2008年09月

2008年09月29日

柔道なんて先にボコッちまえば楽勝なんだよ!!

ギアスが終わった。
色んな意味で惜しい作品だった。
でもマクロスFよりは全然良いラストでしたね。
扇が死ねばもっと素晴らしかったけど。

なんかPixiv滅茶苦茶重くなってないか?

小説は38/100。
調子が悪くて進まず。
どうしようかな。

kigurui at 01:14|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月28日

属性は闇。

なんかいきなりPCがフリーズしたりデスクトップアイコンの並びが滅茶苦茶になったりして超ビビる。
すわシステムファイルの崩壊かと身構えたものの、一通りの復旧をした後の再現は無し。
うーん、何だろう。
ていうか乙松さんも同じショップで買って一年に一度はトラブル起こってるし、ツクモ電機は駄目だな。
十七万遣って微妙な品物掴まされたんじゃたまらないぜ。

小説は38/100。
うーん……書いてて楽しくはあるんだけど……。

kigurui at 02:29|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月27日

チャンケチャンケチャンケ、チャンケだよー!!

もそもそと元のリズムに戻そうとして失敗。
うーん、時間の使い方が下手になっているなあ。

小説は36/100。
上手く書けず。

kigurui at 01:09|PermalinkComments(2)男爵 

2008年09月26日

ガッチガッチガッチ、ガッチ行けー。

千葉行きに使った荷物の片付けと給料の移動。
荷解きはつつがなく終わり、給料も最後は時間通りに振り込まれていた。
帰りにパンプキンシザーズと獣神演武の新刊を購入。
パンプキンシザーズはこれ、回転草の兄弟団全員が死にそうだな……。
いやまあ、不幸な話は嫌いではないんですが。
獣神演武はアニメ版と一緒の展開になってきたし、割と話が唐突だしでもう終わらせる気なのかなあ。

さて、明日から通常通りにやらなければ。
今始まりだした楽しみな話もあるし、色々と気張らないとね。

kigurui at 03:14|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月25日

というわけで。

戻ってきました。
のんべんだらりと一週間。
それだけの期間、全く文章に手を付けなかったのって初めて……かなあ。

kigurui at 01:55|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月22日

千葉のPCからこんにちわ。

インシテミル

千葉で読んだもの。
車を買う為に時給11万越え24時間支給の高額なバイトに応募した主人公が現地に着くと……。
殺人ボーナスや探偵ボーナスなどの館のルールやメモ、ただ寝ているだけでも十分な報酬にも関わらず起こって行く殺人、そして解決。
ミステリ的には少々首を傾げる部分もあったが、作者の文章が軽妙で読み易いため、全体的に面白くはあった。
ただ何というか、後半になるにつれて主人公が超人的に推理力を発揮してきたり、いきなり事実が発覚してきたりと、少々甘いと思う部分もあった。
自分はミステリーをあまり読まないが、ライトノベル的な物を感じたなあ。
まあ、読んだ時間を無駄とは思えない程度には楽しめたし、話の続きは気になるような作品だった。

しかし千葉ではもっと読めるとは思っていたが、甥の相手でそれどころじゃねえ。

kigurui at 21:35|PermalinkComments(2)小説 

2008年09月17日

つーわけで。

千葉に行ってきます。
何事か用事のある人は携帯まで。
一週間で戻ってくるよ。

kigurui at 02:28|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月16日

風立ちぬ

いざ生きめやも。
離職の――刻!!

というわけでニート・オブ・ニートになりました。
少しの間、やりたい事だけに専念したいと思います。
取り敢えず今週の水曜から一週間ほど千葉で休養します。
目黒寄生虫館に行く以外は何の予定もなし。
本当なら房総半島の戦跡も見に行きたかったが、滞在する兄の家と全く逆なんだよな……。
塹壕とか銃座跡とか気にはなるんだが。

kigurui at 01:07|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月14日

銀の龍の背に乗っては中島みゆき版しか認めない。

小説は34/100。
書きたい事を書けずに吐きそうになる。
ぐえええええええろっぱ。

kigurui at 00:54|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月13日

ゲァゲァゲァ

あと一日。

kigurui at 00:53|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月12日

最後が近づくと愛想が増す。

うぐぐぐぐ、あと二回。

狼と香辛料 9 (9) (電撃文庫 は 8-9)

今日読み終えたもの。
前巻からのケルーベの話、銅貨の箱に至っては番外編も含めれば三冊前の話から引き継いだ物語にようやく決着。
後書きで言うように、前巻は起承転結の起承転で終わり、この巻で再び起承転結で話を作っているので、多少物語としての速度は鈍い。
加えて北と南の対立、エーブの立ち位置、レイノルズの銅貨、イッカクの価値、キーマンの陰謀、そこに加わるロレンスと話が非常に複雑なので、前巻の設定もきっちりと思い出しつつ読み進めなければならない。
しかもそうであっても時に混乱するという、あまり読者には優しくない一冊だった。
とは言え根底の面白さにはやはり陰りはなく、商人という主人公の特性を生かした物語は楽しく読めたし、結末も中々だった。
特にあのエーブがああなるとは……という感じ。
コルとホロとロレンスの三人もようやく噛み合ってきた感じであるし、また大きく話が動くであろう十巻に期待は出来る。

kigurui at 02:44|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月11日

秀樹感激!!

こんな僕の送別会を開いて貰いました。
蛙は美味かった。
雀は不味かった。
感謝。

デジカメで撮るいい被写体が無いにゃあ。
ネコは探している時にはいないし……。
虫でも撮ろうかしら。
買った当初から、撮った奴はmixiにUPしようかと思っているのだが、プライベート写真以外に中々シャッターを切るチャンスがない。
まあ、仕事を辞めてから少しぶらついてみるか。

小説は30/100。
三分の一ぐらい書いてから、タイトルを決めてない事に悩む。
うーん、キャラの名前を決める時もそうだが、自分のセンスのなさが嫌になる。

kigurui at 02:21|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月09日

俺はおばさん行員でも充分エレクトできたが。

行きがけに学園黙示録を買って休憩中に読んでたら田丸浩史が出てきて噴いて、ゾンビに喰われてまた噴いた。
平野耕太にはなれなかったか……。
後、何気に酷い婦警のビッチぶりにも噴いた。
出るのが遅いのが難点だが、やっぱり面白いなあ。
でも佐藤先生、そろそろ皇国の守護者の続きを書いt

kigurui at 01:02|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月08日

なんで

ギアスの登場人物って人の話を聞かずに、一方的に喋って自己完結するような奴らばかり何だろう。
ていうか公式で死亡扱いしておいて、復活するナナリーもあれだが。
まあもしかしたら咲世子さんルルーシュみたいに、どこぞの幼女にナナリーの皮をかぶせただけなのかも知れんが。
思えば、R2の整合性に完全に見切りを付けたのは、あの咲世子ルルーシュからだったなあ……。

女皇の帝国3 内親王那子様の聖戦 (ワニの本 WANI NOVELS 257)

今日読んだもの。
前巻ラストでソ連艦隊に打撃を与えてハワイに駐留した米英土日艦隊と、喪失した艦隊の補填を鹵獲した日本戦艦で行うソ連。
ジノヴィー・ペトロヴィチ・ロジェストヴェンスキーの孫が出てきたり、リディア・リトヴァクが戦線に復帰したり、連合艦隊の補給の問題を描いたりと半ば箸休めに近いけど必要な要素を描いた一冊。
だがなんと言っても、巻を重ねる毎に本気で那子様に惚れていくハルゼーが愉快でたまらない。
褒められて顔を赤くしたり、今作ではついにピンナップまで入手し、どんどんと傾倒していく。
この作品の主人公は那子様に違いないが、ヒロインはむしろハルゼーとかそんな感じにすらなってきた。
ロシアに鹵獲された武蔵がツングースカと名前を変えて日本艦隊に牙を剥き、そしてラストの展開から、読み終わった瞬間に次が気になって仕方がない。
作者サイトによればシリーズ展開は決まっているらしいので、そこは安心しつつも続刊に期待。

小説は28/100。
うーん……うううーん。

kigurui at 01:43|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月07日

嘘つき嘘つき嘘つき。誰もpixivから来やしないじゃないか!!

しかし銀魂のモンスターハンター編は酷い。

小説は26/100。
ちょっと性急すぎるかなあ。

kigurui at 01:55|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月06日

機材の使いどころがない。

今日は一年半以上ぶりに夕方までで終わるというシフトで、わーい天気も良いし帰りは新調したデジカメで色々撮っちゃおうとか思ってたら、ピンポイントで帰り際に雨。
なんかもう、仕方ないのでこんにゃくゼリーと野菜ジュース買って帰った。
天は我に写真を撮るなと涙しておるわ。
泣ける。

スティール・ボール・ランの最新刊を読む。
クライマックス前の溜のような一冊だったが、色々と愉快な部分があったので良し。
産んで完結とか、マジェントのまさかのカーズ化とか。
でもマジェントはいつか発見されそうではあるなあ。

鉄腕バーディーの漫画を一気読みしたら凄い面白かった。
前に読んだ時より面白いと思うのは何故だろう。

kigurui at 02:27|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月04日

萌えミシュランがシャロンとシェリルを間違えているのが凄い気になる。

ケンプファーってHGが出てるのか。
買わなきゃな。

おなかの調子が悪い。
寒暖の差が激しいからかな……。

小説は24/100。
説明が多くなってきたな……うーん、比率の問題なんだけど、必要でもあるし。

kigurui at 01:36|PermalinkComments(0)男爵 

2008年09月01日

ガッツが足りない!!

気が付いたら九月。
あと半月で終わるじゃないか。

また本棚が足りなくなってきた。
何故だ……ついこの前に整理したばかりじゃないか……。

小説は22/100。
うーん、微妙になってきた。

kigurui at 02:23|PermalinkComments(0)男爵