鬼女の怒り

毎日10~20記事ずつ更新してます。浮気・不倫,息子・娘,義父・義母,ママ友・知人etc...鬼女の方々が気になりそうな記事を主にまとめました。夫目線の記事やほっこりするような記事、コメントで批判が多かった記事などもあえて随所に織り交ぜています。

厨二病

119 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/02/25(水) 18:05:38

「愛と青春の日々」てタイトルの長編小説書いてたw
この間発見されて死亡orz




120 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/02/25(水) 18:07:25

>>119
やるべき事はわかってるよな
続きを読む

249 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2009/04/11(土) 00:53:03

もてると勘違いしボンボンを気取りたくて、お好み焼きを食べたことがないと言い張った…
一体とんな設定だったんだ…

もちろん自作小説、執筆
確か内容はバスタードのパクリだった
主人公とヒロインの設定とグダグダなプロローグだけ書いた覚えがある
原稿探したけどなかった……残念

体育の授業中、サッカー出来ないくせに脳内で俺はシュナイダー君(キャプ翼)だった
フッ、抜けるのもなら抜いてみな、とか独り言を言っていた
もちろんボールには触れもしない
なんかブツブツ言ってるキモいヤツと同級生には写っていたのだろう……

極めつけがヤンキ-に憧れ、ティーンズロードという雑誌で特攻服を通販で購入
どこにも着ていく機会などなく、家着となりました
あの特攻服はどこへいったんだろうか
刺繍してくれるお店でちゃんと何とか連合とか刺繍してもらったんだよなぁ
1人なのに連合www

重度な厨二病患者ですた……orz
続きを読む

400 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/08/03(水) 21:29:52.93

舞台は全校集会。
体育館の天井を見たらショッカーの怪人みたいな奴がいて、好きな子を人質に取った
怪人「○○出てこい!変身してみろ!さもないとこの娘が死ぬぞ」

俺の正体は生徒達は知らない。
みんなの前では変身出来ない。
でもこのままじゃ好きな子が傷付いてしまう。他にも怪我をする生徒も出てしまう。

俺「今まで黙っててごめん。○○の為なんだ!○○の為なら皆にバレてもいいと思ってたんだ!」
仮面ライダー的なのに変身して敵を次々となぎ倒し皆を助けた。
そして残るは怪人のみ

怪人「はっはっは!○○の正体はお前だったんだな皆にバレたぞ」
俺は好きな子に「○○!黙っててごめんな。ずっと好きだった!絶対助けてやるからな」
女「○○くん私わかってたよ。だから来ないで!私も好きだよ」
怪人「助けたいなら私を倒してみろ」
俺「絶対お前を倒して○○を助けてやる!」

そして怪人を撃破!
お互い抱き合いながら女の子が泣きながら「助けてくれるって信じてたよ。絶対離さないで」
周りの生徒達も拍手してくれてハッピーエンド

こんなストーリーの妄想を寝る前に涙を流しながらしてた14歳の夜
続きを読む

349 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[] 投稿日:2010/10/18(月) 14:34:10

小5から虐められていたが、水で濡らして前髪をあげると強くなる設定だった。

帰り道なんかでぼこられた後に気を使って声をかけてくる女子に
「雨が降ってなくてよかったぜ」とつぶやいていた。

ある雨の日、帰り道でちょっかい出されてて傘を取り上げられた。
「お前ら早く俺から逃げろ。誰も傷つけたくないんだ。」
そのままぼこられたが、そのあと声をかけてくる女子の前で
「ふぅ・・・ふぅぅ・・・・はぁぁぁ・・・・・。」「近寄るな、あいつが出てくる…」
などといってしまい、その後はいじめられた後でも声をかけてこなくなった。

中学に上がり、髪をあげたときの俺というキャラも成長したのか、
時々水道の水で髪をあげ、カッターナイフを持ってうろつくようになった。
普段の俺に戻ると全く覚えていないという設定だった。
次第に誰もそのことに触れてこなくなり、
「あれ、俺なんでカッターなんて持ってるんだ?」
「あいつがまた出てきたのか…」
などとアピールしていた。

カッターでちょっとした騒ぎを起こしたりで
家庭裁判所や病院にも連れて行かれたが引っ込みがつかなくなり
「何にも覚えていないんです」
「あいつがいつ出てくるのか分からない、自分でも怖い」
と、続けていた。
続きを読む

492 名前:名無しさん@HOME:2012/08/08(水) 13:29:19.57 0

姉に3DSとPSP盗まれた話書きたいんだが書いても良いかな?
結構DQN返し?なんだけど



493 名前:名無しさん@HOME:2012/08/08(水) 13:34:05.85 0

誘い受けは必要ないので続けてください続きを読む

↑このページのトップヘ