2017年02月23日

おいけん自然観察会に参加(2月19日)


「おいけん 冬の自然観察会」に参加しました。
スノーシュー・ポール・カメラ・そしてルーペもお借りしての奥入瀬散策2時間でした。
おりしもこの日の奥入瀬はきりりと冷え込んだ氷点下でしたが、
風がなかったので体感温度もそれほどではなく、
木々の冬芽や幹の葉痕、雪の合間から見える苔など観察しながら
ネイチャーガイドさんのお話を聞きながらの散策でした。
なにより他の季節には足を踏み入れることのできない
遊歩道から外れたところまでスノーシューで歩いていけるのが魅力です。

IMG_2055



暖気が入って一度は融けてしまった氷柱ですが、
また寒気が戻りいろんな面白い形を作っていました。

IMG_2104




IMG_2102




IMG_2111




IMG_2122




IMG_2170




IMG_2188




IMG_2161




以下は銚子大滝3枚です。
滝のすぐそばまで近づけるのはこの季節だけ。
多くのカメラマンが三脚を構えていました。
外国の観光客も大喜び。

IMG_2208




IMG_2212




IMG_2222




振り返れば青空です。
IMG_2221



冬の奥入瀬は以前はほとんど訪れる観光客がなかったのですが
最近は県外ナンバーの車もよく見かけます。
楽しんで帰っていただきたいものです。
そして写真家のみなさんも良い写真が撮れますように。



2017年02月16日

東京の碧い空



11日(土曜日)は素晴らしい青空で始まりました。
朝食後、三軒茶屋の通りを散策

見上げれば緑の木の葉

IMG_1998



足元にはこんな面白いものが

IMG_2001



そしてキャロットタワー

IMG_2016



キャロットタワーの26階から眺めた景色

IMG_2004



IMG_2006



IMG_2007



キャロットタワー・世田谷パブリックシアターでの観劇が今回の上京の目的でした。
舞台は当然撮影禁止だったので↓をどうぞ〜

世田谷パブリックセンター 「お勢登場」

息子がスタッフの一員として加わっているので、
その仕事ぶりをみたかったこともありますが、
「お勢登場」にぐいぐい惹きつけられてあっという間の2時間半でした。
都会の人たちはこんなふうに文化に触れているんだなぁと羨ましくもあり。

今度はいつ行けるかなぁ〜
なんだか癖になりそうです。







2017年02月13日

六本木・美術館巡り


先週、久しぶりに上京しました。
10日(金)は六本木でサントリー美術館と国立新美術館をまわりました。

まずはサントリー美術館から
「コレクターの眼・ヨーロッパ陶磁と世界のガラス」

IMG_1915


撮影が許可されていたのでそのうちの数枚をアップします。

IMG_1904



IMG_1905



IMG_1906



IMG_1927



IMG_1910



IMG_1932


ガラス器の方は写りが悪くほとんど失敗でした。
かろうじてこの一枚

IMG_1934



次に国立新美術館へ
おもに書作展をみました。

IMG_1949



IMG_1977


画も

IMG_1956



IMG_1954


十和田にいるとあまりこういう機会がないので興味津々。
たまにこういう過ごし方もいいなぁと。


明日は上京の本来の目的の観劇です。




2017年02月01日

奥入瀬の冬景色


先日、ゆっくりと奥入瀬のカメラ散歩することができました。
軽いおやつも車に積んで、時間を気にせずに疲れるまで歩いてみました。


まずは奥入瀬の枯れ花です。

キブシ
_MG_0209



タニウツギ
_MG_0258



ツルアジサイ
_MG_0331



小さな流れにふわりと新雪
結晶が見えるかな?
_MG_0228




_MG_0236




小さな滝ですが200ミリ望遠で
_MG_0260




_MG_0285




_MG_0278



奥入瀬渓流は冬季間は水量が少ないので、こんな感じです。
_MG_0253




_MG_0317




_MG_0324



くるくる変わる空模様
くもり、雪、晴れ間、すぐに雪とめまぐるしい奥入瀬です。
_MG_0310




_MG_0276



遊歩道はすっぽり雪の下なので、ほとんど車道を歩くのですが
除雪がしっかり行き届いていてほとんど不安感はありませんでした。


機会を作ってまた出かけたい。
奥入瀬の別の貌をまたみたいから。


市内近くまで戻ってきて白鳥飛来の川に寄ってみました。
_MG_0372




_MG_0366


無事に帰宅しました。
里も小雪が舞っていました。

2017年01月27日

夕暮れの白鳥


さっきまで強風が吹き荒れていたのですが、いまは治まっています。
どうやら北海道に移って、あちらでは暴風警報が出された模様。

先日の夕方、スーパーの買い物ついでに奥入瀬川の白鳥に会いに行ってみました。
過去に鳥インフルエンザ発生以来、餌やり禁止になってはいるものの
休日には親子連れが食パンを手に白鳥や鴨との触れ合いを楽しんでいるようです。

_MG_0158

これは東の空。
茜色の雲がきれいだったので一枚!
ときどき西の空より東の空がきれいに焼けていることがあります。
なぜなんでしょうね?


白鳥の奥入瀬川には車で7.8分。

_MG_0164

車で移動している間に雲の茜色は失せていました。



白鳥も静かに日暮を待っているのかな?

_MG_0179



_MG_0176


夕暮れの川べりは冷え冷えです。
このあと足早に夜の帳がおりました。

2017年01月23日

軒下の垂氷(氷柱)


この冬は朝の気温がかなり低いものの
いまのところ雪が少なめなので垂氷も細め、短かめです。

_MG_0143



_MG_0149



_MG_0154



_MG_0155


雪の多かった年は地面に届くかのような垂氷もできたのだけれど
ここ3年くらいはそういうものが見当たりません。
新築の住宅は屋根も融雪仕様が多くなっているらしいとか。
あと4.5年も経ったら冬の町はどんな様子になっているのでしょう


2016年12月28日

寒い師走



氷点下7.4℃の朝、窓の外の
剪定のチャンスを逸して伸び放題のツツジの小枝に
ふんわりと雪が積もっていました。
きれいに刈り込んであればこうはならないので
その点ではよかったのかな?(どうかな?)
(画像の拡大ができます)


_MG_9457



_MG_9453


綿の花のようだと言ってくれて人がいて、なるほどなぁと!
きょうは日中も寒かったので融けずにずっとこのままでした。

12月もいよいよ押し迫ってきて
なんとなく落ち着かないような‥‥
ひとつずつ片付けていくしかないのだけれど。

去年作った一句
メモを消し メモを加えて 師走かな




2016年12月22日

ブルーイルミネーション(アート広場)


この冬は寒さと暖かさが極端な温度差で交互に訪れます。
このところ日が暮れても比較的暖かだったので
駒街道のイルミネーションを見てきました。
ときどき、通りすがりに車の中からチラチラとは見ていたのですが
ぐるりと歩いてみるとまた違った雰囲気が楽しめました。

似たり寄ったりですが数枚

_MG_9417



_MG_9343



_MG_9429



_MG_9433



_MG_9424



_MG_9396_MG_9371



ブルー一色のイルミネーションというのもまた
落ち着いた華やかさに満ちてなかなか良いものです。
少し冷たい感じではあるけれど
しんしんとした北国の冬に合っているかもしれない。



2016年12月10日

雪です


冬らしい冬がやってきました。
風雪の中、出先から速度35キロ運転でそろりそろりと帰ってきました。
外はいま氷点下2℃の寒さです。

夕方に束の間雪が止んだのでカメラを手にちょっと外に。

_MG_9193




_MG_9218




_MG_9226


風の静かなスポットでは、ふんわり、こんもりと雪のアートができていました。

明日も雪の予報です。





2016年12月09日

薄氷


寒い朝の足元のアート
枯葉もまだ少しのつやめきを残しているかのような

似たり寄ったりの3枚だけど載せてみます

_MG_9106




_MG_9105




_MG_9111


誰かがぱりぱりと割ってしまわないうちに
気温が上がって融けてしまわないうちに
時間限定の薄氷です