2005年09月

2005年09月29日

番組改変期

先週今週と最終回ラッシュ。
エレメンタルジェレイドはバトルが結構動いていた。
全篇この調子だったら、また違う感想を抱いたアニメだっただろう。
収束はもうシナリオ作成機に「ハッピーエンド」って書いて入れたらでてきたのを使いました、って感じ。
後番は何か青春アニメらしい。
絵が合わないのでスルー。
ブリーチはゴールデンに移動。
後番は忘れたけど、予告を見てスルーするとか思ってたので多分見ない。
遊戯王GXは二年生編……って終わらないのか。
まあ面白いから好きだが。
今週の攻撃力3万VS2万5千とか噴いた。
陰陽は……まあまあ普通だったが、シリーズ最終編のウツホ編が最悪なまでに盛り上がらなかったので、その煽りを食らってラストも少々物足りなさを感じた。
同じラストでも、ウツホ編を盛り上げていれば、もっと感動しただろう。
後番はテンテコ天使?みたいな奴。
スルー。
冒険王ビィトは最終回だから動いてるぞ!!
とか思ったら五分で失速して爆笑した。
やっぱこれがビィトクオリティだよなあ。
後番は冒険王ビィトエクセリオン。
タイトルセンスの無さにも愛を感じる。
当然視聴継続。
……本音は少し辛いが。

阪神が優勝したのでぺとぺとさんは二時間遅れて四時からだそうな。
……。
サンテレビはこれだから。
リアルな野球が嫌いな人間の事も少しは考えてほしいぜ。

kigurui at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ 

給料

出ないからやる気も出ない。
みたいな。
月末越えたら、売上から出させてもらおうかい。
ていうかこの時点で俺、一応債権者ではあるんだよな。
まったくふざけた事だ。

後PSP買った。
という夢を見た。

kigurui at 01:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月27日

引き篭もり

寒いので一日中家に引き篭もってPCとお見合いしてました。
明日はまた店に行ってみる。

ipod nanoが超欲しくてたまらなくなる病が発病。
つってもAmazonは売り切れなので、現物じゃないと買えないんだけど。
という事は給料が出ない限り……。
果たして俺はこの病を克服する事が出来るのだろうか。

kigurui at 00:48|PermalinkComments(3)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月26日

まだだった。

期日から10日経ってるから、流石にもう出てるだろうなあとか思って店に行ったら、出てなかった。
色々入用なので日本橋に買い物に行きたいのだが、金が無いので行けない。
俺が908部隊なら、しょうちゃんを跡形も無く燃やしているのになあ。

ガンダムは来週で終わらせない気が満々だね。
またぞろ、種のように適当なラスト→リリースDVDで補完とかやるんだろうなあ。
アカツキはプラモが出るなら少し欲しいかも。

つよきすのフィギアとか出ないのかな。

kigurui at 01:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月25日

マップマン

友達の家に泊まりこみで色々。
作業中に見たマップスが話を端折りすぎである意味面白かった。
いや、つまらなかったか。
どっちだろう。
リプミラはエロかったが。
マップマンとか彷徨える星人とか言われ続けた主人公が特に何の能力も発動せずに最終回を迎えたのが衝撃だった。
ヒロインも特に役に立ってないし。

kigurui at 00:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ | 男爵

2005年09月23日

宇宙忍者ゴームズ

もとい、ファンタスティック・フォーを見てきました。
ネタバレするほどの映画ではないけど割と楽しかったです。
ただ、もう少しアクションを派手にして欲しかったな。
CGは結構良く出来ていたから。
最後のメンバー集結と立ち回りは割と好きだけど。
続編も作られるだろうから、その辺りに機体か。

帰りに2000年発売のコナミのロボットシミュ『RED OF RING』を購入。
端的に言えばレイバーと戦車の合いの子みたいなロボット戦略シミュ。
話はモロ0083なのでアレだが、戦略マップが面白い。
それぞれ特色のある機体に、それぞれ6種の随伴兵から三種選び、部隊の特色を出していけるのが何とも。
戦闘システムもかなりしっかりとしていて、油断していたらすぐにやられる所も骨太でいい。
ただ、一面に時間がかかるのが難点。
序盤なのにもう一面二時間以上かかってる。
まあ、飽きないからいいんだけど。
後、ヒロインがツンデレを通り越してツンギレだ。

kigurui at 02:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | ゲーム

2005年09月21日

つよきす

簡易レビュー。

話はまあ普通。
それぞれのキャラの設定にそった王道の話を用意している。
ヒロインは六人で、最初の四人の内の二人をクリアすれば残りの二人が攻略可能。
隠しの二人は少し異色だけど、それでもまあ王道から逸脱したような話ではない。
よって、展開もそう意外性のあるものではなく、仲良くなる→くっつく→事件→仲が深まるといった感じ。
ただ、やはり主要から脇に至るまでのキャラが異様に立っていて、そいつらが織り成すコミュニケーションが楽しい。
特に主人公と幼馴染四人のやり取りが馬鹿すぎて何度も笑ってしまう。
日常シーンのそこかしこに笑いが埋没しているので、終始楽しく進められた。
色んなパロディもあり、そういうのが好きな自分は程よく楽しめた。
ナムコ×カプコンといい、こういうさりげないパロディ――パロディネタをメインに持ってこないパロディの仕方――が好きなのかもしれない。
エロシーンもそこそこ多く、エロイので満足できるかと。
殆ど純愛シーンしかないですが。
プレイ時間はOPが二〜三時間ほど、本編が五時間ほど。
二回目からはOPは飛ばせます。
また、同居家族への緊急回避用にF5の画面切り替えも搭載。
ちなみにF5押すと、撲殺天使ドクロちゃんパロディの碁セロが遊べます。

ここからはネタバレのキャラと個別ストーリー総評。

続きを読む

kigurui at 03:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゲーム 

2005年09月20日

記念すべき第一日

maguro








とりあえず一日中つよきすのセーブデータ作りに没頭。
画像はその過程で製作された地方妖怪マグロと乙女さん。
うーん。
ニートらしくていいね。
明日辺りに簡素レビューでも書きます。

しかしなんだね。
流石に二年も無職やっててバイトも辞めたら、そこはかとない危機感が俺を貫くね。
怖ッ。

kigurui at 05:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月18日

キャッホオオオオオ!!

バイト終わり!!
これで俺は真性ニートフリーダム!!
すっげー気分がいい。
働かなくていいって素晴らしい!!
最高!!
後は給料を貰うだけ。
貰えなかったら訴えるだけ。

今日人づてに聞いたオーナーの話
「給料日が15日って別に俺が決めたわけじゃないからなあ」
死なす。

kigurui at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

まだまだつよきす。

もうずっとつよきす中。
もうね、時間の使い方が
つよきす>>>>>>>>俺の人生>>>>>越えられない壁>>>>>アルバイト
みたいな。
今日もバイトで引継ぎが終わり、一人になった後はずっとつよきすの事ばかり考えてました。
もうつよきす無しじゃ生きていけない……。
そして明日でバイトは終わる。
そして給料は未だ未払い。

つよきす元ネタwiki

kigurui at 02:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゲーム 

2005年09月16日

引き続きつよきす中。

やべー超面白い。
なごみんもカニも乙女さんも(;´Д`) ハァハァ。
何気に脇役の西崎さんにも(;´Д`) ハァハァ。
後なんかよっぴーがすげー怖いっつうか極悪。
カニのエロシーンはエロいけど笑える。
エロシーンにジョジョネタとか入れるのどうなのよ。
まあ面白いからいいんだけど。
スバルの友情に涙して、フカヒレの駄目さに爆笑する。
面白いよお。

しかし気になる事が一つ。
前述の通り俺はライト版でプレイしているんだが、なにか妙に動作が重い。
で、気になってタスクマネージャーで調べてみたら、つよきすやってると常時CPU使用率100%とかなっとるんだが。
汎用にした分、動作が重くなってるんだろうけど……。
突然落ちないか心配だ。

kigurui at 19:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゲーム 

つよきす中。

つよきすプレイ中。
前々から何故か乙松さんや小狐丸さんから「男爵はフカヒレに似ている」と言われ続けていたのでどんなキャラだと見てみると……。
確かに雰囲気とか言動とか妙に似てる所もあるけど……俺は普段こんなに駄目で恥ずかしい奴なんだろうかとちょっぴり落ち込む。
けどゲーム自体は面白いのでサクサク進む。
取り合えずなごみルート、カニルート、乙女ルートでいくつもり。
後のキャラを攻略するかどうかは気分次第。

今日は給料日だけどやっぱり出ていませんでした。
ていうか今日になって実働時間表を送ってこいとの言葉。
アクションが一週間ほど遅いんじゃねえの?
当然のように期日を破るこの会社は素敵過ぎます。

なんか新デザインだと環境によってはデザインが崩れるらしい。
スレイプニルではそんな事は無いんだが、IEだと多いらしい。
なにでデザインも変えてみます。
このデザインは個人的には気に入っていたんだが……。

kigurui at 02:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ゲーム 

2005年09月15日

10月は素晴らしい月になりそうだ。

シグルイの原作で絶版となっていた『駿河城御前試合』が十月六日に徳間書店で再版されるらしい。
これは買わねば。
加えてauが十月からツーカーユーザーの移行開始との事。
優遇措置として同番号でのau機種への乗り換えが可能に。
また、ツーカー二年契約時の解約料の無効等も。
素晴らしいぜ。

kigurui at 01:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 小説 

2005年09月14日

パンプキン・シザーズ

日本橋で買った漫画。
とは言え連載を読んではいたので、全くの新規購入とは行かないが。
終戦から三年、軍内でも笑いの物種として語られている戦災復興の為の陸軍情報第三課。
その三課の実働部隊、パンプキンシザーズの物語。
取り合えず面白すぎるので皆買え。

kigurui at 23:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 漫画 

2005年09月13日

第四回(多分)関西ニー友の会。

行ってきました。
ランド・オブ・ザ・デッドは妙な感じ。
つまらなくは無かったけど……怖くも無かった。
エンターテイメントとしては楽しめたんだけど。
俺が期待していたのはロメロ二作目のスーパーマーケットのゾンビみたいな、肝も凍るほどの逃れられない恐怖だったので。
だって今作は見た後でも目を閉じたままシャンプーできるもん。
二作目を見た後は出来ませんでした。
世界設定がゾンビによる終末を乗り越えた世界、という事になっているからっていうのもあるんだろうけど。
なんだろうな。
握り寿司を食いに行ったら巻き寿司しかありませんでした、みたいな感じだった。

見た後は飯を食って日本橋に。
漫画とメガバイオラプトルを購入。
最後まで迷ったが、ディスプレイされているのを見て結局購入。
2000円の割には出来も良く、大きさも中々だったので。
恐らくバイオトリケラとバイオプテラも買うんだろうなあ。
バイオティラのは微妙。
陳列されていたのを見たが、今までのバイオゾイドと色合いが違ったので。
赤地に銀という色合いが個人的にマッチしていて好きだったので。
青地に黒はどうにも……。

肉とカラオケはいつも通り。
最後にヘロヘロになってるのもいつも通り。
で、帰宅して寝て起きて手に入れたつよきすをインストール。
インストール完了、さあプレイするぜ!!

致命的なエラー
「画像サイズが選択されませんでした」
「グラフィックの初期化に失敗しました」

努めてBE COOLに。
調べた所、ダイレクトX9.0以前だとそうなるらしい。
あれ、でも俺9.0入れてるし、表記もそうなってる。
ってことは……。
案の定、ビデオカードであるNVIDIA GeForce2 MXが9.0に対応していないとの事。
PCの神様が居るのなら一言言いたい。
これ以上無職を苛めるのは勘弁してください。

これ以降はランドのネタバレ含む感想。続きを読む

kigurui at 18:55|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月12日

選挙に

行ってきたぜ。
バイトから帰ってきたら、俺の投票した議員が当選していて何より。
バイト先のダンボールとかゴミとかをまとめて棄てたら妙に店内がすっきりして落ち着かなくなったが、まあいいや。

明日はニー友の会。
ランド・オブ・ザ・デッド→日本橋→肉→カラオケ。
ランド・オブ・ザ・デッド、楽しみだが今から怖くもある。
果たして見た後に焼肉を食うほどの食欲が沸いているか否か。
日本橋では今度こそメガバイオラプトル買うかも。

kigurui at 02:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月10日

『エド・ウッド』と『バットマン オリジナル・ムービー』

どうやらマザーボードが古いと仮想ドライブと実機DVDドライブが競合してハングする事があるらしい。
解決法はアンインストールのみ。
このマザーももう六年前の仕様だしなあ。
もっと早く分かっていれば……。

映画を二本見た。
エド・ウッド


一つはこれ。
史上最低の映画監督と謳われるエド・ウッドの半生をティム・バートンが描いたもの。
かの有名な死霊の盆踊りの脚本も彼が務めている。
斜陽の老いたスター、ベラ・ルゴシがこんなフランケンシュタインのような真似は色気がないと憤慨した次の日のエドとベラのやり取りが感動もの。
ベラの境遇を分かっていれば、嫌でもその台詞とベラの晩年を重ね合わせてしまう。
確かにエド・ウッドの映画は駄目なのだろうけど、それでも晩年のスターと駄目な監督の希望とか夢とか全力とかが詰まっているんだろうなあ、というのがひしひしと伝わってくる。
中々に面白かった。
とはいえエド・ウッドの映画を見ようかという気にはならないが。


バットマン オリジナル・ムービー



二つ目はこれ。
随分前に克至と共同購入して借りていたのをそのままだったのだが、DVDドライブの試用を兼ねて鑑賞。
腹ボテのバットマンと、生足魅力のロビンが嫌が応にも期待を高めてくれる。
いやあ、全篇に笑い所が満載でたまらなかった。
何故か降下しすぎるバットコプターとか、サメ撃退スプレーとか、桟橋を爆弾を持って疾走するバットマンとか、あげればきりが無い。
しかも日本語と日本語字幕で見ると、全然ちぐはぐなのが笑える。
音声「いやあ、流石はバットマン。犯罪者と思われる私にもこんな人権を尊重してくれるなんて」
字幕「最初から私を犯罪者扱いしてこの扱いは酷すぎる。これが正義の味方のやる事か!!」
どっちなんだ。
後、原子分裂用の重水と飲み水を同じ蛇口から出すのはどうかと思う。
もう何と言うか、この面白さは文字では到底伝えきれないので、是非一度は鑑賞を。
多分千円ぐらいで買えるので。
最後の連邦ビルでのやり取りもたまらない。
「任務は終わった……さあ、帰ろう。人目につかぬように」
「このロープで窓から」
最後の最後でまた爆笑。
時間が余ったらキャプチャして画像着きでレビューしたい。
折角再生ソフトにキャプチャ機能があるし。

kigurui at 15:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 

2005年09月09日

いいのか悪いのか。

外付けDVDドライブ買いました。
IOデータのこれ。
店頭価格九千五百円なり。
値段も性能もまあ妥当な所。
相談や助言を下さったお二方、どうも有難うございます。
で、早速帰って起動……検出……そしていきなり再起動。
何でええええええ?
こうなるともう相性じゃないのは確か。
考えられるのは電源の電力不足だけど、それだとそもそも起動しないだろうし。
という事は何がしかの競合……ってことは仮想ドライブか。
とりあえずドライブの番号を変える……駄目。
ならばとアルコール120%とクローンCDをアンインストール。
そうしたらようやく検出、認識も終わり、晴れてDVDドライブユーザーに。
って、相性のせいじゃなかったら、結局母のを使えば……(∩゜д゜)アーアーきこえなーい
兎も角認識したし、その他ソフトも問題なく動くようだから問題無しったら無しなのだ。
一万近く無駄だったかもしれないとかそういう事も無い!!
無いったら無いんだ!!






。・゚・(ノД‘)・゚・。

kigurui at 19:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

後五日なんだ……だから。

バイト中、プリンターの紙が詰まる。
色々と弄くって直し、とりあえず詰まりを取って後は元に戻すだけという所で社長が来店。
何か無言で直し始める。
詰まりは直したんだけど、バイトでは分からない所でも弄くってるんだろうなってのは分けるけど……分かるんだけど。
前々から思っていたのだが、この社長絶対俺の事嫌ってる。
来て俺が挨拶しても何も言わんし、何も言わずに帰るし。
で、今日も例の如く無言で帰り、作業も終わったようなのできっと直ったんだろうとプリンターを動かす。
……?
音だけでなんか写真が出てこない。
プリンターの後ろを見てみると、なんか妙に分解されたプリンターの一部が。
表を見てみても、社長の車は無し。
……えーと、これは何の嫌がらせですか?
無論俺に直せるはずもなく、途方にくれてMOTOに電話。
一日休みなのに来て直してくれた。
有難う。
ていうか社長さん、詰まりだけなら俺は直した後だったんだが……。
ここに来て信頼をどん底に突き落とす嬉しいプレゼントを有難う!!
なんか泣きそう。

明日三宮に行って外付けDVDドライブを見てくる事に。
良いのがあれば日本橋とは言わずにもうそこで買ってしまうことに。
楽しみである。

kigurui at 02:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月07日

2.0超スゲエ。

外付けDVDドライブ購入に先駆けて、アフロさんや克至に話を聞く。
俺にしてみればDVDドライブなんぞ2〜3万が最低価格だったのが、今や1万からでいいのが買えるとか。
フラッシュメモリの時も思ったが、時代の進歩は目覚しいねえ。
その一環としてUSBを2.0にすべく、PCIのUSBボードを買う。
いろいろ見て周った結果、2000円のこれに決定
三つという適量、リーズナブルな価格で決定。
ブッ刺すだけで認識したので早速MP3プレーヤーでデータ移行を試す……って超はえええええ!!
10メガが一瞬で転送されてあまりの早さにビビる。
さすが2.0、大容量でもなんともないぜ……。
これでDVDのデータ焼きもスムーズに行きそうだ。

ぱにぽにのOPが変わった。
まわる〜まわる〜♪
あいあいあー♪
の部分で脳が溶けそうになる。
相変わらず破壊力の高いOPだ。

エレメンタルジェレイドがクライマックスであろうに物凄い適当な演出と展開で爆笑する。
アレだ、ビィトと同じ昭和臭がするぜこいつは。

kigurui at 19:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月06日

相性って何だ。難しくてわっかんねえんだけど。

様々な理由があってDVDドライブの導入を決意。
つっても安い買い物でもないので、とりあえず手近な母のPCについているDVDドライブを貰い受ける事に。
母はネットはするもののその他は全く触らないので、俺のCDRドライブと交換する事を了承してくれた。
なので早速交換……ってなんか動かない。
いや、電源も入るし、トレイも出し入れできるんだけど、なんか起動して全部の常駐アプリを起動し終えたらいきなり再起動する。
何度やっても駄目。
何なんだろう……これが一番金要らずなのに。
色々調べた結果、恐らくは相性かと思われる事が判明したが……。
ううむ、俺のPCも五年前ので、殆ど情報が無いからなあ。
らしい、という事で確定はせず、けれどそれで動くわけも無く。
まだ色々と弄ってみるが、どうにも絶望的っぽい。
買うなら外付けのドライブを買おうかな……。

kigurui at 16:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

というわけで

劇場版響鬼のあらすじを書き連ねました。
偏見にまみれた眼でネタバレを徒然と書いているので未見の人は注意を。
こうでもしなかったら腹の業が収まらんのも俺が未熟な証拠なのだろう。

kigurui at 03:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ 

2005年09月05日

あー、うん。

見てきました劇場版響鬼と七人の戦鬼。
感想と言えるほどではないけど、29話までのファン、平たく言えばPと脚本交代するまでのファンは見ないほうが良いです。
俺は今までの響鬼が好きでした。
そりゃ戦いは地味だったし、あらも探せば無い事は無い。
でも吉田戦車が言うように、良質のドラマ、話だった。
俺はそれが何より好きだった。
俺や克至のようにそれに思い入れが強いと、見た後溜息しか出ないです。
もしくは血反吐。
従来の平成ライダー、555までのファンとかは見てもいいんじゃないかな。
マジレンはまあ不満はありつつも、テレビシリーズのイメージを踏襲してて良かったのではと思います。

終わった後は克至と延々と雑談。
バイトとか映画とかフィギアとか音楽とか。
こうして高校の時のように二人で話すのは随分と久し振りのような気がする。
大学になってからはいつも誰かしらが居たから。
イノセンス以来かなあ。
一年ぐらいか。
どうでも良いがフラッシュメモリが馬鹿みたいに安くなっていたのに驚いた。
俺が買ったときは64で3000円だったのに、今は128が3000円。
時代は進歩したもんだ。


samurai

ヨドバシで購入したディスガイアフィギア。
俺が出した悪魔フロンと引き換えに克至に譲って貰った女侍。
石突と剣先が逆だが気にするな。
和装娘最高。


makenshi

こちらはダブったので無料で譲って貰った魔剣士。
感激のあまり包丁と長剣の二刀流に。
ショートカット最高。


zenin

そして全員。
個別に撮ってないのは格闘家とフロン。
フロンは余り好きでは無いので……。


さて、映画版の敏樹の酷さを書こうか書くまいか。

kigurui at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) アニメ 

後六回。

もうバイトが嫌で嫌で堪りません。
入っている間中、明日は劇場版響鬼、明日は劇場版響鬼と自分を励まし続けました。

今週の響鬼はフェイ・イェン風に言うとキショ!!
もしくはウザ!!
初めて響鬼を一部早送りで見てしまった。
真面目な話、今までもこういうノリだったら別にいいんだけど。
今までの響鬼を響鬼と言う作品としてみてたのでこれはどうにも。
全然作風が違うって言うか、何か凄い嫌な感じ。
キャラもなんか違うし、鬼が人前で変身するし。
別に話を変えるのはまだ分かるんだが、設定まで変えちゃいかんでしょとは思う。
今までの響鬼が好きだっただけに、胃がムカムカする。
やっぱり井上敏樹の脚本は大嫌いだ。

バイト先の事もあってなんかすげードロドロしたのが体の底に溜まってきている。
くそう。

kigurui at 01:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 | アニメ

2005年09月04日

あれ

昨日更新したと思ったのに、また記事が消えていたのか。
まあパンク直してネギ魔探したけどなかったぜ畜生しか書いてないが。

今日は十一時七分に上がり、十一時二十分に帰宅。
何もなければこれぐらいに全部作業は終わるんだよな。
今まで一時間遅かったり、四十分越えてたり。
何だったんだ一体。
なんかもう、一連のゴタゴタで全然やる気が無い。
二十日を指折り数えて待っている俺が居るよ。

種死、でっかいおっぱいの方のラクスが死亡。
つか、あれだよね。
アスラン普通に射殺してるけど、いいの?
なんか重力無視気味なジャンプ撃ちとかは楽しかったが。
種死って脚本が一週分もストックが無いとかまことしやかに囁かれてるけど、こうも普通に矛盾を描いているとそれを信じざるを得ないような。
種はまだその辺りは出来てたんだろうなあとは思う。
種は話としては駄目だったしなんら纏まっても居なかったけど、ここまで破綻はしてなかったし。
キラが普通に戦艦落としてたりはしてたけど。
少なくともその場に流されての矛盾というのがここまでは多くなかった。
ハガレンという一年の期間を挟んですら、この体たらくってのはどうにもこうにも。
まあ、あちらさんにも事情はあるのだろうけど。
でもそれはやっぱり視聴者には関係が無い事であって。
テレビに流す以上はその辺りを最低限こなして欲しいなあとか思う。
そしてドムはもう出ないのでしょうか。

魔人探偵脳噛ネウロ 2 (2)

これ買いました。
最高最級絶好調!!

kigurui at 01:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月02日

秋迫る

ツクツクボーシが鳴いて夜には鈴虫。
そろそろ秋だねえ。
なんて思ってたら自転車の後輪がパンクしていた。
あーあ。
しかも大学入学前に行きつけだった自転車は帰ってきたら閉店してるし。
あそこの店主、いい年齢のお爺さんだったから多分……とか考えて妙に気分が沈む。
明日違う所探してみるか。
バイクショップはあるんだがなあ。
他は甲南の所しか知らない。

最近たまに鼻の奥がつんとした刺激臭を感知する事がある。
多分これ薬液の匂いだろうなあ。
俺は妙に匂いに敏感なので、服とかに残ってる匂いを嗅ぎ取るのだろう。
やだやだ。

kigurui at 04:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 男爵 

2005年09月01日

本バトン

Kusunokiさんから本バトンが来たので答えてみます。

1. 持ってる本の総数
倉庫にもあるのを入れると80冊ぐらい?
殆どライトノベルで、そうじゃないのは山田風太郎と司馬遼太郎と隆慶一郎ぐらい。

2. 最近読んだ(買った)本
灼眼のシャナ (0)

最近読んだのはこれ。
灼眼のシャナの短編集。
本編とちょっと毛色が違ったので、少し合わなかった。
最後の純粋な短編はいつもの口調で相変わらず面白かったが。

アスラクライン

買ったのはこれ。
三雲岳斗の最新作……なんだが、これを書く前に完結させて欲しい作品が幾つもあるんだが。
ちらちら読んでいるが、いつもの三雲作品で安心したような残念なような。

3. 今読んでる本
フルメタル・パニック! 悩んでられない八方塞がり?
フルメタルパニックの短編集。
今現在物凄く重苦しい展開の本編と違って、こちらは軽快なノリ。
しかし短編のストックもこれで尽きたし、長編も全然進んでないし、これから一層刊行が遅くなるんだろうなあ……。

4. よく読む、または思い入れのある本5冊
ドラゴンクエスト后ゝ徃沙織著
アマゾンリンクが無かった。
久美沙織は余り好きじゃないが、これだけは絶賛。
塔での戦いと、主人公が親になったのを自覚する場面がもう。
心を揺さぶられるというのはこういう事を言うのだろう。

ニンゲンのカタチ THE MOLD―ストレイト・ジャケット〈1〉

榊作品の中で一番好きなシリーズ。
これに限らず、シリーズ全てを良く読み返す。
腐っているレイオットへのネリンのアプローチが良い。
文体も好きだし。

バッカーノ!―The Rolling Bootlegs

疾走感が好き。
二十日足らずで書き上げただけあって少し深さが足りないとは思うけど、それでもその勢いは清清しいと思う。

燃えよ剣 (上巻)

思想とか云々は兎も角、土方の描写が好き。
格好良くて惚れる。

王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2)

この頃の田中作品は好きだったのです。
サクサク読めるし、元々戦記物は好きなのでたまに読み返す。
もう完結しないと知りながら……。

こんなもんかなあ。
やっぱ殆どがライトノベルだね。
知識や見聞を深めるにはそれだけじゃいかんと思いつつも、そっち方向ばかりに手が伸びてしまう。
ライトノベル以外が嫌いって訳じゃないんだが、どうしても気後れするんだよなあ。
乙松さんに借りたドラキュラ戦記とか、ケッチャムは楽しかったし。
まあ、これからぼちぼち開拓していくか。

kigurui at 02:43|PermalinkComments(3)TrackBack(0)