neiroyajbc01

台風の影響なのか空はどんよりとした灰色の雲に覆われて陽射しが出ては隠れていた、左に弧を描いて向かうその台風が関東沖を明日通過する懸念に、TVが警戒を促す七月文月二十七日の休日金曜日だった。

どうやら中華そば無垢@神保町の直ぐ隣りに、荻窪で営業しているねいろ屋の2号店が2018年7月24日オープンしたようだ。

neiroyajbc02

1983年に初代店主が開業させた二葉天沼店に関連しているねいろ屋で、ちなみに二葉二代目店主が2007年1月20日二葉上荻店を開業させて今日に至っている。

2012年突如二葉天沼店が閉店してしまい、その店舗跡地に2012年2月20日オープンしたのが、二葉で五年修業を重ねて来られた方が独立して開業させたねいろ屋だ。

言わば二葉の流れを汲むこちらで、かねてより伊吹いりこの煮干しをスープに使用し無化調にこだわり、かき氷を通年愉しめることもウリしていた。

neiroyajbc03

neiroyajbc04

neiroyajbc05

そんなわけで数日前ほどでは無いにせよ、この暑さにこだわりかき氷も愉しみたいしとなって、本日は数日前にオープンしたばかりのこちらへ訪ねることにした。

自宅最寄り駅の本八幡から、またしても都営地下鉄新宿線電車に揺られ神保町で下車。行列人気店うどん丸香が営業している通りに出てその店頭へやって来た。

店頭にはこちらにも、5~6人の待ち列が出来ていて椅子も用意されていた。荻窪の知る人ぞ知る人気店だけに、直ぐ前のグループ客は列から離れて行った。

neiroyajbc06

neiroyajbc07

そうしない内に入店出来て、右手壁面一番奥のカウンター席に案内を受けてそこへ腰掛けた。直ぐ目の前は厨房で、きわめて好都合な席だった。

目の前にあったメニューリストを手に取り、それを見ながら店舗スタッフに弓削塩らーめんと女峰いちごミルクのかき氷をオーダー。

荻窪店の直営店になる、そんなこちらだそう。愛媛北条出身の店主らしく、それもあってこの2号店は瀬戸内地方の食材に特化した提供メニュー構成にしたそうだ。

neiroyajbc08

neiroyajbc10

注文しなかったメニューについて、触れておくと以下の通り。瀬戸内レモンラーメンは瀬戸内海岩城島のレモンスライスをたっぷりあしらい、鶏チャーシューも乗せて、ブラックペッパーを振り掛け酸味を効かせたスープ。

汁なしレモンソバは瀬戸内レモンを添えてイカ魚醤を効かせ、、青唐辛子・パクチー・ネパール山椒もあしらったエスニックな和えそば。ルーロー飯は豚バラを多彩なスパイスで煮込み、味玉とネギと一緒にドサッとご飯に乗せたご飯メニュー。

荻窪店のかき氷は時間帯によっては愉しめないが、こちらは終日愉しめるかき氷だそう。なおそう変わらないことから昨年から天然水をやめて、一般的な氷に変更したそうだ。

ミルクセーキ味は瀬戸内地方の一部では定番となっている卵と牛乳をミキシングしたもの。瀬戸内レモンミルク味は、すっぱい瀬戸内産レモン果汁と甘いミルク。

すもも味はマイルドな酸味で定評の愛媛産のすもも「太陽」を使用。甘夏味はビターでさっぱりした愛媛産甘夏果汁を使用。程なく到着。

neiroyajbc12

具は別皿にあしらわれていて、透明なスープに中細ストレート麺が泳ぐ素ラーメンがやって来た。

neiroyajbc13

neiroyajbc14

それではと行かせて貰えば、それはもう絶賛極まる極上可憐な風情風合いで、感動さえ覚える素敵な味わいが実にたまらないもの。

そんな弓削塩らーめんは、瀬戸内海弓削島幻の塩と言われている弓削塩のみで味付けした鶏出汁清湯スープだそう。

塩が持つ甘みを味わって貰うため、意図的にトッピングを別皿にしたものらしい。

neiroyajbc15

neiroyajbc16

弓削塩の存在は広く知られていないものの、平安末期にはその精製が始まったとされるそうで、かなり歴史ある海塩のようだ。

ミネラルや養分が豊富な弓削島周辺の海水と藻塩の原料となるひじき・あまもを、平窯で日々焚き煮詰めて杉樽内で程よく醸成させ仕上げているようだ。

提供メニューは本店同様に、無化調だろうか。以前は丸富製麺のこちらだったが、現在は三河屋製麺に変わったそうだ。

neiroyajbc17

neiroyajbc18

neiroyajbc19

neiroyajbc21

そしてあらかじめ注文した女峰いちごミルク味のかき氷をお願いすると、かき氷の上にいちご果肉たっぷりの濃厚フルーツソースがかかるものがやって来た。

それではと口にすればフルーティー極まる苺果肉と苺果汁織り成すソースに濃厚なミルクに絡んで来て、口に入れた瞬間消えて行くフワフワの柔らかい氷の超絶な風合いに思わず大号泣するばかり。

香川苺ファーム森本の希少女峰に、甘いミルクを効かせたこだわり抜いたそんなかき氷だそう。その猛烈な美味しさに、気がつけば完食だった。

いや、絶妙至純・極上清楚・純情可憐・無垢一途、怒涛燦燦・涙腺崩壊・劇的滋味・絶妙至福、一網打尽・悩殺昇天・猛然嗜好・敢然果断、聡明叡知・治覧深識・才気換発・首尾一貫の感動風情。

そして、格調高雅・絶巧寛雅・天下逸品・極上品質、美味共鳴・芳醇風情・絶妙激旨・決然感銘、典麗風雅・静淑優椀・卓越妙味・絶妙風雅、天上無二・超越猛攻・最上無二・英明果敢の無尽歓喜。

とすれば、群抜美味・怒涛風味・敬服桂味・驚嘆風趣、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大、論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、誠心誠意・群雄割拠・感謝感激・感涙号泣の心満意足。

となれば、絶品美味・格別風味・百花繚乱・光彩陸離、気韻生動・英華発外・謹厳実直・質実剛健、当代無双・至大至高・一心不乱・終始一貫、崇高清純・切磋琢磨・空前絶後・激泣喝采の猛烈怒涛。

と来れば、完全無欠・猛烈号泣・敢為邁往・聡明剛毅、旭日昇天・無我夢中・意気軒昴・感慨多端、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、感激称美・非凡優美・壮麗美麗・美味桂肴の余韻嫋々。

であれば、円熟無礙・威風凛然・猛攻沁々・絶妙均整、一意専心・堅忍不抜・感動品質・感服妙味、風味絶桂・百様玲瓏・往古来今・一意奮闘、恐懼感激・感恩徳載・拍手喝采・恐悦至極のこれぞ圧巻極致と言うしかなかった。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。

neiroyajbc22

★ ねいろ屋 神保町店

※公式ツィッター~https://twitter.com/neiroya2
住所/東京都千代田区神田猿楽町1-3-6 森ビル1階 TEL080-6803-8267 定休日/未定 営業時間/(暫定)11:00~20:00
※アクセス
地下鉄神保町駅下車。A5出口から出て白山通りを水道橋方面に進み60mほど先の右路地を入る。二つ目の十字路を左折して50mほど歩いた右側にあり。