5月19日にメダカが!

  • author: kikibito08
  • 2010年05月19日


5月19日、気温がギュンと上がって
メダカが卵からついに孵(かえ)りました。

medaka_chigyo1

medaka_chigyo2

medaka_chigyo3


とにかく、ちっちゃいです
たぶん、全長2ミリくらい。

1枚目の写真でわかるかもしれませんが、
器(うつわ)はコンビニで買った冷やしうどんの容器です。

ちっちゃさ、分かります?

あ〜、カワイイ!



去年から、たまたま飼い始めたメダカが
初めて新しい命をこの世に送り込んだのが2010年の5月19日


ボクがこの世で一番尊敬する父が亡くなったのが
19年前の5月20日


そして、ボク自身がこの世に生まれたのが
39年前の5月21日



なんの関係もないこの3日間。


まあ、いいじゃないですか!

ボクが勝手に、なんか関係がありそうだな〜って、
考えてるくらいは…。


ちょっと感慨深いだけです…


ちょっとだけですよ





ベランダで育(はぐく)む命

  • author: kikibito08
  • 2010年05月12日


ボクが、去年から飼い始めたメダカが
初めて産んだ卵。

tamago_1



たった1ミリの命。


tamago_2



親メダカが産みつけてから5日目。


tamago_3



生きてやるぞ〜って、
目を光らせてるように

ボクには見えます。





人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく

DonとYoro

  • author: kikibito08
  • 2009年10月30日


6月の末から12匹のメダカを飼い始めて
まる4か月が経ちました。

以前、ブログでも紹介したので
「その後どうなりましたか?」という
あたたかいお言葉を何度かいただきました。

だから、今日は久々にうちのメダカを披露します。


don-yoro



右がDon(ドン)、左がYoro(ヨロ)という名前です。

彼らはこうやっていつも話をしてるんです。


とっても仲良しですよ。


***


12匹のメダカたちがうちにやってきて
3日目くらいからでしょうか。

1匹のメダカが息絶えたのをきっかけに、
ほぼ毎日、1匹づつあとを追うように逝ってしまいました。

あっという間に10匹のかわいいメダカちゃんたちが姿を消し、
残ったのがこのDonとYoro。


メダカが死んでいく原因を
ネットでいろいろ調べたり詳しい人に聞いたところ、
「病気」の疑いが一番強いとのことだったので、

元気がないメダカを別の水槽に移し、
元気なメダカと隔離させるようにしてたんです。

それでも、1匹また1匹とこの世を去る…。


最後に残ったDonとYoro。

この2匹も別々の水槽で瀕死の状態でした。


特にDonの方は、
体を真っすぐにすることもできず、
ひっくり返る寸前。


いくら愛情を注いでも
人間のボクには何もしてやれることはないのか…?


とにかく「生きろ!生きろ!」と
小さな声をDonとYoroにかけ続けました。


でも、どうすることもできない。


…。


その時、ふと思ったんです。

もしかして、
メダカたちが1匹ずつ順番に死んでいったのは
「病原菌による病気」じゃなくて
「心の病気」だったんじゃないか?

一番仲の良かった友だちが死んだから
生きがいをなくしてそのあとを追ったんじゃないか?

もし、そうだったら、
別々の水槽に移されてるDonとYoroは
どっちも1匹だけで寂しがってるんじゃないか?

孤独の限界で生死をさまよってるんじゃないか?


人間のボクが「がんばれ!」っていう声よりも
メダカ同士の声の方が明らかに互いの心に届くんじゃないか?


もう、ここまで考えたら
やることは一つしかありません。

一つの水槽にDonとYoroを移すことです。


他に方法は見つからない。

やるしかない。


よしっ!!!


***


久々に顔を合わせたDon(ドン)とYoro(ヨロ)は
互いに体をすりつけ合うように喜び、
そして励まし合い、エサを食べるようになり、
瀕死でガリガリだった体を太らせ、

今、こうやって仲良く暮らしています。

今は、室内ではなく、
日光のあたるベランダです。


他の人がなんと言おうと
メダカの専門家が否定しようと、
ボクはボクが毎日見てたメダカたちを見ててこう思うんです。


どんなにちっちゃくても、
寿命がたった2年くらいしかなくても、

メダカにもちゃんと「心」があり、
「友情」があり、「絆(きずな)」があり、
「生き甲斐」がある。


そして、目には見えない
その大切なものを失ったとき

最後には肉体までも失ってしまう。


***


メダカから何かを教わる38歳の人間。

2009年の秋です。



人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリック
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じく