2011年12月

2011年12月31日

一年の締め。

一年が終わりますね。
まあ適当に総括でも。

創作はどうだろう……電撃で二次突破三次落ち。
そろそろ三次を越えて四次まで残りたい。
色々と試行錯誤の種は尽きない。
ただ、少しずつ前に進めている気はする。
とはいえ、速度が遅いのは反省すべき点。
もうすこし、せめて年に三本は書けなくてはなあ。
趣味の方は夏コミに参加できたのは楽しかった。
参加と言っても原稿丸投げで、現地には行ってないのだけれど。
その節は皆さんにはお世話になりました。
後は趣味の長編もチマチマ書けているのはいい。
趣味だけあって、書いていて楽しいしねえ。
読書はちょっと……ペースが落ちてるなあ。
来年はもう少し、週に何時間か読む時間を設けておこう。
積ん読はもったいないし、良作に出会える機会をそれだけ逸している。
ゲームプレイは今までからは考えられないぐらい滞った。
ゲームを買いたいという欲も消えてきているし。
来年も多分こんな感じなんだろうなあ。
貯金はまあそれなりに。
でも年の後半、十月以降は欲望に任せて色々と買いすぎて、あんまり貯蓄できなかった。
しかも年が明けてからも色々と買う予定で……あうあうあうあうあう。
まあ、来年はもう少し抑えめに行こう。
金があればとりあえず死にはしないしな。

来年の目標はそうさね……投稿用を二本は絶対に完成させよう。
趣味の方もインスピレーションが湧けばそれなりに。
読書は週に一冊。
ゲームはP4と戦場のヴァルキュリア3を。
浪費は程々に。
そして、なんか楽しいので絵を適当に描いてみたい。
あとは幸せになれればいいなあ。

そういや職場モンハン部の皆さんが協力してくれて、金だるま、訓練所、番台の勲章が全部集まりました。
ありがたやー。
後は皆の武器の素材集めに協力するべえ。

MW2は、自分の腕が上がったのか強い人が居なくなったのか、チームデスマッチ内で初めてトップ成績。
キル/デスも悪くてトントン、良ければキルが倍数ぐらいに。
レベルも50まで上がってるし、今までのFPSのオンラインでは一番長く遊んでるなあ。

打海文三さんの愚者と愚者という小説が近代ハードミリタリという設定、のめり込ませる文章共に面白かったので、続きを買うべなとちょっと検索したら、作者急逝で未完との文字が。
うわあ……年の瀬に普通に凹んだ。
こんな面白い文章を書ける人が……損失だよなあ。
因みにヤングキングアワーズでコミカライズされていて、そっちも結構面白いです。
なぜか一巻は絶版だけど。
んああああああ。
未完とはいえ、最終シリーズの覇者と覇者一巻までは刊行されてるから買うけど……本当に哀しい。
皇国の守護者やレッドサンブラッククロス、あるいは星界の紋章とかはまだ希望があるんだよね。
作者が生きてるから。
現に、戦闘妖精雪風だって物凄く長いスパンだけど続いてはいる。
打ち切りだったら諦めもつく。
でも、作者がいないのだけはどうしようもない。

小説は6/100。
書き物置は……31までは今月なのだ。
ごめんなさい、31日に上げられるようにマジ頑張ります。

それでは皆さん、良いお年を!!

kigurui at 03:24|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2011年12月29日

しかめまどか。

メタルマックス2リローデッドクリア。
賞金首、戦車コンプ。
クエストは面倒なのでいくつか放置のまま。
まあ、SFCで散々クリアしていたのでさくさく進んだかな。
今回のリメイクは3の要素と、3での不満点がいくつか改善された良作だと思う。
バグだらけのGBAの移植品、ナウプロダクションの駄作とは大違い。
それだけで買った価値はあった。
限定版のサントラも満足できたし。
前も言ったけど、こうなったらリターンズもリメイクして欲しいねえ。
でもこのタイミングだと3DSで出そうだな……。

今年中にやりたかった本棚の整理も完了。
ずっと横置きでもやもやしていた大型サイズの資料集を縦置き出来るようにして、もう読まないであろう本、いらない本を処分カテゴリに移動。
後はテトリスのように作品を移動して入れて出して入れて出して。
見た目にはあまり変わらないけど、使いやすくなった。
定期的に整理整頓すると気持ちいいね。
とはいえ、本棚をもう一つ二つは欲しいところではあるが。


軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)
軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)
クチコミを見る
最近買った漫画で好みだったもの。
軍事国家の佐官である主人公は、同盟に組み入れられた国の軍事顧問へと赴任させられる。
地理的な条件で半ば鎖国状態となっていたその国の軍事状況は一世代前の戦術、装備であり……というお話。
時代はだいたいナポレオン戦争時代から少し進んだ辺り。
軍国はライフル、鉄道が導入されてきたが、同盟国はマスケット銃、馬車での移動がメインというような具合。
そんな装備、戦術にギャップのある状況で、どう軍国と足並みの揃えられる軍隊に教育していくのか、その改革に伴う問題にどう対処していくのか、というやりとりが面白い。
後はまあ、ヒロインが自分好みすぎたのでそれも素晴らしい。
三巻が待ち遠しい。
個人的に好みの時代、設定の作品でもあるので、打ち切られないでずっと続いて欲しい。

小説は6/100。
書き物置はもう少し……31日まで今年ですからッ!!

kigurui at 01:45|PermalinkComments(0) 男爵 

2011年12月27日

ねぎらいは三行。

心身共に限界を迎えたので一回休み。
年の瀬にこれはきつい。

kigurui at 02:40|PermalinkComments(0) 男爵 

2011年12月24日

男爵は激怒した。必ず、かの邪智暴虐の社長を除かなければならぬと決意した。

ピングドラムが終わった。
うーん……なんだろう、結局高倉家が三者三様の罰を受けたという事でいいのかなあ。
ひまりは愛している兄の記憶を失いダブルHとの関わりも消え、冠馬と晶馬は世界から隔絶された? 記憶が消えた? ということで。
でもももかの記憶は皆持っているのに、あの二人は消えるというのが良く分からないなあ。
運命の列車を乗り越える呪文も、冠馬と晶馬のやりとりをもう少し早くやっていれば、あの言葉がもっと重みを持ってきただろうと思うし。
なんだろうな。
最初から途中までがエキセントリックだっただけに、物凄く無難に終わってしまったことが不満というか。
悪い結末ではなかったと思う。
大量殺人を行ったであろう冠馬はもう少し罰を受けるべきだとは思うけど。
ただなあ。
まりおさんはまっっっっったく話に絡まなかったよね。
真沙子が冠馬にキスしたり、ももかであったであろうプリンセス・オブ・ザ・クリスタルがりんごにゲロ豚クソビッチとか言ったり(まあ間違いではないのだが)、そこらへんの微妙な整合性のずれはちょっと気になった。
まあ、DVD買うほどではないけど、楽しめはしたかな。


figmaほむら001
figmaほむほむ開封。
武器はだいたいねんどろいどと同じ。
追加されたのはゴルフクラブぐらいかな。
ねんどろいどのフォルムと違い、すらっとしたfigmaはほむらちゃんの美しさをより際立たせていると思います。


figmaほむら002
ベレッタ。
銃口がねんどろいどより手抜きだった。


figmaほむら003
バズーカ。
結局綺麗には構えられないのよね。
膝射体勢とか、無理がありすぎた。


figmaほむら004
メガほむVer。
うむ、可愛い。
左手がグリップに入りづらかったけど、押し込んだら何とかなった。
ドラム缶もあればモアベターだったのだが。

まあ、figmaなので出来は悪くなかったです。
ただほむほむはやはり武器やらが地味だからなあ。
見栄えするのはマミさん、杏子あたりだよねやっぱ。

小説は6/100。
書き物置も途中。
メタルマックス2やってる場合じゃねえ。

kigurui at 03:07|PermalinkComments(0) 男爵 | フィギア

2011年12月22日

時すでにお寿司。20点。

境界線上のホライゾンの主人公はいつもニヤニヤしているのですが、なんか設定を読んだところ、ニヤニヤせずに負の感情を持つと死んでしまうそうです。
アニメを見ていないし原作も読んでいないので経緯や詳しい病状は分からないのですが、とりあえずそれにヒントを得てホライゾンシステムなるものを考えつきました。
どんなものかというと、日常でむかついたりしたら自分を死んだとカウントして、内側に溜めずその起きた事実に対して受けた感情を死んだというアクションで吐き出すことにより、ストレスを少しでも軽減しようというシステムです。
こうすれば、例えば「出口で立ち止まって立ち話してんじゃねえよクソボケが百編死んでこい」とか「歩きタバコしてんじゃねえクソが服に匂いつくだろうがそもそもここら一体は路上喫煙禁止だカスがマナーも守れない奴は死ね」とか瞬間的に思ってしまっても「ああ自分今死んだな」とか思うことでストレスを軽減し、尚かつそういうことを思わないように務めることで清廉潔白な人間に近づけるという素晴らしいシステム。
というわけで今日は多分数えてるだけで二十回ぐらいは死にました。
しかし今気付いたけど、「はがないの夜空は普段虚勢張っててもその実小鷹に依存してて可愛いのう。ああいう女をビンタしまくって心をへし折ってやりたいウヒョヒョー」とかいう感情は、例えば世間的に見たら悪行=負の感情かもしれないが、自分にとっては愉悦の感情なんだよな。
こういうのはどっちにカウントするべきなのかしら。
自分で作ったシステムだから、自分の都合のいいように取ればいいのかな。

輪るピングドラム、HHHのキャラソン集が届いたので聞いていますが、全ての曲が素晴らしいので聞きまくってます。
まあ、収録されてるのは全部ARBのカバーなので、原曲が素晴らしいということなのだろうけど。
ROCK OVER JAPANもいいけど、イカレちまったぜ!! の方が個人的には好みかなあ。

日本橋に行っても、あんまり意味がないことに気付いてしまった。
せいぜい安いDVDを買うぐらい。
だいたいの品物はアマゾンで事足りるし、今は本もbk1で買えるし。
どっちにしろ本の状態を確認できないなら、自宅に届けられて返品・交換も自宅からできる方がいいしなあ。
まあbk1も予約が遅かったり、発送が遅かったりという欠点はあるけれど。
ポイントも加算されるし、近所のジュンク堂とか利用するぐらいなら断然こっちだなあ。

銀の匙二巻でピザを作る話がなんか個人的にツボに入った。
何度も読み返してしまう。

小説は4/100。
書き物置は今週中には仕上げたい……。

kigurui at 01:20|PermalinkComments(0) 男爵 

2011年12月20日

黄昏よりも暗きもの。60点。

寒い寒い寒い寒いなんで今年はこんな寒いんだって思ったら、去年から7Kgも減量してるからなんだと気付く。
そりゃそんだけ脂肪落とせば、寒さに弱くなるわいなあ。
お陰で今年はもうヒートテック、シャツ、保温シャツ、上着、コート、マフラーという出で立ちでしか外に出られなくなった。
事務所の中でもコート脱がなかったりするし……まあこれは環境がアレなせいもあるが。
今年の夏はそこまで暑く感じなかったのも、同様の理由からなのかにゃー。

さて、なんとなく最近感性に任せて買った漫画の中で、当たりだったものを紹介してみようと思う。


ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)
ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)
クチコミを見る
神の使いである神使を見ることのできる、神社の娘が主人公の話。
神社が舞台であることから分かるように、神道系の知識がふんだんに散りばめられた漫画。
分類するなら日常系の漫画ではあるが、随所に神道の思想や知識が分かりやすく折りこめられていて、神道の知識がない人間でも楽しめる。
作者が神道のことを本当に好きでなおかつ知識があり、それを分かりやすく説明しようと努力しているのが後書きで分かるぐらい、好感が持てる。
あと、女の子が全体的に太ましいのも素晴らしいです。


KEYMAN 1(リュウコミックス)
KEYMAN 1(リュウコミックス)
クチコミを見る
街の悪党共を卓越した身体能力で成敗するKEYMANが何者かに殺された。
誰が殺したのか、そもそもKEYMANとは何者だったのか……というお話。
リザードマンや獣人なども人間と同じ規律、社会で生活する世界におけるサスペンス漫画。
リザードマンの刑事であるアレックスやロリババアのDrネクロというキャラのやり取りが面白く、バディものが好物である自分の琴線にはぴったりの漫画だった。
あと、女の子がむちむち気味なのも素晴らしいです。


鏡野町のカグヤ 1 (電撃コミックス)
鏡野町のカグヤ 1 (電撃コミックス)
クチコミを見る
鏡野町に住む白髪の少年、武美はある日、湖のほとりでカグヤと名乗る少女と超常的な出会いをする。
祭の語り部として選ばれた武美と恋をしてみたいと告げるカグヤだが、そこに竜宮の姫や雪女も登場し……というお話。
変則的なボーイ・ミーツ・ガールものかな。
バトル要素もあり。
昔話のエピソードを作者独自の解釈で話に絡め、きちんと処理しているのが面白い。
昔話の設定をそのまま持ってくるのではなく、きちんと自分で呑み込んで消化した上で描写する妙味がある。
それはまあ、こういったことに限らず、知識全般にいえるのだろうけれど。
小説だって、隆慶一郎や司馬遼太郎を筆頭に、知識を噛み砕けて消化出来て尚かつ吐き出せるのが面白いのだし。
話がそれたが、この作者もそれが出来ていると思うので、続きに期待。
あと、女の子がたゆんたゆんなのも素晴らしいです。

というわけで最近の当たりはこの三作品。
まだまだ開拓していきたい。

小説は4/100。
年末と人手不足で忙しくなってきた。
だれか多重影分身とか教えてくれないかな。

kigurui at 04:07|PermalinkComments(0) 男爵 

2011年12月17日

嘘はばれないようにしないと意味がない。30点。

唯ぐるみ001
唯なら俺の隣で寝てるぜ。
というわけでローソンで最後の一つとなっていた唯くったりぬいぐるみ(大)を購入。
隣は比較対象のねんどろいど牧瀬紅莉栖。
超でけえ。
現在進行形で置き場所に困っているけど、買ってしまえばまあそれなりに可愛いもので。
正直ぬいぐるみなんていつの間にか部屋にあった子犬のものしか持っていなかったけど、でかさもあってそれなりに愛でています。
頭と身体のバランスがちょうどいいね。


唯ぐるみ002
ロマンス。
寸胴体型がたまらない。
しかしこれ、サンリオが作ってるのね。
無駄に本格的だな……。

メタルマックス2リローデッドは野バスを捕獲。
改造して愉快なことに。
しかし、3もそうだけど次から次へとクエストが発生して、メインストーリーを進める暇が全く無いな。
ようやくスカンクスを倒した所。
クリアはいつになるか。
つうかアニメP4が追いついてきたから、こっちもやらないと。
年末年始の休みはゲームと読書に費やすか。

なんか肋骨が痛い。

小説は4/100。
書き物置もぼちぼち。
来週には書き物置用は仮完成かな。
書いていて楽しいシリーズではあるので、是非完成させたい。

kigurui at 03:11|PermalinkComments(0) 男爵 | フィギア

2011年12月15日

せめて見えないところでやって欲しかった。60点。

メタルマックス2リローデッドプレイ中。
とりあえずメカニックとソルジャーと犬を仲間にして、レッドウルフを手に入れた。
次は野バスを捕獲しなければ……。
個人的には犬を外してもう一人人間を入れたいんだけどなあ。
ソルジャーをバイクに乗せる関係上、もう一人人間をパーティーに入れて戦車三台プラスバイクという編成にしたい。
でもまあ、そうすると多分物凄く簡単になっちゃうんだろうな。
かといって、ソルジャー外してハンター入れるのもなあ。
レッドウルフは好みだから固定だとして、そうしたらあと一つしか戦車を入れる枠がない。
SFC版はバイクなんて無かったから、ソルジャーを野バスに乗せてたりしたんだが。
まあ、ぼちぼち考えよう。

MW3のマルチプレイもぼちぼち継続中。
最初はキルデスが4-16とかで、こんなの絶対うまくならねえとか思ってたけど、立ち回り方やアタッチメント、perkなどをカスタムした結果、アベレージで10キルぐらいは出来るように。
たまに12-8ぐらいで、キルレートがデスを上回ったり。
まあでも、ここいらが限界かな。
これ以上は無理。
曲がり角で出会った拍子に放ったこちらのナイフ攻撃をバックジャンプで躱してそのままヘッドショット決めてくるようなプレイヤーにはなれないしなりたくもない。
あそこまでゲームに傾倒した腕前って逆に怖いわ。


劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD]
劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD]
クチコミを見る
今日見たもの。
とある廃マンションで、なんの繋がりもない女子高生たちの飛び降りが相次いで起こる。
物事の死の線が見える両儀式は、その事件に囚われた黒桐を救い出すためにその事件へと関わっていく……というお話。
全八部作の第一作なので、魔術やら死の線やら人形使いやら、そういう世界でありこういう観念が存在する世界という説明のような巻だった。
時間も四十分程度と短く、アクション以外に特筆すべきものは無かった。
雰囲気は嫌いじゃないので、続きも観るとは思う。

小説は2/100。
書き物置用もチマチマと。
ランニングしてポジティブになったら文章書けるかなとか心配したが、効率は落ちたものの思ったよりは作業が進んでちょっと笑った。
運動と文章って、あんまり噛み合わないと思ったが。

kigurui at 01:30|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2011年12月13日

フィギア配置を再考する。60点。

土日が超寒くて事務所の中ですらピーコートとマフラーの完全装備でも手が震えてタイピングミスや数字すら書けない有り様でザキザキザラキザラキーマと呪詛を飛ばしていたのですが、このままでは早晩MP切れになるので、腹巻きとヒートテック的なものを買いました。
自衛しないと死ぬわ。

メタルマックス2リローデッドを購入。
正直、これまでにSFCやらで死ぬほどクリアしまくってるので主な展開は全て知ってるのだが、それでもメタルマックススキーとしては買うしかない。
思えばナウプロダクションがGBAへバグだらけのクソ移植をしてくれて以来、リメイクとはいえ新作が出るなんて思わなかったなあ。
とりあえず野バスをゲットしなくては。
しかしこうなったらリターンズもリメイクで出して欲しいねえ。
リターンズも1のリメイクだからリメイクのリメイクになるが。
しかし戦車はいいね。
ロマンだぜ。

Fate/Zero Vol.2 -王たちの狂宴- (書籍)
Fate/Zero Vol.2 -王たちの狂宴- (書籍)
クチコミを見る
今日読んだもの。
キャスター登場から聖杯問答終了まで。
アニメでは端折られた部分もきちんと描写されているので、より登場人物や状況への理解が深まる。
キャスターと龍之介の狂いながらも微笑ましい師弟愛やら、切嗣の闘い、王の在り方を議論する問答など見所は満載。
相変わらずの読みやすい文章で描写もうまく、没入感が良かった。

小説は2/100。
今週は書き物置に注力しよう。

kigurui at 03:14|PermalinkComments(0) 男爵 

2011年12月10日

一月の給料がヤバイ。0点。

アニメペルソナ、りせちーのポールダンスはあったけど、花びら大回転が無くて不満。
まあ、さすがに無理だったか。

ピングドラム、真沙子は兄弟愛で慕ってるみたいに描かれてるけど、序盤に思いっきりキスしてたよなあ。
んー良く分からん。
まあ、皆不幸になってくれるエンドに突き進んでいるようなので、凄く楽しいです。
いや、別にどんな話でもバッドエンドになればいいとは思わないですよ。
でも、今のピングドラムの展開ってもうどうあがいてもハッピーには慣れないじゃないですか。
晶馬は家族を失い、冠馬は大量殺人犯、ひまりは死亡。
これでハッピーエンドにするったら、せいぜいが「来世では本当の家族に……」ぐらいなもんだろうし。
あるいはまあ、晶馬とりんごがくっついて、双子の男女の子供産んで冠馬とひまりとか名付けるとかそれぐらいよね。
強引にラストをハッピーだのバッドにだのしろってわけじゃなくて、物語として進んでいる方向性に即した終わりがあるよねって言う。
で、その中からだと自分はまあ暗いEDが好きですよって。
だから映画版ミストのラストとか最高です。
でも純粋なハッピーエンドも好きですよ。
たとえば……あー、なんだろう。
小説だけど狼と香辛料とか。
あとは思いつかないけど。
ともあれ、あと二回か三回、ピングドラムの締めくくり方には注目しています。

小説は修正終わり。
これでようやく新作と書き物置用と、あとずっと停滞してたタイムリープものに着手できる。
とりあえず書き物置用だなあ。
そして実はもう一つ手直ししたい奴があるけど……まあこれは来年でいいや。

kigurui at 02:33|PermalinkComments(0) 男爵 

2011年12月08日

緩やかな頭痛。0点。

なんか風邪ひいたっぽいので一回休み。
最近薬の効きが悪い気がする。

kigurui at 01:05|PermalinkComments(0) 男爵 

2011年12月06日

昨今のアレがアレなのでそれは買えない。0点。

iPhoneを買うほどではないけど、スマートフォンでのネットは少し気になる。
でもスマートフォンで電話やメールするのはちょっと面倒だし、そもそもバッテリーの問題がある。
ならipodtouchでネット環境を整えてみようかと環境や料金を試算。
概算出してから、出先で見るのはアマゾンとツイッターぐらいだと気づき、計画を闇に葬る。
だいたい、自分がスマートフォン持ちたいという理由は携帯でも(たまにする)ネットを快適にやりたいというのと、タッチ操作で格好良く操ってみたいというだけなんだよな。
タッチ操作で操るだけってなら、今のクラシックが壊れたらipodtouchに買い換えればいい話だしなあ。
そもそも、携帯でネット閲覧する時間があるなら、文庫本読んでるしな……つくづく携帯とかと相性が悪い。
でもスタイリッシュ操作には憧れちゃうの。

ピングドラムの修羅場で凄いニコニコしたっていう話をしたら、なんかこう、物凄い人非人みたいな評価をされた。
あれー?
いやでもこう、他人の修羅場ってドキドキしない?
うっはー、こいつら前はあんなに仲良かったのに、こんな些細なきっかけで決裂しちゃうんだあはははははいいぞもっとやれ!! みたいな。
それから紆余曲折を経て仲直りしてもいいけど、さらに色んなきっかけが積み重なって関係が修復不能になって永遠に決別してるっていう方が好み。
それで数年後再会して、片方はなんとか話しかけようとするけど、もう片方はもう憎しみすらこもった眼で一瞥するとかそういうのだと素敵。
うん、人格歪んでるね。


Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)
Fate/Zero Vol.1 -第四次聖杯戦争秘話- (書籍)
クチコミを見る
今日読んだもの。
ゲーム本編では軽く触れるだけだった第四次聖杯戦争の詳細を描く……というお話。
それぞれのサーヴァント召喚から倉庫街の戦闘まで。
虚淵弦の文章は初めてまともに読むのだけれど、けっこう読みやすくて驚いた。
地の文の描写はそれなりに長いし、難しい漢字もそれなりに使うのだけれど、何度も読み返さなければならないほど難解な造りではない。
なんだろう、近い作風を探すなら隆慶一郎辺りだろうか。
隆慶一郎も地の文が多くいけれど、すらすらと読める。
それはきっと、書く人間の知識が多く、さらにそれを自分のものとして飲み込めているからだろうと思う。
だからこそ、他人に容易に情景を想像させ、頭の中にするりと入って来る文章になっている。
個人的な雑感ではあるけれど、虚淵弦の文章にもそれを感じた。
話も嫌いじゃないし、これはこの後も読み進めていこう。

しかしこれは同人版だからか、なぜかアマゾンのカテゴリがミュージックになっている。
良く分からん仕様だのう。

小説は手直し中。
十二月中盤には終わるかなあ。

こんな時間に砂糖たっぷりラスクを食べてしまった。
今日はなぜかポッキーを食べたくなって、職場で一袋食べてしまったし。
ぐああああ、体重が……。
明日からまた節制せねば。

kigurui at 03:44|PermalinkComments(0) 男爵 

2011年12月03日

書くことを忘れた。20点。

つくってポップンは結局かすりもしなかったようで。
残念無念。

年末年始、当面のお仕事目標は風邪を引かない、事故に遭わない、急がず、焦らず、はぁはぁせず、作業の合間にできるだけ水分補給。

部屋を掃除。
要らないものをぽいぽい捨てて、いらない本を処分。
とりあえず、最近とみに増えてきた資料集を入れる本棚かスペースが欲しい。
横置きは好きじゃないんだよなあ。

ここ数週は微妙だったなあとか思ってたピングドラムが、今週は面白かった。
ホント、何度も何度も書いてますが、ああいう修羅場が大好きでして。
これはたぶん寝取られの嗜好にも繋がると思うんですが、なんかああいった転がりだした事実というか、止めようもなく加速していく状況というのがとても好きなんです。
寝取られの場合はあああああああああああああ哀しい悔しいぐうううううううううでも昂奮しちゃう(人それを鬱勃起という)って感じなんですが、性的なものを含まない、ああいう純粋な決別の場合はうひゃひゃひゃひゃひゃひゃ最高!! もっとやれ!! って思う。
もうなんか、これまでは曲がりなりにも家族として仲良くやっていたのが、あんな風に物別れするのが最高に楽しい。
願わくば仲直りなんかしないで、あのまま道を違えたまま終わって欲しいね!!
思い出すだけでもあのシーンはニヤニヤしてしまうわ。


ほむら001
というわけでねんどろいど暁美ほむらを開封。
付属品は盾とベレッタとバズーカとグレネード。
まさにクールビューティーといった風情の表情。


ほむら002
あ……あの、きゅうべえ、これ、あげる。
メガほむ。
髪型も三つ編みになって、クールビューティーから一気に内気で可愛らしい少女に。
きゅうべえはfigmaまどかから持ってきました。


ほむら003
今度こそまどかを救ってみせる……この魔法のベレッタで。
盾は差し込み式。
きりりとした表情に変えると、劇中での決意が伝わってくるよう。


ほむら004
バズーカ。
バズーカといえば高田純次。

まどかに続き、文句のない出来。
これにクレイモアも付属していれば完璧だったな。
あとはマミさん、さやか、杏子か。
figmaの方はもう全員購入&予約したし、楽しみだ。

小説は半ばまで修正。

kigurui at 02:36|PermalinkComments(0) 男爵 | フィギア

2011年12月01日

近所のローソンでも律っちゃんクリアファイルだけが残っていた。40点。

例年より二倍の当選本数!!
さらにいつもの二倍を購入!!
そしていつもの三倍の当選祈願をすれば……年末ジャンボ宝くじ、お前の予想を上回る十二倍の当選確率だーッ!!

というわけで今年はいつもの倍の宝くじを買ってみようと思う。
当選したら純白のメルセデスにプール付きのマンション、最高の女とドンペリニヨンするんや……。


律001
再販されたねんどろいど田井中律を開封。
いやはや、一度は再販分確保できずに注文延期して諦めかけたが、無事届いて良かった。
そして転売価格で買わなくて良かった。
ともあれ、このように活発な律っちゃんを余すところ無く表現できていていい感じ。
可愛いねえ。


律002
泣き顔とたんこぶ。
たんこぶは磁石でくっつける仕様で、左後頭部以外には接着できず。
ちょっと残念だが、まあ出来自体は良し。
澪に殴られた図が容易に想像できますね。


律003
ヘアバンドを取ったVer。
個人的にはこっちの髪型の方が好み。
律っちゃんはホンマ男前やで。
レズッけはなさそうだけど。


律004
付属のドラムセットと共に。
ドラムセットの出来は良い。
下半身差し替えで椅子に座らせるのだけれど、どうせなら足は本編でもそうだったようにジャージVerにして欲しかったなあ。
だってあなた、スカートでドラムなんか叩いたらパンツ丸見えじゃないですか。
いや律っちゃんはそんなこと気になさそうだけど。

ともあれ、再販されて良かったデスよ。
満足な出来でした。

小説は手直し中。
これが終わったら、新しいのとタイムリープものと書き物置用を書いていこう。
まだまだ書ける。

kigurui at 02:14|PermalinkComments(0) 男爵 | フィギア