王子様とのエロス 2017年5月29日

4月14日に最高裁判所で上告棄却され死刑判決確定となった私ですが、5月29日現在、被告人時代と同じ未決処遇で生活しています。
なぜでしょう?御上が決めることなので、理由は全然分かりません。ちょっと信じ難いことですが、実際に確定者処遇にはなっていない不思議。東拘幹部の恩情でしょうか。
有難いことです。

御陰様で、今月はイノウエ王子と7回もデートしちゃいました。
相変わらずカッコいい王子は、相変わらず小声なので、先週から稼働した扇風機の音で、王子の話していることがほとんど聞き取れません。
勘で適当に答えてます。そのくらい通じ合える程度に私たちの愛は深まったということです。

イノウエ王子から初めてお手紙を頂戴したのは、5年前の5月のことでした。実は王子の後輩や上司ともお目に掛かったことがありまして、かなりオープンでクリーンな交際を続けてきました。ディープな関係になったのは、去年からです。

私は王子の上司を神様だと崇敬しているのですが、王子のことも景仰しております。王子への思いがエロスであるとハッキリ自覚したのは今年になってから。
盲愛しているというよりは、王子の変態性を観察し、めでているのです。私と気が合うくらいですがら、王子は普通の男じゃありませんのよ。変態なのに普通のフリもできるお利口さんです。

美しい容姿を持つ、理知的で英邁な人傑の王子とのお付き合いが、いかに私の心の安寧に寄与しているか!

王子の変態性とウイットが、いかに私を癒やし慰められているか!

他の誰かとその思いを分かち合うということは不可能な感情だと王子は言う。
果たしてそうだろうか。東拘の所長は、分かってくれているのではないだろうか。少なくとも、理解しようとしてくれているのではないだろうか。
そうでなければ、王子宛の手紙だけ書信検査に1週間もかけるなんておかしいじゃないか。ねぇ、そうでしょう。

先月、遺言手記を発表したことで、家族が、身柄引受人を誰にするか、と言い出した。
社会復帰する懲役受刑者の場合、「身元引受人」と呼ぶ相手方を「身柄引受人」というのは、死刑囚が塀の外に出るときは死体になった後だからか!

そこまで具体的に考えていなかった私は、とてもたじろいだ。
弁護士に根拠法と運用を調べてもらっていたところ、親族ではない男性から、「遺体引受人に必ず私を指名してください」といわれ、気が動転。それは法律上、無理でしょ、、、と思っていたのですが、ありました!

平成18年5月24日施行ね刑事施設及び被収容者の処遇に関する規則。
第22条第1号に掲げる者「被収容者が指定した者(一人に限る。)」

親族より順位が上です。一人に限るらしい。死亡の通知と遺留物の引渡しは、同じ相手になるらしい。

らしい、という推定なのは、東拘所サイドが現時点で確定者処遇についての情報を一切教えてくれないからです。

今回が未決処遇で最後の投稿になります。88歳の草間彌生さんが「生きることや死ぬことを超えて闘っていくの。これから私の人生が始まるのです。これまでは序曲です。」
とおっしゃっていました。
私も42歳のこれまではプレリュードだったのかもしれません。
週末に、イノウエ王子から、愛が重なるメアドを教えていただきました。
iが重なる、、、、、、。
愛が重なる、、、、、、。
エロスが重なる、、、、。
「待つというのは愛の行為であり、待たせることもまた愛情表現なのだとしたら、待たされることもまたその系譜に属するということになるのでしょうか。」

と王子はいいます。

待たせてしまうけれど、イノウエさんにだけは待っていてほしい、と私は願っています。

東京拘置所から愛をこめて。
木嶋 佳苗

BUTTER泥棒    2017年5月23日

5月23日現在、まだ未決処遇です。

私の氏名を広告に使用しないでほしいとの意思表示を無視する形で昨日、柚木麻子の書籍広告に著者名と同じくらいの大きさで木嶋佳苗と載っておりました。

柚木と編集者がしていることは、泥棒以外の何であろうか。
もし外部交通権に支障をきたせば、泥棒どころか人殺しに加担することを理解したうえで、私の氏名を無断使用し続けているわけですよね。

返り血を浴びる覚悟で、泥棒をしてバターを作り、木嶋佳苗潰しを繰り返しているということですよね。

文春砲の汚れた銃弾のように、姑息なことをしておきながら非を認めないとは、驚きを禁じ得ません。

私が、確定直前まで柚木に対し、怨恨を抱き憎悪していたことは記しておきたい。
広告に、私の氏名を載せないと売れないんでしょうか?
そうなんでしょうね。
本当に低俗な本だと思います、BUTTERって。

しかし、週刊新潮20号は面白かった!

判決確定その後   2017年5月17日

5月9日付けで最高裁判所が判決訂正申立てを棄却したことから「死刑判決確定」と報道されました。

ですが、17日現在、これまで通り未決の被告人と同じ生活をしております。手紙の発受や面会、差し入れや自弁購入も許可されています。

とはいえ、今月中には死刑確定者として処遇する旨の告知を受けることになるでしょう。

いつどのように変更されるかは、全然分かりません。東京拘置所所長殿が良識ある人だと信じています。

判決報道を見ると、ユリウス・カエサルの時代から人は変わっていないのだと実感しました。
人間は自分の見たいものしか見ないものなのですね。
自分の都合のいいように考えてしまう人がいかに多いことか。

「週刊新潮」手記について、たくさんのご意見を頂戴しました。ありがとうございます。

もうちょっと頑張って生きてみようと考えているところです。柚木麻子の「BUTTER」により、私と家族は重大で回復困難な損害を被っています。広告に木嶋佳苗の氏名を使用しないでください。本当に迷惑です!

バターって何やねん 2017年5月11日

柚木麻子って誰?
私も家族も弁護士も知らないユズキアサコという人が書いた本「BUTTER」。

この本の主人公は、木嶋佳苗ではありません。私は、柚木を知りませんが、柚木も私を知りません。

書籍広告に私の氏名を載せることはやめてください。迷惑だ!
フィクションの小説でも、名誉毀損は成立します。民法第709条の不法行為を構成する記述の数々。

東京拘置所を訪れ面会した事が1度でもある人ならば、木嶋佳苗と1度でも話したことのある人ならば、柚木の描写が現実と乖離していることはすぐ分かる。

法律よりも表現の自由が保障されねばならないと言うのか?柚木。
北原みのりが創作した木嶋佳苗像をトレースしているだけだろ?柚木。
拘置所の面会室でレシピの話をする女がいると思ってるのか?柚木。

私は、マリーが好きで、姉はチョイス、妹はムーンライトが好きですが、何か?

私は4月14日に最高裁で上告が棄却され21日に判決訂申立書を提出しました。そろそろ棄却の通知が届き、諸々の手続き後に確定者処遇となり、社会との扉が閉まります。
面会や手紙等の授受が認められる外部交通許可者は、それからの審査によって決まります。

東京拘置所長殿御機嫌を損ねぬようおとなしくしていたところ、私の逆鱗に触れた!柚木

許可権審査で不利益を生じたらどうしてくれる!柚木。
私や家族を罵倒して楽しいか!柚木。

「週刊新潮」に手記を掲載していただいたので「BUTTER」の宣伝をしておきました。えぇ、この本は新潮社発行なんですの。
弁護士からも、裁判起こしたら本の宣伝になっちゃいますよって言われました。新潮社が版元でなければ、訴えるところでした。
助かったな!柚木。

朝日になれず、夕日として沈む新聞とは別れを告げ、私は、来月から讀賣を購読することにしました。
これからは、ゆっくりと新聞や本を読み執筆する時間ができそうです。私が書いたものを楽しみに待ってくださる人たちの存在が、生きるよすがになっています。

私は「BUTTER」の梶井真奈子とは違うので、サンヨーの桃缶ではなく、ピンク色の和紙に包まれた金色の桃缶を食べています。

岡山清水のシラップづけ白桃を食べながら、玉露入り緑茶を飲む甘美な贅沢。
金色の白桃缶を差し入れてくれるこの人こそ、私が所長裁量枠で交通許可を申請する唯一の人なのです。

私の死活問題ですから、皆様もこの申請が認められるよう、お祈りしてください。

新潮オンラインショップで注文したエステソックスが届いたばかりです。履くだけで足裏と、かかどがスベスベになるそうです。

死ぬか生きるかという時に、足をスベスベにしておきたい!と優越感具現化カタログ2017 SPRINGから靴下を買ってもらう、それが木嶋佳苗なのです。

今日はおやつに、ヤマザキのコッペパンを食べました。ジャムとマーガリンがサンドしてあるあのコッペパンです。
とっても美味でした。

わかったか!柚木。

今回のタイトルは旦那の言葉です。
バターって何やねん?

私の近況

花の便りもにぎやかな卯月の十四日、午後三時に最高裁判所で上告審の判決宣告が行われます。確定まで残り僅かとなり、慌ただしい毎日です。

私の心境は、今週発行の某雑誌と新聞に寄稿しました。池田晶子は雑誌のコラムで「愛と真実とは、命よりも大事なものである。」と綴っています。

わかったようでわからない言葉-自己責任というタイトルで大要、自己責任をとらない人ほど自己責任を要求するが、そんなことは、やっぱり不可能なのだ、と。
生きるのは自分でしかない、責任とは生きるということ以外の何であるか、私はこれから考えてゆきたいと思っています。

いつかまたどこかで、お目にかかりましょう。

平成二十九年四月十三日

木嶋佳苗

Entry

1

最後のクリスマス

17010518

王子のデカバナナ

15

「掌を表」運動

17010516
17010517

フラジャイル感

14

メロンパンでぷに子

13

なぜ霜焼けに?

12

デリシャスソース

11

年越し支度

10

プリンスグラブ

9

判然としない手袋

【※管理人より/4枚目の原稿の固有名詞を一部白ヌキしています】
5

6
7
8

ビスケットが好き

2
3
4

失笑手袋

10
11

王子の粗相

8
9

フリースの季節

5
6
7

42歳の祝い

3
4

電報パーリー

16112913

写真パワー

【※管理人より/一部白抜き処理しています】
16112908

16112909





テレビのヤラセ告白

【※管理人より/黒塗りは東京拘置所職員によるものです】
16112901

16112902
16112903

目から入る快感

16112904
16112905
16112906
16112907

お祝い電報

【管理人より/画像を一部白ヌキ処理しています】
scan-001
scan-002
DAISHI
名称未設定
名称未設定 のコピー  のコピー

美という生き方

【管理人より/宛名を一部白ヌキ処理しています】

 scan-009

多忙な秋

scan-001 (1)
scan-001
scan-002
scan-003
scan-004
scan-005
scan-006
scan-007
scan-008

「教誨師」の禁止領置

1

セクシーランジェリー

6

男の友情

【※管理人より/電報の固有名詞を一部白ヌキ処理しました】

5
4

速達とR-1

CCI00003
ギャラリー
  • Entry
  • 最後のクリスマス
  • 王子のデカバナナ
  • 「掌を表」運動
  • 「掌を表」運動
  • フラジャイル感
  • メロンパンでぷに子
  • なぜ霜焼けに?
  • デリシャスソース