2009年06月

2009年06月30日

老いて尚盛ん。

台所で皿を洗ってたらゴキブリが出てきて、慌ててたたらを踏んだその足の下にゴキブリが走ってきてア〜ア〜ア〜♪
足の裏がまだ気持ち悪いよう……。

アマゾンで頼んだ本の中の幾つかが在庫確保に遅れそうなので分割で送るとの事。
まあそれはいいんだが、結局その注文分が全部届いたのは全て同じ日。
三つも段ボール送ってきてアマゾンは何がしたいんだろう。

いなかの 1 (アクションコミックス)
いなかの 1 (アクションコミックス)
クチコミを見る
今日買った物。
元々成人を描いてる時から井ノ本リカ子の女の子描写というのがツボにはまっていたのだけれど、この一般漫画はそれがふんだんに発揮されてて大満足。
何というか、全てにおいて可愛らしいのが良い。

カオス レギオン04 天路哀憧篇 (富士見ファンタジア文庫)
カオス レギオン04 天路哀憧篇 (富士見ファンタジア文庫)
クチコミを見る
今日読んだもの。
ドラクロワの動乱を突き止める為、物資の流れである川を下っていくジークとノヴィア。
その過程で足に聖印を刻まれたキリと出会い、共に川の終着点である海を目指す事になるが、そこにジークを狙うアキレスの罠が迫り寄る……というお話。
素晴らしかった。
初めて得た同年代の友達に戸惑い、怒り、そして癒されていくノヴィア。
自分の眼の色と同じ、青い海へと足を向けるキリ。
戦い続け、それでも剣を棄てる事を望むジーク。
主のレオニスの為、敢えてシャイオンを離れたトール。
トールの離別に苛まされ、それでも答えを得たレオニス。
全ての要素が絡まり、最後に集約された一冊だった。
正直、ラスト辺りはずっと涙ぐんでいたぐらい。
仕事場で休憩中にめそめそ泣いているオッサンはさぞ気持ち悪かっただろうが、そんな事も気にならない程に面白かった。
この作者の、物語として積み上げてきたものをラストに爆発させるその巧さ、快感感動は他に類を見ないと思う。
小説を読むと言う事の楽しさがこの巻には詰まっていた。
1巻や0巻からは考えられない程の化けッぷりだった。
次の最終刊も楽しみ。

小説は42/100。
なんだか上手く時間が取れない。
仕事は落ち着いてきたはずなのになあ。

kigurui at 02:30|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月28日

スリザリン!! スリザリン!! スリザリン!!

マッサージをされている映像が好きです。
性的なものでなく、真面目にマッサージされてる映像が。
勿論、それが可愛い女の子が施術したりされたりならもっといいですが。
なんかこう、揉みほぐされている映像を見ていると、自分もほぐされた気分になって気持ちよくなって眠くなると言うか。
風呂上がりに毎回ストレッチしてるのもあって、そういうのが好きなんですよね。
整体とか通おうかしら……。

最近身体がだるいとか思ってたら、仕事場の位置がクーラー直撃する場所だった。
どうりで軋むはずだ。
位置替えは暫く無理だろうから、上着の一つでも持って行くか。

小説は42/100。
書き物置用にもちまちまと書く。

kigurui at 03:12|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月26日

リリカルブレイク!!

久し振りにニー友(とは言え最早誰一人ニートでも何でもないが)の会。
日本橋で買い物して肉喰ってカラオケ。
しかしもう、徹夜でカラオケは無理だな。
ラストは異様に疲れた……分かっちゃいるけど歳だなあ。

日本橋でBS用の電波分割機とケーブルを買ったのでテレビに設置。
うへへ、これでBSニュースが見られるぜ。

ふと今まで生きてきて、風でスカートがめくれてパンチラというシチュエーションに遭遇した事がないのに気付いた。
偶然ブラ見たり、違うシチュエーションでパンツ見たりとかはあったけど。
典型的なラッキースケベイベントって、あまりないものなのだな。

キング・コング デラックス・エクステンデッド・エディション(3枚組) [DVD]
キング・コング デラックス・エクステンデッド・エディション(3枚組) [DVD]
クチコミを見る
今日見たもの。
今更語るまでもない、有名な美女と野獣の物語。
面白かった……けど三時間は少し長かった。
話に関しては忠実なリメイクだけに先を知っており、かといって映像がそれを補ってあまりあるかと言えばそこまででもなく。
勿論演出は結構上手いし、映像も見るべき所はあるのだけど、話の展開を知っていると言う事と、三時間という長さをひっくり返すには至らなかった。
二時間……せめて二時間半ならもっと評価は違ったのだろう。
何というか、惜しいと思ってしまう作品だった。

小説は42/100。
公私ともに色々あるが、頑張って今のこれを完成させよう。

kigurui at 03:35|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月23日

塩大福は好きだが貴様の態度が気にいらねえ。

仕事中に今まで書いた小説とかの名称や設定、話を思い出して、冷静に見た時の痛さに悶絶。
舌を噛み切りそうになったが、深呼吸して耐える。
耐えたが、こうやって書いている時にも思い出してあばばばばっばば。
すーはー。
だって、ライトノベルとかそれ系統を書いてたら仕方ないじゃない!!
いや、全くの第三者が見たら多分違うんだろうけど、多少なりとも俺を知っている人が読んだら色々と内面を察せられて……うぎゃああああ。
頑張れ俺。

レギオスが終わった。
徹頭徹尾何とも言えないアニメだった。
同じ所が作ったレンタルマギカにも言えるけど、シリアスな話はカットしてずっと萌え系をやってればもっと受けたんじゃないかしら。
メイシェンとかラスト殆ど出番無くて超可哀想。

暑くなってきましたね。
この季節は女の子が薄着になるので素敵だ。
透け下着フェチにはたまらない。

グラインドハウス コンプリートBOX 【初回限定生産】 [DVD]
グラインドハウス コンプリートBOX 【初回限定生産】 [DVD]
クチコミを見る
今日見たもの。
ロドリゲスのプラネットテラーとタランティーノのデスプルーフ、そしてロブ・ゾンビやらのフェイク予告を纏めた作品。
プラネットテラーは最初は良くできたゾンビもので、ありふれた話しながらもどうなるか……という所をフィルム紛失という手法で端折るやり方に爆笑。
面倒くさい所はやらないというこんな強引な事が罷り通るとは思わなかった。
その後からは何というかホラーからコメディへ強引に転換した感じで、まあ悪くはなかった。
ラスト、大ジャンプしながらチェリーが大活躍した所は巻き戻して数回見てしまった。
デスプルーフは何だろう……ラストの終わり方は良かったけど、それ以外は何とも消化不良な感じ。
長々と描写したのが余り意味がなかったというのは、余り好きな展開ではないので。
フェイク予告はdon’t以外はどれも面白そうだった。
乙松さん曰く、マチェーテとThanksgivingは実際に制作されるかも知れないとの事なので、制作されたらチェックしよう。

カオス レギオン03 夢幻彷徨篇
カオス レギオン03 夢幻彷徨篇
クチコミを見る
今日読んだもの。
シリーズ最長の長編。
旅を続けるジークとノヴィアの前に、レオニスから放たれた狩人達が立ち塞がる。
その内の一人、フロレスは妹をジークに斬られた恨みから、己の能力でジークとノヴィアを分断し、ジークから記憶をも奪っていく……というお話。
ジークと二人目の従者であるティアの昔話、ジークと現在の従者であるノヴィアの話、フロレスの能力、レオニスとトール、アリスハートと様々なキャラと話が複雑に絡み合う話で、今現在の作者っぽい造りだった。
とは言え、心まで剣を握るなとか、痛みの消し方とか、力の在りようとかはそれこそマルドゥックやらばいばいアース、シュピーゲルシリーズでも言及している事なので、恐らくは作者の根底にあるものをそれぞれの作品で吐露するというのが冲方丁の執筆というものなのだろう。
だからこそ反吐を吐く程に悶絶するのだろうし。
内容としては文句のない出来で、クランチ文体の兆しが見えてきたり、ジークの疑う事による、最も信ずるべきものを掴み取ると言う言葉や、ラストのティアとのやりとりはやはりじんわりと感動した。
うーむ、どのシリーズでも後半はいつも涙腺が緩んでしまうなあ。
作者と自分は相性がいいのかしら。

小説は40/100。

15日に注文したアマゾンの本が未だ発送すらされない。
店で買った方が早かったかね。

kigurui at 02:57|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月21日

ダダッダダッダダッダ。

誕生日を迎える甥の為にSMGUZIのエアガンを購入。
プレゼントにするつもりだけど、ちょっと触ったら物凄い格好良くて自分でも欲しくなった。
良く出来ているなあ。
将来モデルガン集めてしまいそうで怖い。

戦国BASARAが終わった……と思ったら二期があるようで。
秀吉と半兵衛は二期で出てくるのかな。
一期も概ね面白かったので、来年に期待。

小説は40/100。
燃料が無くなったので、アマガミを再プレイ。
ああ……薫は可愛いなあ……。
これで父親と同じ名前じゃなければ最高だったのに……うう……。

kigurui at 03:04|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月19日

あと一秒足りない。

鉄の槍が欲しい。
それで刺したい。
槍は剣と違って扱いやすいからいいよね。
刺すか払うか。
剣と違って軌道が単純だけど、純粋に間合いが広いし両手で扱いやすいし。

銀魂見てたら、アイドルのカードゲームが酷すぎて笑った。
ていうかあの時間帯であの日とかやって良いのかなあ。

けいおんがギスギスしてきてすわ修羅場発生かとわくわくしていたら、あっさり仲直りしてがっかり。
もっとギスギスしようよ!!

本棚が無いのにまた本を大量注文。
さてどうするか……。

治療したはずの歯がまた痛んでくる。
藪医者だったか。
次の医者を捜そう。

小説は40/100。
新しく剣スピンオフ仲間となった喜屋武さんのCoolHead WarmHeartとリンク。
ついでにリンクも適当に整理。

kigurui at 03:02|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月17日

用件を聞こう……。

アンパンマンって子供に自分の頭を食べさせるけど、あれって凄い日本人的だなあとか思ったり。
だって自分が弱るのを承知で、相手に力を捧げるんだぜ。
自己犠牲を敵にぶつけるヒーローは多いけど、それをそのまま護るべき対象に向けるヒーローってあまりいないと思う。
それとも俺が知らないだけで、アメリカとかにもいるのかなあ。

今週のトリコは何だか興ざめ。
リンが生き返ったら駄目だろう。
あそこまで劇的にしておいてなあ……。

カオス レギオン02 魔天行進篇
カオス レギオン02 魔天行進篇
クチコミを見る
今日読んだもの。
ドラクロワとレオニスの策謀により壊滅したナデッタの街。
その生き残りに示された新天地は遠く長い旅路を意味していた……という話。
面白かった。
ナデッタの民が故郷から旅立ち、新たな故郷を目指す事への心の移り変わり。
民を襲う騎士団や山賊、その背後にいるドラクロワやレオニスから民を守るジークとノヴィア、そしてナデッタの騎士団の戦い。
中盤、旅の途上での祭りから新天地の名前を決め、そして最後の橋を渡る場面は盛り上がりっぱなしで読んでて涙が出る程だった。
武器を持たず、ただ歩くだけという意思を示すナデッタの民、そしてそれらを守り続けるジーク達。
それぞれの戦いがきちんと描写され、のめり込んでしまった。
やはりこの作者は長編……特にある程度作品世界が出来上がってからの方が面白いなあ。

小説は38/100。

kigurui at 03:19|PermalinkComments(2)男爵 

2009年06月15日

ぐじゅうらうらうああああああ!!

プリキュア見てたら、ミユキさんが臨時プリキュアになりそうで大興奮。
成るか初の社会人プリキュア。

28週後...(特別編) [DVD]
28週後...(特別編) [DVD]
クチコミを見る
今日見たもの。
感染すると凶暴性が増し、ただ人を襲うようになるレイジウィルス。
前作での感染が収まり、ロンドンがようやく復興し始めた時、感染しながらも発病しない人間が保護される。
ワクチン作成に希望を持ったその時……というお話。
つまらなくはなかったけど、怖くも無かった。
話の流れとか、作品全体に満ちている後味の悪さは好みな方なんだけど、何というか後一歩足りない感じ。
前作を見た時もそう思ったっけか。
後、今回は暗い場面が多い上に、何故だかカメラが揺れる事が多かったのでちょっと酔った。
POVもそうだけど、カメラが揺れると駄目だなあ。

カオス レギオン01 聖双去来篇
カオス レギオン01 聖双去来篇
クチコミを見る
今日読んだもの。
ノヴィアが銀の乙女として正式に認められ、本当の意味でジークの従士になる話と、聖地シャイオンでの動乱の話。
銀の乙女となる為の時に話された「力は道を進む為の杖でしかない」やドラクロワがジークに言っていた「心まで剣を握ってはいけない」という言葉が、後の作品にも一貫して表現される作者の主張になっているのが分かって面白い。
こういう所を見るに、作者の冲方も自分の主張を話にして書きたくて、それが故に上手くいかなかった時に反吐を吐いたりしてしまうんだろうなと思う。
三巻目でキャラの動かし方もこなれてきたのか、ともすれば暗くなりがちなジークやノヴィアの二人に、アリスハートがいい塩梅で癒しとなっている。
キャラの主張も定まってきた為、起こった事態に対するジークやノヴィアの対応が読者としても胸にすとんと落ちてきて没入感が心地いい。
ここからずっと長編で完結まで続くようなので、これからにも期待。

小説は38/100。
もっとペースを保たなきゃ。
書き物置を更新。

kigurui at 02:37|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月13日

んむ。

風邪を引いたっぽいので一回休み。

kigurui at 01:24|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月11日

エネミーダーン。

体調悪いのにFPSやっておぼえええええええ。
いつもはどうもしないのに、体調が悪くなると3D酔いする体質をどうにかしたい。

最近、掃除が楽しい。
学生自体は整理自体は出来ていたものの、割と埃が積もったりしていたのだけれど。
最近は週1で本棚やらフィギアやらPCデスクやらも掃除するようにしている。
綺麗なのはよい事です。

カオスレギオンシリーズ→キングの本幾つか→花田一三六の本全て→神林長平。
という読書計画を立てた。
間に新刊は挟むだろうけど、この計画で積ん読を消化していこう。

小説は36/100。
ようやく一歩前へ。
剣スピンオフは手直し中。

kigurui at 02:11|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月09日

時速119キロ

ストレスで歯を噛み締め過ぎて、頭痛がするようになったのでこりゃやべえと、最近は努めて深呼吸。
鼻から息を吸い、口から細く吐く。
でも自分で頭をマッサージして気持ちいい所のツボを調べたら、眼精疲労とかなんだよな。
眼鏡を買い換えるべきかしら。
頭に針刺して鍼灸治療したい……。

今週のトリコ、パワーアップしたトリコとスタージュン様のバトルが格好良かった。
何というか、しまぶーはコマ割が上手くなったなあ。

カオス レギオン0 招魔六陣篇 (富士見ファンタジア文庫)
カオス レギオン0 招魔六陣篇 (富士見ファンタジア文庫)
クチコミを見る
今日読んだもの。
前巻である本編の前、ジークとノヴィア、アリスハートが出会う話。
それぞれが短編集である為深みはないが、上手く堅実にまとめている印象。
後のクランチ文体を駆使した長文の片鱗がちらほら見られ、独特の表現も見えてきて面白い。
ノヴィアの一人頑張るちゃんとか、アリスハートの口調やらがシュピーゲルシリーズに繋がってると思うとその辺りも楽しめた。

小説は34/100。
にわかに忙しい。

kigurui at 02:13|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月07日

兄さん!! 兄さああああああああん!!

PSPgoが発表されましたね。
事前に漏洩があったからさほどサプライズではないものの、俺はあれいいんじゃないかなって思うんですが。
操作感は実機触らないと分からないけど、薄くなって、UMD廃止してDLオンリーってのが俺的には感心した。
勿論DLってのは例えばDLした瞬間にメモリーカードが損傷した時の保証とか、DL中の切断はどうするのかとか、そもそもネット環境がない人間はどうするのかとか色々と問題はあるわけですが。
それらを含めた上で、PSPgoは携帯機器として真っ当に進化した機体だと思う。
小さくして、値段は兎も角としても気軽にゲーム落とせるDL方式にして、後はバッテリーの保ちさえ何とかなっていれば携帯ゲーム機としてDSとはまた違った方向でいけるんじゃないかって。
小売店的にはDL方式は噴飯ものっぽいけど、ユーザーとしては面白い試みだなと思いますよ。
メモリースティックの大容量化やインターネットの進化を見据えた機体になればいいな。
二万円までは出しますよ。
多分三万円ぐらいするだろうけど。

カオス レギオン 聖戦魔軍篇(富士見ファンタジア文庫)
カオス レギオン 聖戦魔軍篇(富士見ファンタジア文庫)
クチコミを見る
今日読んだもの。
かの有名な押尾先生が声優をし、発売一ヶ月で投げ売りされたゲームの原作小説。
後にクランチ文体を使って特徴的な話運びを行う冲方丁の作品ではあるが、初期に書かれた上にライトノベル初作品であるためか、非常に読みやすさを重視した文章。
内容はゲームと同じ、ドラクロワを追うジークの話がメイン。ゲームとは違う、ジークの墓堀の設定、ノヴィアやアリスハートの存在と、小説ならではのキャラの心情描写が面白い。
特に描写の方は作者が後に見せる特徴的なものの片鱗が見え隠れして、まだつたないながらも読んでいて胸にしっくりと来る。
もし今の力量で書いていたら……などと無為な想像をしてしまうぐらいに。
墓堀をするジークの内心、どこまでも前向きなノヴィアとアリスハート、迷いながらも進んでいくアーシア、そしてドラクロワとシーラ。
聖印の設定をそこに絡めながら、無難ではあるがそれなりの完成度で話を作れていたと思う。
残る番外編も読んでいきたい。

小説は34/100。
ちょっと忙しくなると手が止まる。
ホントはどんな時でも一定ペースで書くのが理想なんだけど。

kigurui at 03:13|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月05日

感情論でものをいうべきではない。

仕事が忙しくてストレス溜まる→欲しかった本やゲームをどんどん買う→本棚がマジで限界→でも買っちゃう。
毎回毎回本棚がやばいって言ってるけど、その度に読まない本を隅に置いたり、時間が経って合わなくなった本を処分してきたりしてたけど、それももう無理。
本棚増設する場所もないし、どうするか。
欲を言えば小説用本棚、漫画用本棚、資料・辞書用本棚って分けたいんだよな……でもスペースが。
それと、漫画は兎も角小説がどんどん積まれていくのがしのびない。
折角買ったんだから読まねば。

あれ、なんか前のニュースとは違い、マジで陵辱ゲーム発売禁止みたいね。
何てこった。
俺の生き甲斐が一つ消えた。
これから発生するであろう鬱屈した感情はどこで発散すれば良いのかしらん。

なんだか覚えがないのに背中が痛い。
肺がんは背中が痛くなるらしいが……。
煙草吸わないのになあ。
まあ、副流煙でなる場合もあるらしいけど。

小説は34/100。
心の欠片2後編が仮完成。
でももうちっと手を加えなきゃ。

kigurui at 02:41|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月03日

この野郎、打ち首にしてくれる。

忙しい時に休むという腑抜けた行為の代償を思い知らせてやるあああああああ。
いやもうホント、穴開けるの勘弁して下さい。

今週のトリコ、予想ではトリコが粘ってる間に小松がジュエルミート調理して持ってくるって予想だったんだけど、見事に普通に食っただけだった。
或いは「小松!! 美味いものをもってこい!!」とか言われて、何かの肉を食ってパワーアップ、「美味え!! 小松、何だこの肉は!!」「これはリンさんの心臓です、トリコさんを好きだったリンさんの心です!!」とか思ったんだが、まあこれ少年誌じゃできないな。

小説は32/100。
流石にこの忙しさでは無理。
ああでも剣スピンオフでちょっといい感じに思いついたからメモだけはまとめておこう。

kigurui at 02:44|PermalinkComments(0)男爵 

2009年06月01日

肉を食った後は水分が欲しくなる。

GIANT KILLING 10 (モーニングKC)
GIANT KILLING 10 (モーニングKC)
クチコミを見る
ジャイアントキリングの10巻を購入。
うーん、やっぱり面白い。
サッカー漫画なのに実況が無く、常に両チームの選手と監督の駆け引きを描いており、そのやりとりが面白くて仕方がない。
何回も読み返してしまう。

パラケルススの娘〈8〉クリスマス・キャロル (MF文庫J)
パラケルススの娘〈8〉クリスマス・キャロル (MF文庫J)
クチコミを見る
今日読んだもの。
クリスティーナの過去話。
これまでずっと示唆されていたクリスティーナの中身と、元のクリスティーナ、そしてそれを狙うシモン・マグスの話。
前巻までに張っていた伏線を色々回収したり、ラストで急展開になったりと最終刊間近といった感じ。
ただ、それへの溜めと言う巻だから、クリスティーナの過去以外に語る部分は無し。
クリスティーナの過去も、そう奇抜なものではないし。
ただ、その過程で現在に繋がるシモン・マグスの目的が語られたのは上手いと思った。
一巻からに比べ成長した遼太郎がこの展開にどう対応し、打破するのかが楽しみ。
後はもう少し出すのを早くしてくれれば……。

小説は32/100。
楽しいけど苦しい。

kigurui at 02:58|PermalinkComments(0)男爵