2013年05月

2013年05月30日

スットン共和国

まだ少し咳は出るけど、運動できるぐらいにはなったのでジョギングへ。
一週間休んだのと、病み上がりなので3kmで切り上げたのだけれど、死ぬかと思った。
病気ってマジで体力を衰えさせるんだな……正直吐くかと思った。
まあ走れるは走れるようになっているので、また距離を戻して体重も落としていこう。
つうか走り始めて二年だけど、まだ目標体重に達していない。
夜中の間食をやめる、ジョギングの距離を伸ばす、ぐらいで落ちるんだろうかね。
とりあえず、体力を戻そう。

ふとしたことで東方Projectの音楽を聴いて、作業用BGMに良さそうだとサントラを探すも、原曲そのままのは無いとの事。
聞きたいなら、ゲームを買って吸い出す(もちろん個人的に楽しむため限定)しか無いらしい。
ともあれ、ソフトそのものはそれほど高いものでもないので、試しに買ってみた。
で、ソフト内に収録されているのは1ループのみで、しかもいきなりぶつ切りで終わるという微妙な具合。
どうしたものかとググったら、専用の編集ソフトがあった。
はー、まあプレイ人口が多いと、こういう点で便利だよなあ。
というわけで色々と編集して、満足行く曲にしてipodへ。
すると今度はアートワークが登録できない。
なんでだとまたググったら、なぜかituneにWAVファイルではアートワークを登録できないらしい。
なんだその意味の分からない仕様は……とりあえず、別方式に変換して登録できるようにしたけれど。
んー、なんかこう、Ituneって結構不便だよね。
携帯音楽プレイヤーという市場で一強だから皆使ってるけど、それにあぐらをかいているような気がしてならない。
基本的に、重いし。
まあ、不満を持ちつつも使うしかない訳だけど。

とりあえず、東方紅魔郷だけを買ってみたけれど、確かにこれは音楽がいいと言われるのは分かるなあ。
なんかこう、聞いていて心地いい。
レトロゲームを好む人の琴線に触れるというか。
リズム感と音源がいいのかな。
専門家じゃないから良く分からないけれど。
追々、残りのも買っていこう。

小説は92/100。
こちらも再起動しなければ。
あともう少しだし。
MF用はプリントアウトを終えた。
一度読んだ後、レターパックで送ろう。

kigurui at 02:53|PermalinkComments(2) 男爵 

2013年05月28日

人間になれた。

風邪はようやく細菌どもに身体が勝ちだしたのか、痰も鼻汁も止まってきた。
が、咳だけが止まらない。
なんというか、唾も飛ばない空咳に近いというか、具体的に言えば寝てるときに咳で身体が跳ねて起きてしまう感じ。
お陰で余計に眠りが浅くなって快復が遅くなっている。
早く治したい……。

そういえば今回の風邪で初めて寝ながらマスクを付けたのだけれど、口の中が全く乾燥しなくていい感じだった。
むしろ唾液が沸きすぎて、マスクに溢れてたぐらい。
汚え。
しかし耳栓してマスクして……これで後目隠しすれば、セルフプチSMだな……。

今回の風邪、熱や頭痛が無かったので療養しながらPS3のテラリアをやっていたのですが、これがなんとも面白い。
ゲームの概要はもう色んな所を探検して素材を集めて、武器防具、道具、家やら生活用品を自由に作るという、マインクラフト2D版みたいなゲームなのですが、本当に自由度が高い。
家の形も、外壁も内装も家具の配置も燭台も何もかもを自由に作れる。
探検して採掘して戻って家で作成してまた探検して……の繰り返しなんだけど、飽きない。
気が付いたら時間が吹き飛んでるぐらいのヤバさ。
これ、飽きる日が来るのだろうか。



公式実況動画を貼っておくので、皆も興味を持ったら買おう。

ちょっとした節約で5000円を500円程度にできた。
脳味噌と行動力は使いようだなあ。

コンソメが好きな自分としては、セブンイレブンの100円で買えるカリカリダブルコンソメというお菓子が今のブームなのですが、食べた後数時間経っても指からコンソメの匂いが取れない。
いやまあコンソメ大好きだから別にいいけど、そんな匂うもんなのか……?

小説は92/100。
ここ一週間は風邪のせいで全く進まなかった。
気を取り直して、とりあえずフォーマットを直した奴をMFに送らねば。

kigurui at 03:24|PermalinkComments(0) 男爵 | ゲーム

2013年05月25日

一回休み。

風邪が完治しないのと、テラリアに時間吸い取られたので一回休み。
テラリアヤベエわ。
やることがありすぎて、時間が消えていく。

kigurui at 03:44|PermalinkComments(0) 男爵 | ゲーム

2013年05月23日

私の風邪は鼻と喉の両方から。

微妙にまだ風邪気味です。
痰は出なくなったけど、咳と鼻水が止まらない。
目の周りも熱っぽいし。
今年の風邪は厄介だなあ。

故あってゲームボーイアドバンスを探していたのですが、もう普通の店舗じゃ取り扱ってないのね。
ていうかまあ、中古ショップ自体がもう近辺にはないからゲオ、古本市場辺りを廻っていたのだけれど。
結局、ネットでよさげなSPをゲット。
SPって電池いらないのね……しかもなんか手鏡みたいな大きさでびびった。
後は欲しかった原因のサンサーラナーガ1×2を買うだけだ。
サンサーラナーガ、それぞれFCとSFCでクリアはしたんだけど、システム周りというか、今で言うUIが本当にクソというか不出来で。
押井守、川井憲次、桜玉吉という奇跡的なスタッフが揃ったゲームなのに、そこだけがもうネックで。
GBA版はそれが改善されているというので、なんとなくこの度購入することに。
つうかこれでまた携帯ゲーム機が増えるな……。

余談だけど、富野由悠季監督がインタビューだったか本だったか(多分∀の癒し)で、人は9歳辺りまでに触れたものが創作としての原体験になる見たいな事を言ってて、サンサーラナーガとメタルマックスの件を鑑みてなるほどと頷いてしまう。
この二作、ちょうど8〜9歳児に出会った作品で、だからいまだに竜とかの話を書いたりするんだよね。
もう古臭いと分かっていても、たまに竜での長編ネタが思いついたら書いてしまう。
まあメタルマックスに関しては戦車と言うより戦闘、戦争の度合いが大きいけど。
あともう一年付け加えていいなら、10歳の時にドラゴンクエスト5が発売されてる。
これはもうゲーム、小説共にドハマリしたし、創作にも結構影響を受けてると思う。
本で言えば小学校の頃、兄が持っていたアルスラーン戦記とか読んでたのもまさに。
もちろん長じてから影響を受けたのも沢山あるし、これだけがそうだって訳でも無いけれど、それでも自分の創作の根源にあるのは、この辺りなんだろうなと思う。
ゲームそのものじゃなくて、こういった作りのお話に触れた、という事かな。
お話、いや、世界かな。
まあその辺は自分でもちょっと曖昧だけど。
ともあれ、成人していい年になってまで、こうやって懐古するのは、そういったものがあるからなのだろう。
というわけでサンサーラナーガ買ったらプレイしまくろう。

小説は92/100。
書き物置も更新しました。

kigurui at 03:36|PermalinkComments(0) 男爵 

2013年05月21日

二回休み。

まだ風邪が治らんです。

kigurui at 02:51|PermalinkComments(0) 男爵 

2013年05月18日

一回休み。

風邪が喉に来て痛いので一回休み。
いかんなあ、体調を整えなければいけないのに。

kigurui at 02:57|PermalinkComments(0) 男爵 

2013年05月16日

酔っぱらったときに人間の本性は出る。

最近は仕事のストレスで奥歯を痛むほど噛み締めたり、その余波で偏頭痛が起こったりしなくて快適だわあとか思っていたら、普通に風邪引いて頭痛が。
あにょにょにょ。

サブディスプレイに縦線が入って消えなくなった携帯が、修理から戻ってきた。
もーあの、その代わりに使ってた代替機が、動作が重いわ画面が汚いわ使いづらいわで、汚い言葉だけどもうウンコそのものな携帯だったので、戻ってきた愛機が女神そのものに見える。
つうか二年以上前の携帯よりスペック落ちてる代替機ってどうよ。
一時はこれを機に機種変更するかなあとかも思ったけど、今auのガラケーってかんたん携帯を除いたら三種類しか無くて、しかも最新で2012年の秋モデルなのね。
もうガラケーに全く注力してないのが丸分かりだわ。
もうこれが決定的に壊れるまで、この現行機を使い続けよう……カメラ機能以外は満足してるしね。

携帯と言えば、買ったSIMの3G対応が迫ってきたので、スマホをいい加減選ばなければ。
とはいえ、もうiPhone4Sでほぼ決まりだけれど。
とはいえ、Nexusもホントに後ろ髪を引かれている感じなんだよな……。
うううむ、悩む。

また本棚が欲しい病に罹患した。
罹患したというか、物理的に棚が足りないんだが。
GWに兄夫婦が来る前に一度整理して、積ん読とかはシリーズ別に綺麗に並べ直したりしたんだが……うーん。
読んでない本とかも定期的に処分したりしているんだけどなあ。
もうちっと広い部屋に引っ越ししたいのう。
稼がなきゃねえ。

ビッグ・ドライバー (文春文庫)
ビッグ・ドライバー (文春文庫) [文庫]
今日読んだもの。
女流ミステリー作家のテスは講演の帰り、大きな男に暴行され、殺害されかける。
絶望と共に帰宅したテスは、しかし時間と共に復讐を胸に秘め始める……というお話と、夫のとんでもない秘密を知ってしまった中年の妻、ダーシーの葛藤を描いた中編二作。
うーん、表題のビッグ・ドライバーよりは、後半のダーシーの話の方が面白かったかなあ。
ただ、どちらもホラーというよりはサスペンスに近い感じ。
恐ろしいとか怖いとかではなく、どうなるのかという緊張感が全編に漂っていた。
キングの相変わらずの味は健在なので、キング好きなら満足できると思う。

小説は92/100。
久し振りに長編一本完成かなあ。
なんかフックというかエッジが足りない気もするが……。


kigurui at 03:06|PermalinkComments(0) 男爵 

2013年05月14日

幽霊・妖怪画大全集

乙松さんに誘われて死霊のはらわたリメイク、幽霊・妖怪画大全集に行ってきました。

死霊のはらわたリメイクはなんだろう……まあホラーとして無難な出来なんだけど、なにかが足りない感じ。
血飛沫は割合多かったけれど、はっちゃけきれていない感じというか。
踏み込みが甘いというか、サム・ライミ版の方がまあ良かったかな。
あと、この映画に限った話じゃないけれど、ここ数年のホラー映画で多用されている、大きな音で驚かすっていうのを辞めて欲しい。
画面に見入っているときに大きな音を立てられたら、そりゃ驚くわ。
でもそれは生理的な反応であって、怖いって訳じゃ無いんだよ。
まあなんだろう……深夜に流れてたら作業しながら見るかもって感じの映画だった。
期待しすぎたかしら。

それに反して、大阪歴史博物館でやっていた幽霊・妖怪画大全集は期待に違わぬ展示でした。
しゃれこうべから始まり、幽霊、妖怪と和製ホラーの歴史が目白押し。
百鬼夜行の巻物や妖怪図鑑の巻物、地方のローカル妖怪やら幽霊やら、出自を元にした解説もあり、見応えがあった。
意外に、幽霊や妖怪の絵図でも当時の政治や世論を風刺してるものがあったり、文明開化を図面化したようなものもあって、妙なおかしさがあって楽しめた。
解説文の文字が少々小さいのを覗けば、満足できる展示でした。
あんまりこういう所では図集やらは買わないのだけれど、今回は展示中の作品全て(臨時の特別作品は除く)を収録した大全集を2000円で購入。
解説も展示場のものそのままを収録しているので、改めて楽しめた。
またそれ系統の展示があれば、行ってみたいなあ。
いかんね、この歳になって美術館巡りが趣味になるかも。

ニャル子さんのクー音は長身ポニーテール、タンクトップにGパンと、変態であることを除けば理想のキャラである上に、アニメだと声が柚木涼香だった。
これでホント、変態じゃなければ……。


小説は90/100。

kigurui at 03:16|PermalinkComments(0) 男爵 

2013年05月11日

5月3日大阪プロレス、後半二試合。

先の記事の続き、後半分をアップします。

大阪プロレス026

まずは休憩を挟んでちびっ子プロレス道場。
今回は王子と瀬戸口選手。
RAWのシャツを着ている瀬戸口選手に、ちびっ子がDXのシャツを着ていてちょっと笑った。
メニューは自己紹介、前転と後転、そしてヒンズースクワット30回。
全員合格!! といいたいところだけれど、ちびっ子たちに瀬戸口選手を倒す任務が与えられる。

大阪プロレス027

足を付かせるか、ロープに押し込めば勝ちという勝負に、シャツを脱いでやる気満々の瀬戸口選手。

大阪プロレス028

群がるちびっ子に押し込まれた瀬戸口選手。
なかなかの勝負であった。
一応ちびっ子の横顔には修正入れてます。

大阪プロレス029

そして第四試合、スパイダー・J選手、クワイエット・ストーム選手VSビリーケン・キッド選手、織部克巳選手のタッグマッチ。
前説でルードレスラーにはブーイングをって言われたので入場時にブーイングしたら、めっちゃ睨まれて超怖かった。
いや、なんかあの、筋肉の付き方が半端無いッス、クワイエット・ストーム選手。
あのチェーンでどつかれるかと思った。

大阪プロレス030

相棒のスパイダー・J選手。
ジョーカー解散に伴い、ルードレスラーが激減した中、この二人は変わらず気を吐いたファイトを見せてくれていました。

大阪プロレス031

試合序盤はビリーケン・キッド選手がスパイダー・J選手を捕え、自陣に引き込みながら攻めたてる。
織部選手の跳び技やツープラトンなども炸裂し、有利に展開。

大阪プロレス032

しかし織部選手にタッチし、一瞬の隙を突いてスパイダー・J選手もクワイエット・ストーム選手にタッチ。
圧倒的なパワーで織部選手を圧倒。
助けに入ったビリーケン・キッド選手諸共場外へ。
写真はレフェリーの死角で椅子攻撃を加えるスパイダー・J選手。
音がやばかった。

大阪プロレス033

リングに戻った後も、クワイエット・ストーム選手の猛攻が続く。
なんというか、クワイエット・ストーム選手、背はそんなに高くないんだけど、筋肉がみっしり詰まってる感じ。
そのお陰で、ボディスラムやラリアットの一つ一つがど迫力。

大阪プロレス034

そしてスパイダー・J選手も十八番の首締め。
これ、技名あるのかな?
容赦のない反則に、織部選手が悶絶。

大阪プロレス035

試合はそのまま、助けに入ったビリーケン・キッド選手をクワイエット・ストーム選手が抑えている間に、スパイダー・J選手がサイドスピンフリップからのボストンクラブでタップ。
両者の経験の差が勝敗に繋がった感じでした。

大阪プロレス036

第四試合、松山勘十郎選手、くいしんぼう仮面選手、えべっさん選手VSゼウス選手、ブラックバファロー選手、タイガースマスク選手。
松山勘十郎選手の入場シーン。

大阪プロレス037

観客の声援に応える松山勘十郎選手。
いい笑顔。

大阪プロレス038

何度も書いているが、今回のベストフォト。
ど真ん中の位置といい、脱ぎかけのポーズといい、瞑った眼といい、格好良すぎる。
これで右手がぶれていなければパーフェクトだったのに……ッ!!
自分の撮影技術の未熟さに泣ける。

大阪プロレス039

ゼウス選手。
何度見ても筋肉がはんぱねえ。
余談ですがゼウス選手、フリーマーケット前の一時閉場の際、老婦人や子供に囲まれて大人気でした。

大阪プロレス040

試合はタイガースマスク選手とえべっさん(さんが尊称だから選手はいいよね……?)のコブラツイスト? 卍固め? からの「今日試合終わったらどこいく〜?」からのコント三連発。
くいしんぼう仮面選手のBAR、AM3やゼウス選手のジムを宣伝し、両者がお礼をいう一幕も。
落ちはえべっさんの家に行くというネタ。

大阪プロレス041

くいしんぼう仮面選手が仕掛けてきた腕相撲対決に応えようとした瞬間、奇襲を喰らうブラックバファロー選手。
意外にあくどいぜ……。

大阪プロレス042

松山勘十郎選手とゼウス選手のポージング。
この後ハリセン対決を制したゼウス選手が、こっちにハリセンを放り捨てて来て素でびっくりした。
つうかそのハリセン、根本がちぎれかけていた。
どんだけの力ではたいたんだ……ゼウス選手の膂力が恐ろしいわ。

大阪プロレス043

おなじみ眩暈坂。

大阪プロレス044

倒したえべっさんにフラッシングエルボーを入れたタイガースマスク選手の方が苦しむという、ネタなのかマジなのか分かり辛い一瞬。

大阪プロレス045

ゼウス選手の絞め技に、「マジで痛い!!」と叫ぶえべっさん。
必死の懇願にも、力を緩めないゼウス選手。

大阪プロレス046

怒りのえべっさん、シャツを脱いで本気モード。
だが、あっさり薙ぎ倒され、松山勘十郎選手にタッチ。

大阪プロレス047

リング中央にて張り手合戦。
序盤の数発は互いに張り合っていたが、その内ゼウス選手が一方的に張り続ける。
いい音がしていた。

大阪プロレス048

松山勘十郎選手がプランチャー、えべっさんとくいしんぼう仮面選手も続くと思いきや、二人とも飛ばないプランチャー。
もちろん着弾せずに二人で立ち上がったところに、タイガースマスク選手の蹴り突っ込み。

大阪プロレス049

決着はゼウス選手のえべっさんへのアルゼンチンバックブリーカー。
試合後、ゼウス選手は「選手がどれだけ離脱しても、大阪プロレスはこれからもずっと盛り上げていきます!!」と熱いコメント。
退場するときに身体にタッチできたけど、恐ろしいほどに固い筋肉だった。

大阪プロレス050

おまけ。
会場の外でクワイエット・ストーム選手が手作りのアクセサリーを500円で売ってたので、1000円出したら「ア……オツリ、ナイ……」としょんぼりしたので、両替して購入。
プロレスラースーパースター列伝なら「なに? 千円しかない? なら千円で一つ売ってやるよ、ガハハハハハ!!」って言われて千円奪われていただろう。
そしてクワイエット・ストーム選手がポージングすると同時にスパイダー・J選手も動いたから、二人でポーズしてくれるのかと思いきや、ただ単に横を向いただけだった。
この後に行われたナスキーホール初のフリーマーケットでもクワイエット・ストーム選手はやることがないのか、スパイダー・J選手の隣でずっとぼーっと座ってたりと、なんか萌えキャラっぽくて和んだ。
試合中はあんなに怖かったのになあ……。
それにしても、自販機の逆光が思ったより強烈だった。
逆光は敵だぜ……。

大阪プロレス051

ラスト。
フリーマーケットでスパイダー・J選手のタオルと、ブラックバファロー選手からシャツを購入。
ブラックバファロー選手のなりきりグッズがあったが、流石に一人ではちょっと恥ずかしかった……けどやれば良かったかなあ。
シャツは中古なので、ブラックバファロー選手の香気がほのかに……。


以上、5月3日の大阪プロレスの顛末でした。
四月末の選手の大量離脱は確かに衝撃ではありましたが、それでもなお、大阪プロレスは元気でした。
団体のコンセプトもぶれることなく、新人も気持ちのいいレスリングを見せてくれ、楽しかった。
また近いうちに見に行きたい。

kigurui at 04:39|PermalinkComments(0) 男爵 | その他

2013年05月09日

5月3日大阪プロレス、前半三試合。

というわけで五月三日、GW初日に大阪プロレスを観戦してきました。
GWなのでリングサイドが混んでるかなと思ったけど、特にそんなこともなく、真っ正面が空いていました。
ナスキーホールは初めてだけど、Mアリよりやや広く、レスラーも動きやすそうだった印象。
リングサイド正面の真ん中だったので、場外乱闘も間近で見られて良かった。
以下は写真と解説。
ツイッターでもアップした画像が混じっています。

大阪プロレス001

選手入場。
開会の挨拶はブラックバファロー選手から。
今日のゲストはコスモソルジャー選手。

大阪プロレス002

第一試合、タコヤキーダー王子VS米田太陽選手。
米田選手はデビュー三戦目なので、まだ入場曲は無し。
余談だけど、王子の入場曲の冒頭イントロを聴いて、ようやく王子の名前がダースベイダーのパロディなのだと気付く。
そして、王子の曲がいまだに頭から離れない。
俺は天下のタコ〜ヤキ〜♪

大阪プロレス003

試合展開は米田選手が打撃を仕掛けるも、王子が「どうした!! そんなもんか!! もっと来い!! もっとだよ!! もっと!!」と煽りまくりながら同じことをやり返す展開。
ロープワークからの打撃でふらついた米田選手を捉えて、ヘッドロック。

大阪プロレス004

そのまま腰を落とし、厳しい攻め。

大阪プロレス005

更に責め続け、キャメルクラッチへと移行。
必死でロープへ逃れる米田選手。
声援もひとしお。

大阪プロレス006

ロープブレイク後、渾身のドロップキックからボストンクラブ。
リング中央で決める、申し分のない攻め。

大阪プロレス007

必死で移動する王子に対し、ハーフボストンへと移行して足を攻める米田選手。
絞れ絞れ!! と王子頑張れ!! と観客の応援が王子と米田選手の二分化に。

大阪プロレス008

王子のロープブレイク後、今度も同じドロップキックからハーフボストンクラブへとやり返される。
王子の容赦ない攻めに悶絶する米田選手。

大阪プロレス009

米田選手とは逆に、ハーフボストンからボストンクラブへと移行する王子。

大阪プロレス010

結局、逃れきれずに米田選手がタップ。
王子の勝利。

大阪プロレス011

試合後、健闘を称える王子。
いやいやでも、米田選手、面白い試合でした。
確かに技もやってることも基本的なものしか無いけれど、王子の煽りに真っ向から向かっていく気持ちよさが表れていて、見ていて楽しかった。
見応えがあるっていうのかな。
試合経験が増えて、やれることが多くなったら、凄いいい選手になりそう。
今後が楽しみです。

大阪プロレス012

第二試合、瀬戸口直貴選手VSコスモソルジャー選手。
小柄なマスクマンらしく、軽快に動くコスモソルジャー選手に対し、じっくりと足を止めてサブミッションで攻める瀬戸口選手という構図。

大阪プロレス013

ロープワークからコスモソルジャー選手を捕えてボディスラム、そこからハーフボストンクラブへ。

大阪プロレス014

ロープブレイクしたコスモソルジャー選手を休ませず、アルゼンチンバックブリーカー。
前に見たときは肩にテーピングをしていてあまり投げ技や担ぎ技を使わなかったので、なんだか新鮮。

大阪プロレス015

しかしコスモソルジャー選手がコーナーからの跳び技で瀬戸口選手を攻め、そこからフェイバリットホールドのO-LAPへ。
恥ずかしながらコスモソルジャー選手のことを知らなかったので、なんかケビンマスクのO-LAPっぽい技だなあとか思ってたら、まさにO-LAPだったのでびっくりした。
ビッグベンエッジとかもやって欲しいなあ。
試合はO-LAPによるコスモソルジャー選手の勝利。

大阪プロレス016

第三試合、ヨーネルサンダース選手VSユン・ガンチョル選手VSタダスケ選手。
入場するなり敬礼したり、吉野レフェリーや観客にピンクのパンツを見せて大受けのヨーネルサンダース選手。

大阪プロレス017

ユン・ガンチョル選手と敬礼合戦。
なぜかタダスケ選手は参加せず。

大阪プロレス018

タダスケ選手とユン・ガンチョル選手の握手……と思いきや、客席で携帯の着信音。
「誰か携帯鳴ってるよー」とユン・ガンチョル選手。
前説でも言ってたけど、試合中はマナーモードにね!!

大阪プロレス019

改めて、タダスケ選手とユン・ガンチョル選手。
ヨーネルサンダース選手は場外へ蹴り飛ばされていました。
相変わらず、ユン・ガンチョル選手の蹴り技の切れは鋭い。
背も高いし体型もスラッとしてるから、見栄えがあるんだよね。
ともだちんこというネタを使いながら、握手を求めるタダスケ選手。

大阪プロレス020

握手と思いきや「誰がともだちんこじゃボケェッ!!」とユン・ガンチョル選手へ不意打ち。
ヨーネルサンダース選手も場外から復活して、スクリュードライバー(ウォーズマン?)なる謎の技を披露。
3WAYマッチなのに何故かタッチしながらユン・ガンチョル選手を痛めつける二人。
ユン・ガンチョル選手の反撃をいなしながら、場外へと排除。

大阪プロレス021

ツープラトン中に微妙にヨーネルサンダース選手に攻撃を加えたタダスケ選手。
仲直りのともだちんこ……を拒否してローブロー!!
酷い!!
吉野レフェリーは普通に爆笑してた。

大阪プロレス022

結局、試合は怒りのタダスケによる2pacからのピンフォール。
写真はカウント2じゃね? とアピールするも全員に無視されちゃうヨーネルサンダース選手。

大阪プロレス023

対照的に勝利をアピールするタダスケ選手。
なんかすげえ格好良い顔だった。

大阪プロレス024

そして場外から復活したユン・ガンチョル選手の「タダスケ……congratulation!!」というマイクから握手……と思いきや、平手のタダスケ選手へチョキで勝つユン・ガンチョル選手。
なんだこれ。

大阪プロレス025

試合に勝ったが、ジャンケン勝負に負けたタダスケ選手。
悔しそうに笑って退場。

とりあえず前半三試合はこんな感じでした。
長すぎ&写真多すぎなので、続きは次回二日後の日記で。

kigurui at 03:27|PermalinkComments(0) 男爵 | その他

2013年05月07日

モルタル。

GW終了。
大阪プロレスに行ったり、兄夫婦や祖母が来たり、お祭りに行ったりしました。
大阪プロレスの写真は後日。
ナスキーホールに始めて行ったけど、臨場感たっぷりで良かったです。
また行きたい。

甥っ子がかなりメンタル面も成長してた。
ご飯も食べるようになったし、一人で眠れるようになったし。
それでも根っこは変わっておらず、相変わらず懐いてくれているので嬉しい。
小学校一年生だもんなあ……。

兄がPSvitaを買っていたのでプロ野球スピリッツの画面を見せてもらったが、確かにこれは画面が凄い綺麗だわ。
なんかいいゲームが出たら買ってしまいそうな気がするが、しかしPSPも最近起動してないからなあ。
つうか、DS、3DS、PSP二台って、携帯ゲーム機持ちすぎだな……。

祖母も元気そうで安心。
ていうかむしろ三年前に会った時より食欲も増して睡眠も深くなったみたいで、逆に健康になってた。
良かった良かった。
やっぱりねえ、食事は生命の源だからねえ。
少しでも、定量を食べ続ければそれなりに元気が出るよね。

とりあえず、GW前に見たもののレビューも。

ストライクウィッチーズ 劇場版 Blu-ray通常版
ストライクウィッチーズ 劇場版 Blu-ray通常版 [Blu-ray]
今日見たもの。
ガリア奪還時の戦闘に伴い、魔法力を失った芳佳。
医者を目指す芳佳の元に、欧米への留学が打診される。
名目上は軍属のため、ウィッチの護衛である服部軍曹と共にガリアに渡航していくが……というお話。
うーん、なんだろう。
作画の出来もいいし、501の全員に出番が上手く配置されていたし、501以外の部隊やキャラの出番もあったんだけど……なんだろうな、話がこれでいいのか? って感じの作品だった。
ラストのつづく、って文字を見た瞬間、なんかこの映画の話に納得すると共に、気が抜けた。
これ、レンタルセール100円で借りたからいいものの、劇場で1800円出して見たら失望する展開だと思う。
話としても、結局元の鞘に収まっただけだし。
いやまあ、魔法力無くてもネウロイと闘う男前な芳佳とか、元501部隊の空戦とか、見所はあったけれどなあ。
なんか消化不良な作品ではあった。
しかも今現在、続編の予定はないみたいだし。
良くもなく、悪くもなく。
でもファンならまあ……という評価に困る作品だった。

小説は88/100。
削り作業はGW前に終了。
シーンは殆ど削らず、文字や会話を調整して5Pを削れた。
やれば出来るもんだ。
さて、また書き物置と投稿用を頑張ろう。
書き物置、五月には長編を完結させたい。

kigurui at 04:17|PermalinkComments(0) 男爵 | アニメ

2013年05月04日

カードリーダー新調。

GW中はとてつもなく忙しいので一回休み。
とりあえず大阪プロレス行ってきました。

kigurui at 00:28|PermalinkComments(0) 男爵 

2013年05月02日

三週間。

現在使っているガラケーの時刻表示液晶部分に一本線が入るような故障が出てきたので、これも三年ぐらい使ってるしそろそろ買い換えるかと思ってauのサイトへ。
ガラケーがもう三つしかない……しかも全て去年の夏モデル。
しかも、全部評判が悪いって言う。
えー……じゃあこれを修理するぐらいしかないのか。
ていうか修理できるのかしら。
するとして、これだけのために高額がかかるのもいやだしなあ。
とりあえず、ショップに持っていくか。

ああ、スマホはSIMカードの3G対応が五月末らしいので、六月辺りに所有予定。
iPhone4SかNexusの二択予定。
LTE端末で安くていいのがあればそれでもいいんだけどねえ。
大抵高いわ。

起動しなくなった360とPS2を棚に仕舞った。
なんか凄く部屋がスッキリした。
もともと部屋が狭いところに散らばらせて置いていた性もあったけど、なんか凄い空間が広い感じ。
もう今はPS3だけで充分だよなあ……。
360なんて、P4U以来半年ぐらい起動してないし。
まあまたやる機会も来るだろう。
多分。

小説は88/100。
削り作業は残り1P。
シーンを削らなきゃ行けないかと思ったが、多少の会話や文章を調整するだけで行けそうだ。

kigurui at 02:01|PermalinkComments(0) 男爵