8ヶ月ぶりの酒々井は?

ずいぶん綺麗になっていました。週1回3時間ぐらいのペースで整備してきた酒屋裏の里山。端から端まで歩いたら2キロ以上有ります。池から流れ出た小川があり、蛍が毎年出ています。 

いくらでも生えてくる青木を切って、細い木ですがひょろひょろと伸びている木を4本倒しかたづけて、草刈りをして本日の作業は終わり。

びわの木が生えていました。誰?が種を捨てたのでしょうね?。いつの間にか育っていて、さてさて実を着けられますでしょうか? シュンランも咲いていました。            IMG_0653IMG_0657IMG_7914         酒々井里山フォーラム 馬橋





















RIMG0196RIMG0193

毎週金曜日は八百屋さん

IMG_06231IMG_0627IMG_0626毎週金曜日は八百屋のMさんに軒先を貸しています。Mさんは新規就農した人の支援をしたいと八百屋を始めました。今は足立区の関原と荒川区のレンタルキッチン&スペース「土と緑」でやっていますが、もう一件増やしたいそうです。


Mさんとは世田谷区の大平農園で縁農していて知り合いました。2人とも何年も通っていながら曜日が違って会うこともなかったのですが、たまたま用事がありMさんが私が行っている曜日に来て出会ったという訳です。そのころMさんは谷中での野菜販売場所がなくなって新たな場所を探していたところでした。


私も練馬区の体験農園で野菜を作っていて前のマンションでは余った野菜を安く売っていました。今の家に引っ越してから自宅で朝カフェの会を始めしばらくして野菜も売りたいと思うようになりました。体験農園に行くのは月曜なので金曜日の朝カフェの会には間に合わない。そこで新規就農の生産者からボックス1箱を買うことにしました。野菜が1束とか、1袋とかでは多すぎるという人もいると思い1つとか半分とかで売っていました。その後その生産者とは値段の折り合いがつかず私が長く会員になっている生協パルシステムhttps://shop.pal-system.co.jp/から調達することにして続けていました。


そんなときタイミング良くMさんと出会い八百屋「土と緑」が始まりました。


始めたのが12月で生産者2軒では品揃えが寂しいので今はパルシステムから調達していますが将来的には生産者からの品物で埋めたいと考えています。

天候だけが原因ではありません。

 土をきちんと耕して、障害物を取り除いてやれば、もっと下へ真っ直ぐに伸びられたのに、障害物にぶつかって仕方なくこの形になってしまった人参。二股、三股になってしまった大根。そして上の方は普通に太くなっているのに寸詰りになってしまった大根も何本もあります。綺麗に育ったものもありますけれどね。

これを教訓に次はきちんと耕します。手抜きをしないで。天候だけが悪者ではなかったのです。 
IMG_0947                                                       吉祥寺ミレニアムシティ


これから出没いたします

 荒川区町屋でTalk Arakawaという会に出てみました。荒川区の人達といろいろ繋がってみようよという会なのですが、"土と緑”という名前や場所を知っているけれど、いつも開いていないし、朝カフェの会をやっているけれど、誰でもどうぞと書いてあるのに本当に行っていいのかなと今まで敬遠していたという人ばかり。フェイスブックやブログで書いたり他の人が朝カフェとはこんなものですよ、主催者がいる間はいつ来てもいつ帰ってもいいですよ。どんな話題でもOKですよ。人の嫌がることをしなければ、となっていても、なかなか知らない人の所には飛び込めないらしい。通勤途中に寄ったり遠くからわざわざ来たり行ったりする人がいるのに荒川の人にはまだ朝カフェの会と言っても、荒川が発祥の地、だと言っても知らない人がほとんどです。知らないところはどうもねというところでしょうね。


ネットなどでいくら情報を流してもやはりリアルな人の繋がりがなければ人は簡単には動けない。リアルな繋がりが大事だということですね!


もっと色々あちこち出没して顔を売らなければいけないようです。     レンタルキッチン&スペース土と緑

オレンジカフェ

オレンジカフェを初めて数ヶ月。認知症の人をケアしている人をケアするのだというオレンジカフェの目的に沿った方が多く来ているというわけではありません。ややっこしいですね。支援センターの人やサポーターなど取り巻きの人がいたり、認知症の本人も参加したりと多彩な顔ぶれ。


私自身も介護を2回も経験してもうこれ以上関わりたくないと思っていたのに何故か関わってしまいました。 支援センターの人がこの話を持ちかけてきたときにはただルームレンタルのことだろうと人ごとに考えていました。主催しようと思っている人がいて私はただの貸し手。場所を貸しているだけ。そんなことを考えていましたが、甘かった。なかなかやってみようという人は現れずとうとう私が主催しなければならなくなりました。支援センターの人にまんまと乗せられてしまったという感じです。


会の日にちも朝カフェの会とは別の集まりという形にしたかったのですが、というのも朝カフェは話題も決められているわけでも無く目的も無くただただ人が集まってお話しして分かれていくというような会。沢山来ることもあれば、少ないことも有り話題豊富時きもあまりない時も有りで、それでもいろいろな知り合いが出来、普段知り得ないことも話されたりしてだんだんとその魅力に引き込まれてしまうのです。と、このような会に目的を持ったグループが入るとそうで無い人ははじかれてしまう。それが困るので別の日にということだったのですが、午前中は場所が悪いせいか誰も来ない。ほとんどの人は通勤途中に寄るので交通の便に左右されます。で、いつもパソコンタイムとばかりのんびりしていた時間だったので午前中なら「ま、いいか」と始めてしまいました。

結局押され押されて支援員の人の言うとおりになってしまったのであります。ちゃんちゃん!ですね。


やってみて今までとは違った知り合いが増えて良かったと思っています。


ですがまだまだオレンジカフェという名前が浸透していないし、同じような名前の会がいくつかあって参加者が分散されているような気がします。確かにその会なりに目的があってその会に適切な会合名であったり内容であったりしているのでしょうが、まとめていけば異業種交流会ではありませんが、様々な効果が出るのではないでしょうかね?


介護に困っているというのは袋小路にはいってしまって現状しか見えない状態。別の形もありますよ!やりかたもありますよ!ということを発見してもらうというのもいいのではないでしょうかね?orenjicafe

カテゴリ別アーカイブ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ