2014年07月

2014年07月31日

昼間には墓に。

相も変わらずジョギングをしているのですが、夏は帰りに通り道にある自販機でスポーツドリンクを購入して、そこからは飲みながら帰っています。
今日は久し振りの日射でかなりやばくて、水分補給しなければ死にそうだったので遠慮なく投入してボタンを押す……出ない。
ああんとか思ったら、150円から160円に値上がりしていた。
あー、消費税増税……自販機でジュースなんか買わなくなったから覚えてなかった。
普段は300円携帯してるのに、今日に限って150円しか持ってなかったし。
しょうがないので水を買って補給。
本当は運動後にただ水ってあんまり良くないんだけど……塩タブレットを持って行っていたので、塩分と一緒に補給できただけマシか。
しかし何というか、久し振りに増税で政府に対する恨みが募った。
今度からポーチでも買って、あらかじめ水分携帯しながらジョギングしようかなあ。
やっぱ自販機の飲み物って高いわ……。

ソーシャルゲームのヘイデイが面白いと勧められたので、インストールしてみる。
いわゆるファーム系の農場経営ゲームなんだけど、バランスが上手く取れていて確かにこれは面白い。
ある程度育ったら放置しても大丈夫になるんだけど、ついつい小まめに様子を見て収穫したり出荷したりしたくなる。
色々と細かい部分が気にはなるけど、無料でやる分には楽しめる。
畑や家畜からノコギリや斧やダイナマイトが収穫できるのは謎だが……。
しかしこのゲーム、やたらバッテリー消費するなあ。
チェインクロニクルはそこまででもないんだけど、ヘイデイやってると短時間ですぐに充電になる。
外出時はプレイを控えた方がいいかな。

そのチェインクロニクルはただいまイベント真っ最中。
とりあえず塔を踏破してSSRキャラを一人ゲット。
後はこのキャラをどこまで限界突破出来るか。
せめて2凸は行きたい。
イベント用のフェスキャラゲットしてないから難しいだろうけど……。

小説は36/100。
ちょっと矛盾点を整理。

kigurui at 04:30|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月29日

朝には骨に。

まあ去年も言ってたような気がしますが、扇風機を出すたびに、今後一切山善の電化製品は買わないとの誓いを新たにする。
この扇風機、四時間で勝手に電源が切れるんだよね。
タイマーとかじゃなくて、強制的に。
省エネ、切り忘れ防止のためらしいけど、扇風機にそんな機能いらねってば。
どうせ連続使用したらすぐに劣化するような安い部品ばかり使ってるから、強制的に止めてるんだろうとゲスの勘ぐりしかできない。
もちろん、山善の社員及びその家族は土下座しても私が得た核シェルターには入れない……ッ!!
事情によりエアコンの購入を控えているので、冷風扇でも買うかなあ。

甚平は気に入ったので早速二着めも購入。
涼しいです。

今年も九月に関東へ行きます。
19〜27の日程で。
最初と最後は移動日で、21日と23日には既に予定が入っています。
その他の日で……まあ殆ど平日になりますが、それでも良ければ予定が合う方はお会いしましょう。

小説は36/100。
まあまあな感触になってきた。

kigurui at 04:00|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月26日

狙ってくれって言ってるようなもの。

kalafinaがベストアルバムを出したんだけど、それがRedとBlueの別売になってて凄い不思議。
例えばこれがRed&Blueとかで二枚組で少し割高になってるとか、あるいはRedを出した数年後に2ndベストアルバムでBlueを出すというのなら分かる。
でもベストアルバムを同時期に二枚発売って……それってどっちがベストなの?
ベストはオンリーワンじゃないの?
二つあるならそれはベターアルバムじゃないの?
とかなんとかひねくれた自分は思ってしまう。
kalafinaは好きだけど、この売り方は阿漕すぎて好きじゃないなあ。
まあ、新規の曲はアルドノアゼロのOPぐらいだから、買わないだろうけど。
二枚組4500円とかなら御布施の意味で買ったかも知れないけどねえ。

霧の艦隊ってそういや別に人類に対して明確な害意がある訳じゃないんだよなあ。
アドミラリティ・コードに従って海域を封鎖しているだけで、人類はそこを突破しようとしているから戦闘になっているわけで。
まあコンゴウとかはわりと人類に対して好戦的ではあるし、横須賀にハルナやキリシマが攻めて来たりはしているけど、あれもイオナの撃沈を目的としていただけで、邪魔な人類を打ち払ってただけだし。
とは言っても温暖化で大陸が少なくなったりしてる人類には海域封鎖が死活問題だし、今さら戦死した人間の恨みが晴れるわけでもないだろうけど。
ただ、メンタルモデルが多種多様な思考を持ち始めて、それぞれの思惑や性格から人間と接触し始めて、その落としどころはどこになるんだろうと気になる。
そしてヒュウガやヤマト、ハルナがスタイルがいいのを見て、もしかして排水量で体型が決まるのかなと思ったら、空母のズイカクはロリだったしなあ。
ヒエイもスタイルはいいけど胸がでかいというわけでもないし。
同じ重巡洋艦でもハグロはロリだったりするし。
でも姉妹艦だとタカオとアタゴは似てたりするし、コンゴウ姉妹はそれぞれ個性的だったりするし。
メンタルモデルの外見の統一性というか、それぞれの意識がどんな感じなのか、良く分からん。
あるいはこれは説明される日は来るのだろうか。
説明されないとしても、設定はされていそうだけど。

小説は34/100。
相手からのリアクション待ち。
長い。

kigurui at 03:31|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月24日

私たちの世界。

暑くなってきましたが、なんとかジョギングは継続中。
夏休みになってるから、ジョギングコースの川で水遊びをしている家族連れや学生カップルがちらほら。
まあそれはいいんですが、なんというかあれなんですよね。
水遊びをするときに、大きめの石やらで囲いを作る人がいるんですが、大抵そいつらって直さないで帰って行くんですよね。
そのせいで流れてくる草やゴミやらが引っかかって水の淀みができて、淀みにさらにそれらが引っかかってっていう悪循環が生まれてたりするわけで。
酷い奴らだとそのゴミ自体を放置している奴とか居るしなあ。
公共心の欠如は嘆かわしい事です。

チェインクロニクル、酒場ガチャの仕様が少し変化してピックアップキャラが出るように。
ピックアップされたキャラはフェスでなくても出現率が上がるという仕様。
なので、今回大量配布されたプレミアムチケットを全て九領ガチャに注ぎ込んだら……ずっと欲しかったSSRのヨシノをゲット。
性能的にはまあ普通のSSRだけど、キャラ絵がいいんだよねえ。
和服美人が好きなのです。
その他にもリングSSRのイナミが1凸したりしてるので、もう開き直って戦魔パーティーを作ることに。
本当は戦弓で行きたかったんだが、魔SSRが揃いすぎた。
フレンドも魔アルカナが多いし。
まあしばらくは、ヨシノの育成だなあ。
ゆくゆくはヨシノ、ソーニャを4凸したいが……まあ先は長いだろうな……。

小説は34/100。
とりあえず小説家になろうに引き続き投稿してます。
良ければ読んでやって下さい。

kigurui at 04:02|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月22日

機銃が火を噴く。

所用があって出先でちょっと作業することになり、ネットカフェに入ったら未だにXPだわくっそ重くて作業できないわ、煙草の煙が酷いわでえらい目に遭った。
二度とあのネットカフェには行かない。
つうかOS入れ換えろよ……。

うがい用の重曹が減って来て掬いづらくなってきたのでケースを買おう。
と一週間前に思って、ずっと買いに行くのを忘れている。
次こそニトリ行くぞ。

なんか色々と反省点が浮き彫りに。
忘れないようにメモに書き残しておかなければ。
あと定期的に読み返す。

積読をようやく解消し始める。
定期的に読む時間を取るように、ようやく習慣づけてこられるようになった。
できればこのまま定着させていきたい。

ガンダムサイドストーリーズがあまりにも出来が悪かったので、もう二度とバンナム製品は買わないと誓いを立ててはや二ヶ月ほど。
積んだままだったプラモもどうしようかと思案中。
買った分だけは組むか、それともこれらももう売り飛ばすか。
新規では二度と買わないだろうなあ。
それだけ怒りが深い。
思い出を踏みにじった罪は重い。
言うまでもなく開発者及びその家族は土下座しても核シェルターには入れないッ!!

小説は32/100。
小説家になろうに昔書き物置に載せていた奴を再掲載。
読み返すと、自分の文章って読み辛いな……そら落ちるわ。
話もあまり盛り上がりがないし……。
しかし、あそこに投稿して初めて、皆が結構な分量を書いているんだなと知った。
基本、切りの良い段落ごとで投稿し始めているんだけど、一話一話が凄く短い。
よくもまあ、皆あんな長いのをコンスタントに書けるものだ。

kigurui at 03:50|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月19日

軸がぶれている。

眼はちゃんとケアしてぐっすり寝たら治りました。
風邪っぽい腫れぼったさと筋肉痛のようなゴロゴロした痛みだったので体調不良とものもらいが併発した感じだったのかしら。

相変わらず部屋にクーラーのない生活をしておりますので、夏は地獄。
風通しが悪くて熱がこもるので扇風機が全開でも汗が滲む。
そんな中、ネットで甚平が涼しいと聞いたので試しに安い物を一着購入。
着てみると、確かにシャツとハーフパンツより格段に涼しい。
あれか、生地そのものの通気性と、ゆったりとした裾や襟口で風通しが良くなっているのか。
これはいい。
もう一着買ってみようかな。
安物だから、袋から出した時点で裁断しきれなかった糸がぴょんぴょん飛び出てるけど。
しかしなんですな、どてらの時も思ったけど、こうして簡易ながらも和装の服を着ていると昔の大和撫子と言われた人達の楚々とした仕草ってのはなるべくしてなったというのが分かりますな。
袂が大きいから、腕を振り回すように動くと周りのものに引っかかるから何かを取るときも袂を抑えるし、襟口も屈むと緩みやすいから、屈むときは胸元を抑えたりするし。
全体的に、動きの所作を小さく静かにっていうのはこういう風に醸成されていったんだろうなって分かる。
同時に、日本文化では扉ではなく引き戸がメインだった理由も。
あの押し引きで開ける扉って、袂がドアノブにやたら引っかかるんですよね。
自分の家は回転式のノブじゃなくて上げ下げで開けるレバー式だから特に。
和服が一般的だった時代なら、そりゃドアノブなんて不便すぎて誰も発明しないわなあって思った。
当たり前だけど、生活というものが相乗し合って文化も育まれる訳なんだよなあ。
小さな事ですが、なんか実感した。

今期は続き物以外ではアルドノアゼロしか見ていないんですが、このアルドノアゼロ、やたら公式サイトが見辛い。
公式サイトなんて必要な情報を分かりやすく配置しているだけでいいと思うんだけどなあ。
あんな見辛いサイトでこのアニメ面白そう!! って思う人は少ないと思う。

オールスター見てたらブラッドがぱっかぱか打ってて笑った。
ホームランダービーとMVP総なめで350万円。
年俸5000万円らしいから十分の一近くを一日で稼いどりますな。
素晴らしい。
まあ菊池の年俸3900億円には敵わないが。

小説は30/100。
ユーザー登録したっきり放置している小説家になろうアカウントどうにか有効活用できないか思案。
落選した奴を晒しでもするか。
自分のサイトに晒すよりは多くの人に読んでもらえるだろう。
とりあえず、昔書き物置に晒してて引っ込めた奴でも載せるかねえ。
少しでも反応がもらえれば、作品に活かせるし。

kigurui at 02:57|PermalinkComments(0)

2014年07月17日

夜陰に紛れて。

なぜかは知らねど、昔からフェリーや寝台列車で一度ゆっくりと旅をしてみたいという願望がありまして。
でも目的、目的地がないのに漫然と行動するのもなあと機会に移せなかったのですが。
そういえば九月に毎年東京に行くんだから、その時にやればいいじゃないかと。
フェリーや寝台列車なら寝転べるから、移動時間が長くても疲れは少ないだろうし。
値段も安ければさらにグッドだ。
ということで調べて見る。
フェリー、関西から東京の発着無し。
……。
じゃあ寝台列車だと調べると、こちらは発着あり。
しかし時間が午前零時発の午前七時着。
それはまあいい。
着いてからの移動や、朝食を食べていたら時間は経つだろうから。
ただ、一番安いプランでも11000円ほどで、通常の新幹線移動と2000円程度しか変わらない。
あー。
これはちょっと微妙だなあ。
プランを見るに、これは次の日朝一で東京に行かなければならないとか、そういうビジネスマン向けの列車なんだろうなあ。
んー、電車やフェリーの中で一晩過ごすって楽しそうなんだけどなあ。
大人しく今年も新幹線で行くか。



youtubeでこんな動画を見つけて、このユニバーサルソケットというものが物凄く欲しくなる。
が、どうやら日本では売ってないらしい。
Amazonに類似品はあるが、どうみても劣化ver。
海外の通販だと17ドルぐらい。
2000円ぐらいだけど、送料とかかかるだろうしなあ。
なぜこんな便利そうなものが流通しておらんのだ。
これさえあればあの自転車のいつも緩む忌々しいネジをきっちりと締め直すこともできるだろうに。
コーナンとかにないのかな。
ちょっと今度探してみよう。

なんか右目がずっと筋肉痛みたいな痛みを訴えている。
強く瞼を閉じると痛いというか。
眼球より周りの筋肉が痛いというか。
なんだろう。
ものもらいでもしたかな。
関係無いけど、めばちこって方言だったんだね。
関西以外じゃ通じないなんて……。

小説は30/100。
新しい方と並行してやってみる。

kigurui at 04:30|PermalinkComments(0)

2014年07月15日

もらっておこう。

なんか最近チョコレートとかの洋菓子より、せんべいとかの和菓子の方が好きになってきている。
甘辛いやつをバリバリ食べるのがブーム。
昔は明治の板チョコとかが大好きだったんだけどなあ。
年齢と共に好みが変わるってのは本当なのね。
新しい和菓子をどんどん開拓していきたい。

アルペジオ、海洋技術総合学院に潜り込んだタカオがアイドル扱いになってるけど、そのタカオが人類の敵である霧の艦隊の一員というのが、なんというか奇妙な状況に思えてしまう。
まあでもこの作品はそれこそ単純に人類=味方、霧の艦隊=敵って色分けしていないんだよな。
群像とイオナ(含むタカオとヒュウガ)、ハルナ達と蒔絵(含む北管区)、白鯨とレパルス……はまだどうか分からないけれど。
それに加えて人類側は中央管区や北管区、霧側はタカオの出奔やハルナ達の動き、霧と人類の共同体である緋色の艦隊と、人類と霧、人類同士、霧同士と関係が入り乱れているのが面白い。
同じ人類と霧の共存状態でも、群像とイオナ、ハルナと蒔絵、翔像と緋色の艦隊のそれはかなり違うし、そこにそれぞれの陣営の思惑が介入してきたりというのが話そのものに深みを与えていると思う。
前も書いたけど、緻密に作っているから巻を重ねれば重ねるほど面白くなってくるね。

チェインクロニクル、二部実装が一週間遅れたお詫びにガチャチケットや精霊石、レア装備まで配布し始めていてちょっと笑った。
よっぽど接続数が減ったんだろうなあ。
まあ二部が来たら、ぼちぼち攻略していこう。

小説は28/100。
新しいネタも浮かんだのでメモ。
思いついたらすぐメモしておかないと、もう脳味噌劣化し始めたから一瞬で忘れてしまう。

kigurui at 04:05|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月12日

禍福はあざなえる縄のごとし。

電撃大賞の途中経過が発表されてました。
一次すら通過してなかった。
凹む。
ベコベコに凹む。
ここ数年、一次を通るぐらいとか一次落ちみたいなのが増えてる。
昔は文章さえきっちりしていたら一次は通るとか言われていたので余計に凹む。
もはや文章さえ駄目になったのか、それとも全体的にレベルが上がったのか。
今回送った奴はかなり気に入っていたし、この結果は結構きつい。
うーん、なんだろうな。
前から選評では文章はしっかりしているとか言われているんだけど、でもそれってプロ作家なら当たり前の事で、であるならば自分は現状そのデッドコピーでしか無いわけで。
つまりそこから上に行くにはキャラとストーリーが不可欠という事。
キャラとストーリー……うーん、少ない脳味噌絞って、今風になんとか合わせて作ったり書いたりしているんだけどなあ……なんだろう、この駄目駄目な結果。
結果論になるけど、それを考慮せずに好き勝手に書いていたときの方がまだ結果としてはいいのを残していたんだよな。
まあそれも二次選考通過程度で、受賞者から見れば落選には変わりないんだけど。
でも、やっぱり一年に一度のチャンスに、自信を持って送ったものがかすりもしなかったというのは結構メンタルに来るものがある。
まあとりあえず、今回の作品は選評を待って、修正できるところは修正して、あとはお蔵入りだな……もしかしたら後日、どっかで出せるかも知れないけど。
でも長年温めてきた作品って、大抵温めすぎて腐ってるよね。
この作品もそうなっていくのかと思うと哀しい。
キャラも設定も気に入っていたんだよなあ……ああああああああ。

まあ、凹んでばかりは居られないので、次に出す奴も書く。
幸か不幸か、落選のショックで色々考えているとそれなりに話もできたし、落ちもいいものを考えられた。
一冊完結に使うのにちょうどいい題材だし、頑張ります。

妖怪ウォッチ2のゲーム、甥っ子が誕生日プレゼントに欲しいというので検索したらAmazonではプレミア価格になっていた。
さてどうしようと検索したらヨドバシでは定価だったので注文。
が、いざ販売日になったら注文日時に応じて段階的に出荷とかいうふざけた対応。
六月十五日の注文だと七月十九日の発送。
うああああ。
土日に甥っ子に電話しておこう……すまんのう。
しかしゲーム発売の販促のためか、先週今週とアニメがいい話だった。
ジバニャンの過去とか、コマさんの恋愛とか。

小説は26/100。
凹みつつも書きます。
おいしいものでも食べて頑張ろう。

kigurui at 03:38|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月10日

今日ばかりは。

リモコンはチャンネル変更すらままならなくなったので買換えを決意。
しかし純正のリモコンが使わない機能盛りだくさんで3400円。
たけーよ。
大体一度も押さなかったボタンが山ほどあるぞこれとか思ってたら、汎用リモコンという存在を教えてもらう。
それこそ自分の使わない機能をオミットして低価格1400円。
素晴らしい。
即購入。
レビューを見ると安っぽいとか壊れやすいとか微妙ではあるが、とりあえずはこれで行ってみる。
しかしテレビより先にリモコンがぶっ壊れるって、初めての体験だな。




今日読み終えたもの。
前作の夏季限定トロピカルパフェ事件で別行動を取ることになった小鳩と小佐内。
一年経ってもそれは変わらず、二人はお互いに交わらないまま小鳩は仲丸という同級生と、小佐内は瓜野という後輩と交際を始める。
そんな中、街で起こり始めた連続放火事件を新聞部の瓜野が追いかけ始め……というお話。
変わらず面白かった。
別々の行動を取っていても、それで二人の行動指針が変わるわけでもなく、状況に即して動いていく。
ただお互いのために構築した互恵関係の二人が別れ、別の人間と恋人関係を構築し、それは健全な関係なはずなのにどこかちぐはぐな事になって行ってしまう。
そこに連続放火事件という要素が入り込み、新聞部の瓜野、その恋人である小佐内、そして事件にある疑いを持った小鳩が関わっていく。
なんだろう、古典部シリーズもそうだけど、物語の構築が上手いというか、積み重ねが上手いというか。
ミステリー、謎の部分はそう大規模じゃないんだけど、小鳩と小佐内という二つの側からその要素を見て、それぞれ違う思惑でそれに対して行動していく、それが最終的に絡み合って物語としての帰結というものへの見せ方が上手い。
してみるとやはり古典部シリーズではものぐさな奉太郎を動かす千反田、それに絡む摩耶花や里志という複数の視点があるし、そういうのが自分は好きなのだろう。
個人的に同作者でもあまり好みでない折れた竜骨やインシテミルはその辺りが弱かったように見えた。
まあこれは個々人の好みの問題だろう。
ラストの、事件解決から二人の関係はもうなんというか。
一年間も合わなかったのにまたすぐああいう風に会話できる関係が、いかに二人の相性の良さを表わしているのかと思う。
小佐内の言葉、その内心はともかく、小鳩はもう……という読み取りができるし。
ともあれ、冬期限定でこのシリーズも終わりらしいし、楽しみに待っていよう。
もう五年ほど出ていないけど……気長に待つ。
星界シリーズだって待ってたら新刊出たんだし。
いつだって可能性は残されているのさ。

小説は26/100。
まーがんばります。

kigurui at 04:00|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月08日

きゅーそくせんこー。

テレビのリモコンが故障した。
完全に潰れたんじゃなくて、チャンネルと音量は反応するけど番組表とか入力切替とかは反応しないという中途半端な故障。
とはいえ不便には違いないので新しいのを買うかと検索したら、なんか3000円ぐらいする。
えー……正直こんなものに3000円も出せないんだが。
どうすっかなあ……ぶったたいたら元に戻らないかしら。

戦場のヴァルキュリアのソーシャルゲームがスマホでもできるということを知ったので早速インストール。
開始しようとしたらハンゲームのID作れと言われたのでアンインストール。
なんというか、グランブルーファンタジーの時も思ったけど、スマホゲームをプレイするぐらいでID作らされるのはちょっと引いてしまうと言うか。
特にハンゲームはなあ……警戒しちゃうよね。
LINEもそうだけど、あっち系の会社って物凄く貪欲にこちらの情報を収集しようとしてて気味が悪い。

アルペジオの新刊を読んだら、海戦はもちろんのこと、他にも色々詰め込まれていて濃い一冊だった。
アシガラがナチの兵装トリガーのキーを移譲されたり、戦術アップロードを参照して401の戦術を知識として理解していたり、その割りには魚雷の発射経験値が足りていない=経験としては共有できないとかあったりと霧側のシステムが色々と判明したり。
他にも横須賀の壁の内側で生活する一般市民の生活が垣間見えたり、群像とヒュウガの会話でこれまでキャラとしては掘り下げられていなかったヒュウガの一面が垣間見えたりと盛りだくさんだった。
特に海洋技術総合学園に偽装転入したタカオが焼きそばパン、メロンパン、カレーパンなどの割合贅沢品を手にしているのに対して、横須賀の壁近くの市民は780キロカロリーの無料配給弁当という格差も興味深い。
この漫画はただの海戦漫画じゃなく、世界情勢、国家の状況、霧と人類、群像達と軍、群像達と国家、霧同士の思惑と色々なものをきっちりと作り込んでるから、巻が進めば進むほどにこういう細かい部分が面白くなってくる。
アニメの方も悪い出来じゃないと思うし、面白くなければ平均9000枚以上も売れないと思うけれど、それでもアニメとして売る方策としてそういうところをことごとくカットしているのが残念だった。
上陰をテンプレートな「分かってくれない大人」というキャラに押し込めたのも好きじゃなかったし。
イオナも性格が変わりすぎてなあ……。
原作のイオナはクールだけどわりとフランクで、群像の物真似したり(あとで意識的か無意識か、戦闘時にそれが出たり)、表情の変化も多かったりするけど、アニメ版はなんというか、女碇シンジ(テレビVer)みたいな性格でなあ……何であんなキャラ改変されたんだろう。
ストーリーが大幅に違うのはまあ仕方ないだろうし、白鯨の存在を消去したのもまあしょうがないと思うけど、あのキャラ改変だけはなあ。
あと何気に原作だと凄い良いキャラのマヤがカーニバルbot化したのは酷いと思った。
劇場版やるらしいけど、なにするんだろう。
コンゴウの水着姿があるならレンタルぐらいはする。

小説は26/100。
なんか色々あってもやもやする。

kigurui at 03:35|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月05日

バタフライエフェクト。

艦これはまあゲームとしてはクソゲー待ったなしのシステムだとは思うけど、でもゲーム開始前は戦艦なら長門、陸奥、大和、武蔵、空母なら赤城、加賀、重巡洋艦や軽巡、駆逐艦なんてさっぱり知らなかった自分が今じゃ実装された艦に限ってはほぼそらで言えるようになっているんだから、ジャンル入門としては大成功だよな。
まあ開発側はミリタリ方面に引っ張って商売しようとはしてないっぽいけど。
ただキャラで覚えてる弊害として当時の艦の全容や艤装を見てもさっぱり分からず、名前を聞いて「ああ、あのおっぱいのでかい重巡洋艦か……」とか思ってしまうという。
しかしまあ、ほかのブラウザゲーとは違って、レア艦でも根気よく建造や攻略していけば大体揃うってシステムは良心的だと思います。
これで建造資材が一週間に一つしかドロップせず、買うなら一つ500円とかだったら速攻やめてる。
その辺の、金を払うなら入渠枠と母港の所有枠がメインってのもユーザーが増えている理由なんだろうなあ。
まあ、資材も売ってるけど、ぶっちゃけ資材は遠征と自然回復で増えるから、時間さえかければ一切金が無くてもできるわけで。
塩梅は上手いと思う。
どこに行くか分からない羅針盤と、誰を狙うか分からない戦闘システムは本気で糞だとは思うけど、商売は上手いと思う。

色々あってチェインクロニクルに物凄く萎えてアンインストールするかしないかの瀬戸際。
メタルスラッグディフェンスはアンインストール。


今日読んだもの。
横浜高校からロッテに入団、後に中日と移籍したプロ野球選手の自著伝。
中学生から暴走族、酒、シンナー、煙草、女と悪行のオンパレード。
高校に入って甲子園のために酒とシンナーと女は断つと決意するが、煙草だけはやめない。
甲子園優勝後はスナックで飲んだり、ヤクザ組長の誕生日に呼ばれたり、情婦から迫られたり。
プロ入団後も麻雀で賭けたりゴルフで賭けたり、果ては(当時はまだ合法だったが)ドーピングに手を出したり。
中学時代の友人は覚醒剤に手を出して死んだり。
なんというかまあ、スポーツマンというものへの幻想を粉々に打ち砕くような一冊。
ただ、良くあるヤンキーの武勇伝みたいにそれを誇るように書くでもなく、ただ淡々とこんな感じだったと書いているので読みやすい。
周りも大体こんな感じだったよ、みたいな文章にちょっと笑ってしまいさえする。
あれですな。
高校球児を純粋と言ってたり、球けがれなく道険しとか言ってる人間に読ませてみたい一冊。
普段、この類の本はあまり好かないけれど、面白かったです。
でももうこの人の他の本はいいかな……お腹いっぱいだわ。

小説は24/100。

kigurui at 04:10|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月03日

ハードコア。

チェインクロニクル、前のレイドからほぼ間隔もないまま始まった今回のレイド、結局前と同じ2凸で終わりそう。
つうか魔アルカナ魔人の次にまた魔アルカナでしかも前の魔人より有能とか、割りと嫌がらせに近いよな……。
まあ前のラスフィアも悪くはないんだが……スキルがなあ。
第二部の実装準備やそれに伴う新キャラの実装も始まってきたけど、前のフェスでチケットも石も使い果たしてすっからかん。
結局、レイドも金を使って特効キャラを引かなきゃチャンスは少ないわけで。
でもフェスもレイドも結構頻繁に起こるし、そのたびに金を使ってたらあっという間に据え置きゲーが霞むぐらいの出費になる。
しかも例えば9800円分の石を買ったとしても、目当てのキャラが出るとは限らないし。
なんかそういう事考え出したら、やはり無課金では限界を感じだした。
現戦力での二部の攻略次第だけど、そろそろ厳しいかねえ。

傘が壊れたので傘を買ったが、梅雨なのに雨が降らない。
しかし雨が降ると外に出るのが億劫なので降って欲しくない。
アンビバレンツ。
そして全然関係無いけど寝間着代わりに甚平が欲しい。

小説は24/100。
書き物置、ぼちぼち感想をもらう。
嬉しい。
やはり反応があると書いた甲斐があるよね。

kigurui at 03:18|PermalinkComments(0)男爵 

2014年07月01日

正体見たり枯れ尾花。

サッカー日本代表が帰国したときわりと熱狂的に迎えられていたけど、あれって考えようによっては残酷よね。
だって選手も監督もコメントで言及してるし、なによりも結果が不甲斐ないって示してるのに。
いやまあこれがサッカーが発展途上の国ならまだ分かるけど。
選手の実力は別にして、日本で文化としてのサッカーはもう成熟してるよね。
チームにスポンサーが付いて、大会も多数開催されて、レベルが上の相手との国際親善試合もかなり組まれて、選手には多額の年棒が支払われて、海外に留学したり、海外でプレーする選手も増えて。
それでワールドカップで結果が出せなかったのに、あの熱狂はねえ。
穿った見方だとは思うけど、まるで結果には期待してなかったって風に見える。
ワールドカップで試合して帰ってきただけでいいんだよ、みたいな。
別に罵声浴びせたり、昔みたいに生卵ぶつけろとは言わないが、もう少し厳しい眼で見た方が選手の成長にとってもいいんじゃないかなあとは思う。
なんでもかんでも頑張ったからそれでいい、感動をありがとうみたいなぬるま湯の環境だと、成長も阻害されていくと思うにゃー。

ジョン・アンプラス
ハピネット・ピクチャーズ
2001-11-23

今日見たもの。
夜行列車で女性を襲い、眠らせてから血を啜るマーティン。
犯行がばれる事もなく、目的地のピッツバーグに到着するが、出迎えた老人クーダはマーティンの正体を看破しており、この街で吸血事件を起こさないように釘を刺す……というお話。
吸血鬼であり、何十年も若さを保っているマーティン。
しかしその正体はナイーブな青年であり、真っ正面から人を襲うことも出来ないから眠らせてから犯行に至るような、牙すら持たない内気な吸血鬼だった。
そんなマーティンを、しかし危険人物だと警戒し続けるクーダ。
自分の生命活動と衝動に苛まされ、それでも現代に適合しようとし、初めて正面から向き合える女性と出会い、そして……という話の運びは面白かった。
特に、徹頭徹尾事実を告げているクーダが劇中誰にも相手にされず、しかし最後に間違った判断を下し、でもそれはある意味正しかったというその状況と事実の錯綜が人間の業を表わしているようで興味深かった。
初期ロメロの映像の深さを感じさせる一作だった。

小説は22/100。
書き物置を更新。
十八禁なのでリンクは貼らないあるよー。
サイドバーにリンクがある時点で今さらですが、まあそういう配慮もね……。

kigurui at 04:35|PermalinkComments(2)男爵