DonとYoro

  • author: kikibito08
  • 2009年10月30日


6月の末から12匹のメダカを飼い始めて
まる4か月が経ちました。

以前、ブログでも紹介したので
「その後どうなりましたか?」という
あたたかいお言葉を何度かいただきました。

だから、今日は久々にうちのメダカを披露します。


don-yoro



右がDon(ドン)、左がYoro(ヨロ)という名前です。

彼らはこうやっていつも話をしてるんです。


とっても仲良しですよ。


***


12匹のメダカたちがうちにやってきて
3日目くらいからでしょうか。

1匹のメダカが息絶えたのをきっかけに、
ほぼ毎日、1匹づつあとを追うように逝ってしまいました。

あっという間に10匹のかわいいメダカちゃんたちが姿を消し、
残ったのがこのDonとYoro。


メダカが死んでいく原因を
ネットでいろいろ調べたり詳しい人に聞いたところ、
「病気」の疑いが一番強いとのことだったので、

元気がないメダカを別の水槽に移し、
元気なメダカと隔離させるようにしてたんです。

それでも、1匹また1匹とこの世を去る…。


最後に残ったDonとYoro。

この2匹も別々の水槽で瀕死の状態でした。


特にDonの方は、
体を真っすぐにすることもできず、
ひっくり返る寸前。


いくら愛情を注いでも
人間のボクには何もしてやれることはないのか…?


とにかく「生きろ!生きろ!」と
小さな声をDonとYoroにかけ続けました。


でも、どうすることもできない。


…。


その時、ふと思ったんです。

もしかして、
メダカたちが1匹ずつ順番に死んでいったのは
「病原菌による病気」じゃなくて
「心の病気」だったんじゃないか?

一番仲の良かった友だちが死んだから
生きがいをなくしてそのあとを追ったんじゃないか?

もし、そうだったら、
別々の水槽に移されてるDonとYoroは
どっちも1匹だけで寂しがってるんじゃないか?

孤独の限界で生死をさまよってるんじゃないか?


人間のボクが「がんばれ!」っていう声よりも
メダカ同士の声の方が明らかに互いの心に届くんじゃないか?


もう、ここまで考えたら
やることは一つしかありません。

一つの水槽にDonとYoroを移すことです。


他に方法は見つからない。

やるしかない。


よしっ!!!


***


久々に顔を合わせたDon(ドン)とYoro(ヨロ)は
互いに体をすりつけ合うように喜び、
そして励まし合い、エサを食べるようになり、
瀕死でガリガリだった体を太らせ、

今、こうやって仲良く暮らしています。

今は、室内ではなく、
日光のあたるベランダです。


他の人がなんと言おうと
メダカの専門家が否定しようと、
ボクはボクが毎日見てたメダカたちを見ててこう思うんです。


どんなにちっちゃくても、
寿命がたった2年くらいしかなくても、

メダカにもちゃんと「心」があり、
「友情」があり、「絆(きずな)」があり、
「生き甲斐」がある。


そして、目には見えない
その大切なものを失ったとき

最後には肉体までも失ってしまう。


***


メダカから何かを教わる38歳の人間。

2009年の秋です。



人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

信じていませんでした

  • author: kikibito08
  • 2009年10月29日


水をつけて軽くこするだけで
頑固な汚れが落ちるなんて。

ところが、これ。

osouji-keshi


メチャクチャ汚れが落ちます!
しかも、ホントにかる〜くこするだけ!


消しゴムじゃないですよ。

特殊なスポンジです。

長さは30cmあるから、けっこうでかいです。


これを好きなサイズにカットして
水を含ませて「なでなで」するようにこする。


すると、ボクがここ5年間くらい
いろんな洗剤といろんなスポンジで
ゴシゴシこすり続けても全く落ちなかった
風呂場の床や洗面所の床の頑固な黒ずみが

まるで手品でもしてるかのように簡単にピッカピカ


あ〜。

今まで何をしてたんだろ…。


やっぱり、何ごとも一回は信じて
一回は試してみないとダメですね。


たった一回のそのトライで
問題が一気に解決するってことが

なんか、他にもいろいろありそうな気が…。



人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

お世話になります!

  • author: kikibito08
  • 2009年10月25日


今日、いままで5年間くらい活躍してくれた
ボクの愛用のプリンターが
役目を終えて静かに眠りにつきました

EPSONの一番安いプリンターでした。

でも、よく働いてくれました。


2か月ほど前から、
プリントのボタンをクリックしても
全く反応がなくなり、

その2〜3日後に電源を入れたら
そのときの文書がプリントされる…
という、とてつもなくのんびりした性格の
プリンターになっていました。


今日、全く動かなくなるまで
(たぶん限界)使わせてもらいました。

ご苦労様でした。



で、今日の夕方に買ってきた
またまた今のEPSONで一番安いプリンターがこれ。

PX-402A


複合機なんで、
ちゃんとカラーコピーもスキャンもできます。

9,980円でこれだけ使えれば
ボクにとっては十分です。


PX-402Aくん。
これから何年の付き合いになるか分かりませんが、
お世話になりますよ!



人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

ギザギザな人

  • author: kikibito08
  • 2009年10月24日


■ 血液が流れる道筋

■ 川の流れが生み出す造形

■ 植物の根の張りかた

■ 稲妻が見せる一瞬の閃光(せんこう)


どれも、その形、
その姿が似ていると思いませんか?


ボクは、なんとなく似てるように思えるんです。


で、


その似ているものの共通点を考えたら、
「エネルギーに満ち溢れているもの」
っていう感じがするんですね。


どれも決して真っすぐな姿ではない。
だけど、とっても力強い。


そんな気がするんです。



もしかしたら、ボクたち人間も、

思い通りに真っすぐいかなくて、
自分の歩いてきた道が「ギザギザ」してたら、


エネルギーに満ち溢れてたってことかもしれないですね




人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

発想の転換?

  • author: kikibito08
  • 2009年10月21日

先日、電車のホームで電車を待ってるとき、

ボクの横にいた50代くらいのスーツを着た男性が
30代半ばくらいの部下らしき人に
訴えるように話しをしてたのが聞こえたんです。

「営業の**は、後輩のくせに
昔からオレに敬語を使わない!」


そして、その男性は眉間にはシワが…。


で、その言葉と表情をボクが感じとったとき、
「もしかして!」って、ちょっと気づいたんです。


人って、先輩や目上の人に対して
「敬語」を使うのが一般的とされてますよね。

いや、常識だとおもいます。

たぶん。


でも、次の2つの場合、
敬語を使わないケースがあるんじゃないかと思ったんです。

先輩や目上の人と、すっごく親しくなりたい場合。
先輩や目上の人に敬意をもっていない場合。

実は、これ。

ボク自身がやってることかもしれません。


敬意を持っていても、より親しくなりたいがために、
また「敬語じゃなくても大丈夫だよオーラ」
みたいなのを発してる人に対しては、
敬語を使わず友人感覚で話す場合もあるんです。

でも、その時、先輩や目上の人は
決まってうれしそうな顔をしてくれるんです。

だって、目下の人間が敬意を持ってて、
しかも親しくなりたそうにしてたら嬉しいですよね。


でもね。


電車のホームにいた
50代の男性の眉間にはシワが入ってたんです。

きっと、嬉しくないんでしょう。


であれば、もしかすると、
「アイツがオレに敬語を使わない!」ではなくて、
「オレはアイツに敬意を持たれてない!」

かもしれませんね。


そんなことに気づいた感じ…かな…。

これって、「発想の転換」って言っていいのでしょうか?




人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

涙がポロポロ

  • author: kikibito08
  • 2009年10月18日


先日、何気なく見ていたバラエティ番組で、
ついうっかり涙をポロポロこぼしてしまいました。

もしからしたら、「そんなことで涙!?」って
思う人がほとんどかもしれません。

でも、ボクは涙が出ちゃったんだから仕方ない。

…。


ということで、その場面をちょっと紹介します。

番組名は「クイズ・ヘキサゴン2」で、
確か2時間くらいのスペシャル。

番組に出演しているタレントを一人一人「ドッキリ」形式で
「だます」…というより、その人の「良心を試す」みたいなコーナー。


内容はロケの録画で、こんな感じ…。

タレントをカフェのオープンテラスみたいなところに
マネージャーなしで一人だけ案内する。

タレントはテーブル席に座る。

そこに、老婦人がやってきてそのタレントに声をかける。

「すみません、ここに財布は落ちていませんでしたか?」
「さっき、ここに座っていたんですが、財布が見当たらないんです」

すると、どのタレントも「財布ですか?」
と言って、あたりをキョロキョロする。


老婦人は言う。

「すみません、主人が入院していて面会の時間が
限られているので急いでいるんです。
それで、申し訳ないんですがタクシーに乗りたいので
1,000円だけお貸しいただけないでしょうか?」


ここでのタレントの反応を試すのが番組の趣旨。

ただ、ほとんどのタレントは1,000円や5,000円、
中には10,000円をやさしく手渡す。


そこで老婦人はこう言う。

「ありがとうございます。本当に助かります。
お返ししますので、電話番号か住所を
お聞きしてよろしいでしょうか?」


ほとんどのタレントはこういう。

「いえいえ、返していただかなくて大丈夫ですよ」

老婦人はお礼を言い、その場から立ち去る。


スタジオでそのVTRを見る出演者は歓声をあげ、
「いい人だ〜」と言わんばかりに手を叩いて驚く。


何人もその同じ「ドッキリ」を繰り返し、
最後に登場したのが上地雄輔くんというタレント。

ご存じの方も多いでしょう。


ボクは、この老婦人に対する彼の行動に深く感動し、
つい涙を流してしまいました。


彼は、他のタレントと同じように
お金を老婦人に渡しました。

でも、ここから彼は他の人と全く違う行動をとったんです。


彼は(確か)5,000円を渡し、
その老婦人の電話番号と住所を聞き、
財布の色はどんな感じなのかを聞き、

老婦人が立ち去った後もずっとその付近をウロウロして
財布を探していました。

もちろん、「ドッキリ」ですから、
老婦人が彼に伝えた番号も住所もスタッフから準備されたもの。


後日、その電話番号の留守電には
彼からメッセージが入っていました。

「こんにちは、先日、財布をなくされた時の…上地雄輔です。
あのあと、ご主人さまの面会時間には間に合いましたか?
もしよかったら、ご主人さまにお花でも買ってあげてください。」


…。

もう、この時点でボクはウルウル…。


ところが、さらにその後、老婦人が教えたウソの住所に…
彼からプレゼントが届いていたのです。


それは、彼が老婦人のために選んで買ってあげた…財布。


見ず知らずの老婦人に、

「なにかあったら」と、タクシー代以上のお金を渡し、
なくしてしまった財布を一人で一生懸命探し、
その後の心配もしてタレント自ら留守電にメッセージを残し、
彼女がなくしてしまった色の財布をプレゼントした。


困っている人に対するこの心遣いと愛情に

ボクは心から感動しました。




人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

画像を替えました

  • author: kikibito08
  • 2009年10月17日


さっき、HPのトップ画像を
新しいものに差し替えてみました。

こっちの方がボクのイメージを
みなさんにお伝えできるような気がします。

なんとなく…。


まっ、伝わる方は少ないかもしれませんが…


↓これです
話し相手の専門『ききびと.com』

なんでだろ(・。・;

  • author: kikibito08
  • 2009年10月14日


ご存じの方も多いかとは思いますが、
ボク「ききびと」は
話し相手の専門『ききびと.com』という
話し相手サービスを運営しておりまして、

普段、全国のたくさんの方から
いろんなお話をお聴きしてるんです。

でね。

春から9月にかけては「話を聴いてほしい」
っていう方がほとんどだったんですが、

10月に入ってから今日までは
「アドバイスもお願いします」っていう方が
なんと8割以上もいらっしゃるんです。

秋になってから、ほぼこの数が逆転してるんです。


しかも、振り返ってみると…
去年も同じ傾向が…。


なんでだろ?(・。・;


日本の秋
人にどんな感情を持たせるんだろ?


関係ないのかな?

経営者と従業員の間の溝

  • author: kikibito08
  • 2009年10月09日


この溝(みぞ)は結構深いんです。


従業員は自分の給料をもっと増やしてほしいと思ってる。

経営者は経費を削減したいと思っている。
つまり、従業員の給料(経費)も出来れば減らしたいと思っている。

この考え方の違いに深い溝が生れるんですね。
必ずとは言いませんが、多くの場合。


働いている人のほとんどが「経営者」か「従業員」なので、
この考え方、あるいはその心情はお分かりいただけると思います。


でね。


経営者としてうまくいかない人。
従業員としてうまくいかない人。

彼らには決まって共通点があるんです。


それは、この考え方や気持ちを「口に出して言う人」なんです。


「自分の給料は安すぎる!」
「こんなんじゃ暮らしていけない!」

「社員の給料(経費)をもっと削減しないと!」
「こんなんじゃ経営が成り立たない!」


従業員も経営者もお互いに
同じことを反対の立場から口に出して言ってる…。


話が長くなるので、ここでは
人数が圧倒的に多い従業員の立場に焦点をあてますよ。


従業員の人は、自分の給料が安いからと口に出して言って
不平不満と憤(いきどお)りの感情を人に訴えていますが、

あなたは今、暮らしていけてますよね?
あなたは今、呼吸をして生きていますよね?
あなたは今、飢え死にしない程度の食事ができていますよね?

おそらく。

それは今の会社からお給料をもらっているからじゃないですか?
その貴重なお給料で、住んで飲んで食べてるんですよね?


「給料が少ない!」と不満を言ってても、
そのお給料は会社に突き返してるわけじゃなくて
ちゃんともらってるわけですよね。

もし、「こんな給料は納得できないから」と言って、
納得できる給料が支給されるまで全額返金してるんなら
言ってることに筋が通ってるしカッコいいですよ。確かに。

でも、そのお給料を毎月受け取っていて
その恩恵で今生きているなら、
そのことに感謝してみてはどうですか?


もしね。

「こんな安月給で感謝なんかできるわけない!」
って言ってる人がいたら、
経営者の立場からするとこういうことですよ。

ちょっと想像してみてください。


今、あなたはサハラ砂漠のど真ん中。
3日間飲まず食わずで死にかけている。

そこで、奇跡的にある旅人と出くわし、
その旅人が小さなコップで水を差し出してくれた。

旅人は、自(みずか)らとあなたを救うために
水筒に残すべき水の量を、生きるために瞬時に計算して
あなたに今、渡せるだけの精一杯の水を渡した。

そこで、あなたはこう言う。

「たったこれだけの水で満足できるか!」


さあ、この言葉を聞いた旅人はどうするでしょう?


そこは想像してみてください。

その想像する旅人の行動が経営者の行動です。

きっと…。


では反対に、もしあなたがこう言ったら
旅人(経営者)はどう思うでしょう。

「ありがとう。この命の水のお返しに、
私があなたにできることは何かないですか?」






人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

人間関係の中にも信号機

  • author: kikibito08
  • 2009年10月04日


赤信号は「止まれ」の合図ですよね。
青信号は「進め」の合図です。

このルールをみんなが守るから
安全に、何も問題なく
自分が進みたい道を進むことができるわけです。

もちろん、誰か一人でもこのルールを無視すると、
無視した本人だけでなく周りの人までも
危険な目に遭うことになります。

時には大変な事故になることも…。


ボクはね。

この交通ルールが
人間関係の中にも存在するような気がするんです。


相手や周りの人が「青信号」でバンバン走ってて
自分は「赤信号」なのに
そこへ向けて突っ込んで行ったら事故りますよね。

相手が主張しているとき。
相手の感情が高ぶっているとき。
相手が話したいと思っているとき。


そんなとき、たぶん相手は「青信号」なんです。
そして、自分は「赤信号」。

そこで自分も主張したり興奮したり、
話を自分のペースに巻き込もうとすると…

やっぱり、人間関係で事故が発生するんですよ。


相手が「青」なら自分は「赤」。

相手も自分も「青」っていう信号はないんです。


で、もし相手が「赤」であることと
周囲の安全確認ができたら
自分は「青」と認識して進めばいいですよね。


車も人間も、衝突すると辛(つら)いですから
気をつけましょうね。



人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

「女性セブン」に載りました

  • author: kikibito08
  • 2009年10月01日


今日発売の「女性セブン」で
話し相手の専門『ききびと.com』のことが紹介されました。

今日から1週間は書店やコンビニ
近所のスーパーなどで手に入りますから
是非、買ってみてください

とは言うものの、
「購入するまででもない…」という人のために
一応ここでも紹介しておきますね。

やさしいでしょ?


あれ?





まあ、ご自由にご覧ください。
クリックすると拡大します。

↓これがその表紙。
josei7-hyoushi


↓で、これが掲載された記事です。
josei7-kikibitokiji



やさしいボクのために
やさしい感想などあったらコメントください



人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

ページトップに戻る▲