2006年11月

2006年11月30日

日記。

虫歯が出来ました。
出来たというか、昔治療した部分の詰め物が時を経て磨耗した感じ。
治療費如何によっては年間目標額を下回ってしまう。
でも医療費は削るわけには行かないし……あーあ。
額を増やして、一月に持ち越すか。

学園祭以降とまっていたポケモンをぼちぼちプレイ。
ピチューが中々懐いてくれない。

アニメあれこれ。
『武装錬金』
銭湯の女シーンのオリジナル。
原作での喫茶店も良かっただけになんとも複雑。
太と細の演技は愉快だった。
ポンポンとテンポ良く進んでいる気もするが、2クールだとするとこの速度でも微妙な感じだな。
今週のロッテリ屋のシーンもカットされていたし。


あ、写真……。

kigurui at 02:01|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月29日

日記。

斬終了!!
でも最後の方は絵やコマ割はこなれてきていたので、次回作には期待出来ると思う。

たまっていた仕事を二日がかりでようやく処理完了。
それだけ時間を費やして、物は貧相なものばかりだから嫌になる。
ロアナプラだったら撃ち殺してるであろう客が来たのも嫌になる。
年の瀬になると世知辛いねえ……。

アニメあれこれ。
『BLACK LAGOON』
女の子がマジで殴られるのとか蹴られるのとか、心臓の奥が締め付けられます。
女の子には優しくしてあげないと駄目だよ!!

『パンプキン・シザーズ』
来週はハンスの話になりそうなので楽しみ。

kigurui at 02:47|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月28日

日記。

うたわれるものらじお20回。
柚木涼香がフヒヒって笑うのが面白かった。
うーむ、これが声優萌えというものか。
時間が無いのでnanoにぶち込んで一週間掛けで聞いております。
でもあそこまで頑なに小山力也が拒否するのってやっぱ既婚だからなのかね。
そうすると、小山力也は物凄い思わせぶりな鬼畜だという事になっちゃうけど。
それとも相当に身持ちが固いのか。

デジカメカードリーダーが復活した模様。
水曜辺りに学園祭の模様やリボルテックレヴィをUPしてみたい。
もう一ヶ月経ってるけど……。

最近バイトといえば一日全てだから、バイトの日は書く事がないぜよ。

kigurui at 02:15|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月27日

日記。

今週のリュウケンドー。
鳴神役の兄ちゃんが普通にアクション出来ていたのに驚く。
序盤のアクションは酷いものだったのになあ……。

もっけ(勿怪) 6 (6)

今日買ったもの。
相変わらず面白くはあるんだけど、伝承や物の怪があまり絡まなくなったのが不満。
人情的なものがメインでも面白いのは確かなんだけど……。
もう少し物の怪の類を押し出して欲しいなあ。

アニメあれこれ。
『地獄少女 二籠』
二期になってから通り一辺倒じゃなく、ちゃんと落とす側落とされる側の心情を描けているのが面白さの要因かな。
2クールの前期を経て、ようやく作り方を理解したのか。
きくりに萌えてきた俺はちょっとやばめ。

kigurui at 01:23|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月26日

日記。

To LOVEる-とらぶる 1 (1)

買った。
うむ、ナイス乳首。

ゼロの使い魔 (5) トリスタニアの休日

今日読んだもの。
短編エピソードの纏めで、話の進展は程ほど。
重要なのはアンリエッタの国内の掃除と、キュルケとタバサの出会いエピソードぐらいか。
まあ、相変わらずのコメディチックな描写はくすりと来る。
爆笑はしないまでも、笑うぐらいの。
ていうか、キュルケはもうサイト争奪には飽きたんだな。
四巻ぐらいからこっち、タバサにしか構っていないような。

積読は後七冊。
頑張れば年内にいけそう。

kigurui at 02:08|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月25日

日記。

南京














三宮の南京町に行ってきました。
胡麻団子とかフカヒレラーメンとか肉マンとか一杯食ってウマウマ。
たまには美味いものを喰わないとやってられないね。

アニメあれこれ。
『コードギアス』
ううむ、これは意外な展開だった。
てっきり「黒の騎士団」という反政府組織を作るだけかと思ったら、絶対的な正義組織に仕立て上げようとするとは。
一刻も早くブリタニアを潰したいはずのルルーシュが、目的の完遂のためには時には遠回りをするという手法をとるのが面白かった。
また、敵には非情な態度を取りつつも、半分は生徒会メンバーのために動いている所とか。
日本解放戦線を悪と断じて処断して、同時にクロヴィスへの粛清も相対的に正当化する。
それで組織を絶対的正義にして、ゆくゆくはブリタニアを倒すって所か。
大体新宿を壊滅させたクロヴィスが殺害されたのなら、埼玉を壊滅させたコーネリアも同様だろうし。
でも眼鏡の役員は自業自得だと思う。
テロリストに占拠されている状態で、相手刺激したらそら激昂されるだろう。
個人的にはあそこで死んでも面白かったかな。
おそらく生徒会の殆どは将来的にルルーシュと決別するだろうし。
眼鏡が死んで、日本人とブリタニア人の溝を深くするってのも良かったような。
あと、壁に印をつける女生徒はそろそろキチガイ扱いされそう。
冒頭の述懐で、スザクとルルーシュの決別は決定したようだし。
二人の過去の回想と合わせて、今後の展開が楽しみだ。
そして来週は総集編っぽい。

kigurui at 02:21|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月24日

日記。

ヤイサホー!!
昨日の仕事が丸残りな上に今日は異様な売上!!(ヤイサホー!!)
しかもパートナーが風邪で欠勤!!(ヤイサホー!!)
やってきた助っ人は社長!!(ヤイサホー!!)
その上普段の2.5倍の買取!!(ヤイサホー!!)
大体丸々仕事残してんじゃねえよホワイトバンド野郎!!(ヤイサホー!!)
ヤイサホー!!

ホント、ゲバル状態のように化粧してパンチを叩き込みたいです。

アニメあれこれ。
『武装錬金』
金城の舌噛みも、陣内の手足挿げ替えも無し。
深夜なのにいわゆるブラックジョークを規制ってどうだろう。
まひろとの絡みを増量したのはまあ良い事だけど、原作もきっちりやって欲しかったなあ。
規制すべき残酷描写とギャグの分け目はきっちりして欲しいものだ。
まあ、自分のお気に入りシーンがカットされたからこんな憤っているだけだけど。

kigurui at 01:29|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月23日

日記。

うたわれるもの 散りゆく者への子守唄(通常版)

クリアしました。
アニメから入った自分ですが、充分楽しめました。
ていうかアニメで駆け足だなあとか思った所が、じつはゲームより詳しく描写されていたという事実に驚いた。
ナ・トゥンクの話や、終盤のエルルゥの話とか。
それでも面白い事に変わりは無く、ラスト一連は泣けた。
いいゲームだ。
惜しむらくは、システムが古臭いのをそのまま移植している所か。
もう少し手を加えていても良かったと思うのだが。

鋼の錬金術師 15 (15)

バキ外伝疵面-スカーフェイス 3 (3)

XXXHOLiC 10 (10)

昨日買った諸々。
ハガレンは面白さがとどまらず、15巻に至るまでずっと面白いってのは凄いと思う。
ゆっくりと丁寧に描いているからかなあ。
まあその分、話の進みが少々遅いのはあるけど。
今回はイシュヴァールの殲滅戦。
戦場での思想の変化や人格の変化をきちんと描けているのが良かった。
キンブリーが意外に理知的なキャラだったし。
後、グラン大佐の良い人ぶりにビビる。
アニメじゃあヘタレの印象があったのだが。
まあ、アニメはアニメだしな……。

スカーフェイスはもうギャグマンガとしかいいようが無い。
いや、面白いんだけどね。
でもレックス、通風持ちが泥酔すると本気で死ぬぞ。

XXXHOLiCは文句無し。
ひまわりちゃんの告白と、それを受け入れる四月一日にじんとくる。
様々な人との関係で変っていく自分と周囲というテーマを存分に示せた巻だと思う。
こはねちゃんも萌え萌えだしな。

kigurui at 01:41|PermalinkComments(0) ゲーム | 漫画

2006年11月22日

日記。

眠い。
寝不足で仕事するといかん。
しかもそんな日に限って倉庫に四回も潜ったり。

アニメあれこれ。
『BLACK LAGOON』
手堅い作り。
でも尺の都合からか、幾つかのやりとりが省略されていたのが不満。
今回は鷲峰組とホテル・モスクワという二つのグループの齟齬を見せる所だから、そういう所はカットしちゃいかんと思うが。

『パンプキン・シザーズ』
オリジナル雪山話。
特にどうということはなく。
しかしオリジナルたくさんやるのは別に良いけど、ハンスや舞踏会の話をきっちりやってくれるんだろうな。
最近の出来を見ていると、そこはかとなく不安が漂う。
後、雪崩の起こった山で叫ぶのは自殺行為だと思うよ少尉。

kigurui at 03:35|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月21日

日記。

今週のリュウケンドーがかなり良かった。
Drウォームのラスト一連……ロッククリムゾンの遺影を叩き割る所から最後の高笑いまで痺れっ放しだった。
リュウケンドーのノリからして、もっとコメディタッチに終わらせると勝手に思ってたのが、見事に裏切られた。
今週はラストシークエンスに入る導入部としても、シリーズ全体の出来としてもかなり良かったと思う。

ファビオラ萌え。
ていうかあれだよね、多分広江礼威はお尻が大好きなんだよね。
レヴィの尻描写も多いし力入ってるし。
ファビオラのスパッツ越しの尻も素晴らしい。

マイメロに続き結界師も録画失敗。
死にたい。

kigurui at 02:22|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月20日

日記。

夢路

Suaraの『君だけの旅路』を何故か延々聞いています。
四日間、これと『キミガタメ』しか聞いていない。
『夢想歌』の時もそうだったけど、なんでこんなに琴線に触れるのだろうか。

深夜にやっていたサスペンス映画の『SAW』を見た。
公開当時から方々で話題になっていたのも頷ける出来で大変面白かった。
矢継ぎ早、と言うほどでもなく、かと言って冗長気味というわけでもなく。
絶妙とも言えるタイミングで新たな要素、伏線の回収を盛り込んで全く飽きなかった。
露悪的ともいえるグロさに耐えられる人なら、必見の映画だと思う。
最後の結果、オチはもう驚愕するばかり。
通常の手管でそれをやったならば、恐らく非難轟々なのを、本当の衝撃のオチとして昇華させているというのは単純に凄い。
2も見るべきかしら。

アニメあれこれ。
『地獄少女 二籠』
息子を亡くした母が狂って家庭もどんどん狂っていく話。
序盤で地獄送りの対象は理解できたが、それを行って尚あのオチは後味が悪すぎる。
勿論この場合の後味の悪さは誉め言葉で。
母親の声優の演技もそうだし、今まで溌剌としていた娘の最後の演技も上手すぎて肺腑が重くなった。
SAWを見た後に続けて見たので、後味の悪いオチ二連続で物凄く気分が重くなったまま就寝してしまった。
地獄少女はホント二期になってから化けたなあ。

kigurui at 02:41|PermalinkComments(0) アニメ | 映画

2006年11月19日

日記。

GOD HAND(ゴッドハンド)(サウンドトラックCD同梱)

学園祭の日に乙松さんから借りて、少し前にクリア。
普通に面白かったです。
B級ホラー&B級カンフー映画が好きな人間にはたまらないと思う。
ゴッドリールや技も幅が広いし。
ダッシュがちょっと面倒だけど、それ以外は操作性も良好。
ただまあ、後半になると敵の攻撃が強すぎて、囲まれればダッキングやスウェーを使いこなしていてもあっさり死んでしまうのが不満。
もう少し、その辺りの難易度調整を上手くやっていれば文句無しの良作だったろう。

次はうたわれるものだな……。

kigurui at 00:39|PermalinkComments(0) 男爵 | ゲーム

2006年11月18日

日記。

皇国の守護者 4 (4)

買いましたよ。
もう朝一で開店直後の本屋で買って、そのままギリギリまで読んでから開店準備するほど楽しみでした。
相変わらず原作を上手く飲み込んでいて素晴らしい。
原作の部分をきっちりと描きつつ更に膨らませているので、話を知っていても飽きない。
惜しむらくは話の進みがやや遅いという事か。
4巻は北領での作戦の最大の山場であるから仕方ないにしろ、原作のページ数で言えば40Pあまりしか消化していない。
いや、それだけ濃厚な巻でもあるのだけど。
ううむ、発売直後なのに5巻が待ち遠しい。

ブラック・ラグーン 6 (6)

こっちも勿論購入。
偽札編はこの前アニメを見たばかりなので、細かな違いとかを思い出して楽しめた。
ロットン・ザ・ウィザードの出オチとか、ソーヤーの躁鬱とか。
新しいメイドはスパッツなんですね。
個人的にはそれだけでロベルタより上だ。
巻末漫画のバラライカは相良宗助と通じるものがあるな。
まあ、二人とも軍人だしなあ。

アニメあれこれ。
『銀魂』
一人でピンクアニメにしているさっちゃんを何とかしてくれ。
このアニメもある意味声優が引っ張ってる作品であると思うけど、特に神楽が頑張っている気がするなあ。

『コードギアス』
ルルーシュが組織の大切さを痛感する話。
まあ、まともな組織と組織がぶつかり合った場合、弱い組織が踏み潰されるのは当然で。
でも、アニメを見る限りではテロリストもかなり手際よくやってると思うが。
ナイトメアフレームがあるにせよ、橋を落としたり、伏撃挟撃をこなしたり。
それでも直下の組織、ルルーシュが信頼できる組織じゃないと駄目という事か。
CCの二重人格っぽい話やシャーリーとスザクの絡みとか、戦闘以外にも見所があった。
よく考えればCCのギアスや目的そのものはまだ語られていないし、学園の人間はそもそもブリタニア人なんだから、ルルーシュにとっては敵でもあるわけなんだよな。
その辺りの処理をどうこなすのか。
来週の予告を見るに、今週の学園でかけたスザクからの電話で、電波特定で生徒会か学園そのものが査察を受けそう。
ルルーシュも組織を作るっぽいし、楽しみだ。

なんか唐突に自分の犯した罪悪を思い出して鬱になる。
曖昧だけど恐らく確定された、それも法には全く触れない罪というのはどうすれば贖罪できるのでしょうかね。
多分一生出来ないんだろうなあ……。

kigurui at 03:10|PermalinkComments(0) 男爵 | 漫画

2006年11月17日

日記。

期待して待っていたものの出来がそれほどでもなくて学刈。

喉が渇いて痛い。
血が吸えないヴァンパイアってこんな感じなのかしら。

明日こそ皇国の守護者4巻とBLACK LAGOON6巻の発売日。
でも朝から全通しなので、楽しめるのは終わってから。
グギギギギギ。

パラケルススの娘〈4〉緋袴の巫女

今日読んだもの。
あー、なんか凄く面白かった。
睦月と多華の関係、多華とクリスティーナの関係、忍と舘岡。
それぞれの関係を上手く纏めていて、話的にも跡部から各家の関係の折衝やら3巻のヴァンパイアとの邂逅。
それらを実際の事件に絡めて上手く描ききっていたと思う。
次の休みには5巻も読まねば。

アニメあれこれ。
『武装錬金』
今回も上手く処理。
転校シーンの斗貴子さんはもう少しはしゃいで欲しかったが。
金城のヒャッホウももうちょっとはっちゃけて欲しかったな。

kigurui at 02:18|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月16日

日記。

今日の飯の時に話題に上ってた自分の昔の作品。
頑張って読んでみました。
駄目です。
拙すぎて耐えられません。
いや、別に今が格段に上手くなってるというわけでも無いのだけれど。
でも無理!!
許して!!
色々と痛すぎる!!
読んでて顔から火を噴くかと思った。

後一ヶ月は忙しいけど、年末から明け、それ以降は恐らくもう少しスローペースライフになると思われる。
まあ、二月から人が少なくなるので、予定は予定で確定ではないが。
もう少し、色々と煮詰めれば良いなあ。
まあ、取り敢えずは年内の消化だ……。

kigurui at 01:31|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月15日

日記。

ううむ、鼻汁発生。
職場環境がいけないのかな。
埃が一杯だし……。

皇国の守護者とBLACK LAGOONは17日発売だった。
なんでソースも見てないのに、14日発売って思っていたんだろう。
私……恥ずかしい!!

N坂さん、ビデオ届きました。
ていうか住所以外の連絡先分からないのでここで言うしかない!!
見てるかどうかも分からないけど……。

ボウケンジャー、さくら姉さんに萌えかけた。
三次元に萌えるなんて……!!

アニメあれこれ。
『BLACK LAGOON』
日本編開始。
日本語と英語とロシア語がミックスされた場は原作を知らねば混乱するのではないだろうか。
ロックがあの場にいる説明は必要だけど、字幕程度でよかったと思う。
その他はまあいい感じに出来ていると思う。
雪緒の話じゃなく、レヴィの心情に比重を置いたのは好き好きだろう。

『パンプキン・シザーズ』
三分の二ほどオリジナル。
オリジナル部分でやりたかったのは銀の車輪の前振りだろうけど、どうにも上手くない。
話の展開が不味いし、勿体つけて見せた戦闘が全くもって面白くない。
つうか、複数の自動小銃乱射で棒立ちの人間一人射殺できないって酷くないか。
ドアノッカーの破壊力も妙にしょぼいし。
嘘銃なんだから、柱を崩すんじゃなくて、一撃で破壊するぐらいで良いと思うが。

kigurui at 02:52|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月14日

日記。

体調は復調してきた感じ。
どうにも風邪をひくと右半身が硬くなる感じだが、それもほぐれてきたし。
鼻汁も少なくなってきた。
何もなければこの週に完治するだろう。
養生した甲斐があった。
積読は消化できなかったけど……。

新しいヘッドホンをつけて散歩。
中々いい感じ。
コードが太いのは最初どうかと思ったが、太いのは太いので絡まないので好き好きだろう。

明日はBLACK LAGOON六巻と皇国の守護者四巻の発売日。
皇国の守護者はどこまでだろう……原作二巻中盤ぐらいまでかな。
楽しみだ。

kigurui at 01:37|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月13日

日記。

鋼の錬金術師。
プライドって影だけど出てたんだな。
とするとホムンクルスと人間のあいの子がエドとアルか。
でもホムンクルスは子供を作れないとか言ってるしなあ。
ピナコは取り上げたってちゃんと言ってるし。
良く分からんなあ。
後の展開に期待しよう。

ヘッドホン買いました。
ATH−PRO5
これ。
ポイントカード特典やもともとの値引きが入って2000円引きの5000円弱。
で、これ画面じゃ分かり辛いけど、結構でかいっす。
プラグも極太が基準です。
どう考えてもアウトドア用じゃないです。
しかしせっかくだから、俺はこいつをアウトドア用に使うぜ!!
使用感は定番シリーズだけあってかなりいい感じ。
前のより高性能なのもあるけど、気のせいかもしれんが前より音の可聴範囲が大きい気がする。
まあこれ以上の値段のは俺の貧乏耳には過分だろうし、これぐらいでいい。
これでまた素敵な音楽ライフが蘇るぜ。

うたわれるものらじお、愉快だなあ。
柚木涼香の反応がいちいちギャルゲーのヒロインみたい。

kigurui at 02:26|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月12日

日記。

鋼の錬金術師、エドとアルってホムンクルスの子供なのかな。
ホーエンハイムの姿が変らないってのはホムンクルスだろうし。
まあでもアニメと照らし合わせると、外見だけだと母親がプライドっぽいけど。
それともプライドとスロウスが結婚してるとか。
その辺りで色々あるんだろうなあ。

アニメあれこれ。
『地獄少女 二籠』
レイプ一直線。
かなり後味が悪く、悲惨な話だった。
とは言え、主観の置かれた男じゃなく、女が送るというのは意外性があった。
そして示唆した男とは別のレイプした男を直接殺すというのも然り。
誰もが救われない、スッキリしないという話は面白かった。
二期になってから陰湿で暗い話が多いが、作品の方向性から言えばこっちの方が面白いのは当たり前だなあ。
最近面白くなってきたお仕置きが無かったのだけは残念だなあ。

明日はヘッドホン買いに行きます。
一年の間に、どれぐらいモデルチェンジしたか、実は少しだけ楽しみ。
まあ、壊れたものはしょうがないしね……。

kigurui at 03:04|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月11日

日記。

昨日の作業で筋肉痛。
肩から上に腕が上がりません。

ヘッドホンはやはり断線の模様。
何に装着しても右側だけが聞こえない。
しょうがないのでnano付属のイヤホンを使っているが、全然駄目だ。
遮音性が無いから周りの音が聞こえまくるし、何より自重が無いから歩いているとコードが服に引っかかってずれて鬱陶しい。
日曜に買いに行こう。

はらたいら氏が亡くなられたようで。
別段、感慨は無いが3000点ネタを子供の頃に刷り込まれた身として冥福を祈ります。

1000%SPARKING!を聞き続けてたら、なんかテンション上がってきた。
最初聞いた時はとてつもなく痛い曲だと思ったが、メロディは結構……とか思ってるとどんどんお気に入りになるんだよな。

アニメあれこれ。
『銀魂』
アニメから実写から色んな枠からの探偵もののパロディ。
自分はあんまりそういうのは好きじゃないが、そういうのが好きな人には面白かった回なのだろう。

明日から三連休。
とりあえず養生する。

kigurui at 02:50|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月10日

日記。

もう詳細を書くのが面倒なぐらいに超忙しくて死んだ。
風邪ひきの時に限ってトラブルテリブル100%。

アニメあれこれ。
『武装錬金』
まあ原作通り、パピヨンの変態ぶりが現れていて満足。
ホモのヤクザが出なかったのは不満だが。
尺の都合からか、斗貴子さんとブラボーの絡みも削られていたし。

『コードギアス』
まあ普通に面白かった。
ルルーシュのうっかり具合とか、CCを筆頭とする女の子の作画の可愛らしさとか。
ラストの眼鏡の含みを持たせた終わらせ方と、ナナリーの二人への口付けとか。
色々なものをぶち込んでなお、綺麗にまとめていたと思う。
ただ、これからのルルーシュの行動理念と、スザクの今の立場からして、後半に両者が対立するのは間違いないわけで。
そもそも自分の知る谷口作品ってのは大体がライバル同士が血みどろ以上の対立を激化させていくし。
今回の対比も思想的にはアウトローのルルーシュと、優等生のスザクだし。
そういう事を踏まえると、今の仲の良さを不安な目で見てしまう。
OPでスザクが軍と学校で同じ位置に居る事とかも邪推しちゃうなあ。
ラストの皇帝の演説はどうでもいいかな。
ああいった主張はカイジを始め色んな作品で語られているし、ああいうのはむしろ淡々と説く方が説得力あるし。
まあ、若本の声が嫌いというのもあるが。
来週は姉殺しへの序曲。

kigurui at 02:40|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月08日

日記。

DVDは返金、返品で合意。
なのでパッケージングして送り返そうと思ったら、なんか喉まで痛くなってきたので一日中寝る。
なんかもう、学園祭前から一週間チョイ、発熱頭痛鼻水喉と風邪のオンパレード。
効果的な療法が無いし、どうしたものやら。
純粋に、体調が悪いというのは苛々する。
本は読めないし小説もかけないし。
鼻から酸素が取り込めないので脳が働かないし。
貴重な休みを寝て過ごすだなんて、踏んだり蹴ったりだ。

風邪は肝臓から来るって何かで読んだが、肝臓ってどうやって健康体にするんだろう。

追記。
ヘッドホンの右側がいかれたっぽい。
ううん、なんでこんな時に出費が……。
凹む。

kigurui at 23:56|PermalinkComments(0) 男爵 

日記。

鼻水が止まりません。
下を向いて作業してると零れるし、かと言って上を向いて作業も出来ないので垂れそうになるたびにバックヤード――というか物置――に戻って洟をかんでたら鼻の下がひりひりと痛い。
熱や頭痛が無いだけに、物凄い鬱陶しい。
寝ても薬でも治らんし、どうしたものやら。

村山由佳が出ていたソロモン流を見た。
猫と戯れて原稿書いてたり、田舎で悠悠自適に過ごしてて羨ましいとか思う以上に、おいしいコーヒーの淹れ方が完結してない事に驚いた。
あれ確か自分が高校の頃にすでにシリーズとして出ていたのに、まだ書いてたのか。
個人的にはジャンプノベルスというティーン向けの小説だから、売れたから書かなくなってたんじゃないのかなんて邪推したり。
まあ、今も書いているみたいだから、TV向けのポーズじゃなけりゃそのうち完結するんだろうけど。
完結したとの報がいつか聞けたのなら、まとめて読んでみよう。
書いている原稿を見た限りでは、今主人公は大学生ぐらいのようだが。
あー、でも自分が読んでた時も、もう大学受験がどうのとか言っていたような……。
深くは考えまい。

島宮えい子の滝野の森は物凄く明るい曲なんだが、ひぐらしを歌っているせいで森に行ったら鉈で斬殺されそうなイメージが。
まあ、個人的に島宮えい子はホラー調の曲の方が多いイメージだけど。

アニメあれこれ。
『BLACK LAGOON』
偽札編ラスト。
エダにスポットライト……と思いきや、ラストでベニーボーイに春が。
本編の方も嬉しそうに攻めようとしてマイクをなくして落ち込むソーヤーとか、出オチのロットン・ウィーザード、シェンホアや船上アクションなど盛り沢山で飽きなかった。
エダの過去も明らかになったし。
で、来週からはついに日本編。
暗くなりそうだ……。

『パンプキンシザーズ』
半オリジナル。
なんかこれまでのエピソード総じて、原作よりアリスちゃんがお馬鹿に見えるなあ。
原作ではもっとこう、正しさもそれを表明する意思も持っているのに、姫育ち故に使い所を間違えているという感じだったのだが。
アニメではただの世間知らずだけになっているような。
伍長もアリスちゃんも、ただの頭の悪い人に見えちゃってるんだよな。
ああこれだから原作厨は……。

kigurui at 03:10|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月07日

日記。

風邪は治らないどころか鼻水が酷いし、またホワイトバンド野郎が挑戦的な言付け残すし、マーケットプレイスで買ったDVDの盤面が傷だらけだし。
良い事ないぜ。
自分がキラークイーンだったら、ホワイトバンドを爆弾にして起爆するのになあ。
DVDはメーカーにクレームメールを送ったので、相手の出方次第。
でももうあの商品状態は自分的にありえないので、皆『ブックスtcr』というメーカーでは買っちゃ駄目だぞ!!

行き掛けに本屋覗いたら、パラケルススの娘の5巻が出ていた。
うむむむむ……4巻読まなきゃな。

kigurui at 01:22|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月06日

日記。

安静にして睡眠も薬もちゃんととっているのに快復せず。
病院行って点滴打ってもらおうかなあ。

ラグナロク EX. MISFORTUNE

今日読んだもの。
三年ぶりの新刊。
とは言え、長編書下ろしではなく短編連載集。
中身はまあ、いつものEXのノリで。
連載再開に際してなのか、ノルンやラグナロクの説明がやたら多かった以外は普通の出来だった。
しかし昨日も書いたように後書きが……マジでやる気無さそう。
一時はアニメ化企画まで持ち上がったし、シリーズとして28冊めだったりするのに……。
個人的には頑張って欲しいが、やる気の無さを見せつける文章も勘弁して欲しい。

うたわれるものらじお17回、柚木涼香がなんかしおらしくなってて吹いた。
手ぐらい握りたいですようとか呟いて、ギャルゲーみたい。
結婚とかきわどい台詞をあっさり流す小山力也はSだなあとか思いつつ。
でも小山って既婚のソースもあったりするんだよなあ。
どうなのかしら。

アニメあれこれ。
『地獄少女 二籠』
DQNとオタクのありがちな話……と思いきやDQNに更なるDQNが絡んできて……という展開が矢継ぎ早で飽きない話だった。
間に輪入道の現世へのぼやきを挟んだり、結局オタクは地獄通信を使わなかったり。
DQNは因果応報のようにあっさり二人そろって地獄落ちしたり。
いや、一期の全てが予定調和な流れ作業から、格段に進歩してると思う。
話の作り方や演出、地獄流しでの遊び心とか。
箱乗りする閻魔あいとか、「舐めんなよ、タコ」って凄む?閻魔あいとか。
毎週楽しみになってきた。

kigurui at 01:22|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月05日

日記。

殆ど寝ていた。

一度、薬や漫画とかを買いに行ったけど。
で、気付いたが、学園祭やらなんやらで今月は少し金を使い過ぎているようだ。
うたわれるものも買ってるしなあ。
なので、年末まで自分倹約令を発動。
元々、最近はそれほど物欲も盛んではないので遵守できるだろう。
とりあえず、年末まで目標額を貯蓄してみる。

とか言いながらも、漫画やらライトノベルやらは買うのだが。
ラグナロクEXが出てたので買ったが、後書きが四行というやる気のなさにビビる。
作者、本気で飽きたのかな……。

kigurui at 01:20|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月04日

日記。

時東ぁみと野坂なつみって似てるなあとか思ったけど、あの野暮ったい眼鏡が似ているだけだった。

六時過ぎから買取買取買取。
繁忙期でも無いのに買取が400近く。
休日に仕事するもんじゃねえな。

明日はとりあえず寝まくって、ずるずると長引いている風邪を治します。

アニメあれこれ。
『銀魂』
ゴールデンタイムでヘルスミーとかヘルペスミーとかやるとは。
もうなんか無敵だな。
本編自体は箸休めみたいな回だったけど。

kigurui at 02:08|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月03日

日記。

んん、ラグナロクって新刊出るのか?
EXっぽいけど、出るのならありがたい。
何だかんだ言って、安井健太郎の文章はそれなりに面白いし。
ヒロインがレナから梓にシフトしてるのは何とも言えんが。

事実上休載扱いなEMEも何とかして欲しい。
作者が今連載してるイガジョがつまらんし、EMEはまだまだ話の謎が多いし。
終わらせないために休んでいるのか、ネタが尽きたのか、編集部が辞めさせたのか。
どかどかどかんの二の舞は勘弁だ……。

最新アルバムゲットついでにangela熱が再燃中。
アリプロと一緒にずっと聞いてる。
ライブ放送で生声聞いた時はちょっと醒めたし、処理入れているとは言え、CDの方はまだまだ素敵だなあ。

アニメあれこれ。
『コードギアス』
話を聞かない女多過ぎ。
スザクはこのままブリタニアに染まって、ルルーシュと対立していくのかな。
でもブリタニアを残したまま改革するって事は、日本はどんな形であれ抑圧市民として残る事に繋がりかねないんだよな。
その点で言えば、日本人自身に解放運動を行わせているルルーシュが気質的に正しいとは思う。
その辺り、どう処理するのだろうか。
しかしスペック理解とは言え、女生徒にキチガイじみた行動を取らせるルルーシュ酷い。
ラクスの二番煎じはどうなるのやら。
戦闘に生身で介入するアホさ加減は相変わらずだが。
ラストのスザクとルルーシュの同調した独白、ラストの相違は面白かった。
転校はまあ……何かの任務の一環だと思いたい。
でなきゃ軍人が学校生活送る必要性は無いよね。

kigurui at 01:33|PermalinkComments(0) 男爵 

2006年11月02日

日記。

風邪が治らん。
別に頭痛がするとか熱があるって訳じゃないが、全体的な倦怠感が消えない。
ときメモじゃ一週間寝たら治るのになあ。
治りかけで全通ししたりするから、いつまでもグズグズひいているんだろうなあ。
ドカンと休み取ろうかしら。
このままじゃ積読消化もままならないし。

アニメあれこれ。
『武装錬金』
VS鷲尾終了。
うーん、アニメで見ると鷲尾の独白は少し冗長だったな。
バトルの最中に長々と喋るってのがどうにも性に合わないというのもあるけど。
それ以外のテンポは良かったし、おんぶイベントも絵着きで再現してくれたから満足ではあるが。

kigurui at 02:24|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2006年11月01日

日記。

わあ、Kusunokiさんとポケモン交換とかしてねえよ。

微妙に体調が崩れたままに全通しをしたら、やっぱり頭痛が。
エリクサーが欲しい。
そしてホワイトバンド野郎が日報にむかつく事を書いていたので朝から切れそうになる。
ここがロアナプラだったら撃ち殺している所だ。

アニメあれこれ。
『BLACK LAGOON』
カウボーイに凄んでいる時のシェンホアが、たどたどしくも怖くてよかった。
眼にハイライトの入ってない解体女が怖すぎ。
今回は話の進め方やアクションにもメリハリがあって、見てて爽快感があった。
って、これも三週あるのか。
前期もそうだったが、最初に短めのエピソードをじっくりやりすぎて、後半駆け足になったりするからなあ。
前期ラストの竹中編とか、もう少しじっくりやればもっと面白くなっただろうに。
シリーズ構成が下手なのかしら。
まあ、酷いと言うほどじゃないけど。

『パンプキン・シザーズ』
アクションが無い時の方が再現度が高いというのもなんとも。
でも最後の説得の時に「戦災復興頑張るから」って台詞を入れないと、全く駄目だと思うのだが。
なんか、重要な所で悉く蹴躓いている印象のあるアニメだなあ。
キャッチはあったけど、&リリースの台詞も無いし。
情報閲覧のやり取りも無いし。
って、来週は半オリジナルかよ……不安だ。

kigurui at 02:46|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ