トップページ » ホースセラピスト育成のための体験乗馬会(平成21年度地域づくり推進ソフト事業)

ホースセラピスト育成のための体験乗馬会(平成21年度地域づくり推進ソフト事業)

IMG_2557 IMG_2641


【事業の目的】
ストレスの多い現代社会においては、ニートやひきこもり、自殺者の増加などが社会現象となっている。これらの人材の喪失は、日本経済にとって大きな打撃となっている。しかし、そのような人たちを社会復帰に導く整備されていないのが現状である。
そこで、馬とのふれあい効果を活用した、ひきこもり、不登校の児童・生徒の情操教育、障がい者の自立支援の一環として、「馬とのふれあい」を心身の回復促進の動機付けとする療育を採り入れ、社会復帰の手助けを行う。また、児童・生徒および障がい者の心理を理解し、コミュニケーション能力を有する介護者ならびに、運動不足解消・ストレス発散といった、心身のリフレッシュを目的とした乗馬方法を指導するインストラクターを「ホースセラピスト」として育成するための「リフレッシュホースインストラクター育成研修」を開講する。
障がい者の機能改善に効果が期待される乗馬療育の推進を図るため、乗馬療育に必要なボランティアの育成を行い、併せて療育の浸透に向けた各種啓発事業を実施し、障がい者福祉の向上を図る。

【事業内容】
①【参加者募集のための宣伝活動】
ホースセラピスト養成講習会および体験乗馬会参加者を募るため、新聞広告にて募集掲載
■8月24日 朝刊折込チラシにて告知
(十和田市、三沢市、六戸町、七戸町、東北町に対し、30,000部)
・募集定員5名に対し、応募者5名

②【リフレッシュ乗馬講習会】
障がい者の機能改善に効果が期待される乗馬療育の推進を図るため、乗馬療育に必要なボランティアの育成を行い、併せて療育の浸透に向けた各種啓発を目的に、ホースセラピスト受講者および一般参加者を対象に、乗馬クラブにて実際に馬を使った講習会を実施。
■セミナー講師
10月31日(土)11:00〜12:00 北里大学獣医学部講師 松浦晶央氏
11月7日(土) 11:00〜12:00 整体師 秋田勇吉氏

③【ホースセラピスト育成のための体験乗馬会】
9月〜11月までの木曜・土曜、インストラクターの指導の下、実地講習によるホースセラピストの育成を行った。
■乗馬療育指導インストラクター 十和田乗馬倶楽部 中村悟

※プログラム
1・9月3日(木)オリエンテーション(科目・注意事項説明)
2・9月10日(木)馬の安全確保の傾向と対策
3・9月12日(土)馬の性質や動きに対する理解
4・9月17日(木)馬装方法・引き馬方法学習
5・9月19日(土)実地訓練(体験乗馬会補助)
6・9月24日(木)騎乗訓練①(馬装確認・基本操作指導)
7・10月1日(木)騎乗訓練②(基本操作指導・馬上体操)
8・10月3日(土)騎乗訓練③(速歩操作指導)
9・10月10日(土)調教訓練①(馬管理法指導)
10・10月15日(木)調教訓練②(ケース別対応法指導)
11・10月22日(木)リハビリ乗馬法指導(障がい者騎乗時の注意点)
12、13・10月29日(木)騎乗訓練④(外乗時の注意点・隊列の学習)
14・10月31日(土)講習会①「馬の飼養管理と健康乗馬」(講師:北里大学獣医学部講師 松浦晶央氏)
15・11月7日(土)講習会②「整体法から見る騎乗姿勢」(講師:整体師 秋田勇吉氏)
16・11月14日(土)教育乗馬方法指導(子ども・児童騎乗時の注意点等)
17・11月21日(土)総合実習
18・11月28日(土)実地訓練(パネル展・体験乗馬会実施)

IMG_2605 IMG_2654



④【乗馬療育パネル展・乗馬療育実演】
事業の成果を広く啓発するため、ホースセラピスト受講者主体による体験乗馬会を実施。また、会場内にパネル等展示物を設置し、乗馬療育の普及も行った。
■10月2日 新聞折込パンフレット紙「十和田ライフ」第4号にパネル展開催告知を掲載

■11月28日 乗馬療育パネル展の開催
時間:10:00〜15:00
会場:十和田市現代美術館 市民活動スペース
内容:乗馬療育およびアニマルセラピー、事業紹介のパネルや資料を展示。来場者に啓発用リーフレット配布(50部)。
(掲出物)
・乗馬療育解説パネル 10枚
・乗馬体験を行った生徒・児童の感想文や絵画
・乗馬療育紹介映像放映

■10月28日 体験乗馬会の実施
時間:10:00〜15:00
会場:十和田市現代美術館 屋外イベントスペース
内容:
2頭の馬を用いて無料の体験乗馬会を実施(騎乗人数86名)
参加者および美術館来場者に啓発用リーフレットを配布(250部)


【事業の成果】
約3ヶ月・計18回の指導で、想定していたレベルまでの技量と知識を身につけることができ、受講者の年齢も20代〜60代までの男女と、幅広く関心を持っていることが分かり、広く普及できる可能性を確信できた。
この事業を通じて、乗馬イベントにおいてのインストラクターとして学ぶべきサービスの心がけ、言葉使い、笑顔の重要性を理解した受講者達が、心と身体に良い乗馬を楽しむための方法、安全に対しての認識・ライフスタイルに合わせた楽しみ方、馬とのコミュニケーションの大切さを伝えていく機会をより増やしていきたいと考える。
十和田市の地域資源・観光資源となりうる可能性を秘めた馬を扱うことができる人材が増えていくことは、将来の地域活性向上につながると私たちは考え、今後も育成事業を続けていきたいと考える。


IMG_4564 IMG_4676



kihokukaikihokukai  at 
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星