2008年04月

2008年04月29日

日記。

家に帰ってGパンを脱ごうとしてトランクスごと降ろしてしまい、「あー……」と呻くぐらいには疲れています。

帰り際にオイレンシュピーゲルの新刊を購入。
これも太い……。
いやまあ、スプライトと同じ事件を扱ってるから当たり前と言えば当たり前だが。
冲方丁の文章は濃いから、読むのに時間がかかるんだよな。
面白いから、望む所ではあるのだが。

久しぶりに蕎麦をたぐった。
和食麺は素晴らしい。

小説は73/100。

kigurui at 01:41|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月28日

日記。

XPのIMEがなぜか2000よりアホになっていて文章を書き辛くてしょうがないので、レビューを見て気になっていたATOK18を購入。
超書きやすい。
変な所で文節が区切られないし、変換はちゃんと学習してくれるし、類語は変換画面に簡易辞書が出るし。
おかげで文章を書くのにストレスが無くなり、かなり楽しい。
これは買って正解だ。

紅はアニメとしては出来がいいが、原作アニメとしては糞も良い所だな。
アニメとしてはプレスコ方式というあまり使用されない技術や、それに合わせた作画も良好だし、原作を知らない人には話も良いのかも知れないけど……。
原作を知っている人間から見ると、キャラが異様に改編されていたり、展開が変になっていたり。
特に真紅郎、弥生、紅香の改編が酷い。
ヤクザの事務所での改編はキャラ、話共に酷すぎて原作に西尾維新のパクリと言う評価をしている自分でさえ、見ていられなかった。

仮面ライダーキバはなんだろう、昔イクサが未完成で痛い思いをした音也が、キバを作って次狼とかを封印したって事かな。
だとすると封印された次狼やらがキバのフォームチェンジに使われている事も理解できるし、イクサ側の組織がキバを敵視しているのもわかる。
まあ、見ていれば追々解明されていくだろう。
これでつまんなくなけりゃ面白いんだがな。

小説は73/100。
脳が痒い。

kigurui at 02:23|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月27日

日記。

PCを新調してから一ヶ月ちょっと。
頻繁にHDDにアクセスしている以外はまあ快適に使えているのだけど、電源ランプにだけ不満が。
やたらきつい青色のランプなので、異様に眩しい。
見ていると眼が痛くなるぐらいの光量ってどうなのよう。

小説は72/100。
キリキリキリ。

kigurui at 02:06|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月26日

日記。

今更ながらマクロスFの脚本が吉野弘幸だということを知る。
なんだ、やれば出来る子だったんじゃないか。
まあ、監督……或いは総監督のお陰かも知れないが。

kigurui at 02:45|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月25日

日記。

とことんほうれんそうの無い会社だなあ。
社員同士の通達ぐらい徹底しておいてくれ。

なぜ傘を水平に持って歩くのだ。
刺さる刺さる!!
ていうか階段でやられると顔面に迫って危ねえ。
ドンキホーテでも気取ってんのかね。
原子力風車に突撃して死ねばいいのに。

マクロスFが面白くなってきた。
流石に原画自体は微妙に落ちてきたが、動画はまだよく動いているし、3Dアクションもかなり良くなってきている気がする。
演習シーンとか結構見てて面白かったし。
個人的に今期一番楽しいアニメかも知れない。
ギアスは何か一期ラストの微妙な肩透かしのテンションが続いたままで、面白いっちゃ面白いんだが、なんかテンションがあがらん。
なんと言うか、結局一期と二期の間、期待し続けて待つことが出来ずにテンションが下がり、そのまま二期を見てしまったような。
色々な事情があるのだろうけど、やっぱり二期分割商法ってのは俺には合わないなあ。

小説は71/100。
少し手直し。

kigurui at 02:43|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月24日

日記。

ネギまは無事交換。
しかし学園黙示録やら苺ましまろやらネギまやら。
なんで俺が萌え系やエロ系を買った時だけ不具合が出るのかね。

昼まで寝て、カレー作って、料理の合間にヒャッコ読んで。
休日の過ごし方というのはこうでなければ。
早く九月にならねえかな。
今回のカレーは人生最大の出来。
そうか……これが足りなかったのか……。
だがまだまだ研究の余地がある。
奥が深い。

マクロスFの主題歌をエンドレス。
坂本真綾はさほど好きではないが、これはいい。

アニメの図書館戦争を見た。
アニメの端的な説明では突っ込み所がかなり多かったけど、小説じゃあその辺りは補完されているのかしら。
メディア良化法とやらがどこまでの介入、検閲権を持っているのかとか、図書隊とやらがどこまでの武装を持っているのかとか。
検閲後の本の処理とか。
メディア良化法側の行使はどこまでなのかとか、その辺りが良く分からなかった。
ていうか武力で対抗するだけじゃ専守防衛の図書側はジリ貧だと思うし。
法を改定するなり、或いはメディア良化法側を殲滅するとか。
まるっきり内戦の様相を呈しているけど、治安はよさそうだし、道路を戦車や装甲車が走っているわけでもなし。
よく分からない世界だな。
まあ、アニメ自体の出来はいいので見続けてみよう。

小説は71/100。
カレーを作るように美味くはいかないものだ。

kigurui at 02:21|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月22日

日記。

ネギまの新刊買ったら、表紙カバーの折り返しに折り目が付いていた。
ブックカバーつけたときに店員が折り込んだんだな……。
明日返品するけど、俺がやったって疑われたら切れてしまいそうだ。

スプライトシュピーゲルの新刊を買った。
分厚ッ!!
富士見の記録更新らしい。
マージナルの新刊を買った。
薄ッ!!
こちらもGAGAGAの記録更新か?
多分締め切りに間に合わなくて、もう延期も出来ないから分冊したんだろうな。
まあどちらもじっくりと読んでいくことにしよう。

小説は70/100。

kigurui at 03:10|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月21日

日記。

腹が重くて眩暈がする。
最近慢性的に体の調子が悪い。
金持ちになったら内臓の精密検査を受けよう……。
何は無くとも健康が一番だが、こんな状況で長生きしてもなあとも思う。
しかし一年ほど前に内臓が腫れて出血してるよって言われたときは、死にたくないとぼやいていたが。
喉元過ぎれば何とやら、か。

小説は70/100。
書けば書くほど穴が広がっているような気がしてくる。
文体自体は安定してきたのだが、肝心要の話が……胃が痛い。

kigurui at 01:33|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月20日

日記。

ドカンと休みが欲しいなあ。

ブログパーツを挿入。
クリックすると弱気な言葉を破壊してくれるよ!!
これバンブーブレードのキャラにしたら皆使うと思う。

kigurui at 02:50|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月19日

日記。

一週間が早い。
考えてみれば年を取れば取るほど、一日の密度が薄くなるんだよな。
まあ、俺の場合は過ごし方のせいもあるだろうけど。

EME RED END―W-JACK (富士見ファンタジア文庫 109-18)

今日読んだもの。
EME短編集最終巻。
イガジョの出来が最悪だったのでどうかと思ったが、こちらは従来の面白さで安心。
ドリルのエピソードとジャックのエピソードが良かった。
しかし情報によるとまだ未収録の短編があるようだが、なぜこれでラストなのか。
そして青と黒の情報も全く無いし、何なんだろうなあ。
ていうか最近、お気に入りの作家が書かなくなったりレーベル潰れたりとかが多すぎる……。

kigurui at 02:22|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2008年04月18日

日記。

異様な臭気を放つホームレスとか、たてこんでるの意味も理解できない成人女性とか、もうそういうのは買取に来なくていいから。
つうかなんでタメ口利いて来るんだコラ。
九月まで先は長いぜ……。

アニメ感想。
『マクロスF』
来週からやっと話が進みそう。
戦闘時にガコガコ変形しながら攻撃するのは見てて面白い。
しかしなんと言うか……ランカは声が下手糞なのもあいまって、本当にキチガイみたいな子に見えるな。

kigurui at 02:01|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年04月17日

日記。

たまに思うんだけど、今の技術で昔の2Dゲーム……例えばメタルマックスやFF6辺りのゲームを作ったらどうなるんだろうなあ。
今はやれ3Dややれ5・1chやらで技術の革新が持て囃されてるけど、その技術であえてレトロなゲームを作り上げれば、かなり濃密なものが出来るんじゃないかと思うんだけど。
まあ、そうすると時間も開発費もかかるし、何より今の時代じゃ優秀な2Dドット職人は貴重らしいから無理だろうけど。
それでもレトロゲームからのユーザーはそんなことを考えてしまうんだなあ。

とか思ってたらいきなり地震が。
震度四。
怖いなあ……。

スプライトシュピーゲル 3 (3) (富士見ファンタジア文庫 136-10)

今日読み終わったもの。
4JOウィルスによるテロの続発、そのテロすら陽動にして暗躍するリヒャルト・トラクル、それを追うMSSの面々。
オイレンの三巻が特甲児童そのものに関する問題に言及しているのに対し、スプライトの三巻は国防とその閣僚に対する問題を描いている。
一時間刻みの状況の描写と、まさに刻一刻と混迷を深める事態がせっつく様にページをめくらせていく。
そして今まではやや受動的だった冬真が後半で能動的に動いたり、クライマックスの、民間協力者である冬真がMSSに居る意味を見出すシーン等はかなり秀逸だった。
文体が独特でありながら……あるいはそうだからこそ、この作者はキャラの心情を描くのが上手いなあと思う。

小説は69/100。
新しい作品の設定を思い浮かべたので箇条書き。
これが完成したらプロットぐらいは書いておこう。

kigurui at 02:58|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月16日

日記。

火曜日はちょっともう駄目。

kigurui at 02:34|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月15日

日記。

保証人と連帯保証人は楽器のピッコロとZ戦士のピッコロさんぐらい違う。
ぐらい言えば良かったか。

360のカスタマーセンターに電話。
外箱の保証欄は空白だったが、バリューパックの自体の発売が昨年11月なので、そこから無償修理を受け付けるとの事。
アマゾンで買ったのだが、保証欄ぐらいちゃんと記入しておけよな……。
十日ほどで帰ってくるらしいが、今度はやわなパーツじゃないといいな。
さすが故障率30%を超える粗悪ハードだぜ……。

アニメ感想。
『紅』
作画の出来は兎も角として、なんだか原作とキャラも話も随分違う。
一巻のキーキャラが兄からオリジナルの女になってるのはまあ、あの話はテレビアニメじゃ出来ないのはわかるけど……他のキャラもなんか変だ。
原作は全体的にクールというかドライなキャラだけど、アニメは皆ウェットになっているというか……妙に馬鹿陽気になっているというか。
作品の好悪を別にしても、こういう改変が良く分からない。
テレビでやれない設定をしょうがなく変えるというのはわかるのだが。
もしかしたら、アニメ監督や脚本家、あるいはプロデューサーには原作を改変せずには居られない病気に罹患しているのかも知れないなあ。

『ゴルゴ13』
概ね原作通り。
作画もよくも無く悪くも無く。
雰囲気再現という点では紅よりも良く出来ている。
おおお〜〜ゴルゴ〜〜おお〜〜。

『Yes プリキュア5 GOGO』
ミルキィローズ再登場。
やはり拳法っぽい動きで格好良い。
……格好いいってプリキュアの感想には相応しくない様な。

『コードギアス 反逆のルルーシュR2』
前期ラストからの繋がりが判明。
スザクが捕えて皇帝にギアスをかけられたのか。
まああの時点で射殺すればルルもろとも自爆しただろうし、生きろというギアスをかけられたスザクがルル射殺は選ばなかっただろうけど。
しかしなんと言うか……間違ったやり方に意味はないよ!! とかキラキラした眼で語っていた時の面影が全く無いなあ。
恋人を殺されたのが恨み骨髄にって奴かしら。
なんか序盤から作品のテンション高いけど、これからどうなるのやら。

小説は68/100。

kigurui at 02:58|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年04月14日

日記。

360が壊れたあああああああ。
二ヶ月もってないじゃねえか馬鹿野郎。
多分DVDドライブかHDDの故障だろうけど……。
保証期間内で良かったと喜ぶべきか、脆過ぎると怒るべきか。

kigurui at 01:27|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月12日

日記。

通勤時にヒャッコ三巻を買う。
ああ……面白いなあ。
アニメ化も決まっているようだが、きっと独特のテンポとか雰囲気は再現されずに、虎子とかはただやかましいだけの鬱陶しい女とかになるんだろう、な。

帰ってからは乙松さんに借りた白昼の暴行魔を視聴。
学生をレイプするときの犯人達のニタニタした顔が最悪すぎて最高。
ラストの反撃で締めくくる所といい、短いながらも愉快な映画だった。

小説は68/100。

kigurui at 04:34|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月11日

日記。

雨が降ったりやんだり。
出かける用事がなければ雨音は嫌いではないのだが。

紅 (集英社スーパーダッシュ文庫)

今日読み終わったもの。
店にあったので何となく手に取り、二時間で読めてしまった。
作者スレ内では西尾維新のパクリという言葉は禁句であり、でも誰がどう見ても……な設定だが、まあそんなに酷いという訳でもない。
西尾維新の影響を受けまくってるけど、内容自体はありきたりなバトルハーレムもの。
話も要約すれば金持ちの娘のボディガードというだけ。
まあスーパーダッシュは奈須きのこの影響が全開の滅びのマヤウェルに大賞を与えていたりするし、そういうレーベルなのだろう。
文章自体は悪くないし、キャラも悪くないので、そういったキャラ設定や雰囲気が好みの人には合う作品だろう。

アニメ感想。
『マクロスF』
話自体は進まなかったが、バトロイドからガウォークに変形してバルカンをかわす→射撃しながらバトロイドに再変形してミサイル乱射というアクションは見てて面白かった。

小説は68/100。

kigurui at 02:22|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年04月10日

日記。

仕事の日の昼飯はいつもケルンという店のパンを食べているのですが、折からの小麦の高騰でなんというか……不味くなった気がする。
一度目の高騰ではパン自体が小さくなり、値上がりしたものの味は保っていたのだが……四月からの二度の高騰で今度は味が落ちた。
特にリニューアルと銘打ったミュンヘナーの糞不味いこと。
パサパサの生地に安物のソーセージで、コンビニのパンの方が美味いんじゃないかと思えるほど。
それなりの値段で美味いものが食えたのに、小麦騒動で途端に高くて不味いものばかりになってしまった。
今までは昼を過ぎたら売り切れ確定だった人気のパンがずっと残ってるし、客も減ってるんだろうなあ。
世知辛いのう。

小説は68/100。

kigurui at 00:51|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月09日

日記。

あれ? To Loveるってこっちじゃまだやってないのか。
なんかアニメ系サイトにちらほら感想出てるから見逃したかと思った。

紅が店にあったので休憩中にちらりと読んだのだが、原作は結構まともな文体だった。
あの設定からして、物凄いものを想像していたのだが。
まあWikiは作者が書いている訳ではないので、乖離があって当然なのだが。

今現在ほしいもの。
キー位置が少し高いキーボード。
現在使用しているものと同じ機能を持つマウス。
安価なHDDレコーダー。
東芝かパナソニックで21インチ程度の液晶テレビ。
物欲は尽きまじ。

小説は67/100。

kigurui at 03:26|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月08日

日記。

雨の日は仕事が少なくて良い。

最近ネウロを読み返しているのだけど、色々と細かい伏線が張ってある事にようやく気付く。
HAL編のラスト、日付が変わったとネウロが告げるシーンとかは、髪切り美容師からの伏線とかになってるんだなとか。
エンターテイメントとして良く出来ている漫画だと思う。
新刊も買ったが、シックス編はホント血族が胸糞悪すぎて気分が悪くなる。
いや、これは無論誉め言葉なんだけど。
それだけにDRへのネウロの反撃が爽快だけど。
本誌の展開を見ても恐らくこれが最終エピソードだろうし、収束が楽しみではある。

新型nanoをホールドのままituneに繋いだらフリーズした。
PCの挙動もおかしくなるし、勘弁してくれ。

スプライトシュピーゲル 2 (2) (富士見ファンタジア文庫 136-9)

今日読み終わったもの。
オイレンシュピーゲルと本格的にリンクを始める長編。
基本的な筋は勿論オイレン二巻と同じで、ロシアの衛星がミリオポリスに落下して、そこから強奪された原子炉を巡って公安と憲兵、マフィアが対立するというもの。
オイレンでも猛威を振るったロートヴィルトの狙撃がスプライトでも発揮されたり、基本的に主人公三人で進められたオイレンに比べ、スプライトは三人とその周りが重視されていたりと読むのが楽しかった。
基本的に事件の本質は同じなので、クロスしている部分をオイレンと読み比べるのが一番面白かった。
とはいえ、オイレン二巻は殆ど陽炎がメインなので、クロスしてる部分も殆ど陽炎からの狙撃支援とか、陽炎の狙撃への支援が殆どだけど。
勿論スプライトを先に読めばまた違った感想が得られるのだろう。
しかしそれで面白さが減退するはずも無く、基本的な文体や面白さは変わらず。
ラスト辺りの、自分の銃は前だけに向けるものであり、後ろの人間を守るためだけに撃つ。
もしもその後ろから撃たれたとしても後悔は無いという心情の吐露も良かったし。
三巻も期待。

アニメ感想。
『Yes プリキュア5GOGO』
ミルキィローズ初登場。
ていうか闘い方が少女マンガのそれじゃないです。
浸透頸使ったり、搦め手から関節極めたり。
エターナル側もブンビーさんとスコルプが組んで襲撃したり、パルミエ王国の人間を人質にとったりと、久々に悪役らしい活躍で満足。
青いバラと比喩されたり、人間体の名前からしてミルキィローズの正体はミルクかそれに関わるものなんだろうけど、いつ頃正体をばらすのやら。

小説は67/100。

kigurui at 03:28|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年04月07日

日記。

アニメARIAと獣神演武が終った。
ARIA三期は普通に原作を再現できていて良かったんじゃないでしょうか。
しかし最終話でアリシアさんが「灯里ちゃんともっと一緒に居たかったから、プリマ昇格を遅らせていた」というエピソードでアリシアさんが腹黒いとか言っていた奴が居たらしいが、どんだけ荒んでるんだよと。
普通にいい話じゃないか。
荒んでる奴がARIAみたいな漫画読んでもしょうがないんじゃないか。
いや……荒んでるからこそ読むのかな。
獣神演武は何というか……原作を無視してメインの登場人物が全員生き残る二次創作SSを見ている気分になった。
しかも出来が悪いタイプの。
漫画版はライラの存在とかもう少し詳しくやってくれることを望む。

新番組は紅と絶対可憐チルドレンを視聴。
紅はなんだ……突き抜けてない戯言シリーズというか。
Wikiでキャラ設定だけ読んだけど、あまりにもあまりで爆笑してしまった。
しかしこれ三巻しか出ていないが、1クールで終わりかしら。
絶対可憐チルドレンは原作をきちんと消化できていて良かったんじゃないだろうか。
OPが微妙にパワーパフガールズっぽいのには苦笑したけど。
パンチラが無いのは朝だからかね。

アニメ感想。
『コードギアス』
特にどうということは無く、一期ラストからのテンションをそのまま持ち越し。
時間帯変更でCCに黒塗りがかかったり、火炎放射が紫色になってたり以外は作画も同じ。
まあこれから謎も解明されていくのだろう。

小説は67/100。
地道に。

kigurui at 02:47|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2008年04月06日

日記。

疲労回復の為一日中睡眠。
何もしていない。

kigurui at 02:28|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月05日

日記。

私は頑張った。

春なのでキチガイが沸く。
射殺してもいいようにしてほしい。

マクロスフロンティアを見た。
う〜ん……微妙。
動くだけって感じだし、やっぱりメカは3Dじゃなくて2D手描きの方が見栄えがするなあ。
個人的な好みだけど。
ゼーガペインみたいに話で惹きつけてくれたらそれでも構わないのだけど、マクロスだしなあ。
あまり期待は出来なさそうだ。
ドルアーガの塔も見た。
まだ四月だが断言できる。
今年一番の糞アニメだ。

店に居た幸せそうなカップルの会話。
「To Loveる買わんの?」
「それを買ったら人生が終るから買わない」
……人生オワタ\(^o^)/。

kigurui at 03:09|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月04日

日記。

頭痛が痛いので一回休み。
ちょっとやばいかも。

kigurui at 03:12|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月03日

日記。

区役所に行って印鑑登録を済ませるついでに本を買う。
アトリ抄はこれで終わりなのか……なんか六巻七巻あたりで急に話がまとめられたような。
序盤は結構好きな類の話だったのだが、バトルメインになるとどうにも迫力不足が垣間見えて……残念な話だった。
まだまだ本筋に絡めそうな伏線は色々あったし、惜しいなあとは思う。
ドージンワークは……うーん……いやまあ……うーん……。
パンゲア・エゼルは面白いし先が気になるんだけど、いかんせん刊行ペースが……。
今回は表紙も背景が無いし、後書きも無かったし、何より本誌連載で休載が多いから色々と問題がありはするのだろうけど。
中学生からずっと追いかけているファンとしては、もう少し頑張ってほしいとは思う。
特に浅野りんはまとめが下手糞だからなあ。
まあ、続きに期待。

腹にくる風邪を引いた。
下痢便。

小説は66/100。
微妙。

kigurui at 03:06|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月02日

日記。

最近、好奇心がめっきり無くなっている事に気付いた。
これはいけない。
知的好奇心の減衰は創作の墓場だ。
最近面白いと思うのを書けないのもこれが原因の一つなのだろうか。
悩むのは、その原因が単調で社員との仲が険悪な仕事を続けてストレスが積もり積もっているせいなのか、あるいは俺の限界がそこなのかどちらなのか。
前者なら特に問題は無く、仕事をさっさと辞めて一ヶ月ほど休養すればたぶん治る。
後者ならもうどうにもならない。
この年齢までだらだらと書くのを続けてたまに思う。
もう本当に自分の才能に見切りを付けてこの道を諦めたとして、その後どうなるのだろう。
やりたい事を見つけて、でもそれで食えなくなったとして、その人達はどうしているのだろう。
多分、そういう人が大多数なんだと思うんだが、どう折り合いを付けていっているのだろう。
最近、どうにも分からない。

スプライトシュピーゲル 1 (1) (富士見ファンタジア文庫 136-8)

今日読み終わったもの。
角川のオイレンシュピーゲルと同一世界の別話。
オイレンシュピーゲルがミリオポリス憲兵大隊の特甲児童だったのに対し、スプライトシュピーゲルは公安高機動隊の特甲児童が主役。
オイレンが地上班であるのに対し、スプライトは空中班と部隊の性質や話も似ているようで少し異なっている。
内容としては一巻のオイレンと同じ、キャラと部隊、そして世界の説明に大部分を割いており、オイレンシュピーゲルとのリンクは殆ど無い。
印象で言えば、オイレンよりはライトというものを感じた。
オイレンは主人公達は容赦なく人を撲殺、射殺、惨殺していくが、スプライトは直接描写は殆ど無く、機械に積まれた犠脳を破壊するのが殆ど。
勿論それなりに人は死ぬし、内容もキャラも悲惨なものを背負ってはいるのだけど。
何というかオイレンが陰の陽であれば、スプライトは陽の陽というか。
ともかくそういった性質の違いを感じた。
オイレン共々面白いことに変わりは無いので、続刊を読むことにしよう。

墓場鬼太郎としおんの王が終った。
両方ともかなりクオリティが高く、今期のアニメの中で面白かった作品に数えられると思う。
一話一話がシュールな鬼太郎も最後は綺麗にまとめたし、しおんの王はきちんと話の全てに決着を付けて、ラストもしおんの成長で決めたのも良かった。
まあ俺的にはしおんの性徴も見たかったんですがねグヘヘへ……。

小説は65/100。
キーボード買い換えよう……。

明日は市役所に行かねば。
印鑑登録って幾ら位かかるんだろう。

ああ、火種はなんか燻っている感じ。
一月の時みたいに、後日炎上しそう。

kigurui at 03:25|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年04月01日

日記。

三月最終日だからといって、売りに来過ぎ。
金の亡者どもめ。

ドリームウェーバーとFTTPをインスコ。
FTTPのパスを忘れてて焦ったが、文章フォルダのメモ内に残していたので何とか事無きを得た。
偉いぞ昔の俺。

XPになってからHDDが頻繁にゴリゴリとアクセス音を立てる。
500Gが飛んだら洒落にならんぞ……。

明日からホワイトバンド野郎と三連続でシフト。
ホワイトバンド野郎がつけた火種を炎上(やむなくなんだが)させた結果が分かる日でもある。
進退……という程大層なもんでもないが、も決まるかも。

アニメ感想。
『Yes! プリキュア5 GOGO』
チェーンで拘束→ソーサーで一撃のコンボは酷いと思った。
しかし、こんなどうでも良い話に作画を費やすのは……まあそのぬるさがプリキュアか。

小説は65/100。

kigurui at 02:56|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ