(中)、肉めし、のり玉ねぎめし(生卵かけ)、南高梅しらす丼、煮豚丼。そんな中からそれならばと、真鯛と蛤の塩そばと、肉めしのボタンを連打することに。

そして店内待ち椅子に促されて腰掛け、先客が帰って行く度にその先頭の椅子まで移動。大盛対応不可にしていることもあってかとても回転のいいこちらで、そうしない内にカウンター席へ案内を受けてその椅子に腰を降ろした。程なく到着。

hototogisu09

hototogisu10

hototogisu11

hototogisu12

それではと行かせて貰えば、その絶妙可憐で感動的怒涛感に、只々もう打ちひしがれるばかり。スタイリッシュな塩スープに、様々な味変ソースどれもが素晴らしく、自家製麺がこれまた良かった。

この真鯛と蛤の塩そばは、沖縄海塩とモンゴル岩塩をブレンドした塩だれだそうで、愛媛宇和島直送真鯛の出汁・三重桑名直送蛤の出汁・乾物系の出汁を合わせた動物系非使用スープらしい。

特製味変ソース類は、ポルチーニデュクセル、インカベリー(食用ほおずき)ソース、しろトリュフオイル、国産黒豚パンチェッタベーコンビッツ。

平打ち気味で中細ストレートの自家製麺は、北海道産春よ恋を主体に数種類の道産小麦を計6種類使用し、さらに春よ恋を石臼挽き全粒粉したものも加え専用高湿冷蔵庫で半日寝かせたものだそう。

煮豚チャーシューは、SPFナチュラルポークの肩ロース肉と、デ・ベジョータのバラ肉だそうで、どちらも美味しかった。

ちなみにそば(醤油)は、島根産非加熱無ろ過丸大豆醤油・長野産杉桶丸大豆醤油・石川産非加熱醤油・白醤油をブレンドしたかえし。

動物系・乾物系に三重桑名直送蛤の出汁を合わせたスープ。特製味変ソース類は、ポルチーニオイル、ポルチーニフレーク、タルトゥファータ(黒トリュフソース)らしい。

またつけそばは動物系・乾物系に三重桑名直送蛤の出汁で、クリーミーに仕上げたもの。特製ソースで醤油はポルチーニ風味で、塩は黒トリュフ風味となっており、自家製麺は中太平打ち麺と言う。

hototogisu13

hototogisu14

hototogisu15

ラストに手を付けた肉めしも、弾力のいい細切れチャーシューが入り、刻み海苔と刻み青葱があしらわれてあり素敵なサイドメニューだった。そこにスープを入れて、オジヤにしてフィニッシュし、気がつけば完食。

いや、格調高雅・絶巧寛雅・百花繚乱・光彩陸離、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、天上無二・超越猛攻・最上無二・英明果敢の無尽歓喜。

そして、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、劇的滋味・絶妙淡麗・猛然嗜好・敢然果断、美味共鳴・芳醇風情・卓越妙味・絶妙風雅、絶品美味・格別風味・天下逸品・極上品質の感動風情。

となれば、感謝感激・感涙号泣・感激称美・非凡優美、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、敬服桂味・驚嘆風趣・典麗風雅・静淑優椀、壮麗美麗・美味桂肴・群抜美味・怒涛風味の余韻嫋々。

と来れば、絶妙至純・極上清楚・威風旋風・絶品妙味、崇高清純・切磋琢磨・恍恍惚惚・光彩奪目、気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、旭日昇天・無我夢中・完全無欠・猛烈号泣の心満意足。

とすれば、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、美妙巧緻・鮮美透涼・敢為邁往・聡明剛毅、空前絶後・激泣喝采・猛攻沁々・絶妙均整、絶妙激旨・決然感銘・意気軒昴・感慨多端の猛烈怒涛。

であれば、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、美味怒涛・激旨秀麗・威風凛々・十日一水、円熟無礙・威風凛然・仁者無敵・至純至高、当代無双・至大至高・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。

hototogisu16

hototogisu17

★ SOBA HOUSE 金色不如帰 新宿御苑本店

※公式ツィッター~https://twitter.com/ptwgqjbfwgjw
住所/東京都新宿区新宿2-4-1 第22宮庭ビルマンション105号 TEL非公開 定休日/開業月無休 営業時間/11:30~15:00中休18:30~21:30
※アクセス
東京メトロ地下鉄丸ノ内線新宿御苑前駅下車。出口1より外へ出て前方道路を左手へ進んで行き、アパホテル奥の左路地を入る。程ない右路地をさらに曲がり、10mほど歩いた左側にあり。