s-R0014825

梅雨明けを待っていたかのように、セミの大合唱がはじまる。
そして早くも私は夏バテ。

夏は若い人たちのために存在する。
中年の大人は静かに近所で過ごすべきだと思っている。
なんてことを言うと否定的なニュアンスで「おっさんやな」なんて言われるが、そもそも私は「おっさん」を肯定的に捉えているので、むしろ褒め言葉のように受け取る。
夕方の鴨川でベンチに腰かけながら飲むビールのうまさは若いもんにはわからないだろうしね。

おっさんは夏よりも秋が好きだ。
夏は秋を充実したものにするための準備期間だ。

そんなわけで目下、恒例行事の自転車でのビワイチを秋に決行するべく、足慣らしの真っ最中である。
毎年毎年足がボロボロになるビワイチ217㎞(京都からなのでちょい長い)だが、なぜかやめられない。
その理由についてはいつか考えてみなければならない。

で、使いすぎてガタガタだったスプロケとチェーンの交換は済ませた。
これでしばらくは快適な自転車生活を送れる。

s-R0014829

昨夜は友人と駄弁る。
キャンプの話から最新の自転車事情まで、とりとめのない居酒屋トーク。

ふと北海道の自転車旅の話になり、60歳を越えたら一週間ぐらいは休んでも許されるやろうから、その時に行くか、ということになった。
これで60代にひとつ楽しみができた。
それまで体力気力を維持せねばね。

それよりも今年の秋は北陸ツーリングもあるので、そちらに集中したい。