miyamanagareyama01

梅雨明けかと思わせるような夏の陽射しが煌めく青空が広がり、綿飴のようなモクモクとした白雲が低く浮遊していた、青い表層を見上げればディープ・オメガ・ブルーに色めく六月水無月十九日の休日火曜日だった。

宿題店の一つに北柏駅周辺で営業している中華蕎麦みやまがあり、機会があれば訪れて見たいと考えていたものの未だに実現出来ていない。

miyamanagareyama02

南流山で開業してその後に松戸小金城址へ移転し閉店して行った、2007年前後頃に営業していた秀吉で修業された店主が2015年7月27日に開業させたラーメン店で、その屋号は少年時代お世話になった中華店らしかった。

ちなみに秀吉の店主は、2010年5月13日に麺屋まる勝かっちゃんラーメンを、南流山駅周辺で開業させ営業しているようだ。

ここ最近になって中華蕎麦みやまの暖簾分け店が、南流山駅の周辺につい先日の2018年6月14日から開業したそうだ。みやま本家同様にラーメンのみならず、レバニラもメニューにあり人気の逸品らしい。

miyamanagareyama03

miyamanagareyama04

そんなわけで気になるところとなって、新店のこちらへ晴れ渡る青空のなか出掛けることにした。

路線バスで東松戸駅に出て、JR武蔵野線電車に揺られて、久しぶり南流山で下車。南口ロータリー奥から右手へ進み、その先の道路を左折。

二つ目の十字路を右折して右手公園先の道路を左斜めの方へ進み、そこから200mほど歩いた頃だろうか、通り沿いの右側に開業まもないこちらが営業していた。

店頭には周辺駅循環バスとなる、ぐりーんバスの神明掘西バス停ポールが置かれていた。店舗の界隈は住宅街でその少し先の道路は周辺主要道なのか、何台ものクルマが横切る通りが前方に見えた。

miyamanagareyama06

miyamanagareyama07

miyamanagareyama08

さっそく入店して行くと開店まもない時間ながら、先客もおられるフロアが広がっていた。先述したように中華蕎麦みやまの暖簾分け店で、その店主と共にスタッフも厨房内に二人おられた。

本家は訪れたことがないものの気になっていただけに、こちらが出来て今回訪ねたことを告げると快く迎え入れてくれた店主だった。

中ほど入口寄りのカウンター席に腰掛けながら手元にメニューリストがあったのでそれを手にして、予定通り塩ラーメンと世界最強のレバニラにチャーハンもお願いすることに。

千成亭馬橋店と三ツ矢堂製麺の流山おおたかの森SC店などで、合計13年ラーメン店スタッフの経験がある木村店主だそう。

三ツ矢堂製麺勤務時代におおたかの森ショッピングセンターの中で、当時寿司店スタッフをされていた中学時代の先輩に偶然出会い、その方が何を隠そう中華蕎麦みやまの店主なのだそう。程なく到着。

miyamanagareyama09

miyamanagareyama10

miyamanagareyama11

miyamanagareyama12

miyamanagareyama13

それではと塩ラーメンから行かせて貰えば、これがなるほど素敵な持ち味で実にたまらないもの。豚チャーシューが、これまた良かった。

鶏ガラに煮干しと鯖節を炊いたものに、チャーシューの煮汁も利用したスープのようで、豊華食品謹製の平打ち縮れのピロピロした麺も素敵だった。

miyamanagareyama16

miyamanagareyama17

世界最強のレバニラにも手を付ければ、臭みがないどころか良質の脂が滴る豚レバーは、圧巻なほど大ぶりで美味しいもの。まさしく世界最強の名に相応しい美味しさと言うしかなかった。

miyamanagareyama14

miyamanagareyama15

miyamanagareyama18

チャーハンもこれまた素晴らしく、後半になってからそこへニラレバを乗せて愉しむことに。それにしても大きい豚レバーで、普通サイズのチャーハン皿が小さく見えるほど。

もう実に、とんでもなかった。その味わいも半端ないもので、それだけに気がつけば完食。

いや、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、格調高雅・絶巧寛雅・百花繚乱・光彩陸離、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫、円熟無礙・威風凛然・仁者無敵・至純至高、の無尽歓喜。

そして、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、劇的滋味・絶妙淡麗・猛然嗜好・敢然果断、美味共鳴・芳醇風情・卓越妙味・絶妙風雅、絶品美味・格別風味・天下逸品・極上品質の感動風情。

となれば、感謝感激・感涙号泣・感激称美・非凡優美、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、敬服桂味・驚嘆風趣・典麗風雅・静淑優椀、壮麗美麗・美味桂肴・群抜美味・怒涛風味の余韻嫋々。

とすれば、絶妙至純・極上清楚・威風旋風・気韻生動・英華発外・一心不乱・終始一貫、絶品妙味、崇高清純・切磋琢磨・恍恍惚惚・光彩奪目、旭日昇天・無我夢中・完全無欠・猛烈号泣の心満意足。

と来れば、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、空前絶後・激泣喝采・絶妙激旨・決然感銘、千古不磨・永垂不朽・気骨稜稜・温良貞淑、意気軒昴・感慨多端・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。

miyamanagareyama22

miyamanagareyama20

★ 食事処 みやま@南流山

※公式ツィッター~https://twitter.com/no2_miyama
※公式インスタグラムはこちら
住所/千葉県流山市南流山6-17-14 光ハイツ1階 TEL04-7192-8897 定休日/月曜日 営業時間/11:00~14:00中休17:30~21:30
※アクセス
JR武蔵野線南流山駅下車。南口側に出て前方ロータリー奥から右手へ進みその先の道路を左折。二つ目の十字路を右折して右手公園先の道路を左斜めの方へ進みそこから200mほど歩いた通り沿いの右側にあり。ぐりーんバス(駅循環バス)の神明掘西バス停前にあり。