2015年08月

2015年08月29日

汗が浮く。

飲み会から二日経ってもなんか胃とお腹が重くて。
ひょっとしてお酒って身体に悪い……?
それともあれか。
ローストビーフなんてものを食べたから胃がビックリしたか。
さいとうたかをのサバイバルで猪の肉を食べたオッサンがビックリして吐いたみたいに。
ちなみにオッサンはその後小さい娘と崖から飛び降りて心中。

まだ暑くて外に出ると汗が浮き出る。

ベアブリックのアイスマンがもげたので新しいのを探したけど、なんかもうフィギュアショップとかだと置いてないね。
ネットオークションとかを利用した方が良さそうだな。

コミック版氷菓9巻を買って読む。
タイガーホールで買ったので前しか見えない眼鏡の千反田さんと摩耶花のポストカード付き。
詳しい感想はまた後でツイッターででも述べるとして、今巻でも文化祭編が終わらなかった。
完結は春までお預けか……。
その前に王とサーカスも読まなきゃな。

ザ・デプス [Blu-ray]
グレッグ・エヴィガン
TCエンタテインメント
2014-11-05

今日見たもの。
深海でミサイル発射基地を建造中の米国海軍は、発射台を設置する基礎部分の地下に大きな空洞があるのを発見する。
他の場所を探す時間もないため、爆破してそこを埋めようとするが、そこには深海に潜む怪物が……というお話。
古い映画だけど、ミニチュアの撮影とかは頑張っててそこは良かった。
低予算だけに、深海の基地という限られたスペースの閉塞感をちゃんと出せていたし。
ただなんというか、怪物の襲来と人間たちの不和によるドラマを両方やろうとして中途半端になったような感じは否めない。
大体にして、登場人物がピンチになるのも、死ぬのも、ピンチを加速させるのも、半分ぐらい……いや、半分以上がこれぞ無能とばかりに用意されたシュナイダー一人のせいだからなあ。
怪物も造型は良いのに、姿が出てくるのが物凄く短いし。
そして深海にいる間は薄暗い絵と閉塞感が良かったけど、最後の洋上のシーンは本当に合成丸出しで酷かった。
なんというか、色々と惜しい感じの映画だった。

小説は投稿用を修正中。
もう少しで終わる。
なんとか八月中にできそうだ。
あとなんかBGVに適当なアニメ流してると逆に効率がいいことに気付いた。
初見のじゃなくて既知の作品。

kigurui at 02:56|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月27日

また休み。

ローストビーフと寿司をたらふく食べてお酒を飲んだので一回休み。
幸せである。

kigurui at 03:28|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月25日

言いたくて吐きそう。

ベアブリックを集める切っ掛けにもなったアイスマンのベアブリック、鞄につけてたら足がもげていた。
うああ……数年間ずっとつけてたけど、大ショック。
アイスマンは買い直すとして、代わりのベアブリックをなにかつけなきゃなあ。
多分自転車のカゴかなにかに引っかけたんだろうけど。
凹むわあ。

アニメは今の所うしおととらとGATEと実は私はとオーバーロードぐらい。
四作品も見れば上等。
GATEは普通に自衛隊TUEEEEアニメとしか見てないけど、なんかこう見てる人間が騒ぎすぎてる気がして気軽に感想が言えないのが哀しい。
わたしはテュカ可愛いとかピニャ殿下可愛いとか黒川可愛いとかそういう事しか考えてないのだが。
実は私ははなんかこう、作品から漂う90年代アニメの匂いがムンムンしててたまらない。
うしおととらはかなり原作に忠実に作ってあって安心して見られるけど、けっこうなエピソードが省かれるだろうというのも分かっているので半分辛い。
それに最後もちょっと駆け足になりそうだなあ。

溶解人間 Blu-ray
アレックス・レバー
2014-10-24

今日見たもの。
宇宙飛行士のスティーブは土星探索船に搭乗中、事故に遭ってしまう。
軍の病院で目覚めたスティーブは、自身の姿が放射線によって溶解し始めていることを知り……というお話。
まあなんというか、特殊メイクだけが見所だった。
終始スティーブがうろつきながら人を殺すだけで、殺人衝動が起きる理由も詳しく語られないまま、なにを目的にしているのかも分からないまま。
ラストのメイクの具合は、時代を考えるとかなり凄いとは思う。
ブックレットによればプロデューサーや撮影監督、編集と色々と揉めてこんな作品になったようで、監督にはスティーブがうろついた理由やスティーブが襲わなかった人物など色々と意図があったようだけど、作中では全く説明されず。
特殊メイクは凄かったけど、ゴア表現が凄いわけでもなし。
さすがに中身のない映像を80分というのは些かきつかった。
かといってクソ映画かと言われると、なんかこう……違う気もする。
不思議な作品。

小説は直し中。
アラーム大活躍。

kigurui at 03:40|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月22日

一回休み。

広島の応援で疲れたので一回休み。
八回で雨天中止にしておけばなあ……。

kigurui at 01:28|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月20日

オイヨイヨ!!

腕の日焼け止めを怠ったせいで、腕だけが異様に黒い。

しかしなんというかスマホゲームの導入ってもっとサクサクできないものなのかな。
大体が世界観の説明、バトルチュートリアル、クエスト選択説明、バトル、ガチャ引かせてって感じになるんだけど、それを経ていると自分で操作出来るようになるまでの時間が長いというか。
個人的な好みとして、ゲームは自分が自由に操作出来るからこそ楽しいと思うんだよね。
これはフリーマップとか単純な自由度の高さがいいというわけじゃなくて、あくまでもそのゲームにおいて自分が自由に操作出来るのが楽しいというか。
だから延々とシステム、バトル、ガチャとチュートリアルが続くと辟易しちゃう。
FF12だったか、OPに延々とムービーが入ってきたのも萎えたし。
まあ、スマホはコンシューマーと違って説明書を添付できないから、最低限のチュートリアルをしなければいけないっていうのは分かるんだけど。
大体どれもテンプレートなんだから、なんかこう一括で説明できるシステムとかだれか開発しないのかしら。
とはいえ、最近はコンシューマーも説明書は電子版とかいって、ソフトにはペーパー一枚は行ってるだけとかになってるけど。
あれ、風情が無くて好きじゃないんだけどねえ。

九月にまた千葉行きます。
会える方はお会いしましょう。

小説は直し中。
アラーム方式、中々捗る。
今はまだ十五分刻みだけど、慣れてきたら二十分ぐらいに延ばしたい。
三十分はどうだろう。
精神じゃなくて、そこまで物理的に脳味噌が集中できるかどうか。
自分の適正を見ながらおいおい調整していきたい。

kigurui at 03:47|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月18日

今年こそは。

お盆の日でやることも無いので甲子園に行ってきました。
去年もそうだったけど、さすがに土日、しかも人気の東海大相模のアルプスに行こうとしたらもう入場券が売り切れていて、前の試合の終了前から並ぶことに。
試合が終わっても入れ替え分の発券が中々されず、一回の攻防が終わるぐらいにようやく買えて入場できた。
名門古豪だけあって応援が洗練されていて、しかも隣のおっちゃんやOBの人たちがやたらノリが良かったので一緒に歌ったり応援できたりして楽しかった。
今回は応援していた三塁側が二校とも勝ったので満足。
九月の神宮もこの運を持ち続けたいものだ。
しかしまあ、いまだにダフ屋がいて400円上乗せでチケットを売りつけていたのは閉口した。
買う方も買う方だけどねえ。

高校野球を見ていると、打撃のミートというものの重要性が理解できる。
プロの木製バットだと到底安打にならないような場所での打撃が、金属バットのミートポイントの広さで打球が伸びたりするのを何回も見たので。
高校で強打者だったのにプロでぱっとしない野手って、そう言うところがアジャストできなかったんだろうなあとか思う。

なにを考えたのか甲子園に黒いシャツを着て行って直射日光で死にそうになったので、少しは明色のシャツを買うかとショップに行ってみるも空振りばかり。
なんというか、なんで安いシャツの柄って変なのが多いんだろう。
ワンポイントか無地でいいのになあ。
シャツはお前のキャンバスじゃねえぞ!! って言いたくなるような変な柄が多すぎる。
センスの良さそうな奴は高いし、それはそれで構わないんだけど。
安いなら無地が一番だと思うのだけどなあ。
そうでもないのかな。

小説は投稿用の直し。
自分が悪いのだけれど、どうにも作業の途中で他の事をやってしまう集中力の無さをどうにかしたくて、アラームを買った。
とりあえず十五分程度に設定して、その間は作業以外他になにもしない。
ギリギリテレビを流す程度。
スマホも、資料以外の本も、ネットもしない。
作業中に他の事をして途切れるのが駄目なので、区切ってそこだけに集中する。
やってみると案外効果的で、そこそこの成果が得られた。
しばらくはこの方法で作業をしてみよう。
ただ、アラームの音が思ったより大きかったので夜中はまた工夫を考えなきゃだけど。

kigurui at 03:40|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月15日

『ネトゲの嫁は刺激的!〜女体化プレイとリアルの彼女〜』、発売しました。

というわけで『ネトゲの嫁は刺激的!〜女体化プレイとリアルの彼女〜』、発売になりました。
amazonを始め、honto、ニコニコ静画、yahooブックと多彩な電子書籍サイトで取り扱っておりますので、よろしければ是非。
なんかamazonのkindle売れ筋ランキング、ライトノベルと非常に限定的ながら40〜70位辺りをうろうろしているので、これは売れていると思って良いのかしら。
まあ、売れ筋ランキングってどれだけ売れたかじゃなくて、買われた時間帯の近さ? がメインっぽいけど。
そうは言っても皆さんが買ってくれるお陰でランキングが上がっておりますし、宣伝をRTしてくださったり、買ったという言葉を頂いておりますので、恐縮の至りと感謝の極み。
まあね、ランキングばかり気にしてるのもいやらしいし、ランキングのためだけに書いているわけじゃないですけど。
商業なんだから売れた方が嬉しいし、そうしたら次も書かせてもらえそうですしね!!
頑張りたいからね!!
ちょっと浮かれてるけど許してね。

ていうかあれですな。
告知が出ても、事前登録が出ても半ば信じられなかったけど、こうしてamazonやら他の電子書籍サイトで発売登録されて、ようやく実感が湧いたというか。
発売されてもまだ微妙に浮ついた感じだけど。
これが普通の状態になるように務めていきたい。

小説は投稿用の直し。
ちょっと作業に少し区切りをつけるために、アラームを買ってみた。
どうにも集中力が保たないので、十分とか十五分とかアラームを設定して、その間だけはもう他になにもせず、作業だけをやる。
BGMやBGVはギリギリありで。
それ以外のスマホやネットは全て封印。
効果的なら続けていきたい。

kigurui at 03:42|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月13日

ジグザグプロダクション。

今現在ローテの谷間が二つという状況で勝ちが拾い切れていない広島なんですが。
来期はどうなるかと考えてみる。
まず来期はほぼ確実にマエケンはメジャーに行ってエースが一人いなくなる。
最高はこの状態で黒田が今季十勝して体調にも問題なく現役続行、ジョンソンとも再契約、そして今現在ローテをになっている福井。
この三枚が残ることになる。
で、多分大瀬良君が先発復帰で四枚。
そこから先が不透明。
FA獲得は無いだろうし、外人選手獲得も枠の問題で難しいし。
トレードで手に入れるか、育成するか。
ヒースが先発に戻るという手もあるかも知れないが……個人的には九里が今日ホームランを打たれたとはいえまだ良いピッチングをしていたので、先発ローテに戻って欲しいけど。
最悪なのは黒田が引退、ジョンソンも何らかの理由で契約できずとなればローテが福井しかいなくなり、そうなれば来年の広島はお察し状態になってしまう。
なんというか、現状もそうだけど来期もちょっと厳しいね……。

ゲット・ショーティ (角川文庫)
エルモア レナード
角川書店
1996-03

今日読んだもの。
高利貸しのチリ・パーマーはその稼業から足を洗おうと思っていた所に、若い頃に因縁があったレイ・ボーンズが上役になってしまう。
レイ・ボーンズに急き立てられる形でクリーニング屋のリオの借金を取り立てようとしたところ、リオは先日の飛行機事故で死んだと妻のフェイに言われる。
しかし、そのフェイがまだリオは生きていると言い……というお話。
前に読んだラム・パンチと同じく、どうにかこうにか自分たちが大きな利益を得ようとする人間たちの削りあいのお話。
ただ、主人公のチリが物事にあって動じず、アクシデントが起こっても淡々とやるべき事を定めて動いているのが読んでいて爽快。
外見は冴えない中年のおっさんなのに、読んでいる内に格好良く思えるのが不思議。
高見浩さんによる翻訳の妙もあり、独特の雰囲気が面白い。
しかしこの作者の作風は不思議というか。
ハードボイルドでもないし、ピカレスクものというほどでもないし、クライムものといわれてもどうだろうと思う。
話にしてみれば小悪党たちが奮闘するとしか言いようがないのに、はっきりと面白い。
まだまだ著作はあるので、色々と読んでいきたい。

小説は投稿用を直し。
直した部分が分かりやすいように色変更をしたいのに、wordだといちいち色のタブをクリックしてから書かなきゃいけなくて煩雑になる。
次から入力する文字を全てこの色に、とかできないのかね……仮にもワードソフトなのにさ。

kigurui at 03:47|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月11日

ネバネバ・モンスター。

引き続き宣伝というか。
『ネトゲの嫁は刺激的!〜女体化プレイとリアルの彼女〜』が配信サイトに登録されてきたので、詳細をば。
最終的にはこれの倍以上のサイトで取り扱いになりますので、お好きな媒体で読んで頂ければと。
レーベルの特性上、中編という形なのであっさり読めると思います。
あと一回だけ、販売が始まったら宣伝させて……。

皆さんから祝福の言葉を沢山頂いて嬉しい限り。
小さな一歩ですが、夢であった文章で稼ぐということの始まりでもありますので感無量です。
後は沢山売れてくれればいいな。
一時期amazonキンドル売り上げランキング、BL、ラノベ部門で160位とかなってたけど、どの程度予約されているのだろうか。

小説はノクターン用。
それが終われば投稿用の直し。
投稿用、ある人に協力してもらったのですが、なんというか設定や話の粗はもそうだけど、自分の気付かない文章のくせに気付かされてちょっと驚いているというか。
本当、無意識にあの表現ばかり使ってた。
今度からちょっと意識的に直していこう。
おおおお……それ以外にも直すところは沢山ある。
頑張るのだ。

kigurui at 03:51|PermalinkComments(2)男爵 | 創作

2015年08月08日

ミスター・ラヴジョイ。

えーと、情報が解禁になったようなので。
オシリス文庫さんで自分の電子書籍、「ネトゲの嫁は刺激的!〜女体化プレイとリアルの彼女〜」が販売されます。
発売日は八月十四日辺り。
成人向けです。
商業として、初めての作品になります。
ネットゲーム疑似TSものという結構な変化球ですが、ストライクゾーンの方は是非是非。
電子書籍なので荷物になりませんし、あなたのスマホの隙間にそっと差し込んで下されば……ええ、ええ。
まあ、冗談抜きで買って下さると嬉しいです。
よろしくお願いします。

kigurui at 03:38|PermalinkComments(0)男爵 | 創作

2015年08月06日

マーロウ・ジョン・フィーバー。

こんな暑いのにジョギングするなんて正気の沙汰じゃねえとか思いつつもジョギング頑張ってます死にそう。

大学時代だったか、文芸学科だったんですが、特に尊敬する作家は居ないというと大抵変な顔をされた。
尊敬、というのは良く分からんのだよねえ。
好きな作家というのは結構居る。
文章力も、ストーリーも、構成力も、アイディアも自分なんかが及ぶべくもないんだけど、それでもそれを尊敬するというものの核にするかというと良く分からない。
作品自体を面白い、凄いとは思うけど、イコール作者が凄いと結びつかないというか。
多分、こういうところが駄目なんだろうなあ。
作り手をもっと理解して自分に生かさないといけないんだろう。
ううむ……。
ああ、でももしかしたらそうかも知れないという人は一人いるかな。
その人はプロじゃないけど、もし執筆に専念したら多分普通にデビューできるだろうって思ってる。

本棚を整理。
今回は処分するものを決めていたので比較的スムーズに終わった。
これでまたしばらくは保つだろう。

小説はノクターン用を。
私のネーミングセンスが問われる。
ネーミングに限らず、センスというものが壊滅的なのではあるのだが。

kigurui at 01:52|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月04日

ンジョモ。

あれだ。
Twitterでいくらか話題になっていたけど。
塩タブレットとスポーツドリンクの併用は逆に塩分過多になって高血圧になって倒れる。
経口補水液も常飲する水分ではなく、あくまで非常用に。
飲むときも一気飲みではなく、ゆっくりと飲む。
塩タブレットを摂取した時は水かお茶。
スポーツドリンクも基本的に一気飲みはせずにゆっくりと。
一気飲みするほど喉が渇いているときは薄めたものを。
この時期、水分をがぶ飲みする傾向が高いから気をつけよう。

米澤穂信先生の新作、王とサーカスが届いた。
今すぐ読みたいけど、今読んでいる本を読み終えてからだ。
そしてなんとなく本棚を整理。
今回はわりとスムーズにスペースを確保できた。

なんか最近アニメをチェックする気力が沸かない。
これが五月病ってやつか……。

小説はノクターン用を。
ブログに載せてる奴も、ノクターンで受けそうな奴はいくつかそちらに移して、ブログ自体は消そうかな。
ノクターンで受けそうにない奴はブログごと滅殺で。
まあ元データはあるから完全に消す訳じゃないが。
それに元々、ブログの奴もそんな数は無いわけだし。
二次創作もなあ……Pixivってあんまり継続しては閲覧されないんだよな。
ノクターンはいくつかの作品を覗いて基本的に二次創作アウトだし。
これも闇に葬るか。
これが終わったら投稿用の次を書こう。

kigurui at 03:47|PermalinkComments(0)男爵 

2015年08月01日

プリティバトルクリスタルキッス。

色々と一区切り着いた。
着けられた。
しばらく……とは言っても三日ぐらいだが、ちょっとゆっくりしよう。

王とサーカスが届いたが、その前に読みかけのエルモア・レナードのゲットショーティーを読み終えねば。
作風もそうだけど、ラム・パンチと翻訳している人が同じで、その人独特の書き味というか翻訳味というか、そういうのが結構面白い。
あとリズムがいいというのかな。
かなり文字が多いのに、読みやすい。
たまに単語や文章を直訳したのを連ねるような、信じられないほど読み辛い翻訳ってあるからなあ……。
とりあえず、話がどう転がっていくのか楽しみ。

今年の暑さはちょっとヤバイぐらい。
熱中症対策に気をつけねば。
塩タブレットと水は常備。

ずっと再販希望してた古典部の同人誌が、それまでのシリーズ全部まとめて再録されて販売されるので超嬉しい。
本当なら会場に買いに行きたいが、いかんせん距離があるので通販で。
一回で良いから直に行って、目に映る古典部の同人誌買いあさりたいねえ。

古典部で思い出したが、鏡の話は本当早く単行本化して欲しい。
あれが未収録のお陰で、二次創作書く時に奉太郎に対する摩耶花の態度が今一つ決めかねるんだよなあ。
少し柔らかくするのか、とげとげしいままでいいのか。
そして今年の夏コミは不参加になりそうなので、夏コミ原稿をどうするか。
置いておいてもいいけど、これはこれでもうPixivとかに載せて、冬は新しいのを書こうかしら。

小説は直しが終わり。
次はノクターンだ。
その前に、書き物置の方を閉鎖しようかと思案中。
もうブログの方は見ている人も少ないし、二次創作はPixivに、一次創作はノクターンで良いんじゃないかと。
さすがに、百倍近く閲覧数が乖離していたら意味がないもんなあ……。

kigurui at 03:06|PermalinkComments(0)男爵