2008年08月

2008年08月31日

アフリカの砲煙

ここの同人を購入。
ストライクウィッチーズの半公式同人で野上のアフリカ戦漫画とこぼれ話と小説。
この世界が思ったより暗くて、アフリカ戦漫画も面白かった。
やっぱ野上の漫画はシリアスな戦争の方が面白いなあ。
セーラー服と重戦車や月の海のるあも良いけど、やっぱり蒼海の戦記とかの方が良い。
まあ蒼海とか今回のは同人だから好きに描ける分の上乗せはあるんだろうけど。
鋼鉄の少女みたいな、シリアスな戦車戦や歩兵戦の漫画はもう描かないのかなあ。

デジカメ買ったから外で色々撮ろうと思ってるのに、三日連続雨でぐんにょり。

小説は20/100。
お出かけしていたので進展は微妙。

kigurui at 02:02|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月29日

よっぽど!!

今週のストライプブルーで、球場で抱き合って喜んでた主人公とヒロインにてめえ軟弱な事してんじゃねえよと一喝しておきながら、その場でヒロインに交際を申し込む海主将の雄度が高すぎて不覚にも爆笑した。
絶対あれだよね、前に保健室でボタン緩めた時の映像でチンコしごいてるよねあの人。

kigurui at 02:13|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月28日

ねんがんのデジカメをてにいれたぞ!!

デジカメ買いました。DMC-FX35。
なんか弄くるのが凄い楽しい。
これからは撮影の腕も上げなきゃなあ。

ジャーヘッド プレミアム・エディション

今日見た物。
新古品が630円であったので思わず購入。
海兵隊の厳しい訓練を経て斥候狙撃兵として配属された主人公が、湾岸戦争に参加して変化していくお話。
数ある戦争映画と違う所は、作中に殆ど戦闘がない所。
大半が砂漠での待機任務や移動と訓練に費やされる。
何も娯楽のない砂漠での生活が、兵士達に何をもたらすのか。
男は銃を持ち、銃を捨て、人を愛し、家を建て、子供のオムツを替える。
それでも男は銃を忘れない。
冒頭のそのモノローグがこの映画を良く表していると思う。

マージナル 4 (ガガガ文庫 (ガか1-4))

今日読んだもの。
御笠との交流で変化した京也がブラッディユートピアとの関わり方も変わり、それによって起こっていく未曾有の事件。
冒頭からずっと京也の変化を描写しており、これまで三巻の黒々とした内面描写は抑え気味。
とは言え、見せる所では描写しているし、今までより変わった切り口もそれなりに楽しかった。
特に徐々に追い詰められていく京也の、粘っこい感情は読み応えがあって楽しかった。
だが、なんというか最後の犯人との戦いはどうにも微妙。
気合いで何とかなりすぎかなあとは思う。
LDシステムとかEMPとかもちょっと個人では手に余るとも思うし。
まあ、ラストからの展開で御笠がまだどうなっているかは分からないが、次巻に期待は出来る出来ではあった。

小説は20/100。
デジカメにかまけすぎた……。

kigurui at 02:39|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月26日

シェリルは空気読める子。

マクロスF見てて思ったんですけど、ランカ役の中島愛って上手くなってますよね。
一話の時はこりゃやべえとか思ってたけど、今は普通に聞ける。
上手というわけではないけど、上達はしてる。
河森だったかが選んだ時に「最初から完成された人ではなく、作品と共に役のクライマックスを迎える人にお願いしたい」みたいな事を言ってたが、それが当たったと言う事かな。
しかし、今週のシェリルがシェルターで歌った歌がダイヤモンドクレバスで本当に良かった。
これが射手座☆午後九時Don't be lateとかだったら、「なにがもってっけ〜だボケぇ!!」って右フックを食らう所だったに違いない。
それにしてもミスマクロスフロンティアで優勝した女はもう出てこないのかね。

ひだまりスケッチを見ていると、ひだまり荘に住みたくなるから困る。

kigurui at 02:17|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月25日

嵐の中で輝いて

ジムスナイパー002











ジムスナイパー組みました。
組んで初めて分かったけど、ジェネレーターとロングスナイパーライフルの存在感が異様です。
いやまあ、そのゲテモノ具合が大好きなんですが。
ジムスナイパー003











お顔も男前。
ジムスナイパー006











膝射待機体勢。
最初左の膝関節を逆に組んで、膝射体勢に出来なくて超焦った。
ジムスナイパー007











膝射体勢カモフラージュネットVer。
MGならではのこういう小物が嬉しいが、もう少し大きめが良かったな。
まあ、今度買うHGジムスナイパーに使うとしよう。

デカールは苦手なので貼らずじまい。
それでもやはり自分的には満足の出来と造形。
ただ不満点は、ロングスナイパーライフルが大きすぎて満足に構えられない事。
本当はゴルゴみたいにポイントしてる体勢とか撮りたかったけど、どうしても無理なので諦めた。
バスターのライフルの時もそうだったが、その辺りの所を改善してくれれば後二体は買うのだが。

今更気付いたけど、火垂るの墓の舞台って、今自分が住んでる場所そのものだったんだね。
何となくwiki見てたら、歩いて五分の所にある御影公会堂とかの写真があってびびった。
子供の頃に見たっきりだったから、全然知らなかった。

小説は18/100。
やはりプラモにかまけすぎた……。

kigurui at 02:37|PermalinkComments(0) プラモデル 

2008年08月24日

不発(ミスファイア)……。

ジムスナイパー











ジムスナイパー組んでたら日が暮れた。
しかも三時間かけてまだ素体だけ。
ロングレンジライフルやジェネレーター、ランドセルは明日に持ち越し。
しかし素組の素体だけでも格好良いなあ。
頑張って組んで良かった。
しかし逆光やら余白やらで酷い写真だな……。
古い携帯だから仕方ないとはいえ……。
25日のデジカメ購入が楽しみだ。

小説は17/100。
プラモにかまけすぎた……。

kigurui at 02:01|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月22日

キャッチ・アズ・キャッチ・キャンスタイル

いやはや、鋼の錬金術師は面白いですね。
物語も佳境に向かっているし、どう盛り上がってどう終わるのだろう。

シグルイはあれですね。
昂奮したらクリがチンコとか、どこまで原作から逸脱するつもりかと。

セーラー服と重戦車は、もう少し戦車戦の妙味を描いてくれたらいいなあ。
歩兵とかの戦闘シーンの描写は流石と思うんだけど。

マージナルと那子様の新刊を買った。
さて、どちらから読もうか……。

kigurui at 02:29|PermalinkComments(2) 男爵 

2008年08月21日

マジカルリリカル、アップルサポート消えて無くな〜れ♪

アップルストアのサポートはウンコですね。
いやもう、三日連続嫌な始まりで済みません。

母が頑張った自分へのご褒美として第三世代nanoを購入したんですが、itune最新版が2000に対応しておらず。
それならと2000対応版ituneをインストールしたら、これが第三世代に対応しておらず。
埒があかないのでサポートに電話したら、XP以外に使えないとの事。
救済策は? と聞いても何も無し。
だったら第三世代はXP以外使えないって、もっと公言しろよ……。
ビスタの普及率の低さから、2000を使ってる人間ってかなり居ると思うのだがね。
ていうかそういう対策以前に、電話口でのサポート要員の対応の態度が悪すぎ。
前に第一世代で電話した時も最低だったし、これはもうアップル全体がそういうものなのだろうな。
しかも2000で使えるし……。
要するにプログラムの対応で出来るのだろうけど、面倒くさいからやらないんだろうな。
能力の足りないのは考慮の余地はあるけど、怠惰は言い訳に出来ないよね……。

ばいばい、アース 2 懐疑者と鍵 (角川文庫 (う20-2))

今日読み終えた物。
カタコームでの戦闘を経てそれぞれに訪れた価値観と人生の変遷。
試者の灰によるキールとアドニスの変化。
ベネディクティンとベルの関係。
饑餓同盟の内情。
世界設定と戦争を描いた一巻から、それぞれのキャラの内面を描いた二巻という感じ。
話としてはあまり大きく動いておらず、旅に出る事の意味や、旅の呪いの意味、己の成してきた事への意味と、精神的なものへの描写が多かった。
そのどれもがベルを中心として描かれており、その辺りの筆力は初期作といえども確かなものを感じる。
第三巻も期待。

小説は16/100。
ちょっと詰まってきた。

kigurui at 02:45|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月20日

お客様に友達が居ないのはその喋りで分かりますがだからといって店員相手に延々話しかけないで下さい仕事が出来ませんていうか迷惑ですキモイ

二日続けて頭のおかしい客の相手というのは、精神的にとても疲弊する。

マージナルがどこにも売ってないよおおおおお。
他のガガガ文庫の新作はおいてあるのに。
この近辺、ホント本屋だけが弱いなあ。
今回のマージナルはあらすじだけで物凄く面白そうなので早く読みたいのに。

なんか辞める宣言して一週間近く経ってから色々と説得される。
いやまあ、錆び付いてギイギイと悲鳴を上げてネジが外れて緩んでる歯車を無理矢理直して使い続けるよりは、新しいの入れて馴染ませた方がいいんじゃない?

GTA4の日本語版が十月三十日に発売。
わはー、買っちゃおうっと。
北米版を我慢してた甲斐があった。
だってオラは英語を喋れねえから……。

ポニョの地上波のCM見てたら、主人公らしき男の子が「ポニョだ〜」とか言って、ポニョらしき女の子が人間になって海の上を走ってたりしてたんですが、これって物凄い落ちの部分じゃねえのとか思った。

kigurui at 03:06|PermalinkComments(2) 男爵 

2008年08月19日

あの世への交通費を補償してやるよ!!

キチガイクレーマーの処理をしてぐんにょり。
だから店に最低一人は社員をおいておけと。

マージナルの発売日が今日だと思い込んでいたが、明日だった。
何度も何度も本屋に足を運んで、文字通り無駄足だったぜ畜生。

アスラクライン (10) (電撃文庫 (1603))

今日読み終えたもの。
十巻にしてようやく話が大きく動き出した。
平行世界である一巡目の世界、智春の兄と操緒の姉、科学部、アスラクラインとアスラマキーナ、悪魔の力と今までにため込んだ幾つかの伏線の回収がされて、ラストで大きくそれがまた揺り動いた。
ラストのあの展開から、智春は直貴になるのか、それともまた智春として元に戻ってやり直すのか。
ループものではあるが、ある意味特殊な平行世界としてのループであり、どこに戻るかによって今後の展開が面白くなりそうだ。
まあ、それ以前にループする方法を見つけるのが、十一巻以降の動きだとは思うけど。
今後の展開に期待。

kigurui at 02:02|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月18日

積まれたままのジムスナイパー

pixivのお気に入り絵描きがエロちぃ人ばかりになって我ながら切ないです。
今週のプリキュアが投げやりすぎる展開で超面白かった。
展開もそうだけど、あの妙な無言の間は一体何だったんだろう。

小説は14/100。
いつもながら、最初は割とすらすら書けるんだよなあ……。

kigurui at 01:18|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月17日

ビアンカ・オーバースタディ

ヨドバシに行ってデジカメを色々とチェックした後に、本屋に寄ってファウストに載っている筒井康隆のライトノベルを立ち読み。
内容はビアンカ北島という美少女が研究の為にチンコしごいて精子を搾り取るというお話。
三話全部に射精シーンがあり、その度に男の台詞がマゾ過ぎて本屋で爆笑しそうになった。
なんかこう、えもいわれぬ文体で手コキの快感を表しているんだかいないんだか。
しかしこれライトノベルか?
でも面白かったので書籍化すれば買います。

小説は12/100。
書きやすい話と書きにくい話の違いはなんだろう。
どちらも書きたい話には変わりがないのに。

kigurui at 02:28|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月15日

林の中の象のように……。

俺は思う。
メカ茶店事件の時にグーグルストリートビューさえあれば、俺達は袂を別つ事も無かったのではないかと……。

休憩中に飯を食いながらばいばいアースを読んでいたら、ピザパンのチーズが本に落ちて、ページが油まみれになって凹む。
本を綺麗に読む人なので余計に。
うっぐぐぐぐぐ。

退職願は普通に受理。
さああと一ヶ月頑張るぞう。

kigurui at 01:46|PermalinkComments(2) 男爵 

2008年08月14日

ロイド、戦いって言うのは情報が大事なんだよ。

DSファイアーエムブレム〜新・暗黒竜と光の剣〜をクリア。
ようし、この勢いで紋章の謎もプレイするぜ……あれ?
え、紋章の謎入ってないの?
そうだよね……タイトルも新・暗黒竜と光の剣だもんね。
SFCに二つ入ってるから、SFCより高性能なDSにも入ってるって疑わなかった自分が悪いんだよね。
あー。

ばいばい、アース 1 理由の少女 (角川文庫 う 20-1)

今日読み終わったもの。
冲方丁の初期作の文庫版。
初期作なので今に見られるクランチ文体は全くなく、文章としては正当な作り。
故にその地力が浮き彫りになっており、設定やキャラの面白さがすとんと胸に落ちてくる。
神という概念、剣という概念、種族という概念、人という概念。旅に出るという概念。
様々なものを概念として描写し、作者なりの答えを書いている印象を受けた。
内容としては一般的なファンタジーだが、戦闘の際に指揮者、演出家、脚本家と色々と独自の設定を加えたりして、それらが上手く描写されている為に飽きる事はなかった。
二巻にも期待。

kigurui at 01:23|PermalinkComments(0) ゲーム 

2008年08月12日

もう我慢ならねえ!!

自分が好んだ作品で続きが出ないのがあまりにも多すぎる。

暗黒神殿 アルスラーン戦記12 (カッパ・ノベルス)
小学生の頃から購読してはや十四年。
八年単位で続きが出ているのは続いているというのかどうか。

レッドサンブラッククロス パナマ侵攻〈2〉 (C・NOVELS)
八年ほど続きが出ず。アメリカ海兵隊はいつになったらパンツを海水で濡らすのでしょうか。

皇国の守護者〈9〉皇旗はためくもとで (C・NOVELSファンタジア)
作者同上。元々遅筆な上に平気で作品を途絶させるような作者であるのに加え、かなり切りの良い所で九巻が終わっているので出る望みは薄い。良作だった漫画版も酷い終わり方をしたし。

WW―記憶師たちの黄昏 (電撃文庫 (1173))
メモリーメイカーシリーズ。二作出たものの、売り上げが悪いと言う事でシリーズ途絶。作者としては続きを書きたいらしいが……。

星界の戦旗〈4〉軋む時空 (ハヤカワ文庫JA)
星界シリーズ。番外編は去年出たりしたが、本編は四年間一冊も出ず。ハニア連邦の侵攻でアーヴによる人類帝国は一体どうなるのでしょうかと四年間考えています。

ラグナロク(11) 獣の系譜 (角川スニーカー文庫)
唐突に続きが出なくなったシリーズ。たまに作者が大賞選考委員とかやっているらしいが……早くヴァルハラに乗り込んでくれ。

百目の騎士 2 (2) (電撃コミックス)
漫画。電撃コミックガオが死んだので途中で打ち切り。面白い話だったし、実際面白くなっている所で終わった。原作者によると、どこかでリスタートさせたいとは言っているが……。

まだあるが、続きを読みたいと思うのはとりあえずこれだけ。
うう……せめて皇国と百目の騎士だけでも……。

kigurui at 01:41|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月11日

在りし日の思い出は常に現実より眩しく輝く。

ファイアーエムブレム、隠しシナリオが戦死者多数でないと行けない事が判明して萎える。
自分は常に戦死者零プレイを心がけているので、無理矢理殺さないと行けない。
戦死者零で行けるようにして欲しかった。
後、戦闘アニメもスーパーファミコンの方が良かったなあ。
SFCでは下級職はもっさり、上級職はスムーズにって感じにアニメーションが作られていたけど、DSはどっちも同じ感じ。
特にスナイパーと勇者とマルスの劣化がちょっと寂しい。
まあ面白いっちゃ面白いけど、その辺が残念でもある。
特に戦死者零プレイが基本のゲームで、戦死者多数のフラグとかは駄目すぎ。

小説は8/100。
キリキリ。

kigurui at 02:26|PermalinkComments(0) ゲーム 

2008年08月10日

Diamond Dust(天使の囁き)

克至の誕生祝いに真夏の鍋。

反省点。
白菜はやはり四分の一で。
大根も半分で。
人参は自らの手で切れ。
もやしは二袋でも足りる?
餃子の入れ時はもう少し後でも。
麻雀に強くなろう。
チャック・ルイス最強神話の崩壊。
蕎麦とかは仕切り直しで作っても良いかも。

成功点。
業務用スーパー最強。あの量で一人千円とかありえねえ。
克至の持ってきた梅酒が美味かった。ブランデー割りだったか。
肉団子うめえ。
ささみ団子うめえ。
肉うめえ。
とにかく業務用スーパー最強。

まあなんだ、いつも通り美味かったにょ。
お誕生日おめでとうございます。

炊飯器があるから、次は最後雑炊でも良いかもねえ。
米はうちから持って行くし。

kigurui at 01:29|PermalinkComments(2) 男爵 

2008年08月09日

男爵キャンセラー

ファイアーエムブレムをプレイ中。
なんか新キャラとか新しい武器とか新職業とか一杯出てきて戸惑う。
ノーリスクで兵科変更とか、元の部分を踏襲しつつ、新たな試みを導入していて楽しい。
音楽とか昔のままだし……懐かしい。
取り敢えず一週目は気のままにプレイしてみる。

kigurui at 02:39|PermalinkComments(0) ゲーム 

2008年08月07日

鶴は千年、亀は万年。男爵は残念と申しまして。

スカイクロラの宣伝で、深夜に攻殻機動隊GHOST IN THE SHELLが流れていたので、DVD持ってるけど何となく視聴。
しかし改めて見ると、冲方ってこれに物凄く影響されてるなあと気付いた。
脳内通信とか、車を遠隔操作とか(素子は有線でバロットは無線だけど)、公安とか、義体とか。
或いはシュピーゲルシリーズの擬脳兵器もこの辺りからとか邪推してしまう。
九課と09法案とかね。
まあ機械仕掛けの神を言うまでもなく、こういった者を自分流に昇華できる冲方が凄いという事を実感するのだが。
有りか無しかといえば有りだしなあ。
そして来週はイノセンスをやるらしい。
イノセンスでバトーがしょぼくれてて、ああこいつ本気で少佐に惚れてたんだなあというのを知りつつGHOST IN THE SHELLを見ると、バトーの行動一つ一つがキモく見えてしまって笑う。
押井作品の攻殻では少佐が男っぽくて、バトーが女っぽい思考だから余計に。
ラストの狙撃された時の「素子おおおおおお!!」とかの叫びには大爆笑。

小説は7/100。
まあ感じ感じ。

kigurui at 02:40|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月05日

心の底から悔しいと叫べる自信はある。

To Loveる十巻を購入。
やはり美柑は輪あれども首のお披露目はなし。
同じロリでも金色の闇は出してるのに。
小学生だからか。
小学生だからなのか。
ファック!! 糞!! 畜生!!

後、マンモスマンのプオッ!! って掛け声が間抜けすぎてコンビニで吹いた。

kigurui at 01:25|PermalinkComments(0) 漫画 

2008年08月04日

回転局部

風呂に入った時に肌の水の弾きが悪いのを見て、ああ年を取ったなあなんてしみじみ思います。
何もしないまま二十六年か……。

まかでみックス せかんど 御義兄様と呼ぶんじゃねえッ! (ファミ通文庫 さ 2-4-2)

今日読んだもの。
二巻でもまだまだ導入編。
主人公周りのキャラ配置は終わったようだから、三巻から話が動く事に期待しよう。
まあ前作を鑑みるに、大きく動くのは終盤だろうし、このままパロディを楽しむのが本来の楽しみ方かも知れないが。

小説は5/100。
出だしはそこそこ素早く書けるんだよな……。

kigurui at 01:43|PermalinkComments(0) 男爵 

2008年08月02日

トララートララートライアングルー♪

悪夢には二種類あると思います。
純粋に怖い夢(自分なら暑い日によく見る、ゾンビに襲われる夢)と、心的外傷を浮かび上がらせる、実体験に基づいた悪夢と。
昨日今日で、後者の夢を連続で見ました。
しかも自分が一番後悔……というか未だに後悔している、それでいて寝取られ属性に目覚めてしまった事柄の夢を……。
まあ、夢はストレスや記憶の整理と言うから、抑圧しすぎて爆発しないようにしているのかも知れないけど……連続は酷い。
どないせえっちゅうねん……。
過去は時として背後から自分を刺すものだなあ。

マルドゥック・ヴェロシティ 3 (ハヤカワ文庫JA)

今日読み終えたもの。
二巻のラストからの怒濤の展開。
09法案、09メンバーの行く末、ボイルドが虚無に至った理由、そしてラスト。
後書きで失踪しながら反吐をぶちまけて完成させたと語っている通り、決して綺麗でも上手くもない。
けれど、冲方丁という作家の情念がこもった、とても面白い作品だった。
シュピーゲルシリーズを見るに、その情念の篭め方は幾らか洗練されているが、こちらはもっと生々しいものを感じた。
ボイルドだけではなく、全ての登場人物に冲方丁という人間の何かが篭められているような、そんな読後感だった。
決して万人には勧められない、けれど共感できる人間にはとことん共感できる作品だと思う。
素晴らしい作品だった。

kigurui at 02:15|PermalinkComments(0) 男爵