映画「ファンタスティック フォー銀河の危機」「サンシャイン2057」「サンキューフォースモーキング」を見た。

感想はレビューに書きます。

月曜も火曜も走りました。

月9のドラマ 「ガリレオ」、第一話が面白かった!

主人公の天才物理学者湯川学を福山雅治が演じ、相棒となる女刑事役を柴咲コウが演じています。原作ではメインキャラだった文系刑事草薙を北村一樹(北村龍平映画から出世したなあ…)が演じますが、彼は第一話で本庁に栄転するのであまり話に出てきません。

このあたり男性刑事のバディモノでは既に他局に水谷豊の「相棒」があるので差別化の意味合いと、ヒロインを登場させたい、という意味合いがあるのかな、と。他にも監察医役で真矢みき、第一話の犯人役に唐沢寿明が出ていたりと豪華な顔ぶれ。

更に主題歌は柴咲コウが歌い、福山雅治がプロデュースし、ヒット間違いなしの徹底ぶり。(そういえばこの二人って歌手としても俳優としても成功し続けている稀有な存在ですね。)


東野圭吾原作なんですが、原作とはまた違う展開にニヤリとさせられました。


第一話は原作の「探偵ガリレオ」の第一章である「燃える」のエピソードが基本となっています。

原作での犯人の動機やキャラ付けがドラマでは真逆なことは驚きですし、その結論に至るまでの湯川学の実験と検証はかなり原作ファンでも見応えのあるどんでん返しになっていまして、ある意味原作を凌駕した部分がある第一話でした。実験と犯行シーンがビジュアル化されたのは原作ファンには嬉しいところ。


とにかく福山雅治がかっこいい。

男でも惚れる、あの立ち位置はズルイなあ(笑)

旭化成がドラマとコラボしたCMを製作して、ドラマのCMで流したり福山雅治が出ているコーラのCMが流れたり。

なかなか初回の15分拡大SPから見せ付けてくれました。

共演の柴咲コウがこれからどれだけ見せ場を作れるかが見所となるでしょうが、単純な恋愛モノにはならないで欲しいですね。

視聴率も24%ほどを記録したそうで、これからに期待ですね。願わくば、映画やドラマスペシャルで「容疑者Xの献身」なんかをやってくれるとファンは喜びます(>_<)