shibachan01

朝方からまた気温は30℃を超えて猛暑日が懸念されTVでは熱中症に厳重警戒を呼び掛けていた、今日も暑くなりそうな八月葉月三日の休日金曜日だった。

どうやら先月の2018年7月9日新京成線鎌ヶ谷大仏駅周辺に、佐野らーめんをウリにする新店がオープンしたようだ。

shibachan02

手打ち切りの佐野らーめんだけに、そこはやはり気になるしかなかった。何処の流れを汲んでいるところだろうか。

shibachan03

shibachan04

そんなわけで船橋所用の帰り道、京成津田沼に出てそこから新京成電車に揺られ、久しぶりの鎌ヶ谷大仏へやって来た。

北口側へ出て前方踏切道路を右手に進んで行き、100m先の信号十字路を右折。その道路を400mほど歩いた頃だろうか、通り沿いの左側にこちらが営業していた。

佐野らーめんキャラクターとも言えそうなさのまるが、店頭に描かれていてその系統も判り易いこちらと言えた。

shibachan05

さっそく入店して行けば先客一人と、厨房に店主が一人おられる、そんなフロアが広がっていた。実は予め営業確認をさせて頂いていて、そのお詫びをしながら奥寄りのカウンター席に腰を降ろした。

メニューリストを見ながら、味濃いめ麺気持ち柔らかめでチャーシューメンをお願いしつつ、サイドメニューも行くかとスタミナメンマ丼もオーダーすることに。

shibachan16

佐野らーめんの老舗人気店で1961年創業の森田屋総本店の流れを汲む、2016年1月28日開業の麺屋まさと@加須におられた柴山店主だそう。

スープは自家製ながら手打ち切りの麺は、そちらから卸して貰ったものを、一晩寝かせてから利用しているこちらだそう。

shibachan15

看板のさのまるの話しをすると、興味深い話しを教えてくれた。さのまるとは2011年に公募から誕生した、栃木県佐野市公認ブランドキャラクターだ。

佐野市役所に申請を出して「さのまるサポーターズ」に入会し、そこで1万円支払うと店舗外装にさのまるが利用出来るものらしい。程なく到着。

shibachan06

shibachan07

shibachan08

それではと行かせて貰えば、絶妙可憐・風味沁沁・優雅燦々の風情・風合いが、それは実にたまらないもの。

shibachan09

shibachan10

shibachan11

鶏がら・背ガラ・ゲンコツを炊いたスープだそうで、それにしても豚チャーシューにピロピロの平打ち縮れ麺がこれまた素晴らしかった。

shibachan12



shibachan13

shibachan14

ニンニクが効いた柔らかいメンマがたっぷり入る、そんなスタミナメンマ丼も素敵で、それだけに気がつけば完食だった。

いや、純情可憐・無垢一途・誠心誠意・群雄割拠、怒涛燦燦・涙腺崩壊・一網打尽・悩殺昇天、絶妙至純・極上清楚・絶妙激旨・決然感銘、旭日昇天・無我夢中・崇高清純・切磋琢磨の感動風情。

そして、感激称美・非凡優美・美味共鳴・芳醇風情、猛然嗜好・敢然果断・才気換発・首尾一貫、聡明叡知・治覧深識・絶品美味・格別風味、敬服桂味・驚嘆風趣・百花繚乱・光彩陸離の無尽歓喜。

とすれば、高論卓越・和而不同・深謀遠慮・理路整然、天下逸品・極上品質・格調高雅・絶巧寛雅、感謝感激・感涙号泣・群抜美味・怒涛風味、優美高妙・大慶至極・完全絶後・永遠偉大の猛烈怒涛。

となれば、完全無欠・猛烈号泣・意気軒昴・感慨多端、円熟無礙・威風凛然・一心不乱・終始一貫、気韻生動・英華発外・恐懼感激・感恩徳載、謹厳実直・質実剛健・恍恍惚惚・光彩奪目の余韻嫋々。

と来れば、気骨稜稜・温良貞淑・千古不磨・永垂不朽、一意専心・堅忍不抜・感動品質・感服妙味、不惜身命・烈士徇名・心身一如・真実一路、仁者無敵・至純至高・拍手喝采・恐悦至極の圧巻極致と言うしかなかった。


☝1クリックして頂けると大変嬉しいです。

shibachan17

shibachan18

★ 佐野らーめん しばちゃん

住所/千葉県船橋市咲が丘1-5-20
 TEL047-447-0345 定休日/水曜日 営業時間/11:00~15:00中休17:30~21:00
※アクセス
新京成線鎌ヶ谷大仏駅下車。北口側に出て前方踏切道路を右手に進んで行き100m先の信号十字路を右折。その道路を400mほど歩いた通り沿い左側にあり。