2010年06月

2010年06月30日

魔物に、まあ、ものを取られたの?

三週連続で仕事が前倒しになって死んだ。
そして今日で異動前の部署での仕事は終わり。
来月から新しい場所で働きます。
そちらもそちらでしんどいだろうけど、まあぼちぼちと。

何故か最近ケツの筋肉が痛むのでその辺を重点的にストレッチしているものの、どうにも上手く柔軟出来ていない。
ある程度伸ばせている間隔はあるのだけど、他の部分みたいに限界まで伸びているとは思えない。
色々と体勢を変えても上手く行かなくてもどかしいぜ。

IS <インフィニット・ストラトス> 5 (MF文庫 J ゆ 1-5)
IS <インフィニット・ストラトス> 5 (MF文庫 J ゆ 1-5)
クチコミを見る
今日読んだもの。
世界で唯一、男でありながらISを操れる一夏。
愛機である白式の習熟に手間取っている中、学園最強の生徒会長が現れ……というお話。
うーん、普通。
新しいキャラや既存キャラの設定を明かしつつ、敵組織がちらほらといった様子。
でもやたらとページが少ないのもあって、なんだか学園祭というイベントの消化試合のように感じてしまった。
特に十分ずつ各ヒロインと見て回る所の描写とか、どこのギャルゲーだって言うぐらいの、数クリックで終わるような話だった。
いやまあ、作者が元はそういう畑の人だったっていうのは分かってるけど。
なんていうか、読者の人気投票みたいなのでヒロインの描写を増減させているらしいけど、それの悪い面が出てきているように思える巻だった。
残念。

小説は104/100。
剣は水曜に更新する……はず。

kigurui at 02:42|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2010年06月28日

ミック・ジャガーとミッキー・ロークの名前をいつも取り違える。

最近CMをやってる液状ブルーレットっていうのを買ってみたんですがね。
あれは駄目だ。
とりあえず、小便した時に滅茶苦茶泡立って、すわ糖尿かってびびるのがだめ。
そして使い続けると中身が軽くなって、水量に耐えられずにタンクの上で漂い始めて使いものにならなくなるのが駄目だ。
結局、置くだけが一番って訳よ。

気付いたんだけどさ、サッカーって試合後にユニフォーム交換するじゃん。
その時上半身裸になるじゃん。
つー事はさ、女子リーグ見てたら……少なくとも下着は見られるんじゃねえ?
まー、ランジェリーフットボールなんてそれ所じゃない光景な訳だが。

自転車買いました。
カゴ付きクロスバイク。
ふはは、これで風になれる!!
しかしうちの近所……というかこの地域一帯は海と山の間に街があるので恐ろしく坂が多く、しかも勾配がきつかったりするのだ!!
店から乗って帰ってきただけで太ももがだるいぜ。

HGアヴァランチエクシアが気になるが、その前に積んでるMGイグニッションのリペアエクシア組まないとなー。

ぜふぁがるど (電撃文庫)
ぜふぁがるど (電撃文庫)
クチコミを見る
今日読んだもの。
少し柄の悪い高校生の菅沼宙はある日、幼馴染みである安芸野鳴を攫おうとする異世界の生物と出会う。
同じく異世界から来たトカゲっぽいネ・プルギス・ヤーの手によってなし崩しにゼファガルドというヒーローにされ、戦う事となってしまったが……というお話。
うーん、まあ普通。
前作のEAGとは違い、またお稲荷さまのようなぬるいノリで展開されるヒーローもの。
登場の前口上を恥ずかしがったり面倒くさがったり、鳴に被害が及ばないなら怪物放っておいてもいいなあとか考えたりと、お稲荷さまの昇をちょっと凶暴にした感じの主人公が話を展開させていく。
巻数表記がないので単巻かと思いきや、これもEAGもシリーズ物として書き始めたらしい。
でも、これ以降は全く出ていないんだよね。
その割にはメディアワークス文庫に書いていたりするし、恐らくはもう、続きが出る事は殆ど無いのだろう。
一巻としては妥当な出来ではあるが、続きが出ないのであれば評価のしようがない出来でもある。
残念。

小説は102/110。

kigurui at 01:10|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2010年06月26日

俺は日本がやってくれるって、最初から信じてたよ。

携帯を変えようかと思います。
ソニーのBRAVIA Phone S004か、東芝のREGZA Phone T004に。
一年前にシャコって開くガジェットに惹かれて今のbiblioに変えたのだけど、これが使いづらいわレスポンスが遅いわでなんともかんとも。
一番の売りであるブックプレーヤーを使うぐらいなら実際の本を読むわで、ホントなんでこれを買ったのか、自分でも理解に苦しむ。
ノリで買うなといういい例ですな。
BRAVIA Phone S004は職場の人に実機を弄らせて貰った所、割と感触が良かったし、REGZA Phone T004はそれよりもレスポンスがいいらしい。
正直、ガジェットより使いやすさですよね、携帯って。
なのでもうデザインとかは二の次で、多少高くても使いやすいのを選ぼうかと。
七月か八月に機種変しよう。

明日は自転車買います。
これで行動範囲が広がるはずだぜ。

偏頭痛が止まりません。
今日の仕事中にも発症して、正直最後の一時間とか倒れるかと思ったぐらい酷かった。
なんだろうなあ。
原因に心当たりがないのが怖い。

戦塵外史 五 戦士の法 (GA文庫)
戦塵外史 五 戦士の法 (GA文庫)
クチコミを見る
今日読み終えたもの。
ある事情から北を目指すシャールは、しかし刺客に襲われる事となる。
身の危険を回避するため、ガーヴという男を雇って旅を続けるが……というお話。
面白かった。
事情により本名を隠しシャール(小娘)と名乗るヒロインと、本名を聞かないようにガーヴ(大男)と名付けられた寡黙な傭兵。
道中のやり取り、シャールのガーヴに対する理解、ガーヴの寡黙でありながら依頼を全うする姿勢。
そして名前を隠すという伏線が、最後の最後であっという驚きとカタルシスを与えてくれる。
話としてはありふれた逃亡劇というものなのだけれど、それを地力でここまで押し上げているという事が凄い。
話に隙が無く、それでいて読者の想像力を駆り立てる語り口が素晴らしい。
最初から最後まで、のめり込むようにして読んでしまった。
これはお勧めの一作。
中世ヨーロッパの戦史ものが嫌いでなければ、読んで欲しいシリーズ。

小説は102/110。
剣は水曜辺りに。

kigurui at 03:17|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2010年06月24日

味は良かった。けれど提供の時間とえりちゃんの愛想の無さは気になった。

休みなのでサバイバル・オブ・ザ・デッドを観に行きました。
篠つく天気の中、ゾンビ映画を観るのも陰気でいいじゃないか。
面白かったです。
西部劇とゾンビ、そしてロメロ作品が好きな人は観に行かねば損とまで言えるかも。
一応ダイアリー・オブ・ザ・デッドの続きという位置づけなので、ダイアリー・オブ・ザ・デッドを先に見た方がいいかも。
でもあの出来なら見なくても楽しめるな。
個人的に、あのオチは秀逸だと思った。
自分としては逆の展開で、最後に二人がああなってようやく……って予想したのでびっくりだった。
まああれば冒頭の「死んでも生きている時と思考は変わらない」という台詞にかかっているんだろうな。
ランド・オブ・ザ・デッドでちょっと自分の中でロメロの評価は下がったんだが、ダイアリー・オブ・ザ・デッドでちょっと上向いて(POVだから酔っちゃったけど)、今作でまた元通りになったという感じ。
哲学的というか、社会風刺的なものがあるのも相変わらずだったし。
次の映画にも期待したい。

終わってからは日本橋で買い物。
最近ストレスが溜まっているので結構な散財。
つっても高額商品は無限のフロンティア2ぐらいしかなくて、後は漫画が幾つかって感じだが。
ボールファクトリーカラーはやはりネット限定のようで、ガンダム屋にすら影も形もなかった。
その代わりザク2F2型がジオンカラー、連邦カラー共に再版されているようで、山積みになっていた。
どちらも後二体ほど買おうか、ちょっと迷ってしまった。
まあ、気が向いたら小隊を作るか。

E.a.G. (電撃文庫)
E.a.G. (電撃文庫)
クチコミを見る
今日読み終えたもの。
スラム街の住人、ゴドーは紅帝をまとめるヒサカに人捜しを頼まれる。
その同時期、なぜかゴドーに懐いている上流街のお嬢様であるキアラに異変が起き……というお話。
うーん……微妙だった。
なんというか、ライトノベルにしては分厚い方だけど、それでも物語が散漫になっている感じ。
結局空電体がなんなのか、ゴドーとキアラの関係性の曖昧さ、ヒサカの願い……はまあ語らぬが華としても、全体的に広く浅く物語を作っている感じがして、どれもが中途半端で終わってしまった感じがする。
一巻完結にせずに、上下巻とかにすればもう少し面白くなったのかもしれないけれど……。
つまらなくはない……けれど、面白くなる要素を取り逃し過ぎてちょっと、という感じ。
それと、この作者のきわめてライトな文体に、こういったハードボイルド系SFはあまり合わないと思う。
読みやすくはあったが、残念。

小説は100/110。
ゾンビ映画で全然進みませんでした。
あう……ああ……お……。

kigurui at 03:47|PermalinkComments(0) 男爵 | 映画

2010年06月22日

ネガティブ男爵チェーンソー

母が足を挫いた。
レントゲンを撮った所、幸い骨には異常はないようだが、それでも怪我をすると心配になる。
基本マイナス思考でネガティブ人間なので、年も年だし、これがきっかけで身体が……とかどんどん悪い方向に考えて陰鬱になってしまう。
早く良くなるといいな。

朝、髭を剃っていたらシェーバーが故障した。
まあ、四年以上使ったし、元は取れてるとは思うけれど、何も出費の多い月に壊れんでもとも思う。
壊れ方からして修理のしようがないので、仕事の休憩中に近くのミドリ電化で新しいのを買う。
これで今月は髭剃り、自転車、扇風機と大きな出費が続いた。
家電の故障は続くと言うが、まさかな……。

朝からそんな出来事があったならば、二週連続で仕事が一日繰り上がって死にそうになる。
しかも応対した客が物凄いキ印で、そっちの対応でも疲れた。
マジギレ気味に対応したから、クレーム来るかもなあ。
あー。
明日仕事行きたくねえ。
お陰でここ半年続いている偏頭痛がより酷くなってきた。
一回病院にかかるべきかなあ。

サスペリア2 完全版 [DVD]
サスペリア2 完全版 [DVD]
クチコミを見る
見たもの。
ピアノ講師のマークは友達のカルロと話していた夜、テレパシストのヘルガが殺される場面を目撃してしまう。
殺害現場に違和感を感じたマークは女性記者のジャンナと事件を追っていくが……というお話。
うーん……前半のサスペンス感は良かったけど、後半がちょっとだれたかなあ。
なんというか、後半は謎と言うよりは場を繋ぐために人が殺されている感じで、犯人が判明してもなんというか、無感動だった。
違和感の謎解きは面白かったけど、それよりも犯人がなぜマークの行動に先回りできていたのかが分からなかったし。
関係者を殺したのはまあ分かるけど、行動の先読みが分からん。
偶然だったのかな。
世間的に評価は高いみたいだけれど、自分はいまいちに思った。
あ、ゴブリンの音楽は良かったな。
サントラが馬鹿売れした理由が分かる、いい音楽だった。

因みにDVDは仕事の日に見ているのではなく、休みの日にまとめて見たのを一つずつ感想を書いているのであしからず……って誰に向かって言い訳してるんだろう。

小説は100/110。
ちょっと延びそう。
剣は来月頭になりそうですごめんなさい。

kigurui at 03:28|PermalinkComments(0) 男爵 | 映画

2010年06月20日

頑張れデスデビル。

ヒーローマンを見ていたら、ジョーイが来週からパブリックエネミーになるっぽくて俄然わくわく。
こういう、先の見えない逃亡編って大好き。
どんどん状況が閉塞していって、ジョーイが荒んでくれたらいいなあ。
それで最後の拠り所として街に戻ってきてリナに会いに行ったら、リナがもう他の男と出来てるとかだったらもっといい。
いやまあ、今週のデートを見ている限りではそんな事にはならないだろうけど。
しかしこれ、視聴率2%とか大丈夫かいな。
Pixivだと割とファンアート見るのになあ。
折角見始めたのに、打ち切られたりされたら哀しい。

なんかもう、自分を二人に分けて、一人は延々と本を読ませて、もう一人は通常の生活とかそういう風に生きたい。
積んでる本が全然減らねえ。

THE DESCENT [DVD]
THE DESCENT [DVD]
クチコミを見る
今日見たもの。
年に一度集まる六人の女冒険家。
今年は秘境の洞窟を探検する事になったのだが、その途中で落盤にあって出口を見失う。
そしてそこには……というお話。
うーん、つまらなくはなかったが面白くもなかったという感じ。
狭い洞窟、出口のない恐怖、そしてそこにいる何かというのは良かったけど、登場人物が割と冷静なので、見てるこっちもあまり恐慌しないというか。
あるいは監督は、冷静に対処しつつもどんどん追い詰められていく状況に恐怖を感じて欲しかったのかもしれないけれど。
それと、終始洞窟という暗い場所で話が進むため、アクションシーンが殆ど何をやっているか分からないのも駄目だった。
その辺りに一工夫あれば、面白くなるとは思ったので残念。

小説は98/100。
さあ、もう少しだ。
剣も書かねば。

kigurui at 03:48|PermalinkComments(0) 男爵 | 映画

2010年06月18日

自転車を買っていないのにU字ロックを先に買ってしまった。

アマゾンで色々と新書を注文する。
文庫はそこらの本屋で買えるけれど、新書サイズの小説って中々品揃えがいい店がないんだよなあ。
新しいのはあるけど、少し古くなるともう店頭から撤去されている感じ。
なのでアマゾンが便利。
品揃えで勝てない以上、書店はもうちょっと客への対処を考えた方がいいと思うんだけどなあ。
なぜうちの近くのジュンク堂はあんな横柄なんだろう。

バスケットケース [DVD]
バスケットケース [DVD]
クチコミを見る
今日見たもの。
一人の医師が殺され、同時期にバスケットケースを抱えた青年がNYへやってくる。
見るからに田舎ものの彼が安ホテルに泊まって滞在する理由は……というお話。
面白かった。
青年の生い立ち、バスケットケースの中身、そして行動の理由、それらが徐々に明かされていき、最後のあの結末。
何というかあれだ、愛と感動と復讐のストーリーというのが似つかわしくないけど最も相応しいというか。
怖さもグロさも程々なのだけれど、何か魅入ってしまう魅力のある作品だと思う。

小説は96/100。
ぼちぼち締め。

kigurui at 01:12|PermalinkComments(0) 男爵 | 映画

2010年06月16日

一度言葉にした事は、どう取り繕おうとも取り消せんのだ!!

梅酒を造ろうかと思います。
元々味覚が子供なので、甘いお酒が大好きなのです。
酒はあまり飲めないけど、それでも飲むならば梅酒とか、カルーアミルクとかを好んでがぶがぶ飲みます。
でもやっぱり、居酒屋のとかはたまに甘さや味が合わなかったりして、お金払っているのに……とか思ってしまう時もある。
なので、そしたら自分で作ろうかなと。
調べたら初期投資が4000円前後で造る事ができるらしいので、挑戦してみようかなと。
最初は失敗するだろうけど、徐々に自分好みの味に仕上げていけば面白そう。

梅酒と自転車の算段はついたから、次は眼鏡だな……。

乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
乙嫁語り 2巻 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
クチコミを見る
今日買ったもの。
相変わらずカルルクとアミルのやりとりがこそばゆいというか、微笑ましい。
一連の騒動を経てカルルクにこれまで以上の情を感じ始め、それを狩りで表現するアミルがとても可愛らしかった。
前作のエマは余り肌に合わなかったが、こっちは一、二巻とも面白いなあ。
三巻はスミスの話になるようだけど、どうなる事やら。
自分としては、カルルクとアミルの何でもない日常を描写してくれていた方が楽しいのだけれど。
しかしあれね、もしもアミルが連れ戻されて、横暴だといわれているヌマジの嫁にされていたら……とかちょっと思っちゃうよね、いつもの癖で。

小説は96/100。

kigurui at 03:18|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2010年06月14日

貯金倍々方式。

自転車はシティサイクルとクロスバイクの中間みたいなのが一万七千円ほどであったので、それを購入する事にした。
その中途半端さが自分らしくて良い良い良い。
やっぱりカゴがあった方が便利なんだよな。
まあ、給料日までお預けですが。

親がいきなり40インチ液晶テレビとブルーレイレコーダーを買ってきたので設定をやらされる。
最初はレコーダー経由でテレビを設定しようとすると出来ず、テレビ単独で設定→レコーダー経由に繋げ直すで映るようになった。
意味が分からん。
で、レコーダーをHDMIケーブル接続で映そうとすると映らず、しょうがないのでRCA端子で接続して設定。
うわ、画面超汚い。
それでまたHDMI端子で接続しても映らず。
んもー、何なんだこれ。
とりあえず次の休みにまた詳しく設定する事にして、テレビはデジタルで視聴できるように。
しかし自分がテレビとレコーダー買った時にも思ったが、設定がいちいち面倒くさい。
親曰く、この接続設定作業を業者に依頼すると二万五千円なんだってさ。
これ絶対、2011年の切り替え時に、接続詐欺とか接続料金ぼったくり事件とか起こるよな。

ヒーローマンを何となく見た。
どうやら一つの話に区切りが付いた後の回だったようだが、割と面白かった。
ヒロインも姉も貧乳っていうのがいいよね。
一話からレンタルが始まったら借りてみてみるか。
タイトルロゴがトランスフォーマーみたいなのには気になったが。

小説は94/100。
剣もぼちぼち。
書いているとこれは面白いんじゃないかという気分と、これは超つまらないんじゃないかという気分が交互に押し寄せてくるからしんどい。

kigurui at 01:34|PermalinkComments(0) 男爵 

2010年06月12日

ケータイデンワー。

七月から少し職場が遠くなるので、これを機にクロスバイクでも買おうかと画策中。
別に本格的に輪行をする気は無いので、二万円前後のを選択するつもり。
まあホントはママチャリでも良いんだけど、多少は軽快に走りたいし。
後パンクしにくい丈夫なタイヤがいい。
しかし、自転車走行中は音楽聞けないのが難点だなあ。
自分は外に出ても外界を遮断していたい超絶精神的引きこもりなので。

MGボールファクトリーカラーVerというのがネットショップ限定で予約発売されるのだけれど、瞬殺だった。
影も掴めぬわ……。

去年の夏に壊れた扇風機を買わなくてはならない。
ノリでダイソンの奴を買おうかと思ったが、あれ3万円以上もするのね。
扇風機にそんな出せねえ。

ミカヅチ 2 (MF文庫 J) (MF文庫J)
ミカヅチ 2 (MF文庫 J) (MF文庫J)
クチコミを見る
今日読んだもの。
修羅奇兵としてミカヅチに組み込まれ、ヤドリギと戦う事になった紅蓮。
だが、ミカヅチに対して最後の一線で警戒をしている紅蓮に対し、監視の意味もこめて梨緒が側に現れる。
そして先の夜に遭遇したヤドリギは……というお話。
面白かった。
前巻が特撮作品第一話の前半だとすれば、こちらは後半の話。
主人公周りの設定が固まり、ヤドリギという敵が現れ、そして修羅奇兵となって戦う。
話としても普段の……というより黒い部分がでた作者の、救われなさがでていて良かった。
それらがきちんとまとまっているのは、さすがにベテランの手腕だと思う。
ただまあ、それが一巻にまとまっていたのなら、言う事はなかったし、さすがにヤドリギの正体も前作でバレバレだったのは拍子抜けだったのだけれど。
とは言え、琴音と梨緒という対極的なヒロインも揃い、次巻からの展開も楽しみ。

小説は94/100。
七月中には仕上げておきたいが……100%より伸びそうな気配。
剣は思考中。

kigurui at 03:25|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2010年06月10日

覆水盆に返らず。

意思セーブに失敗したので、学生時代の痛い行動やこれまで自分の書いた作品の痛い所とかを思い出しまくって悶絶。
額が割れるまで壁に頭を打ち付けたい所だが、そうすると死ぬのでとりあえず布団に潜り込んで頭を抱えて呻く。
穴があったら入って更に掘り進めて誰もいない所に行きたい。
あるいは背中に背負うタイプのロケットで成層圏を突き抜けて大気圏で燃え尽きたい。

作者が好きなので買った漫画がつまらなかったので切ない。

家に帰ってから欲しい漫画を思い出して切ない。

出先でアマゾンを見るだけだけど、それでもそういう時はスマートフォンが便利なんだろうなあと思ってしまう。
アマゾン閲覧だけに特化した安価な携帯電話は出ないものか。

目玉焼きを焼く時は、卵を上から落とすのではなく、フライパンと接地するような割方だと柔らかく焼けるよ。

電撃の新刊が出ていた。
と禁の作者のヘヴィーオブジェクト二巻が出ていたが、面白いのかなあれ。
少し気になるが、それ以外にも積んでる本が多すぎておいそれと新規開拓できない。
読書時間をもう少し多く取るべきか。

今週のプリキュア、キュアブロッサムの顔が物凄いハンサムになっててちょっとときめいた。
それに井上喜久子の母親は反則だと思う。
眼福な回でした。

プシュケープリンセス 3 (MF文庫 J) (MF文庫J)
プシュケープリンセス 3 (MF文庫 J) (MF文庫J)
クチコミを見る
今日読んだもの。
王位争奪戦の残り一人、キングを捜すために街を捜索する火ノ見とテュエッラ。
探索の帰り、幻想世界の縁を感じると言ったテュエッラの言葉に従い、二人が辿り着いた場所は……というお話。
最終刊。
MFにおける三巻終了というのは短期打ち切りと同じなので、急いでまとめた感じがありありと出ていて残念だった。
なんというか、全てにおいて惜しい作品だったと思う。
設定や話の骨子は面白いのだけれど、文章が少し回りくどいというか、分かり辛いというか。
読んでいていまいち、全体の方向性が見えてこないというか。
もう少し、一つ一つの巻における話の指針を定めていればもっともっと面白くなっただろうと思う。
去年の新人賞デビューの作者では一番真っ当に小説というものを書こうとしていただけに尚更。
次回作に期待。

小説は94/100。
剣更新

kigurui at 01:47|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2010年06月08日

キャラメイクで体力の振り分けに失敗した感じ。

風邪がぶり返してきたので一回休み。
貧弱な身体が恨めしいが、その分回復も早かったりするんだよな……。
要するに体力値の幅が狭いんだろう。
という訳で寝ます。

kigurui at 02:34|PermalinkComments(0) 男爵 

2010年06月06日

チョベリガンブロン(超ベリー顔面不細工ロン毛)。

まだアマゾンに登録だけだけど、九月にHGボールツインセットが出るらしい。
HGサイズのボールが二体。
買うしかないだろう。
でもその前に、MGボールVer.KaとMGボール08小隊仕様を組み立てなきゃな……。

メンタルが体調を悪化させたと思いきや、腹痛はただの風邪の症状でした。
視力が落ちてきてようやく気付いた。
一時は久し振りに仕事を休むかと思うぐらいに悪化していたけど、薬をぐいぐい飲んだら何とか落ち着いた。
忙しい時期は例え風邪でもそうそう休めないのであるからして。

ティーポットは割れたの同じブランドの店に行ったら、そこが店舗縮小していて品揃えが悪くなっていて超残念。
注ぎ口がV字になっていない、すらっとしたデザインが好きだったのになあ。
仕様がないので、神戸から三宮の店を色々と廻って輸入雑貨店で購入。
ベストではないがベターの品物を手に入れた。
ああ……返す返すもなんであんな不注意で割ってしまったんだろう。

小説は92/100。
剣も手直し。

kigurui at 03:30|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2010年06月04日

だし巻き卵はだしが入っているんだぜ。

なんかもー、絶不調です。
ティーポット割ったのをまだ引きずっています。
三年ぐらい使ってた、デザインも気に入っていた品物だったのに。
アホみたいな不注意で割るとかさー。
くそう、土曜日にいいのがあれば買ってこよう。

不調なので買ってきたプラモも組まず、本も読まず。
メンタルが体調にも影響しているのか、慢性的な腹痛まで。
いかん。
このままだと鬱スパイラルに陥りそうだし、今仕事が忙しいから死んでる暇はないのだ。
明日美味いものでも喰って、無理矢理テンション上げるか。



聖剣の刀鍛冶9(MF文庫J)
聖剣の刀鍛冶9(MF文庫J)
クチコミを見る
今日読み終えたもの。
前巻の最後にアリアの見に起こった事態。
それを機にルーク、セシリー、アリア、リサ、それぞれの転機が訪れる……というお話。
全くもって、セシリーが少年漫画のような熱血パワーアップを目指していて面白い。
ヒルダによる旧列集国の説明や、アリアと魔剣銘無しとの会話、ルークのトラウマとの向き合い、そしてヴァルバニルの胎動と話が動き出す前の溜のような巻だった。
それぞれの行く末が気になる終わり方で、読み終えた瞬間に次の巻が読みたくなるのはいつもながら上手いやり方だと思う。
柄にもなく次巻予想をしてみたので、ネタバレ防止で続きに。
あとやっぱ陰気巨乳のヒルダは萌える。

小説は92/100。
剣は来週辺りに。

続きを読む

kigurui at 02:38|PermalinkComments(0) 男爵 | ライトノベル

2010年06月02日

タイムふろしきが欲しいと死ぬほど思う。

お気に入りのティーポットを不注意で割ってしまうぐらいには疲れているので一回休み。
月末と週明けが重なると死ねる。
ていうかへこむ。
ティーポット……ああああああああ。

kigurui at 00:51|PermalinkComments(0) 男爵