2016年12月01日

奥入瀬へ・きょうから師走


今朝は水たまりに薄氷が張って
12月らしい一日の始まりでした。

午後から雨、そして雪に変わるとの予報なので
朝食後にすぐ奥入瀬方面にでかけてみました。

奥入瀬川にはこの季節多くの冬鳥がやってくるらしいので
まずはここで車を停めて

_MG_9050

留鳥だけれどカルガモがいました。
こちら側の岸に寄って来たり、上流に進んだりと
その様子を眺めていると飽きませんね。



_MG_9047




渓流の滝の近くでは小さな氷柱もできていました。

_MG_9082



_MG_9098



予報より早く雨が降り出したので
ほどほどにして切り上げてきました。
白一色の奥入瀬はまだもう少し先のようです。




2016年11月29日

初冬の奥入瀬散策(11月28日)


この日は気温が低め(奥入瀬では2℃)
翳ったり照ったり、みぞれになったりを繰り返す一日でした。
ツァーのバス一台とすれ違いましたが、
お客さまたちにこの時期の奥入瀬を楽しんでいただけたかなぁ。


木の根が地表に飛びだして苔蒸しているのが目につきました。

_MG_8913






_MG_8936






小さなダイヤの粒のような煌めき
その煌めきを撮るって難しい。

_MG_8974






_MG_8945






_MG_8940






遊歩道脇にツルリンドウの赤い実が一粒

_MG_8998






奥入瀬渓流のほとりに下りてみた。
この時期は水量が少なく水底も澄んでいる。

_MG_8999




これだけでは奥入瀬渓流かどうかはわからないかもしれませんね。
奥入瀬渓流らしく、と言うとみな同じような写真になってしまいそうです。
その辺りがなかなか(;´Д`)


2016年11月27日

名残りの楓


今朝は気温がやや高め、
カーテンを開けたら雨の滴が楓の枝に滴っていました。
うまい具合に風除けになるものが近くにあって
この楓、まだ少し葉が残っています。

_MG_8846




_MG_8871




_MG_8862




_MG_8876




_MG_8872


この時間、曇ってきています。
夕方は雨になりそうです。
そんなこんなで少しづつ冬に向かっていくのですね。






2016年11月21日

白鳥の季節


農道を走っていたら田んぼに白鳥がお食事にきていました。
車を停めても、近づいても全く意に介さずの白鳥さんたちでした。


_MG_8596



_MG_8600



_MG_8615




_MG_8451



_MG_8465


この白鳥たち、日中はあちらこちらの田んぼで落ち穂や虫などを啄んで過ごし
夕方にはたぶん奥入瀬川などに戻るのでしょう。

雪が積もって田んぼが雪に覆われたり凍ったりするまで、
当分こんな様子が見られると思います。




2016年11月20日

久しぶりの奥入瀬



きょうは初冬を忘れるような暖かさ。
小春日はありがたい!

なので、奥入瀬の空気を吸いに行こうと思い立って9時過ぎに出発。
奥入瀬の入口までだと車で往復一時間。
静かな奥入瀬を小一時間散策してきました。


_MG_8486



_MG_8539



_MG_8520



_MG_8529



_MG_8522


聞こえるのは野鳥の鳴き声と流れの音だけ
車の通行もめっきり少なくなって、人影もほとんどありません。
冬枯れの奥入瀬がすきだなぁ〜

お昼前に帰宅しました。





2016年11月14日

雪模様の日


五日前の画像です。
この日は朝から雪が降り始め、大きなぼたんゆきが吹雪に変わったりしながら
とうとう翌朝まで断続的に降り続き、16センチの積雪になりました。
さいわいにタイヤ交換は終わっていたのでほっ!
その後数日間は気温が上がり、雪もほとんど消えてしまいましたが、
天気予報にもなかった事態に驚きました。

画像はまだそれほど雪が激しくない時間帯に写したものです。
残念ながらわが家の薔薇ではありません〜

_MG_8376



_MG_8380



_MG_8383



_MG_8400



_MG_8347



_MG_8338



_MG_8394


今年の冬の寒さはどうかな?
雪片付けも気になるし‥‥
少し弱気になっています。







2016年11月11日

つがる市と弘前城へ日帰りバス旅行(11月2日)


つがる富士見湖を前回訪れたのは
俳句大会に参加したときだから10月31日。
それからほぼ一ヵ月後の11月2日、再び 日帰りバス旅行で訪れました。
この日は紅葉が進み、前回とはまったく別の美しさがありました。
(画像の拡大ができます)


草紅葉にサギが佇み‥‥

_MG_8202




_MG_8200




鶴の舞橋を渡り、駐車場まで散策です。

_MG_8180


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この後はつがる地球村で昼食と温泉入浴
地球村の敷地は広くて、コテージなどもあります。
家族ぐるみで過ごすのには打ってつけのところですね。



藤山荘のそばの沼

_MG_8256



コウホネ

_MG_8251




温泉には入らず外を観てまわりました。

_MG_8257




_MG_8216




_MG_8226


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最後は弘前の「菊ともみじまつり」を観ます。

_MG_8279




_MG_8283




_MG_8301_MG_8304



菊人形

_MG_8290_MG_8289




お濠に落ち葉

_MG_8269




弘前城東門から入り、東門から出ました。

_MG_8305



駆け足でしたが紅葉はちょうど見頃、よいときに紅葉狩りができました。
誘ってくれたOさんに感謝です。






2016年11月09日

晩秋の蔦の森・沼


画像は10月28日撮影の「蔦の森と沼」
きょうは里、街でも積雪になったので
蔦も今頃は真っ白になっていることでしょう。

_MG_8034




_MG_8118




_MG_8040




_MG_8055




_MG_8112




_MG_8059




_MG_8084




_MG_8081


蔦には深紅の紅葉は少なくて、どちらかというと黄葉が多いのが特徴です。
10月の末にしては風もなく暖かな蔦の森と蔦の沼でした。

これで10月の記事は終わります。
次回からはカレンダー通りの記事にいたします。




2016年11月04日

晩秋の橅の林・その2


記事がやっと追いついたと思ったら、また月が変わってしまいました(汗)
橅の林は今頃、すっかり葉を落としているかもしれません…


この脚はどれだけの年月を支えてきたのでしょう

_MG_7847



力尽きたものは横たわり、苔蒸して小さな庭をこしらえている

_MG_7795



ちいさな命をはぐくみもして

_MG_7740



_MG_7843



_MG_7779



_MG_7911



紅い実は小鳥たちの、数少ない晩秋のごちそうになっているんだろうね。

_MG_7882




_MG_7899



山にはすでに何度も雪が降ったようです。
冬タイヤに交換したら、雪が深くならないうちに訪ねてみたい。





2016年10月29日

晩秋の橅の林


26日は青空が広がり、気温も上がってドライヴ日和。
八甲田の裾野の田代平方面に出かけてみました。

青空に橅の黄葉が映えてキラキラ!

_MG_7763





_MG_7773





_MG_7761





足元には橅の葉が敷き詰められてどこもかしこも金茶色

_MG_7885





_MG_7939




にわたずみにも落ち葉

_MG_7823




小さな水たまりにも空の映り込み

_MG_7833



今年は人食い熊の事件でどこにも出かけられす、ここへ来たのも最初で最後。
その日がお天気が良くていろいろ楽しめることがうれしい。

〜続く〜