赤の他人

  • author: kikibito08
  • 2015年04月16日

今やらなきゃと思う自分
明日でもいいかと思う自分

行かなきゃと思う自分
行きたくないと思う自分

やっちゃダメと思う自分
バレなきゃいいかと思う自分

自分の中では
意見と価値観の相違をもった自分たちが
いつもせめぎ合いながら

自分の行動を決めています

ところで、家族。

家族は、自分か他人かというと…
当然、他人ですよね。

ましてや

血のつながりのない夫婦なんかは
もともと「赤の他人」。

その「赤の他人」と暮らしたら
意見や価値観の相違は…

そりゃ〜ずいぶんあるでしょう

自分の中の自分たち以上に


で、ここで大事なことは…

このことを

知ってて結婚するか
知らないで結婚するか

途中で気づくか
それでも気づかないか

なんだと思うんです〜


きっとお互いの行動が
大きく変わってくるでしょうねor





絶対に疲れない方法

  • author: kikibito08
  • 2008年06月23日

絶対に疲れない方法、知ってます?


「そんな方法あるわけないだろう!」
って思うでしょ?

でもホントなんです。


実際にボクはここ16年近く
疲れたことはないんです。

どんなに仕事が忙しくても
睡眠時間が2時間でも徹夜をしても
18時間連続で車の運転をしても

全く疲れたことはないんです。



今日は、素直な心を持っていて
試してみようかな?っと思うあなただけにお教えします。


『絶対に疲れない方法』


それは、 「疲れた〜」って言わないことです。

それだけ。



あのね。


「疲れた〜」って言うと
自分の体は「ああ、疲れてるんだ」って反応するんです。

もし「疲れた〜」と思っても
口に出さなければ絶対に疲れません。



自分の家族

自分の友人

自分の上司

自分の同僚

そして自分自身


みんなの言葉をよ〜く聴いててください。

なんかやったら必ず「ああ〜、疲れた〜」
って言ってませんか?


それが口癖のようになっている人はいませんか?


で、その「疲れた〜」って言うことばを聞いて
周りの人は元気になりますか?

機嫌よくなりますか?

楽しくなりますか?


たぶん、ならないんじゃないかと思うんです。


「疲れた〜」って言っても
周りの人が元気にも
機嫌良くも楽しくもならないし

そのうえ自分が本当に疲れる。


「だったら言わなければいいんじゃないか?」
そう思ったののが16年前なんです。


だから、ボクから「疲れた〜」って
言うことばを聞いたことのある人は
16年前から一人もいません。

しかも、自分自身16年前から
「疲れた」ことが全くないのです。


あなたも試してみます?


絶対に疲れない方法。



じゃあ、ひとつだけアドバイスしておきますね。

どうしても「疲れた〜」って言いそうになったら
こんな言葉に変換して言ってみてください。


「あ〜よく働いた!」
「あ〜よく遊んだ!」
「あ〜よく運動した!」
「あ〜よく人の話を聴いた!」
「あ〜よく気遣いをした!」
「あ〜よく上司の愚痴に耐えた!」

「あ〜、だから今日は眠い!」




これであなたは
二度と疲れることはありません。







人気ブログランキングへ←この記事が良かったらクリックしてください。
ブログランキング【くつろぐ】←こちらも同じくです。「コチッ」とお願いします。