友人の自転車の調子が悪い。

原因を追究するべく、車に自転車を乗せていつもの野営地へ赴く。
もちろん私は助手席ビール付きだ。

しかし外は雨。
野営地は屋根がないので、屋根のある場所を探し求めてプチドライブ。

s-R0014948

いい場所があったので、おもむろに作業をはじめる。

どう調子が悪いのか?
フロントアウター時、リヤをローよりにしている時に、クランクを逆回転させると、チェーンがトップ寄り(つまり小さいスプロケ側)に落ちる、という症状です。

リヤのスプロケとチェーンは新品。
プーリーは清掃&注油済み。
ってことはフロントのチェーンリングを新品にすれば直るだろう・・・、と思ったので、新品のチェーンリングを取り付けてみたが、まったく直る気配なし。
もちろんディレイラーのセッティングは何度もおこなっており、ほぼ問題はなし。
というよりも、ディレイラーをセッティングしようが、わざと狂わせようが、症状に変化は見られない。
フリーハブが原因かとも思ったが、自分の経験からすると、フリーハブに不具合が起きたときは、クランクを止めただけでもチェーンがはずれそうになるので、逆回転のみでチェーンが外れるというのは考えにくい(でもこの件に関しては結論を出すべきではないので、後日解決策を試みる予定)。

ディレイラーのガイドプーリーの不具合を疑ってみる。
プーリーの動きが悪ければ当然不具合は起きやすい。
でも目立ってあやしいところは見られず。
クランクを逆回転させたときに、何らかの原因でガイドプーリーがトップ寄りに動いたりするのであれば、当然チェーンはトップ寄りに誘導されるが、その場合、スラントパンタの不具合を疑うべきだろう。

でも普通に考えると、例えばパンタグラフのスプリングがヘタっていたとすれば、トップノーマルであるリヤディレイラーはトップ側に移動しにくくなるはずである。
今回の症状はクランクを逆回転させるとトップ寄りにチェーンが落ちてしまうわけで、パンタグラフがへたった時に考えられる症状とは逆の現象が起きているのである。
それに、よく見てみるとディレイラー自体に動きはないことが確認できた。
試しに手でシフターワイヤーを引っ張りながらクランクを逆回転させてみたけど、やっぱりトップ寄りに落ちた。
その時に更によく観察すると、プーリーからもチェーンがはずれそうになっていることがわかった。
当たり前だ。
パンタグラフが動いたことによって、チェーンが動いたわけではないのだから。

この自転車はフロントが3速、リヤが8速という、イマドキ珍しい変速なので、割とチェーンラインの歪みがひどい。
フロントアウター時にリヤをローにするとかなりの歪みがでるので、チェーンにとってはハードな環境といえる。
そして、クランクを逆回転させると、チェーンラインをまっすぐにしようという力が働き、結果的にトップ寄りに落ちてしまうわけだ。

すみません、頭に中のイメージを即興で文章化しているので、部品名称などの書き方がマチマチでわけわからんことになっていますね。
皆様の想像力で読解してください。

話をもどす。
この場合、考えられる原因のひとつは、ケージの歪みだろう。
二通りの歪みが考えられる。
ひとつは、ガイドプーリーの前後の歪み。
つまり、プーリーの前側先端と後ろ側先端で微妙にずれがあれば、前に進む時のチェーンの動きと、逆回転させる時のチェーンの動きは変わるわけだから、不具合がでる可能がある。

もうひとつは、テンションプーリーにかけてのケージ本体の歪み。
テンションプーリーの位置が、ガイドプーリーよりもトップ寄り(つまり自転車右側。左でもマズいけど、今回の症状の場合は、ズレがあるとすれば右寄りにずれているはずである)にあったら、あまりよろしくないのは誰でもわかる。
これはよくあるケースで、大体の場合はディレイラーのセッティング自体に違和感があるし、見た感じもわかるだろうから、気付きやすいトラブルではある。
一応、プーリーケージをばらしてみたが、特にあやしいところは見当たらず。
う~む。

逆回転させて、チェーンがずれても、前回転させれば、正しい位置に戻るので、乗ることはできる。
でも気持ちよくは走れないよなぁ。

チェーンの継ぎ目が若干堅い。
でもこれぐらいで不具合ができるほど8速ディレイラーはデリケートではない。
もちろん堅いことはバイアスがかかる原因に違いないわけなので、問題がないとは言えないが。

友人はこの自転車で一度事故っている。
たしか横から来た車に自転車の後ろをぶつけられたとかなんとか。
その時にディレイラーハンガーに歪みが出た可能性がある。
もしくはフレーム自体が歪んだかもしれない。

s-71EehBFhPbL__AC_SL1500_

その場合は「ディレイラー直付けゲージ」という工具によって直すことが可能だ。
昔から欲しかった工具なのだけど、それは自転車工具大好きな私の単なる物欲で、使うことなどないと思っていたので買っていなかった。

事故の件について友人に聞いてみたが、3年前の事故とのことで、さすがに今さら不具合が出るなんてことはないだろうなぁ。

そんなわけで、あきらめました。
お手上げ。
でも投げ出すにはまだはやい。
このトラブルを解決するのが自転車道楽の愉しみなのである。
とかいって、ディレイラーのセッティングが悪いだけやん~、とかだったらとても恥ずかしいな。

次回は自分の自転車のタイヤを、友人の自転車に移植してみて様子を見ようと思う。
それで不具合が起きたとしたら、少なくともスプロケやフリーハブが原因の可能性は消えるわけだ。

はたしてどうなるのか。
乞うご期待。