2016年05月

2016年05月31日

とりあえず三億円。

読まなくなった本、好きじゃなくなった本を処分。
部屋が些かスッキリした。

自分はわりと創作物の好き嫌いがはっきりしているので、最初は好きで買っていた作品も好きじゃない展開やキャラの方向転換があるとすぐに嫌いになって処分してしまう。
で、大概の場合やっぱりその嫌いな方向のまま作品が進んでしまうので、終いには読むのすらやめてしまう。
なんだろうなあ、物語やキャラに没入しすぎているというか。
自己投影が過ぎるからこそ、自分の気に食わない展開になったら嫌気がさして離れちゃうのかな。
好きな作者でも、あまり好みでない場合は手を出さないし。
だからファンなら作品全部買うべき、好きであるべきとか言われるとわりと辟易したりもする。
そういうのは盲信なんじゃないのとか言うと喧嘩になるので大抵は黙ってるけど。
まあ買うことが応援とかいうのも分からないでもないんだけどねえ。
極論を相手にするのは疲れちゃうよね。

最近気分の乱高下が激しいので古典部アニメでも見てニュートラルに戻そうか。

なんかここ数日でノクターンに投稿している人たちからTwitterでフォローされてたりするんだけど、なにかあったのかな。
自分なんかノクターンでも木っ端の存在なので、どういう切っ掛けで知られたのかは少し気になる。

小説はノクターン分。
ノリノリで酷い展開を書けたので楽しい。

kigurui at 03:52|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月28日

交流戦までは首位。

そろそろスマートのバッテリーが本格的に保たなくなってきた。
次の端末を検討しなければ。
FREETELあたりがお手軽な値段とスペックでいいかなあと。
まあまだ喫緊に必要という訳じゃないので、じっくり選ぼう。
自転車も買い換える必要があるし、一気には無理だろうから。

小説はノクターンを作業中。
これが終わったら、どのプロットにするか選ぶ。
今回変えたというか試したやり方が非常にしっくり来ているので、忘れないように今度言語化しておきたい。

kigurui at 04:00|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月26日

しばらくバス通学は出来ないです。

暑くなったり寒くなったり、寒暖の差が激しくて擦過傷の蕁麻疹が出てくる。
布団も入れ替えしなきゃな……ていうかもう扇風機出していいよねこの気温。

自転車が空気を入れたらサイドのフレームにタイヤが干渉してくるようになってこぐだけで物凄い過負荷がかかるように。
もうやだこのポンコツ。
買った当時からハンドルがずれるわ、スタンドは何度ネジを締めてもゆるむわ、泥よけがタイヤに当たるわ、今度は空気満タンにしたらフレームに干渉……。
ていうかよく見たら、後輪の回転が歪になってて、それで干渉してるみたい。
別にどこかにぶつけたとか転んだとかもないのに、なんで……。
まあ五年ぐらい乗ってるから、減価償却はしたよな。
今度の原稿料で丈夫な自転車に買い換えるか。

広島が好調で今期初の貯金六、首位キープ。
何かもう、夢みたいだね。
まあまだシーズンは三分の一ほどしか終わってないし、今週後半は好調の横浜三連戦だし、その後は地獄の交流戦、しかも広島は初っぱなからロッテ、ソフトバンク、日ハムとパリーグ上位陣との対決。
下手したらずるずる連敗を続けてしまう可能性もあるわけで……とりあえず、横浜戦は一つは勝って、交流戦はいつものごとく五割目標で。
それで凌げれば、本当に優勝の目が見えてくるのではないだろうか。
頑張って欲しいものだ。

小説はぴくめすを更新(十八歳未満禁止)
今回書いたのはまあ、書き口とか構成とかは今までと同じだけど、表現を変化させてみたというか、無闇に描写しまくらないことで、わずかながらも上手く表現できたのではないかと思います。
とっかかりは掴めたので、次の新作からはもっと上手く描写していきたい。
て言うかぶっちゃけ、今回のぴくめす、自分の好きな題材というのもあったけど、新しい事を試しながら書くのが凄い楽しかった。
楽しいというのは大事だね。
趣味にしろ仕事にしろ。

kigurui at 03:47|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月24日

甲子園観戦。

というわけで5/20日の甲子園球場、広島VS阪神戦を観戦してきました。
前々週で投手ローテーションが崩壊し、しかしそのお陰で黒田の登録が今週になって裏ローテの頭になり、20日登板になってこれは勝てるんじゃないかと期待して観戦開始。
しかしながら相手の岩貞も好投して先制され、最終回で同点になり、既定試合回数の12回表に勝ち越して勝利。
いやー……ようやく球場観戦で勝利の瞬間を味わえた。
しかも最後の最後まで戦った末の勝利。
10時以降は応援の鳴り物禁止なのでコールのみで頑張った甲斐があった。
四年前、兄に横浜球場に連れて行ってもらってから、小学校以来の広島への応援が再燃して今に至るわけですが、まあ球場観戦だと勝てないこと勝てないこと……。
そんな数多くの試合を見てるわけではないですが、それでもこう、自分は見ていると縁起が悪いんじゃないかと思ってピンチの時は速報閉じたりしてたし。
まあこれでね、疫病神返上だ!!
もうほんと、12回2アウトからの勝ち越しは声が枯れるほど叫んだわ……。
帰るのが終電間際になったけど、楽しかったです。
あとおにぎり二つだけで12回もスクワット応援してたから、帰る頃には空腹でふらふらになった。
帰ってきてから作ったインスタントうどんのおいしかったこと。

ただ一つ残念なのは、ビジター応援席ではホーム球団の応援は禁止とチケットに明記されているのに阪神ファンの若者が座っていて、座るぐらいならいいけど泥酔して阪神の応援やら広島の選手に罵声を飛ばしてたのが非情に気分が悪かった。
まあどこのチームのファンにもこういう輩はいるだろうけど、マナーは守って欲しいね。
ていうか警備員が通路に詰めてるから、連れだしてもらえば良かったんだな……。
マナーは守ろう。
マナーを守れなければルールが追加されてどんどん窮屈になっていくだけなのだから。
まあそもそも応援禁止の規定がルールなんだが。

小説は作業中。
プロットは大体詰めたけど、まだどれを書くかは決めてない。
やや傾いてきているのはあるけど。

kigurui at 02:00|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月21日

一回休み。

延長十二回、五時間の試合を応援して疲れたので一回休み。
でも勝てて良かった。

kigurui at 03:48|PermalinkComments(0)

2016年05月19日

いまだに怨む。

最近は野球の他に相撲を録画したりして見ているんですが。
なんというかあれですな。
相撲の物言いというかチャレンジに当たる制度は野球のそれよりも洗練されてますね。
まあ相撲には監督がいないのでの行司の軍配に異論があるときは土俵の四方に座っている五人の勝負審判か控え力士(審議には参加できない)が手を上げて物言いをつけて、ビデオと議論で勝敗を明らかにするわけですが。
その際に取り組みを取り仕切る行司ではなく、勝負審判がビデオをきちんと確認して、第三者の点から議論すること。
そして議論の結果をきっちりと説明するというのが野球とは違っていていいと思う。
野球の場合はだいたい「判定はアウトでしたがコリジョンルールに抵触しているという監督からの抗議を受け、ビデオ判定した結果セーフの判定となります」ぐらいの説明で終わってしまう。
大相撲の場合は「軍配は〜〜関に上がりましたが、〜〜関の脚が先に出ているのではないかとの物言いがつき、検証の結果、〜〜関の脚が先に土俵を割っていたので行司軍配差し違えで○○関の勝利といたします」と、きちんと状況説明と結果まで言ってくれるので分かりやすい。
野球で言うと「ビデオ判定の結果、〜〜捕手が捕球前からランナーの走路を塞いでおり、コリジョンルールに反しているとの判断により、セーフといたします」ぐらいはやってほしい。
分かり辛いし、どうも野球の言い方だと審判の独断に聞こえるんだよね。
いやまあ前の甲子園のホームランを二塁打にされたのとか完全に独断だけど……。
試合をスムーズに進めたいっていうのは分かるけど、それで試合を壊したら元も子もないと思うけど……。
審判は絶対だとか言うのなら、誤審をしないように徹底して欲しいもんだ。
まあそれにしても稀勢の里は強いね。
優勝して横綱になって欲しい。

明日は九里が先発のようなので、二十日の黒田観戦はほぼ確定っぽい。
やったぜ。
相手が岩貞らしいから、勝てる可能性はある……はず。
岩貞はスタミナがないから、球数投げさせて中継ぎを早い段階で引きずり出せば……。

小説はぴくめす中。
修羅場になりそうでならない。

kigurui at 03:30|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月17日

ポストイット。

十一月に古典部の新作が出るんですと。
読めていなかった連峰、鏡の話も入るんですと。
更には書き下ろしが入る可能性もあるんですと。
おお……神は居た。
十一月までは絶対死ねない。
アニメになった連峰はともかく、奉太郎と摩耶花の関係性に変化があった(と思しき)鏡の話を読んだときに、ようやく本当にきちんとした二次創作が書けると思う。
いや別に今までの二次創作を適当に書いてた気は無いし、その時に書いた摩耶花の解釈も間違ってはいなかったと思ってるけど。
でもせっかく二次創作するなら、完璧に近いものを書きたいじゃない。
それがようやく……感無量だ。
時期はいつになるか、短編なのか長編なのか雑誌掲載なのか刊行なのか分からないけど、小市民の新作も出るらしい。
なんだ今年は!!
嬉しいな!!

広島、ローテ崩壊ながらも二勝三敗一分で一週間を終了。
うーん、急造ローテで悪くはないと思うけど三敗一分のどれもが勝てた試合でもあり、それらに勝ててないからこそ今の順位なんだよなあ。
優勝するためには、この辺りをきっちり勝たないとねえ。
後一本が出てないから、やっぱり誰か落としてルナを入れるしかないけど、枠がなあ……。
そして今週二十日、甲子園に見に行く予定なのだけれど、どうも黒田が登板するっぽい。
もしかしたら最初で最後のチャンスかも知れない。
本当、来年現役でいるかどうか分からないしね。
いて欲しいけど。
なんにせよ、楽しみだ。

小説は作業中。
とりあえずノクターンとぴくめす並行作業しつつプロットを詰めていく。
どれを書くかは、まだ決めていない。

kigurui at 03:28|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月14日

四連勝になれるパターンもあった。

月曜には部屋の整理をしよう。

広島、裏ローテ崩壊とか思いつつも踏ん張っているようないないような。
表ローテでの対ヤクルトの二試合連続逆転負けはきつかったな……。
六月の大瀬良君復帰が待ち遠しい。
そして金曜日に阪神が藤浪君ということは、ローテがずれない限り甲子園に見に行く二十日金曜日が戸田VS藤浪君の投げ合いに。
今から胃が痛い……。
ただまあ、もしかしたら最短で登録された黒田が裏ローテの頭に投げるかも知れないけど……とりあえず、初の観戦勝利を願うのみ。

小説はノクターン(十八禁注意)更新。
長くなったのでまた分割。
再来週辺りに続きを更新したいけど、都合が悪くなるかも。
その前にぴくめす更新したいし。

しかしあれだね。
ネットで受けるという作品は文章とか題材とかそういうものではなく、形式そのものが重要であると最近ようやく理解したというか。
ノクターンやなろうでアクセスの内訳を見ていると、スマホでの閲覧が半分以上を占めているんだよね。
その時点でなんというか、地の描写が多い作品は余り受けないだろうなあって。
単純に、スマホの小さな画面だと読み辛いというのが要因で。
で、まあ大賞の投稿作とかだと一冊分に区切られた分量の中で起承転結をつけて物語自体も締めなきゃいけないけど、ネットへの投稿はそんな縛りがないから、極端な話起承承承承承承転結とかでもいけるわけで。
分量という制限が無い分、好きなだけ話や世界、キャラを広げてから事件を起こし、解決するという手法がとれる。
そしてそれをするには、いるかどうか分からない読者を定着させるために短いスパン、できれば毎日の更新が望ましく、更には二話か三話に一つは話の盛り上がりを作らなきゃいけない。
むしろ、一冊完結するお話、分量だと忌避される傾向すらある。
もちろん、書く題材が異世界転生、あるいはその亜種であるのが望ましいというのは変わりないだろうけど、なんというかよくまとめサイトにあるような、同じ題材ばかりだし簡単に書けるとかそういう意見は割合的外れだなあ、なんて思いました。
あとはまあ、それらを無視して好き勝手に書くというパターンもありますな。
ノクターンでの自分はそんな感じですが。
もう性癖バリバリで好きなシチュエーションしか書かないみたいな。
なろうでそういうのはあるのかな……もう最近なろうの方は漁ってないから分からないけど。
ネット小説のやり方に対する、自分個人の雑感でした。

kigurui at 03:32|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月12日

一回休み。

色々あるので一回休み。
広島のローテ崩壊がヤバイ。

kigurui at 03:14|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月10日

島根と鳥取。

5月9日はピッコロ大魔王さまが国王になった記念すべきピッコロ記念日です。

ちまちまやってる星のドラゴンクエスト、メインキャラが下級職二つレベル99にして上級職もレベル99にして、武器も揃って念願の防御しつつ回復できるロトの盾をガチャで引いたのでもうなんかキャラが完成してしまった。
サブキャラの装備とかはまだ残ってるけど、マルチではもう普通に最高難度のクエストをクリアできるしパーティーでキックされなくなったので完成と見ていいだろう。
始めたの今年の一月だったんだけどな……まあ厳密に言えばメインキャラもまだスキルが完成しきってなかったりはするんだけど。
とはいえもうまったりモードでやっていこう。

小説はノクターン作業中。
それが終わって書こうと思っている投稿用のプロットが三つ。
一つはコメディで現代異能もの。
一つはシリアスな中世学園異能もの。
一つはシリアスな現代異能もの。
最後のものがこの前学んだことを一番生かせそうな感じはするけど……さて、どれを書くべきか。
一番最初のプロットが今の売れ筋に添ってはいるんだよな……二番目はどうだろう。
最後のものはやや売れ筋から離れた感じはするけど、一番書きたい題材にはなっているし、キャラや設定も上手くできてはいる。
どうするべきか。
んー。

kigurui at 03:18|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月07日

スマスイ。

GW最後の日は水族館に行ってきました。
最後に行ったのが十年以上前なのでリニューアルされまくってて、しかも最寄り駅も新設されてて色々とカルチャーショック。
最初はどうだろうかと思ったけど、年をとって好奇心が増した状態で行くと物凄く面白かった。
深海の魚の生態とか、生息環境とか、姿形とか。
人の手が入りきらない海という環境での生態系が入り乱れていて楽しかった。
年甲斐もなくテンション上がりました。
子供の時とはまた違う目線を得た後に、子供の頃に行った施設にまた来てみるというのも中々新しい発見があって楽しいものですな。
亀とか飼うのもいいかなあ。

広島は菅野、今永といい投手に当たったのもあるけど、ちょっと打線が冷え気味。
ルナが来週から二軍で調整するらしいから、上がってきて湿った打線に火をつけて欲しい。
しかし来週から調整と言うことは、二十日の甲子園には来られないかなあ。
そして今回横山が炎上したことで、二十日の投手がだれになるのか……今日救援した戸田かなあ。
うーん、月曜とかにあるのならジョンソンとかの日に見に行ったんだが。
寄りによって阪神戦で谷間ローテとは……いやしかし勝利を信じて見に行きたい。
ていうかいい加減現地観戦で勝利試合を観たい。

小説は作業中。
ノクターンがなんかいい感じに書けてきているかもしれないかもしれない。

kigurui at 03:25|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月05日

狐火ゆらゆら。

GWだし少し出かけるかと京都の伏見稲荷神社に参拝してきました。
前々から千本鳥居が見たかったので。
いやはや、ずらりと並び立つ鳥居は圧巻でした。
また、稲荷山を登山するように参道が設けられているので、山の木々の中に建立された鳥居をくぐっていくと木々と鳥居の間から木漏れ日が射して来るというなんとも神秘的な光景が。
ただやはりGWで人が多かったので、今度はもう少し少ない時期が良いな……。
伏見稲荷自体はそこまで苦じゃなかったけど、途中の電車移動がもうすし詰め状態で消耗した。
行きも帰りもあんなに混むなんてなあ。
まあでもずっと見たかったものが見られたし、その光景にも満足できたので良かったです。
プチ旅行って感じの一日でした。

小説は作業中。
ノクターン、ぴくめす書いて投稿用の作業に入るかな。
今の所いくつかプロットを組んでるけど、どれが一番いいかは検討中。
あと、今度から少し文章の色々を変えてみる。

kigurui at 03:33|PermalinkComments(0)男爵 

2016年05月03日

まずはキャッチボールから。

右肩の痛みがようやく快方へ。
これでノースロー調整から一歩前へ。
夏の甲子園には間に合うか……ッ!?

艦これアーケードのカードが高値で転売されているようで。
妖怪ウォッチともだちうきうきペディアというカード排出式のアーケードゲームはユーザー登録をして本人にしか使えないカードになっており、なおかつ仲間にした妖怪をゲーム内カメラの好きなアングルで撮影することにより、他人と同じ妖怪を持っていても構図が自分だけのものになっていて、転売防止とコレクト感の両方が満たされていて上手いシステムだなあって感心したものですが。
妖怪ウォッチはメダルの転売防止もわりとしっかりしてたし、そのせいで購買の競争が過熱したとはいえ、良いシステムだったと思う。
艦これもキャラゲーなんだから、まあユーザー登録はともかくとしても、好きなアングルで撮影した画像をキャラカードにってすればもっと人気が出そうなのにね。
まあ、そんな事しなくても現状大人気みたいだけど。

小説はノクターン更新。
前振りなので、本番は次の更新で。

kigurui at 04:07|PermalinkComments(0)男爵