2017年11月

2017年11月30日

休み。

身内に不幸がありましたのでしばらく休みます。
週明けには帰ってくるとは思いますが。

kigurui at 03:25|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月28日

だいたいノリで洋楽を聞いている。

気付けば半年ぐらいipodに新しい曲を入れていなかったので、乙松さんおすすめの海外アニメRWBYのサントラを購入。
うむ、よい。
一期から三期のベストボーカルアルバムだけど、テンションが上がりまくるので文章の作業をしているときにぴったり。
お気に入りはTime to Say Goodbye、Die (Rough)、Shineあたり。
やっぱリズムがいい歌はいいね。
英語全然分からんけど!!

手洗いにあるエアブロータオルあるじゃないですか。
あれ、JR沿線にあるトイレだとダイソン製なんですよね。
ダイソン、めっちゃ風が強い。
サイクロンタオルだわ。

長々と関わってきた案件がようやく終了しそう。
したら焼肉でも食べに行こう……。


kigurui at 03:41|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月25日

なんだかなあ。

ミニストップでの成人誌販売廃止の件、オリンピックにかこつけて行政が企業に女性の感じる不愉快を忖度させて廃止させたっていうのは物凄く悪しき前例になると思うんだけどなあ。
その不愉快に対する配慮の矛先が次はどこに向くのか分からないのに。
これ、雑誌社は全ての雑誌をミニストップから引き上げるぐらいの抗議をしてもいいぐらい重大なできごとだと思う。
売れないって判断したから撤廃、手続きに則った条例による撤廃とかじゃないからね。
どこかの誰かの意志を慮って撤廃って話だから。
中世の焚書時代かよっていう。
次は煙草がカウンターの後ろにあるのは子供の教育に悪いから撤廃して欲しい、棚に酒が置いてあるのはアルコール中毒者に配慮してないから撤廃して欲しいとか続いていきそう。
ファファファのファ〜。

kigurui at 03:34|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月23日

色々と入り用。

スマートがそろそろ限界っぽいので買換えを検討。
とはいえ来年二月ごろに新機種が出てくるようだからそれまでは待ちかな。

一年以上前にぶっ壊れた自転車も買い換えたい。
色々あって放置してるけど、歩きだとやっぱり行動範囲が狭まるからねえ。

眼鏡も買い換えたい。
色は良いんだけど、度が少し合わない感じ。

大体毎年年末に欲しいものが増えたりする。
まあ順位をつけて追々買っていこう。
全部必要だしね……。

kigurui at 03:52|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月21日

ソシャゲを楽しむ。

こう、ソシャゲを楽しむコツはほどほどに諦めるということなのかなと思い始めた。
自分はまあコンプリートして楽しむ人間だったから、コンシューマのゲームはRPGであれば大体探索し尽くしたりアイテムを集め尽くしたりジョブやレベルを上げ尽くして楽しんでいたんだけれど。
ソシャゲではまあそれはほぼ不可能ですよね。
次から次へと新キャラ、ジョブ、アイテム、システムが追加されてそれらは大体はガチャで引くという商法なので。
無限に湧き出る万札でも無い限り、不可能であると。
それが分からないと、ガチャを引いてムキになって金を注ぎ込んだり、あるいは嫌気がさしてアンインストールしたりということになる。
だから、コンシューマーとソシャゲはゲームというカテゴリ内での別物と考えて、そういうアイテムを引けなかった、キャラを引けなかったというのを諦めるようにすれば長く楽しめると。
そういう事に気付いていればシュザ4凸とかしていたチェンクロのアカウントも消さずに済んだのかなと思い始めた今日この頃。
とはいえ、この楽しみ方だとキャラを引いても程々の喜びしか得られないのでそれはそれで微妙になるのだけれど。
fategoとかあれだけ武蔵を欲しがっていたのに、なんか引けても淡々としてたし。
いやまあ嬉しかったし速攻でスキルもレベルもマックスにして使い倒してはいるのだけど。
なんだろうな、あとはもう性能でしかキャラを欲しがらない感じになってきたのもあるけど、燃え尽きた感が。
実際今は新キャラがきてもガチャを引かないし、ジャンヌオルタ復刻まで石を貯めてる感じだしなあ。
また年末にストーリーが盛り上がれば、どうなるかは分からないけど。

星のドラゴンクエストのアカウント復活させてほどほどに楽しんでいるのですが、なんかまあ遊びやすくはなっているね。
前はスキルフィニッシュ後に防御や道具を使うとスキルフィニッシュではなくなっていたんだけど、今はちゃんとフィニッシュ攻撃の判定が残ってるし。
惑星のキラキラもマップ読み込みと同時に表示されるようになっているし。
まあなんか惑星が増えてその辺り煩雑になっている部分もあるけれど……ともあれまあ、ほどほどに楽しんでおります。
このゲームに限らないけど、正月とクリスマスにでかいガチャが来るだろうから石貯めないとね!!

ありがたくも新しいお仕事の話をいただいたので、資料を読み込む。
前よりもスケールが大きいので中々難しい。
とりあえずプロットを作らなきゃねー。
他の方は分からないけど、自分はもう詳細なプロットを作らなければ書けないようになってしまった。
というかプロットがあるとすいすい進むんだよね……当たり前か。
ともあれ、それを作って編集さんと打ち合わせねば。
頑張んべー。

kigurui at 03:42|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月18日

一回休み。

帰ってきたけど色々忙しいので一回休み。
来週から平常。

kigurui at 04:14|PermalinkComments(0)

2017年11月14日

まさかのゾンビ枠。

なんかもう、唐突に、なんの意味もなく、それでも物凄くクソ映画を見たい!! って衝動に駆られまして。
そうしたら乙松さんにゾンビーバーを見れば良いと言われて。
Amaoznプライムを見たらあるじゃないですか、ゾンビーバー。
今まで登録しようかどうかとずっと迷っていたAmazonプライム、まさかのゾンビーバーで加入ですよ。
知らない人のために説明するとゾンビーバーはキャンプ地で遊ぶアメリカの若者たちのロッジをゾンビになったビーバー、つまりゾンビーバーが襲いかかるというこの説明だけでもう駄目だと分かるホラー映画です。
気になったらyoutubeでレッツら検索して下さい。
ともかく、無料期間の登録を済ませたので週末辺りに見ます。

スピリッツ連載のサッカー漫画、アオアシの11巻を購入。
恐らくこれまでの作品内で一番の山場であった武蔵野編の決着。
アシトの成長と杏里と花の絡みが色々と感じられてよかった。
いやまあしかし内容が面白いのはともかく、杏里が花にまったく勝てそうにないのが見ていて辛い。
花には自分から色々言ったり言われたり気にしたりしてるのに、杏里には基本向こうから言ってくる時にしか絡まないもんな……アシトの女好きという初期の設定はなかったことになったんだろうか。
ともあれ、これから先も楽しみ。

今日から三日ほど遠出するので、その間日記は休みます。
メールチェックはできますので用のある方はメール、スマートのライン、ケータイデンワーで連絡を。

kigurui at 03:50|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月11日

ソシャゲ色々。

一年ほど前にアンインストールした星のドラゴンクエストをもう一回インストールした。
で、その際そういやバックアップ取ってたっけと試行錯誤してデータも復帰。
なんか色々要素が追加されていて、しかも自分が転生してレベル99にまでした魔法戦士が産廃職業扱いされてて泣いた。
まあ、色々とやってみよう。
昔は割りとソシャゲにムキになってたから、ガチャが酷すぎると苛ついてすぐアンインストールとかしてたけど、今はもう適当な感じで遊ぶだけだし。
しばらくはシステムの把握からだねえ。


そして宣伝。
まあAmazonでのランキングも落ちて来て、発売から二週間以上経っているし、ここいらがボーダーラインかなとは思うけれど。
それでも最後の宣伝としてよろしくお願いします。

kigurui at 04:00|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月09日

映画「氷菓」

友人が優待券で誘ってくれたので、映画氷菓を見ました。
基本、原作ものの映画というのは兎角色々と端折られたり、あるいは原作の知名度だけを目当てに作られていたりして残念な出来が多かったり、自分も例に漏れずそんな印象を拭いきれないまま鑑賞に至ったのですが。
この作品においてはそんなことはありませんでした。
きちんと原作の氷菓を読み込み、その上で小説を映画という媒体に落とし込めていたと思います。
一冊の本から二時間程度の映画へと作り替えられ、その上で完結するため、あるいは話に盛り上がりをつけるために原作から変化させた部分もあり、それも概ね悪いものでは無いと思います。
ただ、関谷純周りの改変はどうなんだろうか……人それぞれの好き好きではあるんだろうけど……うーん。
原作で千反田さんが全てを知って泣いたのは、優しかった叔父が周りに利用され、それでも声をあげられずに全てを背負わされて放逐されたということと、せめてものメッセージとして氷菓という題名に意味をこめたこと、そしてそれを千反田さんには伝えたことというのがあったはずで。
あのアレンジである意味矢面に立ってしまったら、氷菓という題名の意味がまた別のものになってしまうような……うーん、でも映画にするには関谷純をああしなければあまりにも地味だったかなあとは思うのだけれど。
でも地味だとしてもこのスタッフならうまく作れたんじゃないだろうかと思いつつ、それだと客は入らないかなあとも勝手に危惧までしてしまって。
とはいえ、かなりうまく作られた作品ではありました。
原作ファンだからこそ満足できる部分も多々ありましたし。
キャストもまあ、見ているうちに違和感も無くなっていきましたし。
満足できる映画でした。

kigurui at 04:01|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月07日

健康診断。

明日健康診断受けるので一回休み。
連続休みで申し訳なす。

kigurui at 03:02|PermalinkComments(0)

2017年11月04日

休みつつ宣伝。

色々と立て込んだので一回休み。

休みつつ宣伝。
今日書店の本棚に並んでる自分の本を眺めてニヤニヤしてました。
まあ、嬉しいものですね。
そんなわけでよろしくお願いします。

kigurui at 03:25|PermalinkComments(0)男爵 

2017年11月02日

祝。

甥っ子が空手の乱取りで優勝してメダルを獲得したらしい。
凄い。
なにが凄いって、年長者に混じって優勝したのも凄いけど、九月に会った時に「個人のメダルが欲しい」って言って、それを成し遂げたのが凄い。
有言実行とは正にこのことですな。
普段の練習だけではなく、小学生ながら大人の部にも参加して練習をして頑張っていたのを知っているので、身内贔屓を自覚していても凄いと思う。
よくやったなあ。

山田風太郎先生の魔界転生を読了。
今さらの読書になったけど、面白かった。
ただまあ、あんまり尋常の勝負ではなかったというか。
転生してもあれこれ夾雑物が入るような勝負があったのは残念。
純粋な剣豪小説ではないのかもしれないけど、未練があったがために転生した剣士だったのだから、そこは純粋に腕を競って欲しかったかなあ。
とはいえ、面白かったです。

kigurui at 04:02|PermalinkComments(0)男爵