以前は3年だったのですが、5年に延びてしまったという本末転倒な法律の話です。
3年を超えた時点で正社員になっているはずが、日産横浜では非正規の、
しかも時給1200円の入社時と同じ待遇で働かされています。

しかし2013年以降の入社したものが来年4月に5年を迎えることになり
非正規の自動正社員化という素晴らしい一歩を踏み出せそうです。

2013年以前は2年11か月で延長なし、直前で首切りなんていうどうしようもない
ことを繰り返してきた自動車業界ですが、今回5年に延びたことにより国は

「もう以前の正社員化の1か月前の2年11か月のような切り方はしないだろう」

と5年という期間を使って『自動車業界に待ってあげていた』わけですから。

そう考えると今回の日産の無資格検査は『仕組まれたもの』のような気がしてなりません。

確かに日産は首切りの日産なんて言われている通り、少し期間工を切りすぎている部分は
あったのかもしれません。ただ日産無資格検査問題なんていうのがなぜこのタイミングで出てくるのか
ということです。

現在期間工を3年超えて多く雇っている大手では日産が先頭にいますからやはりその動向を
見られているのでしょうか。

まさかとは思いますが日産が4年11か月なんかで首にするようなものなら大問題になるでしょうね。

何より、4年間『同じ給与』で『正社員と同等の仕事』をしているにも関わらず、新入社員と
ほぼ変わらない給与で使い続けてきたのですから。

5年目に正社員になっても『給与がまた新入社員に戻る』なんてことになったらさらに正社員の給与が
期間工を確実に超えたと言える5年目くらいまで期間工と同じ給与ということになります。

つまり例にすると5年間期間工の給与で働かされてさらに正社員になっても5年間期間工の給与しか
支払われないなんていうとんでもないことが起きるのではないでしょうか。

どちらに転んでも『国と期間工をナメ切った対応』としか言えないですね・・・

私も2年後くらいには日産の正社員になってますので、不正燃費、無資格検査員問題など2度と行わせない職場環境作りの一翼をになっていくつもりです。

日産の車を信用して買っていただいたお客様の信頼を取り戻すために現場として責任を感じているからです。

しかし、ここまでお客様、世間に迷惑をかけたのに会社のトップとして責任を取らないどころか
会見にすらでてこないというのは不誠実と思われても仕方ないと思います。

微力ですがお客様、世間に申し訳ないという気持ちをどうしても伝えたかったというのがありました。

会社のトップとはどうあるべきか

20年前山一証券の社長の会見を思い出してしまいます・・・。