2014年02月

2014年02月27日

一回休み。

疲れたので一回休み。

kigurui at 03:33|PermalinkComments(0)男爵 

2014年02月25日

シャークネード

少し前にシャークネードという映画を観ました。



詳細はまあ動画を見てもらうとして、ざっくりいえばハリケーンと共に北上してきたサメがアメリカ西海岸に飛来してカルフォルニアが大惨事、という映画。
まああれです。
予告編が一番面白かったって言う典型的なパターン。
元々こういうパニックホラー映画に多くを求めるのは酷ではあるけれど、それにしてもこれは酷い。
最初は割りと頑張っている。
結構な特殊効果使って、海を荒れさせたり、人間を食べさせたり、ハリケーンで観覧車が吹き飛んだり、街中に水を溢れさせたり。
しかしそれも前半三十分までで、以降は予算のほとんどが尽きたと見えて、どんどん酷くなる。
あれだけ溢れていた水は引くどころか道路は渇き、直前のシーンでは大雨だったのにそこと連続している時間帯のシーンは晴天。
ていうかハリケーンの姿形も見えない。
高台にある家が水没し始めているのに、普通に脱出して車に乗って低い街中へと逃げる主人公達。
しかもテレビでは未曾有の大災害で街も酷い事になっているはずなのに、後ろで普通に走っている車の数々。
仮にもパニックホラーなんだからそういうところも予算が無いなりになんとかしろよおおおおおお!!
後半なんかもう予算のほとんどが無いので、人も喰われない。
CGを使う予算もないんですね、分かります。
もうなんというかね、アルバトロスの映画に期待するのは元より無理なんだけど。
この現代でここまでクソ映画の不文律を全て踏襲している映画に出会うとは思わなんだ。
しかしそれ故に、その酷さ故に、映画好きにはこの作品を一度は観て欲しい。
絶対話の種にはなるので。
いやもうホント、2014年の総括をするには些か以上に早すぎますが。
自分的2014年キングオブクソ映画はシャークネードでウッドボールですよ。
木鞠ですよ。
ホント、今なら新作扱いなので是非とも見て下さい。
人生の貴重な90分をドブに捨てますが、話の種にはなります。
因みに次に気になっているのはビーバーがゾンビになって襲ってくる、ゾンビーバーズ。



絶対クソ映画だろうけど見たい。

最近なんかちょっと過食気味かも。
何もしてないのに、凄く空腹なんだよね。
健康診断では変な数値出てないし、ジョギングは続けてるから体重の増加もないのだけれど。
とりあえず、三食はともかくとして間食は抑えよう。
あまりよく無い気がする。
九月に関東に行ったときも、兄や義姉からよく食べるねって言われてるんだよな。
自分は一般的な量だと思っているんだが、どうもそうではないっぽい。
少し真剣に食事量を考えてみるか。

PC買い換え、大体まとまってきたけど、セキリュティソフトの選別が決まらない。
ノートンはいい加減重いというか使いづらい。
30分放置していたら勝手にスキャンを始める機能がオフに出来ないのも鬱陶しい。
それに高いんだよな。
ていうかPC使ってもう十年以上経つが、ウィルスに感染した事ってほとんどないんだよな。
とはいえ、ノーガードは怖いしする気も無いけど。
うーん、考えてしまう。
ESETパーソナルセキュリティが軽くて安くて使いやすくて信頼性が高いらしいから、それにするかなあ。
なんか登録に氏名住所が必要というのが引っかかるが。
後二週間で買換えだから、さっさと決めなきゃなあ。

kigurui at 03:42|PermalinkComments(2)男爵 | 映画

2014年02月22日

カモンナウ。

剣ノベルゲーム、無事発売されました。
こちらから購入(十八歳未満閲覧禁止)できます。
既にもう買って頂いている人がおられるようで。
ありがたい限りです。
よろしくお願いします。
次があるなら、自分も何か関わることができたら嬉しいなあ。

Xperiaの設定は大体終了。
画面が大きいから誤操作も少ないし、サクサク動くので快適。
まあ、これから自分用にどんどんカスタムしていこう。
しかしまあ、最近は面倒な事が起きるとググれば大体解決法が書いてあるので、便利なものですな。
MVNOでやっていると、正規サービスが不具合おこしたりするけど、その解決法すら書いてある。
お陰でほぼ問題無く初期設定が終わった。
中古とはいえ、本体もバッテリーも問題無いし、今の所は端末買換えは順風満帆。
まあ、最初に選んだ端末が端末だったからな……何使ってもそりゃ快適になるわ。
前の端末だったら考えられなかったけど、これなら電子書籍とか買ってもいいかなとは思える。
まあ、今電子書籍だけで出てて読みたいものはないし、紙の方が好きだけど。

唐突にコボちゃんコラを読みたくなったので検索。
いやもうホント、傑作揃いだよなあ。
ブラックジョークあり、シュールあり、風刺あり、パロディあり、エロあり、グロあり。
エンターテイメントの全てがコボちゃんコラージュには揃ってる。

小説の直しはようやく終了。
長かった。
なんだろうな、まあ書いてる途中、直している途中に色々とあったのでこれだけの時間がかかったわけだけれども。
今回かなり手間取ったけど、得たものは次に生かせると思う。
忘れずに次を書こう。
次はもう書きたい奴は決まっているので、後は細かい部分を埋めることができたら多分……それなりにいいものができるんじゃないかな。
とりあえず、出来た奴は寝かせて電撃に応募かなあ。

kigurui at 03:24|PermalinkComments(0)男爵 

2014年02月20日

広がる世界。

Xperia A SO-04E届きました。
とりあえずSIMカードとSDカードを入れ替えて、初期設定。
……スマホの操作って、こんなストレスのないものだったのか。
いやまあ、2012年の夏モデルと2013年の夏モデルを単純に比較してもしょうがないとは思うけど。
でもタッチパネルの反応、液晶の綺麗さ、諸々の処理速度、全てが違いすぎる。
中古でもARROWS Me F-11Dの三倍の値段だけはあるわ。
スペックが違いすぎる。
なんちゅうスマホを作ってくれたんや……なんちゅうスマホを……これに比べると富士通さんのスマホはカスや。
ARROWSは一年使わなかったが、これは長く使えそうだ。
いやはや、これでスマホを使うときのストレスから解放される。

銀河英雄伝説を読んでいるのだけど、あれだね。
SFだけどやってることは普通に中世の戦争物というか。
少なくとも作品上はあまり宇宙空間という場所での立体的な戦闘をしてない感じ。
迂回、包囲、突撃、伏兵はあるけど、陣形を組んでそれを崩す戦闘って感じ。
戦闘の手順も、従来のそれから変化してないし。
戦艦による砲撃→機動性の高い高速艇による突撃→戦闘艇による接近戦。
まあ戦艦が突撃して攪乱したり、その辺りは役割を兼ねたりしてるけど。
ワープとか、そういうSF特有の技術を使った戦術があんまりない。
別にそれが悪いって訳じゃなく、そういうのも有りなのかって確認した次第。
まあこれが刊行された時期は、SFと付けばなんでも売れた感じだったらしいけど。
しかしエネルギーに反応して爆発するゼッフル粒子を散布して近接戦闘をせざるを得ないって展開が結構あるけど、空気圧で発射するニードルガンとか用意しないものなのかね。
そこだけちょっと気になった。
ていうかまあ、普通に面白いので結局積読を消化出来ずに銀河英雄伝説ばかり読んでるっていう。
しかし読み始めた瞬間に再アニメ化が告知されて、凄いミーハーみたいで嫌だなあ。

とりあえず、小説の直しに目処が付いた。
今週中には終わるだろう。
終わったらノートにOS入れてみるか。
その次はPC買換えだ。

kigurui at 04:03|PermalinkComments(0)男爵 

2014年02月18日

劉備だって同じ年齢の頃は荊州で客将だったんだ。焦ることはない。

ソチオリンピック見ていると、なんというか日本の報道ってファンを増やすことはできても育てることがまったくできてないんだなあって思う。
それまで先人による下地はあったにせよ、バンクーバーの後で爆発的に人気が出たフィギュアでさえ、四年経ってもファンは増えてはいるけど、その数に比例しては育っていないと思う。
例えばジャンプ技のアクセル、サルコゥ、ルッツ、トゥループ。
これらがどう違うのか、どう難易度が違うのか、得点にどう絡んでいるのか。
ほぼ説明されないよね。
ステップはどこを見ればいいのか、チェンジエッジとはなんぞや。
スキーのジャンプだって着地のテレマークというのが採点に影響するけど、それがどの形が理想なのか。
それもほとんど説明された覚えはない。
そらまあ、テレビの枠を取って全日本やらワールドグランプリやら放送してたらファンは増えるけどさ。
もうそろそろ技の難易度やら演技の構成やらを説明し初めてもいいんじゃないのとか思う。
サッカーや野球と違って、スーパープレイが分かり辛い採点競技なんだから。
結局、四年経っても報道が全くその辺りに触れないから、個人でネット検索とかで調べるしかないしね。
観客の眼を肥えさせるっていうのは、そのジャンルのみならず、選手を育てるって意味でも結構大切だと思うんだけどなあ。
どうでもいいけど、トリプルトゥループってくるくるトゥループって聞こえてちょっと可愛い。

とうとう端末を注文しました。
予定通りXperia A SO-04EのBlack。
これでARROWSとはおさらばだぜとか思ってたら、まさかの雪で配達遅延。
おのれARROWS、最後まで我の足を引っ張るか。

yukiさんとうにさんがメインで制作していた剣シリーズのノベルゲーム、2月21日から発売されます。
えーっと、予告ページがそのまま販売ページに変わるのかな?
とりあえずこちら(十八禁注意)
考えてみれば、ネットでたまたまうにさんが書いていた剣シリーズを知り、ホームページに飛んだら昔心臓を掴まれた話の作者さんで、いてもたってもいられずに感想メールを送ったのがお付き合いの始まりだったんだよなあ。
自分のネトラレスキーという性癖を自覚させられて、なおかつあの腹の奥にずっしりと来る感覚を理解できたときの衝撃と言ったら。
そこからうにさんに誘われて、拙いながらも剣シリーズを書いたり、別の作品を書いたり。
ネットがなければこういう付き合いもなかったのだなあ。
自分はこのノベルゲーには全く関わってはおりませんが、なんだか感慨深いものがあります。
まあ自分の益体もない話は置いておいて、とりあえず剣ノベルゲーム、よろしければ買って下さい。
お願いします。

kigurui at 04:00|PermalinkComments(0)男爵 | ゲーム

2014年02月15日

みぞれですらなかった。

今日は関西でも雪が降るというので、前回兄がこっちに写真撮って送ってきたようにこっちも送り返してやるぜ、とか思ったら全く積もらずにただひたすらに降り注ぐだけだった。
積もらない雪って存在価値ねえよ畜生。
寒いだけじゃねえか。

寒がりなので室内でもどてらを着ているのは前にも書きましたが。
どてらってまあ和服なので袖が大きいんですよね。
で、着ながらご飯とか食べてると、おかずとかに付かないようにこう、袖を抑えるような仕草をするようになって。
ああ、大和撫子というか、和服における上品な所作ってこういう感じに必然的に産まれたんだなあと思った。
とか思ってたら袖が焦げてた。
紅茶淹れるときに多分コンロの火で炙られたんだな……。
哀しい。

来週には日本でもプレステ4が出るわけですが。
何というか購買意欲がさして沸かないなあって。
思えばSFCからPS、SSの時はカセットからCD、新技術の競い合いなんてものがあって。
PSがPS2になったときはDVDになり、しかも視聴までできるっていうのがあって。
PS3はブルーレイ閲覧+機器を使えばレコーダーにもなる。
つまり市場で主流となっていた新型ゲーム機はいつも新技術というか新機軸を盛り込んでいたわけで。
そう考えると今回のPS4とXbox oneはそういったものが無いんだよなあ。
単純なスペックアップって今の時代はさほど魅力的でないような。
FPSや3Dゲームがこれ以上リアルになったって、それはゲーム自体の面白さの本質ではないし。
ムービーも然り。
安い買い物じゃないんだから、なんかこう、購買欲をそそるようなパンチが欲しいよねえ。

一昨年眼鏡を新調して、常用していたらやっぱり視力が落ちている。
今の眼鏡は効果があるのかどうかは知らないけど、ブルーライトカットと、あとこれは凄い助かっているのだけど、ちょっとだけ色を入れてるんだよね。
お陰でPCの画面が少しだけ暗くなって、眼鏡をして作業してても全く眼が痛くならない。
前の眼鏡だと長時間作業してると眼がしばしばしていつも目薬注してたし。
また作るとしても、色は絶対入れよう。
今は昔みたいに眼鏡が高くない、諸々のオプション付けても一万円程度で作れるからいい時代になったものだ。

kigurui at 04:40|PermalinkComments(0)男爵 

2014年02月13日

ロングブレス。

多分この日記でも何度か書いているけど、ジャンプで連載している漫画のワールドトリガーがとても面白い。
このキャラならこんな時はこういう行動を取るだろうな、という納得出来るキャラ立ちがしっかりできていて、さらにそのキャラを立てるための話の運びが上手い。
リアリストで強い遊真と現実を理解しながらもどこか理想主義で弱い修という二人の主人公。
そこに絡むトリガーとネイバーという別世界の技術と人間。
作品の話自体も、個人の闘いとチームの闘いを両立させて、トリガーという未知の技術と別世界の話を絡めていて、上手く作っている。
つまりはまあ、ジャンプの中で毎週続きが気になる漫画。
ランク戦とかは正直編集の意向が入ったのかなって感じだったし、実際その辺りは微妙だったけど、それもあっさりまとめてるし。
それに女の子も可愛いしなー。
正直小南先輩と遊真で二次創作書きたいぐらいの勢い。
しかし今思ったが、レプリカって遊真の父親の意思が具現化したようなやつなんじゃないのか……?
まあその辺りは話が進めば追々分かっていくだろう。
今の所、掲載順位は大体中盤ぐらいで悪くないし。
掲載順位と言えば、期待していたけど打ち切りまっしぐらのアイアンナイトはもう巻き返しは無理なんだろうな……。
上手く料理すれば、かなり面白い作品になると思ったんだが。
まあそれでも、ジャンプ向けではなかっただろうなあ。
惜しい。

ノートの買換えをどうするかという問題、例えば別にOSはWindowsじゃなくてもいいと言うことに思い至る。
要するにサポート切れでセキリュティが緩くなるから問題なのであって、スペックはさほど困っている訳じゃない。
少なくともネットと文章を書く程度なら問題は無い。
と言うわけでフリーのOSを色々調べて見る。
どうやら最近はLinux系のUbuntuというOSが軽くて互換性もあってよろしいらしい。
どうせこのままだとこのノートは産廃になるしかないから、その前に色々試してみよう。
Firefoxもそのまま使えるらしいし。
節約するに越したことはない。
なんか他によさげなOSがあれば教えて下さると嬉しいです。

小説の直しは最終段階。
正直、ここまで手こずるとは思わなかった。
一度完成した奴に大幅な手直しを入れるのって、新しく書くのと同じぐらい気力と根気がいるんだな。
旧作の部分と矛盾が出ないように細かく見ておかないと駄目だし。
まあこれはこれで勉強になった。
次に書きたい奴も決まってるし、とりあえず二月末までには作業を終わらせよう。

kigurui at 03:42|PermalinkComments(0)男爵 | 漫画

2014年02月11日

うさぎ。

どのショップでも同程度の値段からカスタムしてPCを組むと十万円になっていたから、それより一つレベルを落として組んで見る。
まあ当たり前だけどほぼ一緒。
もうこれだけの値段がかかるのは確定で覚悟した方が良いな。
使用年数からすれば、減価償却として見ればそう大きな出費では無いのだけれど。
でも実際には一気に請求されるので通帳の額が減るのが精神的に来る。
まあ別に、だからといって今すぐ困窮するとかそういう訳じゃなく。
基本的にあれよね、貯金が減るのが嫌いなんだ。
好きな人はいないとは思うが。

北方謙三先生の血涙・新楊家将を読み終えた。
なんか南條範夫先生の駿河城御前試合の剣士凡て斃るみたいな終わり方だった。
ただひたすらに戦のために生き、戦をして死んでゆく。
それだけの話なのに、こうまでのめり込めるとは。
三国志みたいに大陸の動乱や国家の興亡、つまり大きな動きがないのに、飽きなかった。
宋と遼の戦争、楊家将と耶律休哥軍との戦い。
それだけで二冊分の話を書けるのが凄い。
まあその分、十三巻あった三国志と違って上下巻で終わっているわけだけど。
ともあれ、三国志とこの楊家将のシリーズ、読み終えたので北方謙三先生はいったん区切る。
本当は水滸伝も読みたいけど、そうすると水滸伝十九巻、続編の楊令伝十五巻、さらに続編の岳飛伝まで読まなきゃ行けないのできりがない。
いやまあ、いずれ読むつもりではあるけど。
とりあえず、購入したまま積んでいる本を崩そう。
とかいいつつ、手元にはなぜか銀河英雄伝説の一巻があったりするわけだが。
一巻だけ……一巻だけな。

小説はいい感じに直せた。
書き物置はどうしようかなあ。
書きたいシチュエーションとか話はあるけど、書いてもほぼ反応がないのが寂しいんだよなあ。
結局もう、個人サイトでやるよりはノクターンやらでやった方がモチベーションの維持にはいいのかもなあ。
少し、考えてみるか。

kigurui at 04:33|PermalinkComments(0)男爵 

2014年02月08日

封印。

そしてMW3を引退。
いやまあなんというか、結局回線が太くなってもやってることは変わりないし、負けるとムキムキしちゃうので精神衛生に非常に良くない。
それと、時間がアホみたいに吸い取られるのも良くない。
ワンプレイが大体十分足らずぐらいなので、ついついもう一回、もう一回とやってしまって、気付いたら二時間三時間経ってたとかね。
色々といけないので二度めの引退。
三度目だったかな。
まあ四度目があるかも知れないし、もっと面白いFPSが出たらまた360も稼働することだろう。
バトルフィールドはちょっと期待外れだったからなあ。

買い換える端末はXperia A SO-04Eと決めたので、次はXPサポート切れによるデスクトップの買い換えの検討。
最初、XPから7へのアップグレードでもいいかなとは思ったけど、さすがにもう六年前のモデルだし、最近微妙に不調でもあるから一新へと。
まあどんなものにせよ、自分が満足する感じでカスタムしていったら大体十万円ぐらい。
うへえ……。
いやまあ、現代っ子らしくPCが無いと死ぬ人なので、必要な投資だし、六年前もそれぐらいかけた覚えはあるけど。
使い回せるパーツを使ってもこれだもんなあ。
うーむ、三月と四月の請求が恐ろしい。
宝くじとか当たらないかなあ。
一千万円でええんです……それだけで……それだけで満足しますさかいに。

そういえば端末を買い換えるにあたって、使用メールをキャリアメールからGメールに変更しようかなあと検討。
ガラケーのREGZAの方、処理は速いんだけどやっぱりガラケーなので貰った写真とかが大きく見られないんだよね。
あと、今の状況だとスマホはGメールしかないので、写真を撮っても送ることができない。
ただ、メールのレスポンスはやはりガラケーのキャリアメールの方がやりやすいわけで。
どっちにするかねえ。
まあ根本的に、メールも写真もあんまりしないんだけど。

小説は終盤の直し。
ちょっと引っかかる部分があるので、その辺りを修正。

kigurui at 02:54|PermalinkComments(0)男爵 

2014年02月06日

もう時間は無い。

光回線になったのでとりあえず360でMW3に復帰してみた。
とはいえ別に常に4ピンというわけでもなく、心なしか3ピンが増えたかなって思えるぐらい。
まあ、FPSで重要なのは回線を握ることだから、そこが改善されるのは悪くない。
あと前のADSLと違って、頻繁に切断されないのがいい。
前は朝と昼はやたら切断されてたからなあ……。

新楊家将は上巻を読み進めているけど、このシリーズは北方謙三先生のほぼオリジナル意訳で、本物は後半になるにつれ荒唐無稽になっていくらしい。
宋と遼の戦争から、妖術やら仙木の斧やらそういう感じに。
北方謙三先生のは、あくまで戦争のみに焦点を置いたって言う風になっていると。
それを知って思ったけど、そういえば日本って例えば三国志みたいに史実に沿った戦争物も、水滸伝みたいな幻術妖術ありありの話もあんまりないなあって。
三国志みたいなって言うのは、昔から語り継がれているような戦争物って意味で。
個々の大名や戦争ものは結構あるけど。
まあ、日本って中国大陸みたいに多数の国家が乱立しては興亡していくって感じじゃなく、徳川家にしろじわりじわりと力を伸ばしていって……って感じだもんなあ。
まあだからこそ、日本にはないからこそ、日本で三国志やら水滸伝やらが人気があったりするんだろうなあ。

今期の鬼灯の冷徹、アニメがわりと面白かったので原作も読んでみた。
割りと面白い。
作者が自分で調べた知識をきちんと噛み砕いて、咀嚼して話を作っているのが分かるのがいい。
いなり、こんこん、恋いろはも気になるので今度読んでみよう。
弱虫ペダルは原作だとそこまで気にならなかったけど、アニメだとスパートしながら喋りまくってるのが凄い気になる。
「ワイはナニワのスプリンターや!! 平地ならどんな奴でもぶっちぎったる!! うおおおおおおおおお!! ゼェハァ、なんでや!? なんで抜けへんのや!?」
喋りすぎとちゃうかな!!
喋りすぎとちゃうかな!!

kigurui at 03:28|PermalinkComments(0)男爵 

2014年02月04日

嵐の夜はシーラカンスが釣れる。

節分なので恵方巻きを食べて豆を年の数プラス一粒食べました。
イベントをこなした後でそういやこれは何で豆を撒いて鬼を出すのだろうとか思って起源を調べたら、魔を滅するで魔滅(まめ)→豆を撒くというなんとも厨二的な始まりだった。
しかも魔=鬼の目、即ち魔目(まめ)を豆で潰し、しかも生だと目=芽が発芽して良くないので炒った豆を使うとか、どんだけ魔と目にこだわっているんだよっていう。
まあでも、伝統とかそうじゃないとかに関わらず、言葉遊びとかこじつけとか、文化にそういうのが根付いているってのは多いですよね。
それがこれほど周知の行事として続くのはいい事だし。
年に一度目潰しされる鬼は可哀想だけど、まあ邪悪な存在に生まれついたのが不運だと思って。
スペインだと全力でカブ投げ付けられてるんだしな。

電化製品店でNexus7を弄った結果、Xperia A(SO-04E)になりそうな感じ。
やはりタブレットは大きくて使いやすいのはいいけれど、取り回しの面倒さがネックかなと。
であれば、今より処理能力が段違いでしかも画面の大きさもARROWSより1インチ近く大きいXperiaにしようかなと。
と言うわけで中古でよさげな状態のXperiaを物色中。
一瞬Xperia A初音ミクVer、通称ミクスペリアもいいかなとか思ったけど中古ですら五万円近くしたりするので断念。
まあ、二月には買い換えるかなあ。

相変わらず北方謙三先生が面白すぎるの読み耽っています。
今は新楊家将の途中。
困ったことに北方謙三先生の本を読んでるせいで、他の本を読む時間が無い。
それぐらいどっぷりとはまっている。
何というか、上手いんだよね、書き方が。
全てを語らず、それでも必要なことは書き、そして読者をのめり込ませる。
自分の作品としての特色を出しながら、読者に想像の余地を残している。
もうなんというか、だからこそ北方謙三先生の作品なのだとしか言えないほどの上手さ。
とはいえ、傾倒しすぎるのも良くないので楊家将を読み終えたら、次は銀英伝でも読み返してみる。
しかし何というか、最近の図書館は県内同士で連携して、予約したら他の図書館から取り寄せてくれたりするので便利ですね。
正直、近くに図書館が出来なければ北方謙三先生の本を読もうとは思わなかったし。
巻数が多すぎて、買うにはちょっと出費が躊躇するレベルだったので。
ありがたいことです。

一月は色々とゴタゴタがあって進まなかった創作も、ちょぼちょぼ進行。
去年末からかかっていた作業にようやく終わりが見えそう。
そしたら次が書ける。
頑張るべ。

kigurui at 03:31|PermalinkComments(0)男爵 

2014年02月01日

フォーディメンションキル

家のネット回線を光にしました。
まあ速くなってそれは良いんですが、正直ここに至るまでが色々ありすぎて疲れた。
今なら工事費無料だし、通信費も安くなるからってんで変更したんですが、そこから工事費無料にするには二年縛りのキャンペーン加入が必須とか、当初は手が入る程度のスペースがあれば家具の移動は不要とか言っておいて、業者が来れば移動しなければ出来ませんとか言われたりとか、光回線の設定もXPなら大丈夫とか言っておいて実はサービスパック3じゃないと無理だとか。
とにかくともかくとりあえず、後出しが多すぎる。
結局、携帯もそうだけど、今の世の中ある程度便利に生きていくなら通信系ってのは必須だから黙ってても客が来るし、だから業者はこんなアホみたいな営業でも潰れないんだろうなあって思った。
とりあえず回線が安定して、上下もかなり速くなってはいるけれど。
でも自分が核シェルターを得たとしても、プロバイダ業者及びその家族は絶対入れてやらない!!

ずっと使ってるネット書店のhontoで24時間以内発送の本を注文したら、一日半経っても発送されていない。
うーん。
ポイントが付くから使ってたけど、ここもそろそろ見切り時かなあ。
さすがにこう何度も配達遅延が起きると、使う気も失せる。
上記のもそうだけど、あまり客を馬鹿にしすぎるとその内ブーメランが戻ってくると思うんだけどなあ。
特に今は本屋はどんどん潰れて行ってるのにさ。
自分で不義理をして首締めてどうするんだか。
自分が核シェルターを得てもhontoの社員及びその家族はry

BH


kigurui at 03:20|PermalinkComments(0)男爵