株式会社村上建設 木ごこちのいいブログ

2016年09月26日
18:53
昨日は、南青山にあるヒーリングショップギャラリートリプレットさんに初めてお邪魔して来ました


実は、私の野草盆栽の師と仰ぐ中のお1人である加藤文子さんご夫妻の二人展が開催されていたのですが、結局最終日の訪問となってしまいました

大通りから狭い路地に入り、ビルの外から直接エレベーターで4階間まで上がり、ドアが開くとそのまま会場内に入っていくという感じでしたので、ちょっぴり緊張しました

と、すぐに目に入ってきたのがこの無垢の板を貼って作られた魔訶不思議な箱上の建物

DSC_0908

後で聞いたのですが、ギャラリーのネーミングにもなっている通り、この中でヒーリングを体験できるのだそうです (ホントに中に入ると落ち着くのです)

そして展示会場はこの箱をぐるりと回るように展示されていました

DSC_0895

DSC_0900

DSC_0911

DSC_0919

相変わらず加藤さんの野草と小沼さんの有機的な作品は相性バッチリデス

会場の壁は無機質なコンクリートの打ち放し仕上げでしたので、その分余計に生命力を感じさせてくれた気がしました

それにしても、この閉ざされた空間の中で、よく10日間という長い間耐え抜いたものだと感心してしまいました

DSC_0915

来月の会場は新潟のギャラリーだそうなので、流石にお伺いするのは難しそうですが、環境の変化に負けずに来場者を楽しませてあげてくださいね

本当に短い時間でしたが、加藤さん、小沼さんありがとうございました、またお邪魔させていただきま~す







2016年09月20日
14:47
先週の17日土曜日は、以前から予約していた舘野 鴻 トークショーに出かけてきました (・◇・)ゞ

会場は原画展としては3回目になるぎゃらりーぜんです ヾ(´ω`=´ω`)ノ

DSC_0020

舘野さんは、秦野市在住の弊社のお客様なのですが、細密画家であり、昆虫をテーマにした絵本作家でもあります オオーw(*゚o゚*)w

今回は、新しく完成した絵本『つちはんみょう』原画展の最終日であり、それを記念してのイベントでした (*゚▽゚*)

DSC_0022

舘野さんのトークショーは初めてではないのですが、その腕前は明らかに回を追うごとに切れ味を増し、私たち観客を楽しませてくれました ヾ(=^▽^=)ノ

凡そ、2時間に渡るイベントの合間に休憩時間を設け、絵本の販売とサイン会が開かれ、ミーハーの私もサインをもらっちゃいました (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

DSC_0024

そして最後、強引に記念撮影 v( ̄∇ ̄)v

DSC_0025

と、いうわけで、頭角を現してから、年々、そして益々才能を発揮しメジャーへの階段を上る舘野さん、今後ともマニアックで、見ているだけで楽しい絵本の制作に期待してますぜぇ (屮゚Д゚)屮 カモーン





2016年09月09日
15:26
皆さん、突然の復活に『まさか』と思われたことでしょうね (つд⊂)ゴシゴシ

それもそのはず、ほぼほぼ1年ぶりの再会になるんですから ('▽'*)ニパッ♪

よくもまぁこれだけの期間休めたものだと思うのですが、休むって簡単なんですねー v( ̄∇ ̄)v 

いやいや、実に恐ろしいことですなぁ (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

と、冗談はこのくらいにして、再出発にあたってのごあいさつと言いますか、所信表明といいますか
兎に角一言申し上げさせて頂き、またごひいきにしていただければ幸せかと存じます (●´ω`●)

 


今年の夏はどこかいつもと違う気がしたのは私だけだろうか。


子供のころに比べたら気持ちだけでなく体の感覚も感じ方も変わっているので仕方がないのだが、それにしても何か夏らしくないと感じてしまったのだ。

夏らしさを感じられなかったのは台風の多さも原因の1つだと思うのだが、気持ちの良い晴れ間が続いたという記憶がなく、夕立の多さや雷を伴ったゲリラ豪雨とも言うべき天候だったような印象が強く残っている。これが、たまたま今年だけというならいいのだが、と切に願うだけである。

 さて、いよいよこれから本格的な秋を迎えるわけだが、皆さんは何か密かに考えていること、やろうと思っている目標などあるだろうか。私個人としては恒例の
5月の丹沢アートフェスティバル参加(早10年目)7月に野草の個展を開かせていただいたのだが、今年もう一度何かやりたいと企画しているところなのである。

 ご存じない方もいらっしゃるといけないので、改めて申し上げると、私『村上 敬』は病的な野草好きである。
(野草を鉢で育てること)それが高じて(災い)か、庭はここ10年でドエライことになってしまった。

もはやどれが棚でどこからが地面なのか見分けがつかない、というかどれが溺愛する野草なのか、区別することが困難になりつつある。そんな中、家族はもちろん社員からの苦情を始め、お客様からの驚愕のお言葉さえ頂く中、いったい自分は何を目指し、どこへ向かっているのか・・・と。

長い間、私の憧れる盆栽家さんの育て方を真似たり、実際にお逢いしてお話をしながら、いろいろなことを学ばせていただいたこの
15年。ようやく気が付いたことがある、それはいつまでも人真似では満足できないということ。そう、やっぱり自分らしい野草の姿を見つけたい、創造したいという欲求に駆られたのである。

 そして、ようやく誰でもない、いわゆる『村上 敬』の創造する野草像が見えてきたのである。それは地元に出来るだけ密着し、あくまでも自然体であること。あくまでも鉢の中で起こる事なので決して自然界と全く同じにはならないのだが、人為的に無理やり作ることはしない。

消毒もしない、虫が付いたら手で処理する程度。枯れ葉や雑草らしき草をむやみに抜かないことなどなど。決して誰もがしないこと、出来ないことを敢えてするようになって見えてきた。

 まだまだ思い半ばではあるが、自分らしさが見えてきたことは、大変楽しみになってきたことは間違いのない事実だ。それは私本来の仕事でも同じで、家づくりにも通じるものがあると考えている。

村上建設らしい家とはなにか、やはり地元秦野の景観に相応しい、そっと寄り添う、美しい本当の木の家、そんな住まいではないのだろうかと。

 私はそんな『らしい』住まいづくりを通じて、秦野の良さが感じられる街づくりに1日でも長く貢献したい、そう強く願う今日この頃である。


大分長かったのでお疲れのことでしょうね (≡ω≡.)

では今後ともよろしくお願いいたしま~す (・◇・)ゞ

DSC_0847

2015年10月07日
13:25
皆さんこんにちは、昼間の投稿珍しいです

ていうか、アップ自体ほんとのホントに久しぶりでございます

実は、もうすでに始まっているのですが、6月にも個展をさせていただいたカフェなたねさんで、今年2度目の展示会が開催されていまーす

とはいっても、今回は私一人ではないのです 以前からお知り合いだった美術家、内山睦さんとのコラボなのでっす

この思い付きから始まったプロジェクトも、2人同じお気に入りの場所があったらこその実現でした

さて前置きはこの辺にしまして、会場のスナップをご覧いただきながら、『おー、見たいなー』っと感じた方、是非遊びにいらしていただけたら幸せに存じます

ナンセなじみ過ぎちゃって、展示してることに気が付かない人が多いもんで・・・

ではでは、お待ちしておりまーす

DSC_9608

DSC_9595

DSC_9572

DSC_9564

DSC_9555

DSC_9553

DSC_9620

今月26日(月)まで開催しております。

定休日にお気をつけて。
2015年07月15日
20:01
こんばんは

え~と、いつぶりでしたっけ・・・

まだ見ていただいているものと信じつつ、頑張ってアップさせていただきま~す

実は現在、小田原の清閑亭にて内なるコトバ『たますかす』なる展示が始まっております

私もだいぶ前からお声を掛けていただいておったのですが、諸事情により参加のご返事を保留したままになっておりました

大分気持ちの整理がつき始めたころ、おもむろに主催者であるコンテさんに立ち寄ったところ、あれよあれよという間に、急きょ追加参加と相成りました

まぁ細かいことはともかく、20日(月)まで開催しておりますので是非是非ご来館くださいマセ

会場の雰囲気をお伝えしつつ、自分の展示風景を宣伝も兼ねてお見せしたいと思いま~す

ちなみに、会場では展示だけでなく、さまざまなジャンルの作家さんたちの作品たちも展示販売されておりますので、とっても楽しいですよー

DSC_9376

DSC_9400

DSC_9412

DSC_9392

DSC_9388

DSC_9421




プロフィール

株式会社村上建設
代表取締役 村上 敬 (むらかみ たかし)
神奈川県秦野市戸川1155-1

http://www.murakami-k.co.jp/

イベント

new

『木心知のいい家 蓑毛の家完成見学会』※予約制
期間:2014年7月26日(土)・ 27日(日)・ 28日(月) 
会場:蓑毛(みのげ)の家
詳しくはこちら