mitakataishoken601

国内は最高気温40℃に到達する地区もある暑さで、気象庁は引き続き警戒を呼び掛けていた、そんな真夏燿る七月文月十九日の木曜日。

今日も仕事が終わって外に出れば、地表から来る熱気なのか穏やかな夜風にも昼の暑さを垣間見た、そんな今夜も熱帯夜の午後八時近くだった。

mitakataishoken602

また仕事が若干だけ残業となって、疲れも手伝ってそれならばと、これまで五度訪ねた久しぶりのこちらへ立ち寄ることにした。

mitakataishoken603

mitakataishoken604

そんなわけで吉祥寺路地裏のネオン煌めく、そんな界隈で営業しているこちらへやって来た。

永福町大勝軒で五年間修業を重ねて来られた店主が、2013年6月28日三鷹駅周辺に開業させた店舗に端を発するこちらだ。

テナント建物ビルの老朽化により、移転を余儀なくされたらしく、創業店舗は2017年5月31日を以って閉店。

吉祥寺駅西荻窪寄り路地裏雑居ビル1階の奥まった場所に、2017年6月24日新たな店舗を移転開業させた。早いものでもうあれから、すでに一年の歳月が過ぎていた。

mitakataishoken605

さっそく入店して行くと、ボリュームを抑えた有線放送が店内に流れ、先客一人と厨房に店主の静かフロアが広がっていた。

空いていた右寄りのカウンター席に店主へ挨拶しながら腰掛け、予定通りにつけ麺大盛チャーシュー増しを塩味でお願いすることに。

提供している麺メニューは、券売機ボタンにないつけ麺と油そば共々に、醤油と塩味どちらか選べるこちらだ。

この連日の暑さもあって、ここ数日来店客も目減りしているそうだ。後続客も続くことなく、そうこうしている内に、オーダーした塩つけがやって来た。

mitakataishoken606

mitakataishoken607

mitakataishoken608

それではと行かせて貰えば、絶妙可憐・極上清楚・風情至純の味わい深さで、それは実にたまらないもの。

mitakataishoken609

醤油風味とはまた違うまろやかで穏やかな持ち味な無化調の塩つけ汁だけに、その絶妙極まる美味しさは実にひとしお。

mitakataishoken610

プリプリとした草村商店謹製の太ちぢれ麺に、サラっとした風合いのカメリアラードが絡んで来て、自家製チャーシューも口の中で解けて行く質感がこれまた素敵だった。

mitakataishoken611

mitakataishoken612

スープ割りをお願いすると熱いスープが注がれ、口にすると心の芯から温めてくれるような味わいに、ため息にも似た一言が洩れてしまった。

400g近くある麺量ながら、相変わらずの麗しい無化調スープだけに、それはもう気がつけば完食だった。すっきりとした食後感に、無化調の醍醐味を切に感じた。

いや、絶妙至純・極上清楚・純情可憐・無垢一途、怒涛燦燦・涙腺崩壊・劇的滋味・絶妙至福、一網打尽・悩殺昇天・猛然嗜好・敢然果断、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫の感動風情。

そして、格調高雅・絶巧寛雅・天下逸品・極上品質、美味共鳴・芳醇風情・絶妙激旨・決然感銘、典麗風雅・静淑優椀・卓越妙味・絶妙風雅、天上無二・超越猛攻・最上無二・英明果敢の無尽歓喜。

とすれば、群抜美味・怒涛風味・敬服桂味・驚嘆風趣、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、誠心誠意・群雄割拠・感謝感激・感涙号泣の心満意足。

となれば、絶品美味・格別風味・百花繚乱・光彩陸離、気韻生動・英華発外・謹厳実直・質実剛健、当代無双・至大至高・一心不乱・終始一貫、崇高清純・切磋琢磨・空前絶後・激泣喝采の猛烈怒涛。

と来れば、完全無欠・猛烈号泣・敢為邁往・聡明剛毅、旭日昇天・無我夢中・意気軒昴・感慨多端、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、感激称美・非凡優美・壮麗美麗・美味桂肴の余韻嫋々。

であれば、円熟無礙・威風凛然・猛攻沁々・絶妙均整、一意専心・堅忍不抜・感動品質・感服妙味、風味絶桂・百様玲瓏・往古来今・一意奮闘、恐懼感激・感恩徳載・拍手喝采・恐悦至極のこれぞ圧巻極致と言うしかなかった。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。

mitakataishoken614

mitakataishoken613

★ 三鷹大勝軒@吉祥寺

住所/東京都武蔵野市吉祥寺本町1-31-2 みそのビル1階 定休日/月曜日 営業時間/11:00~15:00中休17:30~22:00 ※日祝~21:00
※アクセス
JR中央線吉祥寺駅下車。西荻窪寄りアトレ東口改札を抜けてエスカレーター下左手の出入口から外に出たら前方道路を右手に60mほど進んで、左路地のみその通りに入りそこを50mほど歩いた右手のみそのビル1階一番奥の右側にあり。