TOP > 文例 > 4月・5月・6月 季語・時候の挨拶

4月・5月・6月 季語・時候の挨拶

 

4月の季語は、「春暖の候」、「花だよりも伝わる今日この頃」などです。


4
月は新しいことを始める月なので、身の回りのことでバタバタしがちですが、花に目を向けたり、習い事を始めたりするのにピッタリな季節です。


5
月は端午の節句やゴールデンウィークで、これまた忙しい月です。


季語は「新緑の候」、「風薫るこの頃」など。


「鯉のぼりはためく」なども使われます。


6
月は「入梅の候」、「毎日うっとおしい雨の折から」などとなり、主に梅雨、雨が多く使われます。


ほとんどの時候の挨拶は、その一か月を表すのもですが、その一月の中でも上旬、中旬、下旬、と分けることもあります。


4
月中旬は「虹、初めて見る」、下旬は「霜やんで、苗いづ」。


5
月中旬は「たけのこ、しょうず」、下旬は「ベニバナ、さかう」。


6
月中旬は「梅の実、きなり」、下旬は「あやめ、花咲く」。


もっと暦を細かく見ていき、旧暦とも照らし合わせると、日々の変化がわかるでしょう。


私がオススメする楽天市場の商品紹介コーナー

ビジネス文書の達人になるためのQ&A41

これだけは知っておきたい「ビジネス文書」の基本と常識

スッキリ伝わるビジネス文書

パパッと出せるビジネス文書・文例Wordテンプレ-ト500

そのまま使えるビジネス文書458文例in CD-ROM