2008年02月

2008年02月29日

日記。

小麦の高騰によりパンが値上がりしたばかりか、大きさまで小さくなっている。
お陰で、最後一時間で異様に腹が減る。
四月にまた値上げのようだし、別のもので食事を採った方が良さそうだな。

オイレンシュピーゲル 3 (3) (角川スニーカー文庫 200-3)

今日読んだもの。
一巻と同じ、ほぼ長編構成の短編集。
ヒロイン達のそれぞれの恋愛と、人格改変プログラムを付与されたレベル3の特甲の謎。
そしてヒロイン達の記憶の欠落と、レベル3の特甲児童の登場。
内容も濃く、いつの間にか独特の文章がむしろ味にさえ思えてきて面白かった。
話の進展はあまりなく、伏線を散りばめる巻だった。
その伏線も上手い具合に気になるように仕向けられており、続刊に期待。

後は幾らか読んだ後、スプライトシュピーゲルを読むか。

アニメ感想。
『狼と香辛料』
ノーラ紹介回。
特段話題にするようなことはなかったが、相変わらずの手堅い作りとノーラの可愛らしさに満足。

小説は58/100。

kigurui at 02:21|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月28日

日記。

もし00でルイスのフィギアが出るとしたら、左手は外せるようにして怪我Verと換装できるようにして欲しいよね。
アレルヤは分け目逆に出来たりとか。

小説は58/100。

kigurui at 02:19|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月27日

日記。

nanoの左側が完全に死亡。
イラクじゃ哨戒中の兵士が銃弾をipodで防いだらしいが、ありゃ嘘だな。
こんな、二年四ヶ月で壊れるような軟弱ものが銃弾のようなタフガイを防げるはずは無い。
ファック!! ファック!! ファァァァァァック!!

アニメ感想。
『墓場鬼太郎』
水神編決着。
相変わらず展開が二転三転して飽きない。
ていうか偽鬼太郎はあれで死んだのか?

小説は57/100。
火曜日は集配があるので精根尽き果てる。

kigurui at 02:27|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月26日

日記。

ipodnanoのイヤホンジャックがもう駄目だ。
ポケットに入れながら歩くと、ブツブツと左側の音が途切れたり聞こえたりで非常に不愉快。
ええい、二年と四ヶ月程度でガバガバになるなんて、このユルマンが。
容量も多いし、カスタマイズしやすいけど、耐久力に難があるな。
それとも旧世代のnanoだからか。
ともあれ、来月にPC新調と共に買い換えよう。
あと一ヶ月はこの淫売nanoで我慢するしかない……。

ずっと探していたみどりのマキバオーが店にあったので、従業員価格で購入。
うーむ、有馬記念がピークかなあ。
海外遠征編はちょっと蛇足のような。
つまらなくは無いのだけど、ダービー、菊花、有馬のような熱さはなかった。
そして、新刊のたいようのマキバオー3巻はとてもいい。
マキバオーの慟哭やハヤトの決意、ゴールデンバットの遠征が熱すぎる。
本誌連載分は少し箸休めのような展開が長いが、今後はまだまだ期待できそうだ。

アニメ感想。
『Yes! プリキュア5GOGO!』
うららメイン回。
前期もそうだったが、うららはやけに作画や演出に恵まれているなあ。
とか思ったら、本来のターゲットである女児人気No1だそうで。
日常の細かな芝居、戦闘アクション、オーディションの際の力の入り具合とこちらの非常に気を入れて視聴できた。

小説は57/100。

kigurui at 02:33|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月25日

日記。

仕事の日は長く、休みの日はすぐ終わる。
薄い人生を送っている証拠だ。

書いている途中に描写に疑問を覚えてふと手を止めてしまう事が多い。
一気に書ききって、その後修正した方が早いのは分かるけど、どうしてもそれが出来ない。
駄目だなあ。

アニメ感想。
『ロザリオとヴァンパイア』
なんかエロ漫画の一般アニメ化みたいな展開だった。
露骨なパンチラは毎度の事だが、頭のよさを見せる為の演出が公式の暗唱だったり、唐突に挿入されたモカさんのキャラソンとか、なんか昭和の臭いがしてニヤニヤしてしまった。
しかし学業面で言えば、飛び級で入学してる紫に教えてもらうのが一番なんだよな。

小説は57/100。

kigurui at 02:03|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月24日

日記。

ストリートファイター犬瞭芦茲鮓たんですが……何というかその……凄くファイナルファイトリベンジの匂いがしました。
なんだろう……素直にスト靴糧展系の方が良かったような気がする。

鬼太郎見てたら、脚本が真倉翔というとてつもなく懐かしい名前でびっくりした。
三条陸といい、ジャンプ漫画原作者はなぜ鬼太郎の脚本に流れていくのか。
いやまあ、三条陸は元々はアニメ脚本家だったけどさ。
しかもメイド喫茶て。
でもそう考えて思い返してみれば、何となくぬ〜べ〜と雰囲気が似てたかなあ。

小説は56/100。

kigurui at 02:21|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月23日

日記。

そろそろマジで限界かも。
平日仕事→休日は疲労で睡眠→作業時間の目減り、がパターン化しつつある。
同じ程度の金を稼ぐなら、時給が上で時間を短時間にした方がいいのは明らかな訳で。
ていうか入った当初は、シフト制で雇って貰ったんだが、いつから全通しが普通になってんだコラとか考えるとますます苛々が募る。

オイレンシュピーゲル 2 (2) (角川スニーカー文庫 200-2)

今日読んだもの。
ロシアの人工衛星がオーストリアに落ち、その原子炉を巡って涼月達MPB、スプライトシュピーゲルのMSS、果ては軍隊まで出動するお話。
内容が濃いので、読むのに時間がかかった。
一巻の短編集とは違い、長編ならではの二転三転する展開、富士見ファンタジアのスプライトシュピーゲルとのリンク、そしてクライマックスのラスト。
独特の文章と心理描写が上手く、中々に引き込まれて面白かった。
特に涼月とロシア軍人達のエピソードは秀逸で、描写の多さも相まって感涙した。
小隊がそれぞれバラバラに配置され、そうしてまた収束していくという展開もカタルシスを感じさせるし、貶め所の無い傑作だと思う。

アニメ感想。
『狼と香辛料』
リュビンハイゲンへの旅と、香辛料の取引。
後の展開を知っていると、詐欺を看破して勝ち誇っているロレンスが哀れに見えてしまう。
ノーラが動いているのを見ていると、なんだか無性に萌えてしまった。
そういや俺は華奢な女萌えだっけ……。
どうでもいいが、ホロが「〜〜だわいなあ」とか喋っていると、キン骨マンとイワオを思い出してしまう。

kigurui at 03:17|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月22日

日記。

うちの会社は、男社員がいなければすべて綺麗に回るような気がしてならない。
女社員が何をやっているかは知らん。

ライトノベル新刊とか、スプライトシュピーゲルとか、シグルイとかマキバオーとか一気に買ったら5000円近くも使ってしまった。
本屋で紙袋で手渡されるなんて初めてだ。
ストレス溜まっている時の物欲は歯止めが利かなくて恐ろしい。
いやまあ、前々から二月は継続購入している作品の新刊が多くて危険だなあと思っていたし、買ったのは結局最初から買う予定のものばかりだから、最初からそれぐらい使う予定だったんだけど。
積読が一気に十冊になってしまった。
まあ、読む楽しみが増えて良いんだが。

ぐおお、銀魂二週連続で録画し忘れた。
ファック。

小説は55/100。
安時給超絶肉体労働をしたので今日は無理。

kigurui at 01:58|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月21日

日記。

徹夜の疲れが二日目に来て、ずっと寝ていた。
もう歳だなあ。

小説は55/100。
あれだ、二つの甲乙が分からないなら二つとも完成させればいいんだよな。
どっちが先とか、今のこの無職状況じゃ意味無いし。

自分メモ。
女皇の帝国2、EMERED、マージナル2、スプライトシュピーゲル。

kigurui at 01:49|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月20日

日記。

日本橋で遊んでました。
とりあえず三月にPCを買った際にスムーズにデータ移行する為に、HDD認識キットと、後はこっちで売っていないライトノベルを幾つか。
20〜21辺りに発売のライトノベルが早売りされているかと思ったがなし。
前、ゼロの使い魔は二日前に売っていたのになあ。

帰ってきてからビデオに撮った絶望先生を見てると、ラストのイラストが湖川友謙で吹いた。
絶望先生以外はオーラバトラーのキャラだし。

続いてカイジを見て、なんか鬱になる。
電流鉄骨競馬はアニメで見ると臨場感がありすぎて心に来る。

アニメ感想。
『Yes! プリキュア5GOGO!』
メルポとキュアミントメイン回。
キュアミントの新必殺技が八つ裂き光輪とか。
でもヒットはせず。
ドリームのシューティングスターも絵としては地味だし、なんかGOGOになってからはいまいちぱっとしないなあ。

自分メモ。
女皇の帝国2、EMERED、マージナル2。

小説は54/100。
100は展開によって増えたり減ったり。

kigurui at 02:13|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月18日

日記。

無意味に指が炎症を起こした。

小説は54P。

kigurui at 02:32|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月17日

日記。

寝入りばなに金縛りに遭う。
顔をさすられているような感触、ぼやけた視界には胸の上で足踏みをする半透明の何か。
息苦しさと恐怖から思わず呻き声とも叫び声とも分からない声をあげたところで消えた。
まあ、俺はオカルト否定な人間(だって居たら怖い)なので、これも疲れから来る脳だけの一時覚醒に違いない。
見えたり触られたりしたのも幻覚、或いは夢現が定かでないまどろみによる錯覚だろう。

ガンダムはアレ、黒田がメインと思しき回は静かな熱血って感じで面白い。
今週冒頭のティエリアと刹那のコンビネーションとか、サジとルイスの離別とか、ラストのロックオンと刹那のやり取りとか。
やっぱ水島精二要らないんじゃないの。
まあ、脚本だけでアニメが面白くなるとは思わないけどさ。

連休を取ったので、この休み中に色々と進めたい所存。

小説は54P。
ちょっと一時的に推敲。
一文が長すぎるかな……。

kigurui at 02:13|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月16日

日記。

胸糞が悪くなったので一回休み。

その事とは全く関係無いが、ドドンパチ音頭は無いよなあとか思った。
面白そうだけどサ。

kigurui at 02:52|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月15日

日記。

人手が足りないからって支店から本店にいきなり呼びつけておいて、本人はシンドイから帰るという小学生並みの行動を取るってどうなのよ。
しかも本来五人常駐しなければならない場所に四人から帰って三人とか。
ホント死んで欲しい。
ていうかアレか、俺を辞めさそうとする嫌がらせに違いない。

アニメ感想。
『狼と香辛料』
ヤレイがクロエに変わった事の変化は、結局最後に一緒になろうと持ちかけただけのものだった。
そんなんだったら別にヤレイのままでも良かったじゃないか。
細細としたやり取りも端折られてるし、シリーズの締めとしては微妙に納得のいかない出来だった。

小説は54P。

kigurui at 03:36|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月14日

日記。

島本和彦のアオイホノオを買った。
当時の芸大生活を思い出したり、共感できることも多くて面白い。
けれど、これを読んでいると俺が学生当時と何ら進歩していないと言うのを痛感した。
変わったといえばバイトしてちょろっと金を稼いでるぐらい。
その代わりに、年齢とそれに伴う貴重な時間を浪費しているわけだが。
死にたくなった。

ニュースJAPANで、自衛隊の試作戦車がお披露目されていた。
市街地でのゲリラ掃討を主題として、軽量と小型化、RPG対策の追加装甲システムと見た限りでは中々よさげな性能だった。
90式でも本州での活動は可能だろうけど、更に市街戦を重視したこの戦車があれば、有事に市街地が混乱に陥っても、対応次第では迅速な鎮圧が可能ではないでしょうか。
なんていきなりぶってみる。
まーあれだ、何が琴線に触れたって、技術性能の向上の余地を残しているという所が憎い。
後は投入待ちかねえ。

小説は54P。

kigurui at 01:57|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月13日

日記。

なんだか久し振りにMOTOと一緒のシフトだったので、帰りがけに一緒に飯を食う。
何やら魔法使い関連で色々な情報が聞けたり聞けなかったり。
傍から聞くには愉快ではあるが、当事者の彼女には大変だろうなあ。
舌がお子様なので最近はカルーアミルクがお気に入り。
甘ったるい味が堪らない。

本を買いすぎてちょっと散財気味。
一日で読みきれない量を買っても無駄……じゃないけど勿体無いな。

小説は53P。

kigurui at 02:33|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月12日

日記。

ガンダムはあれですよね、片輪になったルイスが(サジでも良いけど)指輪を傷口に押し付けて「あれ……指輪はまらないな……おかしいな……折角買ってくれたのに……」ぐらい病んでる方が面白かった。
でも結局、戦争根絶という理想に伴った犠牲じゃなく、ただの悪党の暴走による犠牲って時点で、あの悲劇もドラマ性が薄れているというかなんというか。
所々熱い部分と萎える部分が混在しているのは、監督と脚本が相克しているように思えてならない。
水島精二と黒田洋介って、少年向け作品の作り方として似ているようで全然違う方向のような。

三月に七年ぶりにPCの買い替えをしようかと思っているのですが、どう見積もっても17万ぐらいにまで値段が跳ね上がる。
いやまあ、これ以降はまた数年以上買い換えないだろうし、それを見越して貯金を出来ない自分が積み立ててきた訳だけど。
実際使うとなるとちょっと尻込みするなあ……結局買うけど。

アニメ感想。
『ロザリオとバンパイア』
今週に入ってから、急にパンチラ規制が入ったりはいらなかったり。
基準が良く分からん。

『YES! プリキュア5GOGO!』
悩んだココを笑顔で受け入れるのぞみはまるで聖女やで。
ていうかのぞみが先週と頭の切れが違いすぎてちょっと笑った。
しかし充電期間がなかったとは言え、二話にして作画が……せめて初アクションぐらいは気合入れて欲しかったな。

小説は53P。

kigurui at 02:17|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月11日

日記。

一月以来、連休を多く取るようにしているのですが、そうするとますます勤労意欲が無くなる不思議。
いやまあ、あんな事があった後に意欲が沸く方が不思議だけど。
さっさと次を見つけるか。

アニメ感想。
『ペルソナ』
ギャグ回。
本編が殆ど進んでいない現状、今までで一番面白かった。

小説は53P。
悩んでいても時間が消えるだけなので、じわじわとでも進……めるのかな。

kigurui at 01:38|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月10日

日記。

寒すぎて書くことを忘れてしまった。

オイレンシュピーゲル 1 (1) (角川スニーカー文庫 200-1)

今日読み終わったもの。
近未来のミリオポリス(ウィーン)、様々な事情により障害を機械化によって克服した少女達が、児童労働法に基づいて頻発するテロや犯罪を制圧するお話。
少女が義体によって強化され、犯罪を鎮圧するというのは奇しくも今見ているガンスリンガーガールと同じだが、印象は全く違った。
一巻なので、それぞれ主人公三人の涼月、陽炎、夕霧の生い立ちを、ミリオポリスにおけるテロ支援組織、プリンチップ社の関与を絡めて紹介程度に書いている。
ウィーンなので適度にドイツ語を交えた会話や設定用語、戦闘時の特殊転送式強襲機甲義肢の転送など、分かり辛くなる事も無く楽しめたし、キャラも良かった。
ガンスリンガーガールと全く印象が違う原因は、主人公三人のキャラもあるだろう。
夕霧や陽炎はかなり陰惨な過去であるにも関わらず、物語が暗くならないような書き口で描かれているし、正直夕霧のキャラは愉快だった。
陰惨な過去、正常ではない体、過酷なテロとの戦いという負の状況においても終始主人公達が正の方向に向いているのが、読みやすさ、受け入れやすさの原因だと思う。
後はまあ、陽炎=肯定とか、ライフルを構え/発射/次弾装填/発射/みたいな文章を受け入れる事が出来るのなら、読んで損は無い。
二巻も読もう。

小説は52P。
悩み始めると書けず。
小説は読めるのにな……。
洞穴にこもりたい……。

kigurui at 01:34|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月09日

日記。

ふとした拍子に、続きが思い浮かばずに一年ほど止まっていた小説を読み返す。
あれ……これ今書いてるのより面白い?
一年という冷却期間を置いてるのでかなり客観視できている部分もあり、その点では今書いている奴とは判断の度合いが違うというのもあるけど……。
物語の構成以外、主人公やヒロインの性格や性質、物語の性質、キャラ配置などが殆ど逆で、それも悩む原因になる。
どこかの誰かが言っていたが、本人が不満足でも顧客が満足するものもあれば、その逆もある。
正直、ライトノベルをよく読んでいる誰かに二つを読み比べて貰って意見を聞きたい。
聞きたい聞きたい聞きたいけど、未完成品を、それも二つも読んで貰って意見を聞くという失礼で礼儀知らずな行為が出来ない。
小説は漫画と違って、読むのに時間がかかるから尚更。
それに先ほどの意見のぶり返しになるが、例え読んでくれた人がこちらの方が良いと言ってくれても、それが万人に受けるかと思えばまた違う。
まあ、技術的な面という部分では、100%客観視出来る人の意見はかなり助かるのだが。
昔一度2chに晒して意見を求めたが、無料な上に別段知り合いでもない人間のものに親身になるはずも無く、おざなりな意見しかもらえなかった。
悩みすぎて世界が閉塞してきた気分になる。

kigurui at 03:03|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月08日

日記。

ヲアー。
社員死なないかな。

アニメ感想。
『狼と香辛料』
オリジナルキャラのクロエが絡む以外は概ね原作どおり。
しかしこれでクロエの去就が原作と大差なかったら、本当にクロエが出てきた意味が無いな。

小説は52P。

kigurui at 02:44|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月07日

日記。

本屋でシュリンクってありますよね。
熱で本に密着させるビニールの袋。
あれ、立ち読み禁止と本の綺麗さを保つ為にやってるんだろうけど、逆効果だと思うんですよね。
本を買った後、ぐにゃって折り曲げて空間を確保して破る店員が居るから。
おい、それ今俺が金を出して買ったんだぞこの野郎。
それとも店にあるのは綺麗にするけど、買ったのはどうでも良いってか。
古本屋の俺ですら、むかつく客が買った本ですら極力丁寧に扱うってのに。
ジュンク堂、ブックプラザ、そして今日行った阪急六甲のBook1st。
特にBook1stのデブ女の店員は最悪。
二つ折りの勢いで曲げるし、家に帰って小説読もうとしたら、カバーがページ巻き込んでるし。
袋に入れすらしない。
二度と買わん。
しかもクレームメールを送る場所すらありやしねえ。
C70爆弾10個ばら撒いて、あの地帯を爆破したい。

小説は52P。

kigurui at 02:35|PermalinkComments(4) 男爵 

2008年02月06日

日記。

一店舗閉店の煽りを受けて在庫がやたら搬入されてきていて処理しても処理しても終わらない。
なんか年商を140%ほどに伸ばすために店舗閉鎖してネット専門にしてとか言ってたが、先月分のうちの店の売上は去年比較で80%。
一年の最初から躓いてて超受ける。

アニメ感想。
『墓場鬼太郎』
ネコさん退場編。
てっきりヒロインとしてずっと出てくるものだと思ってたのでちょっとびっくり。
しかしステージ衣装姿のネコさんはとても小学生には思えないな。
死ぬとは思ってなかったけど、水木みたいにまた生き返るかもしれないしなあ。
まあ、水木は死んではいなかったわけだが。
しかしOPのパンの値上げ、今リアルでそうなっているから笑える。
いや、笑えないけど。

kigurui at 02:12|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月05日

日記。

冬に眠るのは好きだ。
夏のように暑苦しい寝苦しさで目を覚ますこともなく、夢も見ずに深く睡眠できるから。
寝覚めもスッキリして、快適この上ない。
死ぬ時は冬の睡眠のように穏やかに死にたい。

アニメ感想。
『YES! プリキュアGOGO』
新番組……とは言え一週前の前番と基本的なノリは変わらず。
話の狂言回しをやらされるせいか、のぞみがアホになってたのには少し辟易したが。
のぞみは馬鹿だけど、頭が回らないわけではないというのが前作での印象だったし。
だからこそむかつかずに見続けていられたのだし。
馬鹿とアホの違いというか……まあそんなニュアンスを感じた。
今後は大丈夫だと信じたい。

小説は51P。
じりじり……。

kigurui at 03:26|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月04日

日記。

下血。
何で休みの日はいつも終盤頭痛に襲われるのだろう。
心因性の何かかな……。

アニメ感想。
『ペルソナ』
また適当な戦いだけ。
いい加減、この世界におけるペルソナの意味、フィレモンや召喚機が無いのに何故召喚できるのか、マレビト達の目的、兄貴達の動向の意味、のさわり位は明かして欲しい。
ていうかペルソナバトル見た後に、何もなく家のシーンに移っていたのはびっくりした。
ヒロインらしき二人との絡みを極力省略してるんだな……。

『ロザリオとバンパイア』
ああ……この深夜エロ番組みたいなぬるさがたまらない。
でももうちょっと作画に力を入れてもらうと、皆幸せになるのに。

小説は51P。
ダーンッ。

kigurui at 02:24|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月03日

日記。

ガンダムはパイロットも含めて、フラッグファイター達が一番格好いいな。
あのマスターチーフみたいな造型と、シャープなデザインがいい。
グラハム専用のプラモ買うか。

水曜に出来なかった用事を済ませる。
帰りがけに雨に降られて震える。
じりじり……ついてない。

小説は50P。
仮予定だが半分。
じりじり。

kigurui at 02:00|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年02月02日

日記。

小麦の高騰で、ピラミッドが20円値上げされていた。
そのほかも20円から酷いのになると40円の値上げで、昼飯代が異様にかさむようになってしまった。
これはうまくないので、ケルンを利用するのは止めるとしよう。

系列店舗閉店のゴタゴタでやたらと仕事が増える。
うまくないなあ。

レンタルマギカ 魔法使い、集う! (角川スニーカー文庫)

今日読み終わったもの。
短編集。
相変わらずすらすらと読めた。
だが、内容が薄かった長編と比べ、短くまとめなければいけない短編はそこそこに密度が濃くて面白かった。
密度が濃いというか、同じテイストなら濃くならざるを得ないと言うか。
最後のアディリシアの短編が一番良かったかな。
キャラ的にもアディリシアが一番良いキャラだし。

アニメ感想。
『銀魂』
ダイエット修業編。
ピー音以外は原作に忠実で、特に言う事はなし。

小説は49P。

kigurui at 01:45|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年02月01日

日記。

朝起きて、飯を食いながらPC使ってたらいきなり再起動して死ぬほどビビる。
電源かメモリかウィルスかあるいはHDDか。
最後のだけは勘弁して欲しい。
そして三月に買い換えるので、それまでは持ってくれ……。
七年間も耐えたんだ……後二ヶ月頑張るんだ。
幸いと言うか、再現がされてないので、何らかの偶発的な現象と信じたい。

そして仕事に行ったら、今日の相方が唐突に休んで殆どの時間を一人で切り盛りする羽目に。
一人だと補充も電話応対も事務仕事もまともにできないんだがな……。
明日も休みっぽいし、異様に疲れた。
休みの人間の分、給料倍額にして欲しいね。

帰ってからドラマの鹿男あをによしを何となく見ていたら、鹿の声が山寺宏一だった。
しかもひょうきんな方じゃなく、トグサとか渋いVerの声。
何故だか疲れた脳味噌にツボに入って、ずっとニヤニヤしてしまった。
やっぱ上手いよなあ。

レンタルマギカ 魔法使いVS錬金術師! (角川スニーカー文庫)

今日読み終わったもの。
シリーズ第二巻。
先代アストラルの社員だったユーダイクスと、先代の遺産を巡って魔術決闘をするお話。
唐突に黒羽が入社していたり、短編の話を入れたりと多少戸惑う部分もあるが、一巻と同じくすらすらと読めた。
自分はアニメから入った口だが、存外にアニメが原作を忠実に再現していたと言う事に気付いて驚く。
360ページの長編を、たかが一時間で殆ど表現できると言う事にこの作品がライトノベルらしいライトノベルと思われる所以だろう。
一巻の話も三十分で表現できていたし。
勿論それがイコールつまらないと言うわけではなく、色んな資料から軽くさわりを分かりやすく抽出して、それをオリジナル世界に落とし込んで作っているのは上手いと思う。
読みやすさもあるし、つまらなくはない。
けれど、やはり星界やら狼と香辛料、或いは皇国などと比べて深みが足りないのも事実。
今時プレーンなライトノベルと言う点では珍しい作品なのかもしれない。

アニメ感想。
『狼と香辛料』
先週と同じく、やや端折った部分はあるものの、概ね原作どおり。
先に述べたレンタルマギカが一巻を一話二話で破綻なくやっているのに対して、こちらは一巻で既に四話ほど使っているが対照的で何となく面白い。
勿論つまらないわけはなく、スタッフの原作の理解度も高いと思う。
来週辺りはホロのアクションがありそうだし、その辺りをどう処理するかが更に期待。

小説は49P。

kigurui at 03:03|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ