kiken_oit

大阪工業大学 機械工学研究部

主に2足歩行ロボットとかわさきロボットの設計、製作をしています。

本ブログは大阪工業大学の公式HPではありません。
大阪工業大学 機械工学研究部が管理しています。

お問い合わせはこちらから → kikaikenn@hotmail.com
10 4月

文フェスについて

前記事で近々「文化会フェスティバル」が開催されると連絡しましたが、今年は開催しないそうです。ですので、この部活動に興味のある人は平日であれば16時半から19時ごろであれば部員がいるので気軽に部室へ見学に来てください。
5 4月

部室への行き方~その他連絡を添えて~

ガイダンスや入学式などの様々行事が終了し、これから大学での授業が始まります。ブースには来なかったが機研部がどの様な活動をし、どの様な人が在籍しているかなどのブログでは伝わりにくい部分が気になる人は、4月中であれば平日は必ず部員が部室にいるので授業終わりなどに気軽に来てください。


本校舎から部室までの道のりが少し遠いのでここで、行き方を説明しておきます。
①正門を出て左に曲がり高速道路にそって歩く。
スクリーンショット (146)

②体育館を少し超えて行くと大阪工業大学東学舎があります。
image2 (1)


③右側の建物に入り階段で5階 へ行く。
image1

④廊下右奥にある部屋が部室です。
image2
image3




もし、部室に行くのが不安だったりする人は4月終盤頃に文化系の部活動がブースを出す「文化会フェスティバル 」が大宮キャンパス内で開催されるのでそこで部員とお話をすることも出来ます。詳しい日時は決定次第報告しますが、恐らく昼休みにある学内放送でも知ることが出来ます。

 
メールでの質問等も可能なので機械工学研究部について気になったことがあれば連絡してください。 
3 4月

ブース、あるよ

4月の3〜6日のガイダンス終了後と入学式終了後に中庭にてブースを出してます。すぐにお家へ帰らずブースに寄ってから帰ってください。なにかタメになる話とロボットを用意して待っています。  
2 4月

新入生必見!キケン部ってどんな部活?かわさき編

新入生の皆さん、入学おめでとうございます!

今回は、キケン部における「かわさき班」について説明していきます。


かわさき班は、毎年8月に神奈川県川崎市で開催される「かわさきロボット競技大会」のレギュレーションに沿った「かわさきロボット」を製作し、大会に参加することを目的とした班です。
公式大会は1年に1度のみですが、学祭シーズンになると各大学で大会が開催されたりします。

そもそも、かわさきロボットってなんだ?聞いたことないな…ってなりませんか?自分はそうでした…


45870
こんなのとか
s020
こんなのとか
img_1224
こんなのまで
全部かわロボなんです!!

そしてルールはシンプル
・相手機体を場外に出す
・ひっくり返して10カウントを取る
となっています。
robo23_081
フィールドはこんな感じ


これだけと思うかもしれませんが、シンプルな分戦略や操縦センスが重要になってきます!


さて、機体の画像を見て、なんだあの鎌みたいなのは!
と思ったのではないでしょうか?

あれは、かわロボの特徴である、攻撃機構「アーム」と呼ばれる部分の一つで「横回転アーム」に分類されます。(一枚目の画像では、真ん中に伸びている長い部分「ロッドアーム」、2枚目では前に出ている二本の突起部分「クランクアーム」です。)

相手機体を場外に出すため、回転させて投げ飛ばしたり、弾き飛ばしたり、掬い上げたり…とそれぞれのアームで戦い方は変わってきます。

また、かわロボ最大の特徴として、
タイヤを使わずリンク機構を用いて走行する
というものがあります。

大会規定上ということもありますが、フィールドの画像をみてわかるように凹凸があり、リンク機構を用いればその凹凸を走り抜けることが出来るので、リンク機構を含む脚の出来具合で走破性が大きく変わり、勝敗にも関わってきます。



少し細かい説明を挟みましたが…
自ら設計し、加工し、組み立てたかわロボでガチンコバトルを繰り広げる!

こう考えてくれればいいと思います!




ここまで読んで、ロボットなんて一回も作ったことないし難しそう、普通科出身だからなんの知識もないし不安…と感じた人も多いと思います。

しかし、
現キケン部員のうち半数は普通科出身でありロボットの経験がありませんでした。

かわさき班においても、8人中6人は普通科出身です。

そんなゼロからのスタートでも、先輩や他大学の方から教えてもらうことで機体製作に励むことが出来ています!(どんな感じか気になる人は、ブログの別の記事もみてね)

もちろん、今年も設計、加工等はしっかり教えていくので、ものづくりの経験のある人もない人もどんどんきてください!

ここまで長々と書いてきましたが、文面ではわからないことや、ここが知りたい、なんてことがあると思うので是非一度部室に足を運んでみてください!部員が答えますよ!


ロボット作りたい!ロボットで戦いたい!メカメカしてるやつが好き!
なら、キケン部!

25 3月

カッコイイやつを加工

かわさき班の山上です。

かわロボの外板に模様を入れてみました。
image1

立命のOBの方がやられているブログでこれの加工方法を見てやってみたくなったのでやってみました。

まず、キットミルのシャンク径がφ6なのでM6のタップを取り付けます。この時に立命OBの方のブログではタップのリード溝部分を上にして取り付け加工していたので自分もそうしようとすると、チャックにリード溝部分が当たって入らなかったのでリード溝部分を下向きにして取り付けました。そして、深さ0.1mmで切削すれば完成です。
模様はAutoCADに画像を取り込んで、画像の上から線でなぞるだけです。

自分が想像していた以上の完成度だったのでとてもうれしいです。


今回の記事は立命OBの方のブログ記事をほぼ焼き直ししたようなものになってしまいましたが、この加工方法をブログを通して後輩達にも伝わればいいなと思い書きました。