日産横浜工場で期間工をする際に覚えておかなければいけないことがあります。それは通勤時間です。


日産横浜工場では、1地区2地区3地区とあり(大体が2地区)1地区と2地区では京急、JRの新子安の駅から20分かけて歩くことになります。またこの道は狭く人通りも多い為とても憂鬱な道になっています。


3地区に関しては京急の生麦駅から徒歩30分くらいであると聞いております。


新しく入ってくる期間工は大抵は戸塚、次いで大口に入寮することになると思います。


戸塚寮から戸塚駅までは徒歩で25分くらいでそこから電車で新子安まで25分くらいで工場の入り口までは最低でも1時間10分かかることになります。 


ちなみに戸塚も風呂トイレ共同の自炊できない環境です大体200人くらいが収容可能な最大規模の寮で一番辞める人数が多い寮となっていますので一番入る確率が高い寮となります。


次いでおなじみとよたろうが入っていた大口寮では大口駅までは10分くらいで割と近いのですが、そこから東神奈川に一回出て、新子安まで折り返すという大変無駄な通勤となっていてこれで15分かかってしまいます。


つまり大口寮から工場の入り口まで電車を使って45分、徒歩で50分くらいと変わらなくなってしまってます。


大口寮は散々私が紹介したように部屋の広さが8平米でそこにベット机が固定で置かれているのでとても狭く、エアコンも窓を開けないと使えない(窓が熱で割れる)というとんでもない化石仕様。何より狭いところに100人も詰め込んでいるので生活音があまりにもうるさくてまともな人間が住むところではありませんでした。


追浜寮から通勤していた時は通勤時間は1時間30分かかったものの新子安のコートレジデンス寮に移れるという希望のもとで頑張っていたものの突然、強制的にこのような寮に移動になってしまったために本当に困りました。


追浜寮は25平米くらいだったので大口寮はその3分の1という驚異の狭さになっています。


大口寮では宅急便や宅配物は玄関に無造作に置かれいつ盗難されてもおかしくない上にプライバシーがなく、入り口にむき出しの下駄箱があるというこれまた鬼畜仕様でしたね。


ただ、私たちは完全個室、ワンルームでプライベートが保てて自炊ができるということで集まったのに途中から移動になってしまったから不満が出たわけです。我慢していたこともいろいろ明るみになったわけです(ネットの工作ほど稼げない、サビ残があるなど)


これから日産横浜に入ってくる人は寮がこの2つしかなく、通勤にこれだけ時間がかかってプライバシーがなく自炊ができないということはわかっているはず(これ以上待遇のいい寮に入ることはない、というのも先に入って我慢している期間工に示しがつかないと)なので入社してから文句を言う資格が全くないわけです。少なくともこれが横浜人事の解釈であることは間違いないでしょうね。


私は現在違うところで期間工をしていますが、寮はレオパレス以上のマンションでもちろん無料です。
収入はかなりいい方でそれだけで月に5、6万もらっているようなもんです。しかも工場まで徒歩で15分かからないような距離です。新子安駅から工場までが20分だと考えると今までどれだけ無駄な生活をしていたのかがよくわかります。


日産横浜では8時から働くのに6時には起きないとダメなきつい生活でしたが、こっちに来てからは7時40分まで寝ていられます。本当に生活が楽になりましたね。


日産横浜ではもういすゞ藤沢には大分差をつけられてしまいましたね。ネットで年収500万近く稼げるなんていうホラまで吹き始めましたからね。


人が集まらなさすぎて派遣会社をいすゞを意識して使っていますが、待遇がいすゞのボーナスないバージョンという非常にケチくさいもので笑ってしまいました。


まあ期間工の待遇なんていうのは人の取り合いで決まるものですから、関東ではいすゞと日産横浜、日野が候補に上がりますが全部経験した私からすれば、日産横浜は過去に一人勝ちしていたおごりが今でもあるので待遇は下がる一方なんですよね。その点いすゞなんかもほぼ毎年ベアを実施していますし、完全ワンルーム寮で通勤時間も短い。日野に関しては初めから日給が1万まで上がり、悪評で未だに人が集まらず(笑)これからも待遇が上がり続けるだろうと言われています。個人的に日野は雰囲気も良くよかった印象ですけどね。


いっそこんな共同の部屋になるなら本当に年収500万は超えてくるデンソーで作業も楽して女がたくさんいるところで部屋を借りるのが一番いいですね。


稼ぎがぶっちぎりでいいけどタコ部屋のデンソーか、全てがランダムでも寮がワンルームのいすゞでしょうね。